Linksys E8450 AX3200はEasyMeshでバッファローの子機にもできるけど5GHzが4チャンネルしか使えない


LinksysのWi-Fiルータ E7350とE8450がEasyMeshに対応した、というニュースを見た

https://twitter.com/JapanLinksys/status/1431251402114969605

Amazonで見てみたら、Amazonアウトレット扱いでE7350が4791円、E8450が6204円だった。

というわけでLinksys E8450 AX3200を買って、firmwareを1.0.01.101415から1.1.00.180912へアップデートしてからいろいろやってみた。

W52周波数帯しか使えない問題

ウィザード形式の設定を飛ばして、設定画面を見てみると、なんと5GHzで使用できるチャネル設定が36,40,44,48chの4つしかない。

この4chはW52と呼ばれる周波数帯で、2021年現在の日本では他にW53の52,56,60,64ch、と、W56の100,104,108,112,116,120,124,128,132,136,140chが使えるのが普通である。

サポートに問い合わせて見たが、2021/09/10時点ではW52しか選択できない件について明確な回答は得られていない。

さて、今回このLinksys E8450はEasyMeshの子機として使うために購入した。

既存環境はバッファローのWSR-1800AX4で、2021年6月に「バッファローWSR-1800AX4をEasyMesh対応にしてみた」で書いたように構成したものとなる。

この環境にE8450を子機として設定する手順は「LinksysデュアルバンドEasyMeshWiFiルーターへの子ノードの追加方法」にある「WPSボタンを使用してEasyMesh子ノードを追加する方法」を使用した。

親機となるバッファローWSR-1800AX4の管理画面からWPSボタンを押した後、E7450背面のWPSボタン(物理)を3秒押して、電源ランプが点滅するのを確認して手を放します。

しばらくすると、子機の電源ランプとインターネットランプが青で点灯します。

そして、親機のWSR-1800AX4の管理画面上では「機器名:Other」として登録されているのが確認出来ます。

・・・接続帯域が「2.4G」となっていますね。

これは既存環境のWSR-1800AX4で使っている5GHz帯が140chチャンネルで、E8450がサポートしていないチャンネルであるから接続出来なかったようです。

試しにWSR-1800AX4のチャンネルを40chに変更してから再試行すると、ちゃんと「接続帯域:5G」となります。

念のためW53の60chでも試してみたところ2.4GHz接続となり、E8450ではW52以外のチャンネルは使用できないようです。

EasyMesh子機の管理画面にアクセスできない

結構な問題だと思うのですが、E8450をEasyMesh子機とした場合、そのE8450の管理画面にアクセスできなくなります。

英語のLivechatサポートに確認したところ、子機の管理画面は親機となるE8450から一括管理できる、という話で、メーカー違いの場合は管理できないようです。

このため、実は上記で親機のチャンネル変更を行った場合、E8450が設定をアップデートとかしてくれなかったので、毎回E8450を初期化して、1から設定をやり直していました。

Linksysメッシュルーターを工場出荷時のデフォルト設定にリセットする」にあるように、E8450が起動状態にあるときにリセットボタンを10秒ぐらい押しつづけ、赤点滅をしはじめて処理がはじまったところで、ボタンを放すと初期化が開始されます。

異機種混在はメーカ保証対象外なんでしょうけど、単体で設定出来る手法は用意してほしかったものです・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください