Steam版Blenderをインストールしたけど拡張子.blendの関連付けが行われない


Steam版Blender」が無料になっていたので入手してインストールした。

従来のBlenderもインストールしていたので、アプリケーション一覧だと以下のような感じになっていた。(上がSteam版)

デスクトップ上のアイコンだと下側の「Blender」がSteam版。

Blenderアプリのバージョンアップを自動で行いたいからSteam版Blenderをインストールしたので、従来版Blenderのアンインストールをしたところ問題が発生。

拡張子.blendの関連付けがなくなってしまった。Steam版Blenderもアンインストールし、Steam版Blenderだけを再インストールしてみても関連付けを行ってくれない。

検索したところ「.blend file association」にて対処方法を発見。

1. Library -> Software
2. Right Click “Blender” -> Properties -> Set Launch Options
3. Add “-R” without quotes
4. Hit OK
5. Launch Blender
6. You should see a command prompt window and a message saying “File extension registered for the current user. To register for all users, run as an administrator.”
7. Hit OK
8. Right Click “Blender” -> Properties -> Set Launch Options
9. Remove “-R”
10. Double click any .blend file and it should open with the Steam Blender version

Steamアプリの中からSteam版Blenderを起動する際、1回だけ「-R」オプションをつけて起動することで関連付け処理が行われる、とのこと。

これを実行してみたら問題なく動作するようになった。

コマンド(python)でyoutube動画をアップロードする手法


YouTube Data API(v3)の「Videos: insert」に記載されているJava/.Net/PHP/Python/Rubyのサンプルから、とりあえずPythonを選択。

ちょっと前のWeb記述を見ると、10分以上の動画がアップロードできない、的なことを書いているものもあるけれど、このWebの冒頭に「最大ファイルサイズ: 64 GB」とのことなので、大丈夫だろうと判断。

とりあえずそのままコピー

#!/usr/bin/python

import httplib
import httplib2
import os
import random
import sys
import time

from apiclient.discovery import build
from apiclient.errors import HttpError
from apiclient.http import MediaFileUpload
from oauth2client.client import flow_from_clientsecrets
from oauth2client.file import Storage
from oauth2client.tools import argparser, run_flow


# Explicitly tell the underlying HTTP transport library not to retry, since
# we are handling retry logic ourselves.
httplib2.RETRIES = 1

# Maximum number of times to retry before giving up.
MAX_RETRIES = 10

# Always retry when these exceptions are raised.
RETRIABLE_EXCEPTIONS = (httplib2.HttpLib2Error, IOError, httplib.NotConnected,
  httplib.IncompleteRead, httplib.ImproperConnectionState,
  httplib.CannotSendRequest, httplib.CannotSendHeader,
  httplib.ResponseNotReady, httplib.BadStatusLine)

# Always retry when an apiclient.errors.HttpError with one of these status
# codes is raised.
RETRIABLE_STATUS_CODES = [500, 502, 503, 504]

# The CLIENT_SECRETS_FILE variable specifies the name of a file that contains
# the OAuth 2.0 information for this application, including its client_id and
# client_secret. You can acquire an OAuth 2.0 client ID and client secret from
# the Google Developers Console at
# https://console.developers.google.com/.
# Please ensure that you have enabled the YouTube Data API for your project.
# For more information about using OAuth2 to access the YouTube Data API, see:
#   https://developers.google.com/youtube/v3/guides/authentication
# For more information about the client_secrets.json file format, see:
#   https://developers.google.com/api-client-library/python/guide/aaa_client_secrets
CLIENT_SECRETS_FILE = "client_secrets.json"

# This OAuth 2.0 access scope allows an application to upload files to the
# authenticated user's YouTube channel, but doesn't allow other types of access.
YOUTUBE_UPLOAD_SCOPE = "https://www.googleapis.com/auth/youtube.upload"
YOUTUBE_API_SERVICE_NAME = "youtube"
YOUTUBE_API_VERSION = "v3"

# This variable defines a message to display if the CLIENT_SECRETS_FILE is
# missing.
MISSING_CLIENT_SECRETS_MESSAGE = """
WARNING: Please configure OAuth 2.0

To make this sample run you will need to populate the client_secrets.json file
found at:

   %s

with information from the Developers Console
https://console.developers.google.com/

For more information about the client_secrets.json file format, please visit:
https://developers.google.com/api-client-library/python/guide/aaa_client_secrets
""" % os.path.abspath(os.path.join(os.path.dirname(__file__),
                                   CLIENT_SECRETS_FILE))

VALID_PRIVACY_STATUSES = ("public", "private", "unlisted")


def get_authenticated_service(args):
  flow = flow_from_clientsecrets(CLIENT_SECRETS_FILE,
    scope=YOUTUBE_UPLOAD_SCOPE,
    message=MISSING_CLIENT_SECRETS_MESSAGE)

  storage = Storage("%s-oauth2.json" % sys.argv[0])
  credentials = storage.get()

  if credentials is None or credentials.invalid:
    credentials = run_flow(flow, storage, args)

  return build(YOUTUBE_API_SERVICE_NAME, YOUTUBE_API_VERSION,
    http=credentials.authorize(httplib2.Http()))

def initialize_upload(youtube, options):
  tags = None
  if options.keywords:
    tags = options.keywords.split(",")

  body=dict(
    snippet=dict(
      title=options.title,
      description=options.description,
      tags=tags,
      categoryId=options.category
    ),
    status=dict(
      privacyStatus=options.privacyStatus
    )
  )

  # Call the API's videos.insert method to create and upload the video.
  insert_request = youtube.videos().insert(
    part=",".join(body.keys()),
    body=body,
    # The chunksize parameter specifies the size of each chunk of data, in
    # bytes, that will be uploaded at a time. Set a higher value for
    # reliable connections as fewer chunks lead to faster uploads. Set a lower
    # value for better recovery on less reliable connections.
    #
    # Setting "chunksize" equal to -1 in the code below means that the entire
    # file will be uploaded in a single HTTP request. (If the upload fails,
    # it will still be retried where it left off.) This is usually a best
    # practice, but if you're using Python older than 2.6 or if you're
    # running on App Engine, you should set the chunksize to something like
    # 1024 * 1024 (1 megabyte).
    media_body=MediaFileUpload(options.file, chunksize=-1, resumable=True)
  )

  resumable_upload(insert_request)

# This method implements an exponential backoff strategy to resume a
# failed upload.
def resumable_upload(insert_request):
  response = None
  error = None
  retry = 0
  while response is None:
    try:
      print "Uploading file..."
      status, response = insert_request.next_chunk()
      if 'id' in response:
        print "Video id '%s' was successfully uploaded." % response['id']
      else:
        exit("The upload failed with an unexpected response: %s" % response)
    except HttpError, e:
      if e.resp.status in RETRIABLE_STATUS_CODES:
        error = "A retriable HTTP error %d occurred:\n%s" % (e.resp.status,
                                                             e.content)
      else:
        raise
    except RETRIABLE_EXCEPTIONS, e:
      error = "A retriable error occurred: %s" % e

    if error is not None:
      print error
      retry += 1
      if retry > MAX_RETRIES:
        exit("No longer attempting to retry.")

      max_sleep = 2 ** retry
      sleep_seconds = random.random() * max_sleep
      print "Sleeping %f seconds and then retrying..." % sleep_seconds
      time.sleep(sleep_seconds)

if __name__ == '__main__':
  argparser.add_argument("--file", required=True, help="Video file to upload")
  argparser.add_argument("--title", help="Video title", default="Test Title")
  argparser.add_argument("--description", help="Video description",
    default="Test Description")
  argparser.add_argument("--category", default="22",
    help="Numeric video category. " +
      "See https://developers.google.com/youtube/v3/docs/videoCategories/list")
  argparser.add_argument("--keywords", help="Video keywords, comma separated",
    default="")
  argparser.add_argument("--privacyStatus", choices=VALID_PRIVACY_STATUSES,
    default=VALID_PRIVACY_STATUSES[0], help="Video privacy status.")
  args = argparser.parse_args()

  if not os.path.exists(args.file):
    exit("Please specify a valid file using the --file= parameter.")

  youtube = get_authenticated_service(args)
  try:
    initialize_upload(youtube, args)
  except HttpError, e:
    print "An HTTP error %d occurred:\n%s" % (e.resp.status, e.content)

そして実行!

-bash-4.2$ ./youtube-upload
Traceback (most recent call last):
  File "./youtube-upload", line 4, in <module>
    import httplib2
ImportError: No module named httplib2
-bash-4.2$

CentOS7に必要なPythonモジュールが入っていませんでした。もう1つエラーになったoauth2clientとともに「yum install python-httplib2 python2-oauth2client」でインストールして再実行。

-bash-4.2$ ./youtube-upload
Traceback (most recent call last):
  File "./youtube-upload", line 10, in <module>
    from apiclient.discovery import build
ImportError: No module named apiclient.discovery
-bash-4.2$

今度のエラーのapiclientは「YouTube API: Client Libraries」に含まれるもの。

Python用は「https://github.com/googleapis/google-api-python-client」にある手順に従いインストールする。

ドキュメントには「pip install –upgrade google-api-python-client」とあるけど、「pip install google-api-python-client」で実行した。

[root@server ~]# pip install google-api-python-client
Collecting google-api-python-client
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/5b/ba/c4e47e2fdd945145ddb10db06dd29af19b01f6e6d7452348b9bf10375ee9/google-api-python-client-1.7.9.tar.gz (142kB)
Installing collected packages: pyasn1, pyasn1-modules, cachetools, rsa, google-auth, google-auth-httplib2, uritemplate, google-api-python-client
  Running setup.py install for google-api-python-client ... done
Successfully installed cachetools-3.1.1 google-api-python-client-1.7.9 google-auth-1.6.3 google-auth-httplib2-0.0.3 pyasn1-0.4.5 pyasn1-modules-0.2.5 rsa-4.0 uritemplate-3.0.0
You are using pip version 8.1.2, however version 19.1.1 is available.
You should consider upgrading via the 'pip install --upgrade pip' command.
[root@server ~]#

で、改めてスクリプトを実行してみる。

-bash-4.2$ ./youtube-upload --file /mnt/work/fuuka/223779_20190618-0013_best.mpg
The client secrets were invalid:
('Error opening file', 'client_secrets.json', 'No such file or directory', 2)

WARNING: Please configure OAuth 2.0

To make this sample run you will need to populate the client_secrets.json file
found at:

   /mnt/work/youtube/client_secrets.json

with information from the Developers Console
https://console.developers.google.com/

For more information about the client_secrets.json file format, please visit:
https://developers.google.com/api-client-library/python/guide/aaa_client_secrets

-bash-4.2$

当然のエラー。

client_secrets.json というファイルに認証情報を記載しなければならないようだ。

Google API Console」にアクセスして、新規プロジェクトを作成。
認証情報タブから「OauthクライアントIDの作成」を選び、「アプリケーションの種類:その他」で作成します。
作成すると、jsonファイルがダウンロードできようになりますので、それをダウンロードし、client_secrets.json という名前で保存します。

「./youtube-upload –file ファイル名 –noauth_local_webserver」と実行すると、URLが表示されます。このURLをブラウザに入力すると、Googleの認証が要求されますので、パスワードを入力します。( –noauth_local_webserver を指定しない場合、そのLinux上でブラウザが開かれます。Oauth認証にはJavaScript対応ブラウザを使う必要があるため、CLIだと無理です。)


認証が完了するとVerification codeがブラウザ上に表示されますので、それをコピーし、コマンドに入力します。

また、下記の様なメールがGoogleアカウントのメールに届きます。(「youtube upload by osakanataro」という文字列は、Google API Consoleで設定したものです)

これで認証が終わると、ファイルアップロードが出来るようになります。

-bash-4.2$ ./youtube-upload --file /mnt/work/fuuka/223779_20190618-0013_best.mpg  --noauth_local_webserver
Uploading file...
Video id 'IAHhZlSXoDk' was successfully uploaded.
-bash-4.2$

Youtube studioにアクセスして状態を確認。

何も設定してなかったので「Test Title」「Test Description」となっていますね。

続いて指定した場合

-bash: ./youtube-upload --file: そのようなファイルやディレクトリはありません
-bash-4.2$ ./youtube-upload --file /mnt/work/fuuka/223779_20190617-1738_best.mpg --title "紫吹ふうか 2019年06月17日 17:38開始配信" --description "紫吹ふうか さ んによる 2019年06月17日 17:38 に開始された配信の転載です。" --keywords "AVATAR2.0","紫吹ふうか"
Uploading file...
Video id '5-Z0YDv5YCk' was successfully uploaded.
-bash-4.2$

Youtube Studioを確認すると、指定したタイトル、説明、タグ(Keywords)が設定されていることがわかります。

あとはサムネ調整とかが必要という感じですね。

つまりは、これで、配信終わったら即座にyoutubeにアップロードするスクリプトが組めたわけでして・・・


2019/06/20追記

まとめて動画をいくつかアップロードしてみたところ、Youtube側のエラーとなりました。

$ ./youtube-upload --file /mnt/work/ramyon/223697_20190614-2028_best.mpg --title 'とみじroooom!!!!!! 2019年06月14日 20:28開始配信' --description "都三代らみょん さんによる showroomにて 2019年06月14日 20:28 に開始された配信の転載です。" --keywords "AVATAR2.0","都三代らみょん"
Uploading file...
An HTTP error 403 occurred:
{
 "error": {
  "errors": [
   {
    "domain": "youtube.quota",
    "reason": "quotaExceeded",
    "message": "The request cannot be completed because you have exceeded your \u003ca href=\"/youtube/v3/getting-started#quota\"\u003equota\u003c/a\u003e."
   }
  ],
  "code": 403,
  "message": "The request cannot be completed because you have exceeded your \u003ca href=\"/youtube/v3/getting-started#quota\"\u003equota\u003c/a\u003e."
 }
}

$ echo $?
0
$

YouTube DATA APIのquota」を見てみると、Developer Consoleで確認する必要があるようです・・・

スクリプト的には5回実行して、合計で4時間半ぐらいの動画をアップロードしただけなのですが、1回あたり結構な数のAPIが発行されているようです。

1日あたり10000回以上に増やすには申請する必要があるようです。

ブラウザを開かずにshowroomを視聴する


ブラウザを開かずにshowroom liveを視聴する方法はないかなぁ・・・と調べて見たら、livestreamを使い視聴するためのscriptを発見。fcicq/showroomlive.sh

ただ、これはそのままではshowroomの仕様変更に対応しておらず使えない。また、livestreamは現在メンテナンスされておらずstreamlinkを使え、と書いてある。

streamlinkはpythonインストールとか考えなくても使えるようなWindows用バイナリが用意されているため、簡単に実験ができそうだったので試してみた。

とりあえずstreamlinkをインストールして、showroom liveの配信やってるページに出てくる.m3u8ファイルを与えてみると・・・

C:\Program Files (x86)\Streamlink\bin>streamlink.exe https://edge-210-140-227-26.showroom-live.com/liveedge/52e66cae6b58a08641bd702e091c7f94fee147899da1a714c38312bab75ea7f0/chunklist_w791438536.m3u8
[cli][info] Found matching plugin hls for URL https://edge-210-140-227-26.showroom-live.com/liveedge/52e66cae6b58a08641bd702e091c7f94fee147899da1a714c38312bab75ea7f0/chunklist_w791438536.m3u8
Available streams: live (worst, best)

C:\Program Files (x86)\Streamlink\bin>

高画質(best)/低画質(worst)の選択を求められた。

C:\Program Files (x86)\Streamlink\bin>streamlink.exe https://edge-210-140-227-26.showroom-live.com/liveedge/52e66cae6b58a08641bd702e091c7f94fee147899da1a714c38312bab75ea7f0/chunklist_w791438536.m3u8 worst
[cli][info] Found matching plugin hls for URL https://edge-210-140-227-26.showroom-live.com/liveedge/52e66cae6b58a08641bd702e091c7f94fee147899da1a714c38312bab75ea7f0/chunklist_w791438536.m3u8
[cli][info] Available streams: live (worst, best)
[cli][info] Opening stream: live (hls)
error: The default player (VLC) does not seem to be installed. You must specify the path to a player executable with --player.
[cli][info] Closing currently open stream...

C:\Program Files (x86)\Streamlink\bin>

VLCを使って動画再生を開始しようとしたが、VLCがインストールされていないため失敗した。

そこでVLCをインストールしてから再度実行してみると、こんどはVLCアプリが起動して再生が始まった。

C:\Program Files (x86)\Streamlink\bin>streamlink.exe https://edge-210-140-227-26.showroom-live.com/liveedge/52e66cae6b58a08641bd702e091c7f94fee147899da1a714c38312bab75ea7f0/chunklist_w791438536.m3u8 worst
[cli][info] Found matching plugin hls for URL https://edge-210-140-227-26.showroom-live.com/liveedge/52e66cae6b58a08641bd702e091c7f94fee147899da1a714c38312bab75ea7f0/chunklist_w791438536.m3u8
[cli][info] Available streams: live (worst, best)
[cli][info] Opening stream: live (hls)
[cli][info] Starting player: "C:\Program Files\VideoLAN\VLC\vlc.exe"
[cli][info] Player closed
[cli][info] Stream ended
[cli][info] Closing currently open stream...

C:\Program Files (x86)\Streamlink\bin>

(上記のログはVLCの終了までを含む)

さらにいろいろ実験中、うっかりとstreamlinkに対してルームのURLそのものを渡してしまったところ、何事もないかの表示表示された。

C:\Program Files (x86)\Streamlink\bin>streamlink.exe https://www.showroom-live.com/sena-hiiragi
[cli][info] Found matching plugin showroom for URL https://www.showroom-live.com/sena-hiiragi
Available streams: 144p (worst), low, 360p, high (best)

C:\Program Files (x86)\Streamlink\bin>
C:\Program Files (x86)\Streamlink\bin>streamlink.exe https://www.showroom-live.com/sena-hiiragi best
[cli][info] Found matching plugin showroom for URL https://www.showroom-live.com/sena-hiiragi
[cli][info] Available streams: 144p (worst), low, 360p, high (best)
[cli][info] Opening stream: high (rtmp)
[cli][info] Starting player: "C:\Program Files\VideoLAN\VLC\vlc.exe"
[cli][info] Player closed
[cli][info] Stream ended
[cli][info] Closing currently open stream...

C:\Program Files (x86)\Streamlink\bin>

「Opening stream: high (rtmp)」となっているが、この形式はFlash Video形式となる。デフォルトでは「”rtmp,hls,hds,http,akamaihd,*”」という順序で優先順位を決めているので、MPEG4-TS形式で受信するには「–stream-types=hls」オプションをつけてhlsを指定する必要がある。

C:\Program Files (x86)\Streamlink\bin>streamlink.exe --stream-types=hls https://www.showroom-live.com/sena-hiiragi best
[cli][info] Found matching plugin showroom for URL https://www.showroom-live.com/sena-hiiragi
[cli][info] Available streams: 144p (worst), 360p (best)
[cli][info] Opening stream: 360p (hls)
[cli][info] Starting player: "C:\Program Files\VideoLAN\VLC\vlc.exe"
[cli][info] Player closed
[cli][info] Stream ended
[cli][info] Closing currently open stream...

C:\Program Files (x86)\Streamlink\bin>

よくみたら「streamlinkのpluginページ」にshowroomが対応していると掲載されていた。

他にabematv、 bilibili、 nhkworld、pixiv(sketch)が掲載されていて興味深い。

で・・・ここで調べたことを元に、showroom liveで目的とするルームの配信が始まったらVLCを起動して視聴開始するためのPowerShellスクリプトを実装してみた。

https://github.com/osakanataro/showroom-live

なぜPowerShellで組んだかといえば、WindowsとLinuxの両方で同じスクリプトを使いたかったからですね。

プラットフォームの違いを考慮しなければならない点がいくつかありましたが、まぁなんとかなりました。

きたの整骨院・鍼灸院に行ってみた(だめだった)


twitterで話題になっていた「きたの整骨院・鍼灸院」に行ってみた。

交通の便について

・瑞江駅から徒歩10分程度

・「江戸川一丁目」というバス停が近くにある
  一之江駅、小岩駅、瑞江駅、南行徳駅からでている京成バスの江戸川スポーツランド行きで来れる

予約状況について

・基本は電話予約
 飛び込みでも対応はしてもらえるようだが、予約した人が来ない枠とかで合間とかで対応しているようなので
 どれくらい待つか、待ち時間が読めない模様。

効能について

・どうやら、鍼を打ってる感触で、なんとなく分かるようで
 効能がでてそうな人に対しては、先生の口数が多いように思える

・まぁ、結局は個人差が大きい
 私は効果を感じなかった。
 もう1回やれば改善するかもね、と言われたけど、あまり自信なさげだった

おまけ

施術を受けている間にいろいろ聞こえてきた話をまとめると・・・

・1回の施術で完了するように心がけてるのには理由がある
・継続してやると保険治療が絡んでくる
・保険治療に関する手続きが超面倒くさいのでできるだけ避けたい
→ 保険治療が出来ない単発治療を多くの患者に行う方針

2017年に買ったもの



2017年に買ったものをまとめた

ちなみに2016版→「2016年に買ったもの

Orange Pi関連
・2016年に買ったOrange Pi Zero用のNAS拡張ボードを買ったけど、結局使わなかった
 「Orange Pi Zero用のNAS拡張ボード

・Allwinner A64搭載のOrange Pi Winを買った
 「Allwinner A64搭載のOrange Pi Winが$28.41で販売開始
 「Orange Pi Winが届いた!・・・でも、まだOSが・・・

・SPI接続のLCDをOrange Piで使った
 「ラズパイ用Waveshare / Kuman 3.5インチ 320×480タッチパネル付き液晶をOrange Piで使う
 「Kernelを4.10.xにしたarmbianを使ったOrange Pi PCでSPI接続のLCDを使う

・Allwinner H3搭載のOrange Pi Zero Plus 2
 購入直後にAllwinner H5搭載バージョンがでて、電源も入れずに放置

・ラズパイのHAT端子につなげるE-Inkディスプレイ
 Allwinner機で使える手法を探すのが面倒になって放置中
 2.7インチ e-Ink 18.68ドル

・Orange Pi純正7インチディスプレイ
 HDMIのボードが一瞬だけ販売されてて買ってみたものの、解像度が特殊で使いにくかったのでお蔵入り

・LinkStation LS410Dのジャンクを買ってディスクを入れ替えた
 「LinkStation LS410Dの1TBモデルを4TBに変えた

パソコン
・クラウドファンディングのGPD Pocketを入手
 「GPD Pocketのクラウドファンディングが開始されたので投資してみた
・DELL Venue 10 Pro 5055と5056
 ワコムタブなのに非常に安かったので、2種類購入
 「DELL Venue 10 Pro 5055を5千円で買ってみたのでWin10を入れてみた
 「DELL Venue 10 Pro 5055と5056でBamboo Inkを使ってみた
 「DELL Venue 10 Pro 5055にUbuntu 17.10をインストールした

スマホ
・約2千円だったから買ったSO-04E
 「SO-04EをAndroid 6.0.1にしてみた

いろいろ
電子基板定規

・同じサイズのボックスを買い比べた
 「アステージのNCボックス/STボックス/パワーコンテナ/シールドコンテナ#22を4種買ってアイリスオーヤマMBL-22と比較した

・DATA FROG Portable 2.5インチ8ビットゲーム機RS-8D
 ファミコンゲームが満載されている謎のもの
 いまだと13.79ドルで販売中

・DATA FROG 2017 4.3インチ 32ビットゲーム機
 Mini USBケーブルでパソコンとつなげるとロムイメージを交換可能なエミュ機
 41.66ドル

・小型のBluetoothコントローラ
 Wireless Bluetoothコントローラ

・スーファミコントローラ風Bluetoothコントローラ8bitdo SN30
 「Nintendo Switchでも使える8bitdoのスーファミ風コントローラSN30を買ってみた

USB電源計測
・グラフ表示も可能なUSB電源電圧計 RD USB3.0
 ガジェットフリマでうっぱらった

・パソコンでグラフ取得可能なUSB電源電圧計Power-Z
 USB Type-Cの入出力にも対応していて、結構重宝している

・パソコンでグラフ取得可能なUSB電源電圧計RD UM24C
 廉価版として登場したもの
 USB標準コネクタのみ持っている

赤外線リモコン関連
・Zaza Remote関連
 「Tiqiaa」というところの赤外線リモコン関連商品をいくつか購入
 Android用microUSBコネクタの赤外線送受信機
 パソコン用USBコネクタの赤外線送受信機
 Bluetooth連携できる学習リモコンZaza YaoYao
いま情報をいろいろまとめているところ

買ってないけど借りた中華液タブ
・HUION KAMVAS GT-221Pro
 「HUIONの液晶ペンタブレット KAMVAS GT-221 Proを使ってみた
・HUION KAMVAS GT-156HD v2
 「HUIONの液晶ペンタブレットKAMVAS GT-156HD v2を使ってみた
・XP-Pen Artist 13.3