Arcserve UDPで出来ないことのメモ 2022/07/27版


Arcserve UDPが使いたい、と言われて確認したけど、それはできないことだったんだけど、どこにもサポートしてない、という明示的な記述はなかったことをメモする。

「AWS EC2上のインスタンスをバックアップして、OSまるごとリストアする」ことはできない

「Amazon S3などのブロックストレージに直接バックアップ保存はできない」

まず、公式資料について

ARCSERVE UNIFIED DATA PROTECTION 8.x ナレッジ センター
 ドキュメントについて調べる時の起点

UDP のクラウド機能の理解
 Arcserve UDPで使えるクラウド関連機能についての説明

AWS EC2上のインスタンスに対してできること

・EC2上のインスタンスにUDP Agentをインストールしてバックアップすること

arcserve Unified Data Protection Support with Amazon EC2 VMs」に「arcserve UDP agent for Windows and Linux supports working on Amazon EC2 VMs」とある

ただ、「Agent for Windows ユーザ ガイド」と「Agent for Linux ユーザ ガイド」を比較すると、Linux側は明示的に書かれているが、WindowsについてはAWS EC2対応について記載されていないためサポートしているのかが不明瞭である。

・EC2上のインスタンスをバックアップして、オンプレ側にある仮想環境にリストアする

Arcserve UDP8.xのマニュアル「Arcserve UDP エージェント(Linux) の使用」に「Amazon EC2 からローカルの Linux マシンに対してマイグレーション BMR を実行する方法」というサポートしている記述がある。

AWS EC2インスタンスでは実践していないがAzureのWindows/LinuxインスタンスでUDP agent経由でバックアップしたものをオンプレHyper-V上で起動させるという検証はしたことがあるので、おそらくEC2上のWindowsインスタンスも同様にいけると思われる。

・EC2上のLinuxインスタンスをBMRを使ってリストアすること

Arcserve UDP8.xのマニュアル「Arcserve UDP エージェント(Linux) の使用」に「AWS クラウドへの Arcserve UDP エージェント(Linux)のインストール」というサポートしている記述がある。

・バックアップしたデータからファイル/ディレクトリを抜き出してリストアすること

これは、UDP Agentとしてバックアップしているので、普通にファイルリストアができる、という話である。

・EC2上にEC2 APIを使って仮想スタンバイもしくはインスタント仮想マシンのインスタンスを作成する

Arcserve UDPでは災害発生時に即座に別の場所でサーバが復帰できるように「仮想スタンバイ(Windows用)」と「インスタント仮想マシン(Linux用)」という機能がある

これを使って、AWS EC2上に別のインスタンスを作成し、そこに対してデータをリストアし続ける、ということを行える。

Amazon EC2 のクラウド アカウントの追加」にあるようにEC2アカウントを登録することで、インスタンス作成を含めて勝手にやってくれる。

・EC2上に作成されたLinuxのインスタント仮想マシンを通常のインスタンスにする

マニュアルに「Linux インスタント仮想マシンを独立した仮想マシンに変換する」という項目があるのでできるのでしょう・・・

AWS EC2上のインスタンスに対して出来ないこと

・EC2のAPIを使って、インスタンスまるごとバックアップすること

EC2上のインスタンスを、EC2 API側からバックアップするような機能は搭載されていない。

・EC2のAPIを使って、インスタンスをまるごとリストアすること

仮想スタンバイもしくはインスタント仮想マシンのインスタンスを作成する機能があるくせに、連動しないで単独でインスタンスを作成しリストアする機能は搭載されていない。

・EC2上のWindowsインスタンスをBMRを使ってリストアすること

Arcserve UDP8.xのマニュアル側には「Arcserve UDP エージェント(Linux) の使用」側には「AWS クラウドへの Arcserve UDP エージェント(Linux)のインストール」というサポートしている記述がある。

しかし「Arcserve UDP エージェント(Windows)の使用」にはクラウド上にBMRでリストアできるような記述がない。

・Amazon S3などのブロックストレージに直接バックアップできない

マニュアルに「復旧ポイントのコピー、ファイル コピー、またはファイル アーカイブのタスクを作成するときに、このアカウントを使用できます。」と書いてある。

つまり、復旧ポイントを最初に作成するときのストレージとしては利用できない、ということになり、ローカルなどで作成した復旧ポイントのコピーをクラウド上に作成する、というイメージとなる。

Azure上のインスタンスに対して出来ること

基本的にはAmazon EC2インスタンスと同様。

・仮想スタンバイの注意点

Azure blobストレージを作成して、そこにディスクイメージをまるごと保管するので料金が掛かる。

仮想スタンバイを起動する場合、Azure blobストレージ上のデータを使って、新規のインスタンスを作成する。つまり、新規インスタンス+そのストレージ料金が新しく料金が掛かる。(Azure blobストレージは残り続ける)

・インスタント仮想マシンの注意点

インスタント仮想マシンを起動する場合、新規インスタンスを作成し、そのインスタンスに対して 同じネットワーク内にあるUDP Linuxサーバを経由してデータを送り込みリストアする。

仮想スタンバイと違ってAzure blobストレージは使わないが、起動時に全リストアをかけるので時間がかかる。

テープ装置連動の注意点

・Arcserve UDPサーバとArcserve Backupサーバの2種類が必要

UDPにはテープにアクセスする機能がなく、Arcseve Backupを利用するため2種類のバックアップソフトをインストールする必要がある。

それぞれ別のMicrosoft SQLインスタンスが稼働することになる。

Arcserve UDP側が ARCSERVE_APP で、Arcserve Backup側がARCSERVE_DB

・テープには毎回フルバックアップされる

Arcserve UDPから直接テープに対してバックアップすることはできない。

Arcserve Backupを別途インストールして、そこと連動してテープに保存する仕組みとなっている。

テープに保存できるのは「復旧ポイント」という塊でのもの

Arcserve UDP側は増分でバックアップしているのだが、Arcserve Backup側でテープにバックアップする際は、全22GBが毎回バックアップされている。

UDPで毎日バックアップしているけど、テープに落とすのは週1回でいい、という場合は、まず最初のUDPバックアップのスケジュールで毎日ではなく「毎週」でスケジュールを1つつくって、それをテープに落とす、という形になる

・ファイルシステムカタログを作成するとArcserve Backup側でファイルリストア可能

Arcserve UDPのプラン設定で、ファイル システム カタログ 生成すると、Arcserve Backup側のGUIでファイルリストアができる

Arcserve BackupのリストアUIを見るとファイルツリーが確認出来る

使用するバックアップ世代も選択できる

・vSphere仮想マシンのファイルリストア取り扱いの違い

Arcserve UDPでvSphere仮想マシンをバックアップした場合、Windows仮想マシンであればArcserve UDP側でファイルシステムカタログを作成しておけば、Arcserve Backup側でファイル単位のリストアが可能。

Linux仮想マシンの場合は、Arcserve UDP側でファイルシステムカタログを作成する、と設定してもファイルシステムカタログは作成されない。Arcserve Backup側でバックアップは取られるもののリストアツリーではWindowsに分類されており、ファイルツリーは見えない

これは、おそらくArcserve Backup側でLinux仮想マシンについてのファイル単位のリストアがサポートされていないためではないかと考えられる。

Amazon Lightsailのインスタンスを消す際の手順キャプチャ



Amazon LightsailのRAM 512MBのインスタンスが、1ヶ月目無料、ということなので、いま構築しようとしているメールサーバの検証用に使ってみるかな、と試してみた。

が・・・やってみるとRAM 512MBだとメモリが足らず、必要なソフトウェアが全然起動しなかった。
SSDを使っていることだし、ローカルディスクのswapfile作ってみたらどうなるかな?と試してみたところ、ソフトウェアは起動したものの、今度は負荷でインスタンス全体がまともに動かなくなった・・・

というわけで、RAM512MBでは使い物にならない、ということで、作成したLightsailのインスタンスを消すことにしたので、その手順キャプチャを一挙公開。

ちなみに、構築手順もキャプチャを撮ってはいたものの、どうせ、こんなんは、よくある記事なので省略です。

1. 仮想マシンインスタンスの「Delete」タブを開きます

2. 「Delete」ボタンを押し、表示される確認に「Yes」とこたえます

3. 削除中…

4. 削除完了…なんだけどエラー。これは問題ないエラー表示
いままで「ubuntu-webserver」インスタンスのページを開いていたが、該当インスタンスが削除されたので、そのページが表示出来ない、というエラー。

5. 続いて固定IPの削除をするため「Resouces」の「Networking」にある該当IPアドレスをクリック

6. 「この固定IPが割り当てられていないこと」と「割り当てていない場合、コストがかかること」が警告されているのを確認
割り当てられていない固定IPを保持していると、1時間あたり$0.005の料金が発生しますので、不要ならちゃんと消しましょう。(参考までRAM512MBの仮想インスタンスは1時間当たり$0.007です)

7. 「Delete」タブにて「Delete Static IP」を実行

8. 最終確認を「Yes」

9. 削除が完了しました

で・・・
今回のテストで約4時間インスタンスを立ち上げていたわけなのですが、費用は・・・

・・・いまのところ0ドルですが、24時間経過後あたりで変わったりするんでしょうかね?
う~ん・・・

AWSのVPSサービスAmazon Lightsailの注意点を確認した



2016/12/01よりAWSの新サービス「Amazon Lightsail」が開始された。

早速公式blogでも「Amazon Lightsail – AWSの力、VPSの簡単さ」と紹介されている。

月5ドルからという価格設定はGMOが運営しているVPSサービス「Conoha」の価格体系とほぼ同じである。

2016/12/06時点のAmazon Lightsailは、データセンタを「Virginia/us-east」のみしか選択できないので、ネットワーク的には日本から遠いという欠点があります。

それ以外で目に付く問題点はないか、「マニュアル」を読んで確認しました。

・プランのアップグレードは可能だが、現状はWebコンソールから実行できない(改善予定あり)
大きなサイズのインスタンスへアップグレードはAPIを使って実行することはできる。
しかし、現時点ではLightsail console(Webコンソール)から実行することができない。

・ディスクの増量は不可能

・プランのダウングレードは不可能

・20個のインスタンスまで作成できる

・外部からアクセスするためのIPアドレスは固定されないが、設定で固定IPアドレスも使える
各仮想マシンには、内部用IP(private IP)と、外部用IP(public IP)の2つが割り当てられる。
どちらも固定はされていない。
外部用IPに関しては固定IPアドレスを使うこともできる。

・固定IPはLightsailのユーザアカウント単位で5個まで使える
VPSをいくつたてても、使える固定IPアドレスの最大数は5個。

・使用中の固定IPについてはインスタンスの使用料金に含まれる
インスタンスで使っている固定IPについては、インスタンスの使用料金に含まれる。
インスタンスで使ってない固定IPについては、1時間当たり$0.005を請求する。
このため、インスタンスに割り当ててない固定IPは、即座に解放する必要がある。

hey’re free in Lightsail, as long as you are using them! You don’t pay for a static IP if it is attached to an instance. Public IPs are a scarce resource and Lightsail is committed to helping to use them efficiently, so we charge a small $0.005/hour fee for static IPs not attached to an instance for more than 1 hour.

・ファイヤウォールとしてLightsail firewallというものが提供されている。
転送量制限でカウントする転送量がLightsail firewallの前か後かは不明