Windows Serverを複数ユーザで利用時、各ユーザ毎にXmingを起動しTeraTermを使う手法


Windows Serverにリモートデスクトップ(RDP)でログインし、そこからTeraTermを使ってLinuxサーバにログインする、って運用をしてるところは結構あると思います。

で、X-Windowのアプリを表示したい時に、フリー版のXmingを使おうとしたら、思うように使えない、という事態になったりします。

フリー版のXming ver6.9.0.31を普通にインストールすると、そのショートカットは、全ユーザ共通で、Xサーバを「:0」で起動する設定になっています。

このため、Windows Server上で誰かがXmingを起動すると、他の人は番号競合のためXmingを起動できなくなってしまいます。

回避方法は簡単で、番号が被らないようにXmingを起動する、ということです。

Xmingの標準ショートカットは以下のものです。

"C:\Program Files (x86)\Xming\Xming.exe" :0 -clipboard -multiwindow

これを、例えば「:1」で起動する様に変更します。

"C:\Program Files (x86)\Xming\Xming.exe" :1 -clipboard -multiwindow

(ちなみに、「:51000」とかでも起動し動作しました)

また、この設定の場合、SSHを使ったX11 forwardingを使った場合は表示できますが、Linuxサーバ上で「export DISPLAY=WindowsサーバIP:1.0」といったような形で表示させようとした場合、拒否されてしまいます。

そういった場合は下記の様な形で「-ac」オプションをつけます。

"C:\Program Files (x86)\Xming\Xming.exe" :1 -clipboard -multiwindow -ac

(-acは、アクセスコントロールをしない、という設定なので、予期しないホストからXアプリが飛んでくる可能性はありますが、まぁ、気にしない、ということでこの設定にしています。)

なお、最近、一般向けには公開されていないXmingではなく、VcXsrvを使う場合でも、オプションは同様になります。(VcXsrvについては「Windows上でX-Windowアプリを表示するためのXサーバ VcXsrv」を参照のこと)

で・・・これで解決かといえば、そうでもありません。

Tera TermのSSHポート転送の機能に、「Xクライアントアプリケーションの転送」という項目があります。
これは、SSH X11 forwardingとも呼ばれる機能で、Linuxサーバ上ではlocalhost扱いなんだけど、実際には、SSHを使用してWindows上に表示される、というものです。

Tera Termの場合、下記の様にON/OFFのみが選択できます。
teraterm

この場合、Tera Termでは、Windows上のXサーバの「:0」に対して画面を出力しようとします。

このため、せっかくXming側を複数立てても、「:0」を起動させている人のところにXアプリの画面が集まってしまいます。

(以下は、2015/03/02に修正)

回避方法は3つ。

その1:指定できるputtyを使う
出力先をGUIで設定できるputtyを使用する。
設定は下記のX display locationに例えば「:1.0」と入力します。
putty

その2:環境変数でDISPLAYを指定してTeraTermを起動する
version 4.86(2015/02/28リリース)より前のTera Termの場合、TeraTermの起動方法を工夫することで指定ができます。

標準の設定GUIでは設定できませんが、Windowsのコマンドプロンプトで環境変数DISPLAYを設定することによって、出力先を指定することができるようになっています。
(機能追加要望を出したら教えてもらった)

なので、以下のようなバッチファイルを書くと、指定したところにXアプリが出力できるようになります。

@echo off
set DISPLAY=:1.0
"C:\Program Files (x86)\teraterm\ttermpro.exe" Linuxサーバ名 /ssh-X

その3:TeraTermの起動オプションで指定する(ver4.86以降)
TeraTerm ver 4.86から、/ssh-Xオプションが拡張され、DISPLAYを指定できるようになりました。
(TeraTermのマニュアル)

以下の様な形で「/ssh-X」の後にスペースを入れず、連続して出力先を記述します。

"C:\Program Files (x86)\teraterm\ttermpro.exe" Linuxサーバ名 /ssh-Xlocalhost:1.0

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>