Commvault で NDMPバックアップするときのポート設定


CommvaultでNetAppをNDMPバックアップする設定をした時にエラーコード 39:424「テープサーバー に接続できませんでした」というエラーが出た

MediaAgent側のネットワークルート構成に対して「Configuring a Firewall Between a File Server and MediaAgent」にある追加ポートの設定をして解決した。

追加ポートは「50000-50010」とした。

そして、MediaAgentのWindows Firewallの設定で、50000-50010 を許可する設定を追加する。

ちなみに、これとは別に重複排除DBにアクセスできないというエラーがでている場合は、Windows Firewall設定で、プログラムの「C:\Program Files\Commvault\ContentStore\Base\SID2.exe」を許可することで解決できる。

Arcserve UDPで出来ないことのメモ 2022/07/27版


Arcserve UDPが使いたい、と言われて確認したけど、それはできないことだったんだけど、どこにもサポートしてない、という明示的な記述はなかったことをメモする。

「AWS EC2上のインスタンスをバックアップして、OSまるごとリストアする」ことはできない

「Amazon S3などのブロックストレージに直接バックアップ保存はできない」

まず、公式資料について

ARCSERVE UNIFIED DATA PROTECTION 8.x ナレッジ センター
 ドキュメントについて調べる時の起点

UDP のクラウド機能の理解
 Arcserve UDPで使えるクラウド関連機能についての説明

AWS EC2上のインスタンスに対してできること

・EC2上のインスタンスにUDP Agentをインストールしてバックアップすること

arcserve Unified Data Protection Support with Amazon EC2 VMs」に「arcserve UDP agent for Windows and Linux supports working on Amazon EC2 VMs」とある

ただ、「Agent for Windows ユーザ ガイド」と「Agent for Linux ユーザ ガイド」を比較すると、Linux側は明示的に書かれているが、WindowsについてはAWS EC2対応について記載されていないためサポートしているのかが不明瞭である。

・EC2上のインスタンスをバックアップして、オンプレ側にある仮想環境にリストアする

Arcserve UDP8.xのマニュアル「Arcserve UDP エージェント(Linux) の使用」に「Amazon EC2 からローカルの Linux マシンに対してマイグレーション BMR を実行する方法」というサポートしている記述がある。

AWS EC2インスタンスでは実践していないがAzureのWindows/LinuxインスタンスでUDP agent経由でバックアップしたものをオンプレHyper-V上で起動させるという検証はしたことがあるので、おそらくEC2上のWindowsインスタンスも同様にいけると思われる。

・EC2上のLinuxインスタンスをBMRを使ってリストアすること

Arcserve UDP8.xのマニュアル「Arcserve UDP エージェント(Linux) の使用」に「AWS クラウドへの Arcserve UDP エージェント(Linux)のインストール」というサポートしている記述がある。

・バックアップしたデータからファイル/ディレクトリを抜き出してリストアすること

これは、UDP Agentとしてバックアップしているので、普通にファイルリストアができる、という話である。

・EC2上にEC2 APIを使って仮想スタンバイもしくはインスタント仮想マシンのインスタンスを作成する

Arcserve UDPでは災害発生時に即座に別の場所でサーバが復帰できるように「仮想スタンバイ(Windows用)」と「インスタント仮想マシン(Linux用)」という機能がある

これを使って、AWS EC2上に別のインスタンスを作成し、そこに対してデータをリストアし続ける、ということを行える。

Amazon EC2 のクラウド アカウントの追加」にあるようにEC2アカウントを登録することで、インスタンス作成を含めて勝手にやってくれる。

・EC2上に作成されたLinuxのインスタント仮想マシンを通常のインスタンスにする

マニュアルに「Linux インスタント仮想マシンを独立した仮想マシンに変換する」という項目があるのでできるのでしょう・・・

AWS EC2上のインスタンスに対して出来ないこと

・EC2のAPIを使って、インスタンスまるごとバックアップすること

EC2上のインスタンスを、EC2 API側からバックアップするような機能は搭載されていない。

・EC2のAPIを使って、インスタンスをまるごとリストアすること

仮想スタンバイもしくはインスタント仮想マシンのインスタンスを作成する機能があるくせに、連動しないで単独でインスタンスを作成しリストアする機能は搭載されていない。

・EC2上のWindowsインスタンスをBMRを使ってリストアすること

Arcserve UDP8.xのマニュアル側には「Arcserve UDP エージェント(Linux) の使用」側には「AWS クラウドへの Arcserve UDP エージェント(Linux)のインストール」というサポートしている記述がある。

しかし「Arcserve UDP エージェント(Windows)の使用」にはクラウド上にBMRでリストアできるような記述がない。

・Amazon S3などのブロックストレージに直接バックアップできない

マニュアルに「復旧ポイントのコピー、ファイル コピー、またはファイル アーカイブのタスクを作成するときに、このアカウントを使用できます。」と書いてある。

つまり、復旧ポイントを最初に作成するときのストレージとしては利用できない、ということになり、ローカルなどで作成した復旧ポイントのコピーをクラウド上に作成する、というイメージとなる。

Azure上のインスタンスに対して出来ること

基本的にはAmazon EC2インスタンスと同様。

・仮想スタンバイの注意点

Azure blobストレージを作成して、そこにディスクイメージをまるごと保管するので料金が掛かる。

仮想スタンバイを起動する場合、Azure blobストレージ上のデータを使って、新規のインスタンスを作成する。つまり、新規インスタンス+そのストレージ料金が新しく料金が掛かる。(Azure blobストレージは残り続ける)

・インスタント仮想マシンの注意点

インスタント仮想マシンを起動する場合、新規インスタンスを作成し、そのインスタンスに対して 同じネットワーク内にあるUDP Linuxサーバを経由してデータを送り込みリストアする。

仮想スタンバイと違ってAzure blobストレージは使わないが、起動時に全リストアをかけるので時間がかかる。

テープ装置連動の注意点

・Arcserve UDPサーバとArcserve Backupサーバの2種類が必要

UDPにはテープにアクセスする機能がなく、Arcseve Backupを利用するため2種類のバックアップソフトをインストールする必要がある。

それぞれ別のMicrosoft SQLインスタンスが稼働することになる。

Arcserve UDP側が ARCSERVE_APP で、Arcserve Backup側がARCSERVE_DB

・テープには毎回フルバックアップされる

Arcserve UDPから直接テープに対してバックアップすることはできない。

Arcserve Backupを別途インストールして、そこと連動してテープに保存する仕組みとなっている。

テープに保存できるのは「復旧ポイント」という塊でのもの

Arcserve UDP側は増分でバックアップしているのだが、Arcserve Backup側でテープにバックアップする際は、全22GBが毎回バックアップされている。

UDPで毎日バックアップしているけど、テープに落とすのは週1回でいい、という場合は、まず最初のUDPバックアップのスケジュールで毎日ではなく「毎週」でスケジュールを1つつくって、それをテープに落とす、という形になる

・ファイルシステムカタログを作成するとArcserve Backup側でファイルリストア可能

Arcserve UDPのプラン設定で、ファイル システム カタログ 生成すると、Arcserve Backup側のGUIでファイルリストアができる

Arcserve BackupのリストアUIを見るとファイルツリーが確認出来る

使用するバックアップ世代も選択できる

・vSphere仮想マシンのファイルリストア取り扱いの違い

Arcserve UDPでvSphere仮想マシンをバックアップした場合、Windows仮想マシンであればArcserve UDP側でファイルシステムカタログを作成しておけば、Arcserve Backup側でファイル単位のリストアが可能。

Linux仮想マシンの場合は、Arcserve UDP側でファイルシステムカタログを作成する、と設定してもファイルシステムカタログは作成されない。Arcserve Backup側でバックアップは取られるもののリストアツリーではWindowsに分類されており、ファイルツリーは見えない

これは、おそらくArcserve Backup側でLinux仮想マシンについてのファイル単位のリストアがサポートされていないためではないかと考えられる。

Windows Server 2008をいまさらセットアップした(作業メモ版)


2022/07/08追記

何回か実行してみたところ、いろんな問題があったため、新しい記事「Windows Server 2008 SP2のWindows Updateがうまくいかない件への対処策 2022/07/07版」としてまとめ直しました。


とあるバックアップソフトの対象機種からWindows Server 2008が外れた。

これは「ホントにインストールできない」という意味なのか、それとも「インストールできるけどサポート対象と認定しない」という意味なのか、どちらなんだろ?と確認するため、Windows Server 2008環境を新規でセットアップした。

Windows Server 2008 SP2 のISOイメージを使ってvSphere環境でインストールを実施。

まず、VMware Toolsをインストールしようとしたら対応していないOSと言われてしまう。

調べると最後のWindows Server 2008 SP2対応はVMware Tools 11.0.6だったらしい。

このバージョンのVMware toolsダウンロードを https://packages.vmware.com/tools/releases/11.0.6/ から行ってインストールを実施。

続いて、Windows OSのアップデートは WSUS Offline Updateを使ってオフライン状態でアップデートできないかな、と確認してみると、ESR versionの 11.9.1 であればWindows Server 2008に対応していたので、ISOイメージを作成した。

が・・・ ListMissingUpdateIds.vbs で、「信頼プロバイダが信頼していないルート証明書で強制終了しました」というエラーで失敗して、パッチ適用の本編に進まない。

certmgr.mscを起動して確認してみると「証明書失効リスト」にいろいろある・・・

ListMissingUpdateIds.vbs の処理を修正しないとダメっぽいんだけど、うまくデバグできなかったので対処を諦めて普通にWindows Updateを実施。

しかし、最後10個ぐらいのところで、それ以上進まなくなる、という現象が発生。

2回実施中2回とも発生なので、特定の何かで問題が発生している模様。

この状態になると強制電源OFF/ONして、Windows Updateのロールバック処理を行うぐらいしか対処方法が無かった。

ロールバック完了後に再度Windows Updateを実行してみると半分以上がまだ未適用でした・・・面倒くさい

この後のWindows Updateはハングアップすることはなく普通に進み、とはいえ、何回か再起動とWindows Updateの再実行が必要でした。


で・・・

今回、Windows Server 2008環境を構築するきっかけとなった非対応問題ですが、「インストールできない」という状況でした。

なぜインストールできないのか、というのは前提条件である.NET Framework 4.6.2がWindows Server 2008に非対応だったから、ということでした。

なお、Windows Server 2008については古いバージョンをインストールしておけばサーバ側が新しいバージョンであってもバックアップ/リストアが問題無く動作していました。


WSUS Offline Updateを使わないでいきなりWindows Updateしてみると、Microsoftサイトにアクセスできずに終わります。

なぜかこのような状態になっているかと言えば、といえばhttpsアクセス時に使用する証明書が全て有効期限切れとなっているためですね。

これはcertmgr.mscを起動して確認出来る信頼されたルート証明書機関の有効期限を見ればわかります。

WSUS Offline Updateはルート証明書の更新はやってくれて下記の様な感じになっています。これによりhttpsによるアクセスが成功するようになっている感じですね。

最小インストールのOracle Linux 8でブラウザを動かす場合FirefoxとChromeのどっちが容量少ないか


以前「最小インストールのCentOS7でブラウザを動かす場合FirefoxとChromeのどっちが容量少ないか」という記事を書いたが、アップデートしておこう、ということで、とりあえずOracle Linux 8としての記事で作成することにした。(なお、Alma LinuxやRocky Linuxでも同様)

今回、Oracle Linux 8.5のインストールメディアを使い「言語:English(United States)」、「Base Environment:Minimal Install」でインストールを実施したあと、「dnf update -y」で2022/05/12時点での最新状態として実施している。

また、chromium用にEPELレポジトリを「dnf install oracle-epel-release-el8」で追加している。(AlmaLinux/RockyLinuxの場合は「dnf install epel-release」

サーバローカルのコンソール画面で直接X-Windowを開くのではなく、別ホストからssh接続しXの画面を飛ばして表示する、という形式での使い方を想定しているため「dnf install  xorg-x11-xauth」を実行して準備した。

具体的にはWindows上にVcXsrvでXLaunchを起動し、TeraTermの「SSHポート転送」の「Xクライアントアプリケーションの転送」で表示する、という手法である。

「dnf install firefox」の場合、 63パッケージ追加、インストール容量334MB
「dnf install chromium」の場合、85パッケージ追加、インストール容量408MB

という結果になった。

ただ、これだけで問題無いかというと、そういうわけではなかった・・・

(最後の「まとめ」にて最終的な状態について解説)

Firefoxの場合

FirefoxはlibGL.so.1に関するエラーを出すものの日本語が文字化け状態で起動してきた。

[osakanataro@oraclelinux8 ~]$ firefox
Crash Annotation GraphicsCriticalError: |[0][GFX1-]: glxtest: libEGL missing (t=25.2649) [GFX1-]: glxtest: libEGL missing
Crash Annotation GraphicsCriticalError: |[0][GFX1-]: glxtest: libEGL missing (t=25.2649) |[1][GFX1-]: glxtest: libGL.so.1 missing (t=25.265) [GFX1-]: glxtest: libGL.so.1 missing
Crash Annotation GraphicsCriticalError: |[0][GFX1-]: glxtest: libEGL missing (t=25.2649) |[1][GFX1-]: glxtest: libGL.so.1 missing (t=25.265) |[2][GFX1-]: glxtest: libEGL missing (t=25.265) [GFX1-]: glxtest: libEGL missing

CentOS7時代と同様に「dnf  install vlgothic-fonts vlgothic-p-fonts」でフォントを追加(2パッケージ追加、インストール容量7.9MB) (vlgothicはEPEL収録)

もしくは標準レポジトリの「dnf install google-noto-cjk-fonts-common google-noto-sans-cjk-ttc-fonts google-noto-serif-cjk-ttc-fonts」をインストールしても良い。

firefox起動時のlibGL.so.1エラーを消したい場合は「dnf install mesa-libGL」で6パッケージ,インストール容量2.2MBの追加を行う。と、libEGL missingのみに変わる

[osakanataro@oraclelinux8 ~]$ firefox
Crash Annotation GraphicsCriticalError: |[0][GFX1-]: glxtest: libEGL missing (t=24.573) [GFX1-]: glxtest: libEGL missing
Crash Annotation GraphicsCriticalError: |[0][GFX1-]: glxtest: libEGL missing (t=24.573) |[1][GFX1-]: glxtest: libEGL missing (t=24.573) [GFX1-]: glxtest: libEGL missing

メッセージにあるlibEGLを追加すればいいのかな?「dnf install mesa-libEGL」で4パッケージ、インストール容量494kの追加してみたが出力は変わらなかったので違うらしい足らなかったらしい

[osakanataro@oraclelinux8 ~]$ firefox
Crash Annotation GraphicsCriticalError: |[0][GFX1-]: glxtest: libEGL initialize failed (t=24.5568) [GFX1-]: glxtest: libEGL initialize failed
Crash Annotation GraphicsCriticalError: |[0][GFX1-]: glxtest: libEGL initialize failed (t=24.5568) |[1][GFX1-]: glxtest: libEGL initialize failed (t=24.5568) [GFX1-]: glxtest: libEGL initialize failed

後述のChromiumの際にインストールしたmesa-dri-driversを追加したところ、エラー無しで起動するようになった。「dnf install mesa-dri-drivers」で3パッケージ、124MB追加。

[osakanataro@oraclelinux8 ~]$ firefox

ただ、firefoxの動作が重くなったような気が…

Chromiumの場合

Chromiumの方は、libGL.so.1のエラーで起動に失敗した。

[osakanataro@oraclelinux8 ~]$ chromium-browser
Couldn't open libGL.so.1: libGL.so.1: cannot open shared object file: No such file or directory
[0512/185936.937542:ERROR:file_io_posix.cc(144)] open /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_cur_freq: No such file or directory (2)
[0512/185936.937602:ERROR:file_io_posix.cc(144)] open /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_max_freq: No such file or directory (2)
Aborted (core dumped)
[osakanataro@oraclelinux8 ~]$

これは「dnf install mesa-libGL」で対処する(6パッケージ追加、インストール容量2.2MB)

追加しても下記のメッセージが出力されるが、chromiumブラウザは起動した。

[osakanataro@oraclelinux8 ~]$ chromium-browser
libGL error: MESA-LOADER: failed to open swrast: /usr/lib64/dri/swrast_dri.so: cannot open shared object file: No such file or directory (search paths /usr/lib64/dri)
libGL error: failed to load driver: swrast
libGL error: MESA-LOADER: failed to open swrast: /usr/lib64/dri/swrast_dri.so: cannot open shared object file: No such file or directory (search paths /usr/lib64/dri)
libGL error: failed to load driver: swrast
[3408:3507:0512/190502.320894:ERROR:object_proxy.cc(623)] Failed to call method: org.freedesktop.DBus.Properties.Get: object_path= /org/freedesktop/UPower: org.freedesktop.DBus.Error.ServiceUnknown: The name org.freedesktop.UPower was not provided by any .service files
[3408:3507:0512/190502.321458:ERROR:object_proxy.cc(623)] Failed to call method: org.freedesktop.UPower.GetDisplayDevice: object_path= /org/freedesktop/UPower: org.freedesktop.DBus.Error.ServiceUnknown: The name org.freedesktop.UPower was not provided by any .service files
[3408:3507:0512/190502.327719:ERROR:object_proxy.cc(623)] Failed to call method: org.freedesktop.UPower.EnumerateDevices: object_path= /org/freedesktop/UPower: org.freedesktop.DBus.Error.ServiceUnknown: The name org.freedesktop.UPower was not provided by any .service files
[3451:3451:0512/190502.515616:ERROR:angle_platform_impl.cc(44)] Display.cpp:944 (initialize): ANGLE Display::initialize error 12289: OpenGL ES 2.0 is not supportable.
[3451:3451:0512/190502.516673:ERROR:gl_surface_egl.cc(808)] EGL Driver message (Critical) eglInitialize: OpenGL ES 2.0 is not supportable.
[3451:3451:0512/190502.520596:ERROR:gl_surface_egl.cc(1430)] eglInitialize OpenGL failed with error EGL_NOT_INITIALIZED, trying next display type
[3451:3451:0512/190502.540454:ERROR:angle_platform_impl.cc(44)] Display.cpp:944 (initialize): ANGLE Display::initialize error 12289: Could not create a backing OpenGL context.
[3451:3451:0512/190502.540594:ERROR:gl_surface_egl.cc(808)] EGL Driver message (Critical) eglInitialize: Could not create a backing OpenGL context.
[3451:3451:0512/190502.540701:ERROR:gl_surface_egl.cc(1430)] eglInitialize OpenGLES failed with error EGL_NOT_INITIALIZED
[3451:3451:0512/190502.540791:ERROR:gl_ozone_egl.cc(20)] GLSurfaceEGL::InitializeOneOff failed.
[3451:3451:0512/190502.584434:ERROR:viz_main_impl.cc(188)] Exiting GPU process due to errors during initialization
libGL error: MESA-LOADER: failed to open swrast: /usr/lib64/dri/swrast_dri.so: cannot open shared object file: No such file or directory (search paths /usr/lib64/dri)
libGL error: failed to load driver: swrast
[3535:3535:0512/190502.778653:ERROR:angle_platform_impl.cc(44)] Display.cpp:944 (initialize): ANGLE Display::initialize error 12289: Could not find a decent GLX FBConfig to create the context.
[3535:3535:0512/190502.778787:ERROR:gl_surface_egl.cc(808)] EGL Driver message (Critical) eglInitialize: Could not find a decent GLX FBConfig to create the context.
[3535:3535:0512/190502.778836:ERROR:gl_surface_egl.cc(1430)] eglInitialize Default failed with error EGL_NOT_INITIALIZED
[3535:3535:0512/190502.778887:ERROR:gl_ozone_egl.cc(20)] GLSurfaceEGL::InitializeOneOff failed.
[3535:3535:0512/190502.783316:ERROR:viz_main_impl.cc(188)] Exiting GPU process due to errors during initialization
[3543:3543:0512/190502.922995:ERROR:gpu_init.cc(440)] Passthrough is not supported, GL is disabled, ANGLE is

mesa-libGLインストール後は起動するがfirefoxと同じく日本語が文字化けしている。

CentOS7時代と同様に「dnf  install vlgothic-fonts vlgothic-p-fonts」でフォントを追加(2パッケージ追加、インストール容量7.9MB) (vlgothicはEPEL収録)

文字化けは無くなった。

chromium-browser 起動時の「/usr/lib64/dri/swrast_dri.so」のエラーについては、「dnf install mesa-dri-drivers」で対処できた。

[root@oraclelinux8 ~]# dnf install mesa-dri-drivers
Last metadata expiration check: 0:18:54 ago on Thu 12 May 2022 06:52:03 PM JST.
Dependencies resolved.
================================================================================
 Package          Arch   Version                            Repository     Size
================================================================================
Installing:
 mesa-dri-drivers x86_64 21.1.5-1.el8                       ol8_appstream  11 M
Installing dependencies:
 llvm-libs        x86_64 12.0.1-2.0.1.module+el8.5.0+20406+58ff08d7
                                                            ol8_appstream  23 M
 mesa-filesystem  x86_64 21.1.5-1.el8                       ol8_appstream  34 k
Enabling module streams:
 llvm-toolset            ol8

Transaction Summary
================================================================================
Install  3 Packages

Total download size: 34 M
Installed size: 124 M
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
(1/3): mesa-filesystem-21.1.5-1.el8.x86_64.rpm   96 kB/s |  34 kB     00:00
(2/3): mesa-dri-drivers-21.1.5-1.el8.x86_64.rpm 2.1 MB/s |  11 MB     00:05
(3/3): llvm-libs-12.0.1-2.0.1.module+el8.5.0+20 3.0 MB/s |  23 MB     00:07
--------------------------------------------------------------------------------
Total                                           4.5 MB/s |  34 MB     00:07
Running transaction check
Transaction check succeeded.
Running transaction test
Transaction test succeeded.
Running transaction
  Preparing        :                                                        1/1
  Installing       : mesa-filesystem-21.1.5-1.el8.x86_64                    1/3
  Installing       : llvm-libs-12.0.1-2.0.1.module+el8.5.0+20406+58ff08d7   2/3
  Installing       : mesa-dri-drivers-21.1.5-1.el8.x86_64                   3/3
  Running scriptlet: mesa-dri-drivers-21.1.5-1.el8.x86_64                   3/3
  Verifying        : llvm-libs-12.0.1-2.0.1.module+el8.5.0+20406+58ff08d7   1/3
  Verifying        : mesa-dri-drivers-21.1.5-1.el8.x86_64                   2/3
  Verifying        : mesa-filesystem-21.1.5-1.el8.x86_64                    3/3

Installed:
  llvm-libs-12.0.1-2.0.1.module+el8.5.0+20406+58ff08d7.x86_64
  mesa-dri-drivers-21.1.5-1.el8.x86_64
  mesa-filesystem-21.1.5-1.el8.x86_64

Complete!
[root@oraclelinux8 ~]#

chromium-browser起動時のメッセージはまだ出ているが、起動はする

[osakanataro@oraclelinux8 ~]$ chromium-browser
ATTENTION: default value of option allow_rgb10_configs overridden by environment.
[3952:4052:0512/191116.527237:ERROR:object_proxy.cc(623)] Failed to call method: org.freedesktop.DBus.Properties.Get: object_path= /org/freedesktop/UPower: org.freedesktop.DBus.Error.ServiceUnknown: The name org.freedesktop.UPower was not provided by any .service files
[3952:4052:0512/191116.527472:ERROR:object_proxy.cc(623)] Failed to call method: org.freedesktop.UPower.GetDisplayDevice: object_path= /org/freedesktop/UPower: org.freedesktop.DBus.Error.ServiceUnknown: The name org.freedesktop.UPower was not provided by any .service files
[3952:4052:0512/191116.527641:ERROR:object_proxy.cc(623)] Failed to call method: org.freedesktop.UPower.EnumerateDevices: object_path= /org/freedesktop/UPower: org.freedesktop.DBus.Error.ServiceUnknown: The name org.freedesktop.UPower was not provided by any .service files
[3984:3984:0512/191116.708191:ERROR:angle_platform_impl.cc(44)] Display.cpp:944 (initialize): ANGLE Display::initialize error 12289: OpenGL ES 2.0 is not supportable.
[3984:3984:0512/191116.708344:ERROR:gl_surface_egl.cc(808)] EGL Driver message (Critical) eglInitialize: OpenGL ES 2.0 is not supportable.
[3984:3984:0512/191116.708382:ERROR:gl_surface_egl.cc(1430)] eglInitialize OpenGL failed with error EGL_NOT_INITIALIZED, trying next display type
[3984:3984:0512/191116.720930:ERROR:angle_platform_impl.cc(44)] Display.cpp:944 (initialize): ANGLE Display::initialize error 12289: Could not create a backing OpenGL context.
[3984:3984:0512/191116.721068:ERROR:gl_surface_egl.cc(808)] EGL Driver message (Critical) eglInitialize: Could not create a backing OpenGL context.
[3984:3984:0512/191116.721141:ERROR:gl_surface_egl.cc(1430)] eglInitialize OpenGLES failed with error EGL_NOT_INITIALIZED
[3984:3984:0512/191116.721206:ERROR:gl_ozone_egl.cc(20)] GLSurfaceEGL::InitializeOneOff failed.
[3984:3984:0512/191116.724996:ERROR:viz_main_impl.cc(188)] Exiting GPU process due to errors during initialization
ATTENTION: default value of option allow_rgb10_configs overridden by environment.
[4059:4059:0512/191116.879504:ERROR:angle_platform_impl.cc(44)] Display.cpp:944 (initialize): ANGLE Display::initialize error 12289: Could not find a decent GLX FBConfig to create the context.
[4059:4059:0512/191116.879654:ERROR:gl_surface_egl.cc(808)] EGL Driver message (Critical) eglInitialize: Could not find a decent GLX FBConfig to create the context.
[4059:4059:0512/191116.879700:ERROR:gl_surface_egl.cc(1430)] eglInitialize Default failed with error EGL_NOT_INITIALIZED
[4059:4059:0512/191116.879757:ERROR:gl_ozone_egl.cc(20)] GLSurfaceEGL::InitializeOneOff failed.
[4059:4059:0512/191116.885075:ERROR:viz_main_impl.cc(188)] Exiting GPU process due to errors during initialization
[4075:4075:0512/191116.939151:ERROR:gpu_init.cc(440)] Passthrough is not supported, GL is disabled, ANGLE is

まとめ

必要そうなパッケージ群がまとまったので、今度はOracle Linux 8ではなく、AlmaLinux 8.5を同様にMinimal Installした状態から再セットアップして検証した。

まずは、OracleLinux 8 / AlmaLinux 8 / RockyLinux 8 環境で、できるだけエラーメッセージを出さずにブラウザを起動するには以下のパッケージをインストール。

「dnf install xorg-x11-xauth mesa-libGL mesa-libEGL mesa-dri-drivers」
で26パッケージ追加、インストール容量137MB

日本語を文字化けさせないで使うためには以下をインストール。(vlgothic-fonts vlgothic-p-fonts は標準から外れたため、標準に含まれるものに変更した)

「dnf install google-noto-*cjk*」
で3パッケージ追加、インストール容量 294MB

インストールのログとしては↓

[root@almalinux ~]# dnf install xorg-x11-xauth mesa-libGL mesa-libEGL mesa-dri-drivers
Last metadata expiration check: 0:31:29 ago on Fri 13 May 2022 09:29:56 AM JST.
Dependencies resolved.
================================================================================
 Package           Arch   Version                               Repo       Size
================================================================================
Installing:
 mesa-dri-drivers  x86_64 21.3.4-1.el8                          appstream  11 M
 mesa-libEGL       x86_64 21.3.4-1.el8                          appstream 135 k
 mesa-libGL        x86_64 21.3.4-1.el8                          appstream 184 k
 xorg-x11-xauth    x86_64 1:1.0.9-12.el8                        appstream  39 k
Installing dependencies:
 libICE            x86_64 1.0.9-15.el8                          appstream  73 k
 libSM             x86_64 1.2.3-1.el8                           appstream  47 k
 libX11            x86_64 1.6.8-5.el8                           appstream 610 k
 libX11-common     noarch 1.6.8-5.el8                           appstream 157 k
 libX11-xcb        x86_64 1.6.8-5.el8                           appstream  13 k
 libXau            x86_64 1.0.9-3.el8                           appstream  37 k
 libXext           x86_64 1.3.4-1.el8                           appstream  45 k
 libXfixes         x86_64 5.0.3-7.el8                           appstream  25 k
 libXmu            x86_64 1.1.3-1.el8                           appstream  75 k
 libXt             x86_64 1.1.5-12.el8                          appstream 185 k
 libXxf86vm        x86_64 1.1.4-9.el8                           appstream  19 k
 libglvnd          x86_64 1:1.3.4-1.el8                         appstream 126 k
 libglvnd-egl      x86_64 1:1.3.4-1.el8                         appstream  48 k
 libglvnd-glx      x86_64 1:1.3.4-1.el8                         appstream 136 k
 libwayland-client x86_64 1.19.0-1.el8                          appstream  38 k
 libwayland-server x86_64 1.19.0-1.el8                          appstream  46 k
 libxcb            x86_64 1.13.1-1.el8                          appstream 231 k
 libxshmfence      x86_64 1.3-2.el8                             appstream  13 k
 llvm-libs         x86_64 13.0.1-1.module_el8.6.0+2864+ffe288a1 appstream  24 M
 mesa-filesystem   x86_64 21.3.4-1.el8                          appstream  33 k
 mesa-libgbm       x86_64 21.3.4-1.el8                          appstream  58 k
 mesa-libglapi     x86_64 21.3.4-1.el8                          appstream  65 k
Enabling module streams:
 llvm-toolset             rhel8

Transaction Summary
================================================================================
Install  26 Packages

Total download size: 38 M
Installed size: 137 M
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
<略>
  xorg-x11-xauth-1:1.0.9-12.el8.x86_64

Complete!
[root@almalinux ~]# dnf install google-noto-*cjk*
Last metadata expiration check: 0:32:13 ago on Fri 13 May 2022 09:29:56 AM JST.
Dependencies resolved.
================================================================================
 Package                           Arch     Version           Repository   Size
================================================================================
Installing:
 google-noto-cjk-fonts-common      noarch   20190416-1.el8    appstream    20 k
 google-noto-sans-cjk-ttc-fonts    noarch   20190416-1.el8    appstream    85 M
 google-noto-serif-cjk-ttc-fonts   noarch   20190416-1.el8    appstream   109 M

Transaction Summary
================================================================================
Install  3 Packages

Total download size: 194 M
Installed size: 294 M
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
<略>
Installed:
  google-noto-cjk-fonts-common-20190416-1.el8.noarch
  google-noto-sans-cjk-ttc-fonts-20190416-1.el8.noarch
  google-noto-serif-cjk-ttc-fonts-20190416-1.el8.noarch

Complete!
[root@almalinux ~]#

Firefoxをインストールする場合は「dnf install firefox」で、56パッケージ 330MB追加。

[root@almalinux ~]# dnf install firefox
Last metadata expiration check: 0:34:49 ago on Fri 13 May 2022 09:29:56 AM JST.
Dependencies resolved.
================================================================================
 Package                     Arch     Version                 Repository   Size
================================================================================
Installing:
 firefox                     x86_64   91.9.0-1.el8_5.alma     appstream   106 M
Installing dependencies:
 adwaita-cursor-theme        noarch   3.28.0-3.el8            appstream   646 k
 adwaita-icon-theme          noarch   3.28.0-3.el8            appstream    11 M
 almalinux-indexhtml         noarch   8-7.el8                 baseos      7.5 k
 at-spi2-atk                 x86_64   2.26.2-1.el8            appstream    89 k
 at-spi2-core                x86_64   2.28.0-1.el8            appstream   169 k
 atk                         x86_64   2.28.1-1.el8            appstream   271 k
 avahi-libs                  x86_64   0.7-20.el8              baseos       61 k
 cairo                       x86_64   1.15.12-6.el8           appstream   718 k
 cairo-gobject               x86_64   1.15.12-6.el8           appstream    32 k
 colord-libs                 x86_64   1.4.2-1.el8             appstream   236 k
 cups-libs                   x86_64   1:2.2.6-44.el8          baseos      433 k
 dejavu-fonts-common         noarch   2.35-7.el8              baseos       73 k
 fontconfig                  x86_64   2.13.1-4.el8            baseos      273 k
 fontpackages-filesystem     noarch   1.44-22.el8             baseos       16 k
 fribidi                     x86_64   1.0.4-8.el8             appstream    89 k
 gdk-pixbuf2                 x86_64   2.36.12-5.el8           baseos      467 k
 gdk-pixbuf2-modules         x86_64   2.36.12-5.el8           appstream   109 k
 glib-networking             x86_64   2.56.1-1.1.el8          baseos      155 k
 graphite2                   x86_64   1.3.10-10.el8           appstream   121 k
 gsettings-desktop-schemas   x86_64   3.32.0-6.el8            baseos      632 k
 gtk-update-icon-cache       x86_64   3.22.30-10.el8          appstream    32 k
 gtk3                        x86_64   3.22.30-10.el8          appstream   4.5 M
 harfbuzz                    x86_64   1.7.5-3.el8             appstream   295 k
 hicolor-icon-theme          noarch   0.17-2.el8              appstream    48 k
 jasper-libs                 x86_64   2.0.14-5.el8            appstream   166 k
 jbigkit-libs                x86_64   2.1-14.el8              appstream    54 k
 lcms2                       x86_64   2.9-2.el8               appstream   164 k
 libXcomposite               x86_64   0.4.4-14.el8            appstream    28 k
 libXcursor                  x86_64   1.1.15-3.el8            appstream    36 k
 libXdamage                  x86_64   1.1.4-14.el8            appstream    26 k
 libXft                      x86_64   2.3.3-1.el8             appstream    66 k
 libXi                       x86_64   1.7.10-1.el8            appstream    48 k
 libXinerama                 x86_64   1.1.4-1.el8             appstream    15 k
 libXrandr                   x86_64   1.5.2-1.el8             appstream    33 k
 libXrender                  x86_64   0.9.10-7.el8            appstream    33 k
 libXtst                     x86_64   1.2.3-7.el8             appstream    21 k
 libdatrie                   x86_64   0.2.9-7.el8             appstream    33 k
 libepoxy                    x86_64   1.5.8-1.el8             appstream   224 k
 liberation-fonts-common     noarch   1:2.00.3-7.el8          baseos       25 k
 liberation-sans-fonts       noarch   1:2.00.3-7.el8          baseos      610 k
 libjpeg-turbo               x86_64   1.5.3-12.el8            appstream   156 k
 libmodman                   x86_64   2.0.1-17.el8            baseos       36 k
 libproxy                    x86_64   0.4.15-5.2.el8          baseos       75 k
 libsoup                     x86_64   2.62.3-2.el8            baseos      424 k
 libthai                     x86_64   0.1.27-2.el8            appstream   203 k
 libtiff                     x86_64   4.0.9-21.el8            appstream   187 k
 libwayland-cursor           x86_64   1.19.0-1.el8            appstream    25 k
 libwayland-egl              x86_64   1.19.0-1.el8            appstream    18 k
 mozilla-filesystem          x86_64   1.9-19.el8              appstream   9.8 k
 pango                       x86_64   1.42.4-8.el8            appstream   296 k
 pixman                      x86_64   0.38.4-2.el8            appstream   256 k
 rest                        x86_64   0.8.1-2.el8             appstream    70 k
Installing weak dependencies:
 abattis-cantarell-fonts     noarch   0.0.25-6.el8            appstream   154 k
 dconf                       x86_64   0.28.0-4.el8            appstream   107 k
 dejavu-sans-mono-fonts      noarch   2.35-7.el8              baseos      446 k

Transaction Summary
================================================================================
Install  56 Packages

Total download size: 131 M
Installed size: 330 M
Is this ok [y/N]:

Chromiumをインストールする場合は「dnf install epel-release」、OracleLinux8の場合は「dnf install oracle-epel-release-el8」でEPELレポジトリを追加する。

[root@almalinux ~]# dnf install epel-release
Last metadata expiration check: 0:35:34 ago on Fri 13 May 2022 09:29:56 AM JST.
Dependencies resolved.
================================================================================
 Package               Architecture    Version            Repository       Size
================================================================================
Installing:
 epel-release          noarch          8-10.el8           extras           22 k

Transaction Summary
================================================================================
Install  1 Package

Total download size: 22 k
Installed size: 32 k
Is this ok [y/N]:

その後に「dnf install chromium」でインストールで、76パッケージ405MB追加。

[root@almalinux ~]# dnf install chromium
Extra Packages for Enterprise Linux 8 - x86_64  1.9 MB/s |  11 MB     00:05
Extra Packages for Enterprise Linux Modular 8 - 123 kB/s | 1.0 MB     00:08
Last metadata expiration check: 0:00:05 ago on Fri 13 May 2022 10:06:01 AM JST.
Dependencies resolved.
================================================================================
 Package                        Arch     Version              Repository   Size
================================================================================
Installing:
 chromium                       x86_64   99.0.4844.84-1.el8   epel         83 M
Installing dependencies:
 adwaita-cursor-theme           noarch   3.28.0-3.el8         appstream   646 k
 adwaita-icon-theme             noarch   3.28.0-3.el8         appstream    11 M
 alsa-lib                       x86_64   1.2.6.1-3.el8        appstream   490 k
 at-spi2-atk                    x86_64   2.26.2-1.el8         appstream    89 k
 at-spi2-core                   x86_64   2.28.0-1.el8         appstream   169 k
 atk                            x86_64   2.28.1-1.el8         appstream   271 k
 avahi                          x86_64   0.7-20.el8           baseos      280 k
 avahi-libs                     x86_64   0.7-20.el8           baseos       61 k
 cairo                          x86_64   1.15.12-6.el8        appstream   718 k
 cairo-gobject                  x86_64   1.15.12-6.el8        appstream    32 k
 checkpolicy                    x86_64   2.9-1.el8            baseos      347 k
 chromium-common                x86_64   99.0.4844.84-1.el8   epel         13 M
 colord-libs                    x86_64   1.4.2-1.el8          appstream   236 k
 cups-libs                      x86_64   1:2.2.6-44.el8       baseos      433 k
 dejavu-fonts-common            noarch   2.35-7.el8           baseos       73 k
 flac-libs                      x86_64   1.3.2-9.el8          appstream   217 k
 fontconfig                     x86_64   2.13.1-4.el8         baseos      273 k
 fontpackages-filesystem        noarch   1.44-22.el8          baseos       16 k
 fribidi                        x86_64   1.0.4-8.el8          appstream    89 k
 gdk-pixbuf2                    x86_64   2.36.12-5.el8        baseos      467 k
 gdk-pixbuf2-modules            x86_64   2.36.12-5.el8        appstream   109 k
 glib-networking                x86_64   2.56.1-1.1.el8       baseos      155 k
 graphite2                      x86_64   1.3.10-10.el8        appstream   121 k
 gsettings-desktop-schemas      x86_64   3.32.0-6.el8         baseos      632 k
 gsm                            x86_64   1.0.17-5.el8         appstream    37 k
 gstreamer1                     x86_64   1.16.1-2.el8         appstream   1.3 M
 gtk-update-icon-cache          x86_64   3.22.30-10.el8       appstream    32 k
 gtk3                           x86_64   3.22.30-10.el8       appstream   4.5 M
 harfbuzz                       x86_64   1.7.5-3.el8          appstream   295 k
 hicolor-icon-theme             noarch   0.17-2.el8           appstream    48 k
 jasper-libs                    x86_64   2.0.14-5.el8         appstream   166 k
 jbigkit-libs                   x86_64   2.1-14.el8           appstream    54 k
 lcms2                          x86_64   2.9-2.el8            appstream   164 k
 libXcomposite                  x86_64   0.4.4-14.el8         appstream    28 k
 libXcursor                     x86_64   1.1.15-3.el8         appstream    36 k
 libXdamage                     x86_64   1.1.4-14.el8         appstream    26 k
 libXft                         x86_64   2.3.3-1.el8          appstream    66 k
 libXi                          x86_64   1.7.10-1.el8         appstream    48 k
 libXinerama                    x86_64   1.1.4-1.el8          appstream    15 k
 libXrandr                      x86_64   1.5.2-1.el8          appstream    33 k
 libXrender                     x86_64   0.9.10-7.el8         appstream    33 k
 libXtst                        x86_64   1.2.3-7.el8          appstream    21 k
 libasyncns                     x86_64   0.8-14.el8           appstream    32 k
 libbsd                         x86_64   0.9.1-4.el8          epel        106 k
 libcanberra                    x86_64   0.30-18.el8          appstream    92 k
 libcanberra-gtk3               x86_64   0.30-18.el8          appstream    38 k
 libdatrie                      x86_64   0.2.9-7.el8          appstream    33 k
 libepoxy                       x86_64   1.5.8-1.el8          appstream   224 k
 libjpeg-turbo                  x86_64   1.5.3-12.el8         appstream   156 k
 libmodman                      x86_64   2.0.1-17.el8         baseos       36 k
 libogg                         x86_64   2:1.3.2-10.el8       appstream    30 k
 libproxy                       x86_64   0.4.15-5.2.el8       baseos       75 k
 libsndfile                     x86_64   1.0.28-12.el8        appstream   192 k
 libsoup                        x86_64   2.62.3-2.el8         baseos      424 k
 libthai                        x86_64   0.1.27-2.el8         appstream   203 k
 libtiff                        x86_64   4.0.9-21.el8         appstream   187 k
 libvorbis                      x86_64   1:1.3.6-2.el8        appstream   196 k
 libwayland-cursor              x86_64   1.19.0-1.el8         appstream    25 k
 libwayland-egl                 x86_64   1.19.0-1.el8         appstream    18 k
 minizip                        x86_64   2.8.9-2.el8          epel        124 k
 minizip1.2                     x86_64   1.2.11-24.el8        epel         32 k
 nss-mdns                       x86_64   0.14.1-9.el8         epel         49 k
 pango                          x86_64   1.42.4-8.el8         appstream   296 k
 pixman                         x86_64   0.38.4-2.el8         appstream   256 k
 policycoreutils-python-utils   noarch   2.9-19.el8           baseos      252 k
 pulseaudio-libs                x86_64   14.0-2.el8           appstream   680 k
 python3-audit                  x86_64   3.0.7-2.el8.2        baseos       86 k
 python3-libsemanage            x86_64   2.9-8.el8            baseos      127 k
 python3-policycoreutils        noarch   2.9-19.el8           baseos      2.2 M
 python3-setools                x86_64   4.3.0-3.el8          baseos      623 k
 rest                           x86_64   0.8.1-2.el8          appstream    70 k
 sound-theme-freedesktop        noarch   0.8-9.el8            appstream   381 k
Installing weak dependencies:
 abattis-cantarell-fonts        noarch   0.0.25-6.el8         appstream   154 k
 dconf                          x86_64   0.28.0-4.el8         appstream   107 k
 dejavu-sans-mono-fonts         noarch   2.35-7.el8           baseos      446 k

Transaction Summary
================================================================================
Install  76 Packages

Total download size: 128 M
Installed size: 405 M
Is this ok [y/N]:

ちなみに、先にchromiumをインストールしたあとに、firefoxを追加した場合は、5パッケージ263MB追加となりました。

[root@almalinux ~]# dnf install firefox
Last metadata expiration check: 0:05:05 ago on Fri 13 May 2022 10:06:01 AM JST.
Dependencies resolved.
================================================================================
 Package                    Arch      Version                Repository    Size
================================================================================
Installing:
 firefox                    x86_64    91.9.0-1.el8_5.alma    appstream    106 M
Installing dependencies:
 almalinux-indexhtml        noarch    8-7.el8                baseos       7.5 k
 liberation-fonts-common    noarch    1:2.00.3-7.el8         baseos        25 k
 liberation-sans-fonts      noarch    1:2.00.3-7.el8         baseos       610 k
 mozilla-filesystem         x86_64    1.9-19.el8             appstream    9.8 k

Transaction Summary
================================================================================
Install  5 Packages

Total download size: 107 M
Installed size: 263 M
Is this ok [y/N]: y

PowerShellにパスワード文字列を直接書かない手法


PowerShellで用意されているGet-Credential 関連を駆使して、PowerShellスクリプト内に直接パスワードを書かないで済む手法を作成した。

スクリプトを配置したディレクトリにscript.cred というファイルを作り、そこに暗号化されたパスワード文字列を配置する、という仕組み。

$authfile=$PSScriptRoot+".\script.cred"
$username="admin" #ユーザ名
$passwdstr="" # この変数にパスワード文字列が入る。
if((Test-Path $authfile) -eq $false){
    $creds = Get-Credential -UserName $username -Message $($username+"ユーザのパスワードを入力してください")
    $creds.Password | ConvertFrom-SecureString | Set-Content -Path $authfile | Out-Null
    $passwdstr=[Runtime.InteropServices.Marshal]::PtrToStringBSTR([Runtime.InteropServices.Marshal]::SecureStringToBSTR($creds.Password))
}else{
    $passwdstr=[Runtime.InteropServices.Marshal]::PtrToStringBSTR([Runtime.InteropServices.Marshal]::SecureStringToBSTR($(Get-Content $authfile | ConvertTo-SecureString)))
}

# この段階の $passwdstr には暗号化されていないパスワード文字列が入っている

なお、メモリ上の$passwdstr には暗号化されていない文字列が保存されているため、そこは注意が必要。