Linksys E8450 AX3200はEasyMeshでバッファローの子機にもできるけど5GHzが4チャンネルしか使えない


LinksysのWi-Fiルータ E7350とE8450がEasyMeshに対応した、というニュースを見た

https://twitter.com/JapanLinksys/status/1431251402114969605

Amazonで見てみたら、Amazonアウトレット扱いでE7350が4791円、E8450が6204円だった。

というわけでLinksys E8450 AX3200を買って、firmwareを1.0.01.101415から1.1.00.180912へアップデートしてからいろいろやってみた。

W52周波数帯しか使えない問題

ウィザード形式の設定を飛ばして、設定画面を見てみると、なんと5GHzで使用できるチャネル設定が36,40,44,48chの4つしかない。

この4chはW52と呼ばれる周波数帯で、2021年現在の日本では他にW53の52,56,60,64ch、と、W56の100,104,108,112,116,120,124,128,132,136,140chが使えるのが普通である。

サポートに問い合わせて見たが、2021/09/10時点ではW52しか選択できない件について明確な回答は得られていない。

2021/09/27追記:なんと技適はW52範囲でしか取得していないということが判明。まさかの仕様!

他社のEasyMesh親機につなげるか問題

さて、今回このLinksys E8450はEasyMeshの子機として使うために購入した。

既存環境はバッファローのWSR-1800AX4で、2021年6月に「バッファローWSR-1800AX4をEasyMesh対応にしてみた」で書いたように構成したものとなる。

この環境にE8450を子機として設定する手順は「LinksysデュアルバンドEasyMeshWiFiルーターへの子ノードの追加方法」にある「WPSボタンを使用してEasyMesh子ノードを追加する方法」を使用した。

親機となるバッファローWSR-1800AX4の管理画面からWPSボタンを押した後、E7450背面のWPSボタン(物理)を3秒押して、電源ランプが点滅するのを確認して手を放します。

しばらくすると、子機の電源ランプとインターネットランプが青で点灯します。

そして、親機のWSR-1800AX4の管理画面上では「機器名:Other」として登録されているのが確認出来ます。

・・・接続帯域が「2.4G」となっていますね。

これは既存環境のWSR-1800AX4で使っている5GHz帯が140chチャンネルで、E8450がサポートしていないチャンネルであるから接続出来なかったようです。

試しにWSR-1800AX4のチャンネルを40chに変更してから再試行すると、ちゃんと「接続帯域:5G」となります。

念のためW53の60chでも試してみたところ2.4GHz接続となり、E8450ではW52以外のチャンネルは使用できないようです。

EasyMesh子機の管理画面にアクセスできない

結構な問題だと思うのですが、E8450をEasyMesh子機とした場合、そのE8450の管理画面にアクセスできなくなります。

英語のLivechatサポートに確認したところ、子機の管理画面は親機となるE8450から一括管理できる、という話で、メーカー違いの場合は管理できないようです。

このため、実は上記で親機のチャンネル変更を行った場合、E8450が設定をアップデートとかしてくれなかったので、毎回E8450を初期化して、1から設定をやり直していました。

Linksysメッシュルーターを工場出荷時のデフォルト設定にリセットする」にあるように、E8450が起動状態にあるときにリセットボタンを10秒ぐらい押しつづけ、赤点滅をしはじめて処理がはじまったところで、ボタンを放すと初期化が開始されます。

異機種混在はメーカ保証対象外なんでしょうけど、単体で設定出来る手法は用意してほしかったものです・・・

バッファローWSR-1800AX4をEasyMesh対応にしてみた


うちの環境ではバッファローのWSR-1800AX4を2台使用している。

1台は無線AP(物理スイッチ:AP設定)として、もう1台は離れた場所にある有線LANを無線接続するためのブリッジ(物理スイッチ:WB設定)として使っている。(ルーターは別にある)

そんなWSR-1800AX4にfirmware version 1.02が提供された。

今回の売りは「EasyMesh機能追加」

画像

よし、アップデートするか!と思いつつ、ver 1.02の変更点にある「IPアドレスを手動設定していてもDHCPになる」に心当たりが・・・

WB設定側のWSR-1800AX4は確かにWiFi接続されるまでは固定IPアドレスで動いているけど、WiFi接続されたあとはアクセスできなくなってたんですよね・・・

画像

まさか、こんなバグだったとは・・・

まあ、それはさておき両方をアップデートしてみました。

AP側はこんな感じ

画像

WB側はこんな感じです。

画像

この状態で、AP側「プッシュボタンによるWPSを開始する」WB側「WiFiルーターとのWPSを開始する」をクリックすると接続処理が開始されます。

このとき、WB側の2.4GHz/5GHz WiFi設定で無線機能を無効に設定していると、EasyMeshではなく通常のブリッジ(WB)接続としてつながってしまいます。

EasyMeshはWB側もAPとして動く必要があるので無線機能を有効にしておく必要があります。(SSID名の指定などはWPSボタンによる自働EasyMesh設定により行われます)

EasyMeshの接続処理が終わると、AP側ではこんな表示になります。

コントローラが「AP」で、エージェントが「WB」です。

WB側はこんな感じです。

画像

ここで表示されている「SSID」は「Backhaul SSID」というもので、これを使ってWSR-1800AX4間を結んでいる感じになっています。

さて、EasyMeshを使うと、端末に近い方にあるWSR-1800AX4に接続されるようになります。

どちらに接続されているかは、コントローラ(AP)になっている方の接続機器一覧を開いて確認します。

画像

デバイスの「接続先」の数字が、コントローラ/エージェントにあるアクセスポイントのNoになります。

上記の場合、赤枠で囲った2台がエージェントのアクセスポイント(WB)につながっている、ということになります。

というわけで、WSR-1800AX4をEasyMesh対応にできる、というのは非常に有用なアップデートでした。


2021/07/12追記

1ヶ月EasyMeshとして使って見ましたが、よくわからない条件で接続できない機械が多くて難儀です。

・realme 7 5G: 最初は接続できるけど、急に接続出来なくなる。スマホ再起動で再接続できるように戻る
・Intel WiFi AX200 搭載ノート: 接続を拒否される
・Kobo nia: 接続を拒否される。 Kobo gloは接続できるのに
・Huawei nova lite 3: 接続を拒否される。

・・・よくわかりません。

うちの場合、もう1つゲーム機向けにPPPoE接続用WiFiがあるので、そちらを使うことで回避できていますが、はやめに修正してもらいたいところですね。

技適未取得機器を用いた実験等の特例制度で使えるものは何か確認してみた


技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」の「技適未取得機器を用いた実験等の特例制度 関係法令」を見ると下記の記載がある。

法第四条の二第二項の規定により法第三章に定める技術基準に相当する技術基準として総務大臣が指定する技術基準は、次のいずれかに該当するものとする。
一 法第三章に定める技術基準
二 国際電気通信連合無線通信部門の勧告M.1450-5に定める技術基準及び米国電気電子学会が定める規格のうち、次のいずれかのもの
1 IEEE802.11b
2 IEEE802.11a
3 IEEE802.11g
4 IEEE802.11n
5 IEEE802.11ac
6 IEEE802.11ad
7 IEEE802.11ax(Draft 1.0からDraft 4.0まで)
三 Bluetooth SIGが定める規格のうち、Bluetooth Core Specification Version 2.1からVersion 5.1までのいずれかのもの
四 米国電気電子学会が定める規格のうち、IEEE802.15.4
五 一般社団法人電波産業会が定める規格のうち、ARIB STD-T107又はARIB STD-T108
六 LoRa Allianceが定める規格のうち、LoRaWAN AS923
七 Sigfox S.A.が定める規格のうち、Sigfox RC3
八 国際電気通信連合電気通信標準化部門の勧告G.9959に定める技術基準
九 米国電気電子学会が定める規格のうち、IEEE802.15.4g
十 XGPフォーラムが定める規格のうち、A-GN6.00
十一 欧州電気通信標準化機構が定める規格のうち、ETSI TS 103 357 Lfour family
十二 欧州電気通信標準化機構が定める規格のうち、ETSI EN 302 264又はETSI EN 303 360

これらの示す機器が具体的に何であるのかを確認した。

一 法第三章に定める技術基準

該当の記述は「電波法 第三章の二 特定無線設備の技術基準適合証明

「技術基準適合証明」と「特定無線設備の工事設計についての認証」の双方を指している
一般的には両者をあわせて「技適など」と表現される。

二 国際電気通信連合無線通信部門の勧告M.1450-5に定める技術基準及び米国電気電子学会が定める規格のうち、次のいずれかのもの

1 IEEE802.11b
2 IEEE802.11a
3 IEEE802.11g
4 IEEE802.11n
5 IEEE802.11ac
6 IEEE802.11ad
7 IEEE802.11ax(Draft 1.0からDraft 4.0まで)
まぁ、2.5GHzと5Ghzを使用するWiFiのことである。

三 Bluetooth SIGが定める規格のうち、Bluetooth Core Specification Version 2.1からVersion 5.1までのいずれかのもの

そのままBluetoothデバイスである。

四 米国電気電子学会が定める規格のうち、IEEE802.15.4

LR-WPAN(Low Rate Wireless Personal Area Network)である ZigBee,Wi-SUN,EchoNet Liteなどのスマートグリッド機器などが該当すると思うが、後述の802.15.4gとの違いがいまいち認識出来ていない。

920MHz帯を使用する機器を想定しているものと思われる。

五 一般社団法人電波産業会が定める規格のうち、ARIB STD-T107又はARIB STD-T108

ARIB STD-T107は「特定小電力無線局920MHz帯移動体識別用無線設備」でスマートタグ

ARIB STD-T108は「920MHz帯テレメータ用、テレコントロール用およびデータ伝送用無線設備」で、Z-Waveなど。また、後述するG.9959相当

六 LoRa Allianceが定める規格のうち、LoRaWAN AS923

「LoRaWAN V1.0.2 forAS923MHz ISM Band(AS923)」というのは

ヨーロッパ向け認証プログラムをベースとし、日本を含むアジア 10 カ国向けに周波数帯(923MHz)などを変更した認証プログラム。対象国は、日本、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、ニュージーランド、シンガポール、台湾、タイ、ベトナムの 10 の国や地域

https://www.toyo.co.jp/files/user/corporate/doc/release/170905_TOYO_LoRaWANAS923_65135.pdf

LoRaWAN® Regional Parameters」によるとChannel Planは10種類あるようだ。

七 Sigfox S.A.が定める規格のうち、Sigfox RC3

Sigfoxの「Geographical zones」の「RC3」は日本向け設定という意味で、923.200MHzを使用する。

なお、RC1~RC7まであるが全部使用する周波数が異なるので地域違いは使うことができない。

八 国際電気通信連合電気通信標準化部門の勧告G.9959に定める技術基準

G.9959 : Short range narrow-band digital radiocommunication transceivers – PHY, MAC, SAR and LLC layer specifications」でARIB STB-T108 相当(Z-waveなど)

九 米国電気電子学会が定める規格のうち、IEEE802.15.4g

すでに登場しているIEEE802.15.4の詳細規格で、スマートメーター用の規格・・・という認識でいいのだろうか?

十 XGPフォーラムが定める規格のうち、A-GN6.00

sXGP (shared XGP) Specifications Version 1」で1.9GHzを使用する新自営システム

周波数帯域を1.9GHz帯としたTD-LTE方式の小電力携帯電話システムで、構内PHSの代わりに使用されることになるが、スマホが流用できるので期待されているもの。

十一 欧州電気通信標準化機構が定める規格のうち、ETSI TS 103 357 Lfour family

Short Range Devices;Low Throughput Networks (LTN);Protocols for radio interface A

一見、EU圏発祥の規格っぽいが、「SONY ELTRES」で920MHz帯を使用する。

十二 欧州電気通信標準化機構が定める規格のうち、ETSI EN 302 264又はETSI EN 303 360

ETSI EN 302 264は「Short Range Devices;Transport and Traffic Telematics (TTT); Short Range Radar equipment operating in the 77 GHz to 81 GHz band; Harmonised Standard covering the essential requirements of article 3.2 of Directive 2014/53/EU

77GHz~81GHz帯を使用する機器。79GHz帯高分解能レーダシステムで、ARIB STD-T111「79GHz帯高分解能レーダー」

ETSI EN 303 360「Short Range Devices; Transport and Traffic Telematics (TTT); Radar equipment operating in the 76 GHz to 77 GHz range; Harmonised Standard covering the essential requirements of article 3.2 of Directive 2014/53/EU; Obstacle Detection Radars for Use on Manned Rotorcraft

76GHz~77GHz帯を使用する機器。76GHz帯ミリ波レーダシステムで ARIB STD-T48「特定省電力無線局ミリ波レーダー用無線設備」

どちらも車載レーダーとして使用されるため、自動運転用のシステム関連と想定される。(下記は「電波防護に関する国外の基準・規制動向調査」からの引用」

公衆無線LANサービスで使えるアクセスポイントのメモ 2019/08/28版


過去に「公衆無線LAN ワイヤレスゲートとWi2の比較(2014/10/01改訂)」という記事を書いたが、いまもアクセスがあったりするので内容更新。


ワイヤレスゲートWi-Fi

WIRELESS GATE

税抜き537円、税込み537円

使えるアクセスポイント

・『mobilepoint』/『mobilepoint1』/『mobilepoint2』
・『Wi2』/『Wi2_club』
・『eo』/『eo_WPA2/EAS』
・Fonエリア 『FON_FREE_INTERNET』/『Fon WiFi』

Wi2 300 公衆無線LAN

税抜き362円の月額か、6時間税込み350円のワンタイムプラン

使えるアクセスポイント

・ベーシックエリア 『Wi2』/『Wi2_club』 『』
・オプションエリア(追加料金) 『Wi2premium』/ 『Wi2premium_club』
・BBモバイルポイント 『mobilepoint』/『mobilepoint1』/『mobilepoint2』

エネコネクト

無料プランとスタンダードプランの税込み390円がある。

使えるアクセスポイント

・『mobilepoint』/『mobilepoint1』/『mobilepoint2』
・『Wi2』/『Wi2_club』 /『Wi2_free』
・『wifi_square』

どうやらこれ以外にも各所に点在する地域の無料WiFi系への接続テンプレートも持っているようだ。

UQ Wi-Fi

UQ WiMax利用ユーザのみ無料で使用できる。単体契約は無い。
東海道新幹線待合室と車内、常磐線特急車内、都営地下鉄駅構内にアクセスポイントがある。山陽新幹線区間では通信できない。

・「UQ_Wi-Fi」

BBモバイルポイント

BBモバイルポイント

現在はBBモバイルポイント単体での契約はできない模様。

(2015年まではプリペイドプランがあったが廃止された。)


以前あった「eoモバイルWi-Fiスポット」は2016/03/31に終了 「「eoモバイルWi-Fiスポット」および「BBモバイルポイント for eo」のサービス提供終了について

指定WiFi APの電波状況を監視し、問題があったら電源をoff/onする装置WiReboot



cnx-softwareの記事で「WiReboot is a Watchdog Device Rebooting Your Router if the WiFi Connection is Lost (Crowdfunding)」というのがあった。

kickstarter案件で「WiReboot-Keep your Wifi on 24/7. Automatically reboot router」というプロジェクトの紹介。

どういうものなのか?

WiFi APの電源ケーブルに割り込ませる機械。
wireboot1

WiRebooterの監視対象としているWiFi APの電波が無くなった場合に、WiFi APの電源ケーブルを抜き挿しして、電源を入れ直す、という動作をします。

これが日本への送料込みで23ドル、という安い値段。
(「$18 CAD」の意味が最初分からなかったが「18カナダドル」でした)

基本機能に加え、3種類のオプションが用意されています。
・温度検知機能(Temperature add-on)
  熱暴走とかの検知
・湿度検知機能(Temperature and Humidity Add-on)
  水濡れを検知
・無線制御機器のon/off昨日(433 transmitter add-on)
  315MHz/433MHz帯を使うリモコンスイッチ機能を持つ機器のリモコン代替機能

wireboot2

で・・・この機械
オープンソースということなので、WiFiじゃなくても、指定IPアドレスからの応答がない場合、とかに改造することも可能なんでしょう。
つまりは、ラズパイが死んだ時に再起動、とかね
まぁ、現場にWiFi APが必要ではありますけどね

いろいろ使えそうなアイテムです

注意1:現時点では使用するESP8266が技適マークが取得されている個体を使用するのか不明
   ESP-WROOM-02 Wi-Fiモジュールで使われているSoCもESP8266シリーズで、こちらは技適取得済みです
   しかしWiRebootのサンプル写真に写っているESP8266はAI-Thinkerという3rdパーティ製で
   FCC以外の取得状況が不明です。
   参考情報:Wikipedia「ESP8266」に種類の違いがあり

注意2:WiReboot側のコネクタはUSBコネクタを電源コネクタ扱いで使っているため
   誤ってさしてしまい、壊す、という事故が起こりかねないので
   使う場合は接続先を間違えないよう、十分に注意してください。