CentOS 7 / Oracle Linux 7でWordPressサーバを建てる


この間、Oracle Linux 7ベースのOracle Autonomouse Linux 環境にWordPressサーバを建てる手順を書いたけど、そういえばベースとなるCent OS 7(Oracle Linux 7)環境でWordpressサーバを建てる手順を書いたことなかったな、と書いてみる。

前準備

CentOS7として基本的な設定を行っていく。

準備1:パッケージのアップデート

インストール済みのパッケージを最新にするため「yum update」を実行する

$ sudo yum update -y

準備2:日本時間にする

日本に住んでいる場合、日本時間表記の方が使いやすいので、OSも日本時間表示に設定する。

$ sudo timedatectl set-timezone Japan

変更されたことを確認するには「timedatectl」を実行する。

$ timedatectl
      Local time: Tue 2020-07-07 10:04:40 JST
  Universal time: Tue 2020-07-07 01:04:40 UTC
        RTC time: Tue 2020-07-07 01:04:38
       Time zone: Japan (JST, +0900)
     NTP enabled: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no
      DST active: n/a
$

準備3:パッケージの自動アップデート設定をする

方針にもよりますが、最近は死ぬパッケージが配布されることは少ないので、自動アップデートしてしまえ、と、yum-cronによる自動アップデート設定を入れています。

まず、yum-cron パッケージをインストールします。

$ sudo yum install yum-cron

次に /etc/yum/yum-cron.conf を編集して自動アップデートを有効にします。

$ sudo vi /etc/yum/yum-cron.conf

ファイル内にある「apply_updates = no」を「apply_updates = yes」に変更します。

変更後の該当部分は以下の様になります。

# Whether updates should be applied when they are available.  Note
# that download_updates must also be yes for the update to be applied.
apply_updates = yes

準備4:EPELレポジトリの追加

EPELレポジトリが必要になるので追加します。

$ sudo yum install epel-release

注:RHEL 7の場合は epelパッケージをダウンロードしてインストールします。

インターネット公開用準備

インターネット公開にあたりやっておいた方が良いことです。

fail2ban導入

公開サーバには各種アタックが頻繁にやってきます。管理用sshポートにも行われ無駄にCPU資源とトラフィックを食われます。

多少なりとも低減した方がいいので、fail2banというEPELレポジトリに含まれるソフトウェアを導入します。

fail2banは、ログイン失敗ログなどを監視し、一定数を超えたら該当するIPアドレスからのアクセスを一定期間受け付けなくする仕組みです。

$  sudo yum install fail2ban

fail2banの設定は /etc/fail2ban/ にあり、fail2ban.confやjail.confなどがあります。

しかし、ユーザ側で設定を追加修正したい場合はこれらのファイルを直接編集するのではなく、 /etc/fail2ban/jail.local というファイルを作成してそこに行っていきます。

$ sudo vi /etc/fail2ban/jail.local

/etc/fail2ban/jail.localには下記の様な内容を記載します。

[DEFAULT]
# 86400秒=24時間以内に5回不審なアクセスがあったら24時間BAN
bantime  = 86400
findtime  = 86400
maxretry = 5
# 259200秒=3日以内に5回不審なアクセスがあったら3日間BAN
#bantime  = 259200
#findtime  = 259200
#maxretry = 5

# 除外IP
ignoreip = 127.0.0.1 127.0.0.0/8 10.0.0.0/8 172.16.0.0/12 192.168.0.0/16 <既知>の固定IPがあれば追加>

[sshd]
enabled = true
banaction = firewallcmd-ipset

bantime/findtimeは2種類書いてありますが、まずは24時間で設定して、管理アクセス等に問題がないことを確認したら3日に変更するなどしてください。

設定が終わったらfail2banサービスを起動するための設定を入れていきます。

まず、初期状態は起動しない設定であるためenableに変更します。

$ systemctl list-unit-files|grep fail
fail2ban.service                              disabled
$ sudo systemctl enable fail2ban.service
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/fail2ban.service to /usr/lib/systemd/system/fail2ban.service.
$ systemctl list-unit-files|grep fail
fail2ban.service                              enabled
$

次にfail2banを起動します。

$ systemctl status fail2ban.service
● fail2ban.service - Fail2Ban Service
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/fail2ban.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: inactive (dead)
     Docs: man:fail2ban(1)
$ sudo systemctl start fail2ban.service
$ systemctl status fail2ban.service
● fail2ban.service - Fail2Ban Service
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/fail2ban.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since Tue 2020-07-07 10:23:36 JST; 2s ago
     Docs: man:fail2ban(1)
  Process: 2099 ExecStartPre=/bin/mkdir -p /run/fail2ban (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 2100 (f2b/server)
   CGroup: /system.slice/fail2ban.service
           mq2100 /usr/bin/python -s /usr/bin/fail2ban-server -xf start

Jul 07 10:23:36 phoenix-websa-jp systemd[1]: Starting Fail2Ban Service...
Jul 07 10:23:36 phoenix-websa-jp systemd[1]: Started Fail2Ban Service.
Jul 07 10:23:37 phoenix-websa-jp fail2ban-server[2100]: Server ready

動作確認を行います。

わざとパスワードを間違えるなどして /var/log/fail2ban.log にログが出力されることを確認します。

Webサーバ用ポート公開設定

標準ではdhcpv6-clientとsshのポートしか公開されていないため、Webサーバを建てても外部からアクセスできません。

http(ポート80)とhttps(ポート443)を公開する設定を行います。

まず現状を確認します。

$ sudo firewall-cmd --list-all
public (active)
  target: default
  icmp-block-inversion: no
  interfaces: ens3
  sources:
  services: dhcpv6-client ssh
  ports:
  protocols:
  masquerade: no
  forward-ports:
  source-ports:
  icmp-blocks:
  rich rules:
$ 

httpとhttpsの公開設定を入れます。

$ sudo firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=http
success
$ sudo firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=https
success
$

reloadを行って設定を反映します。

$ sudo firewall-cmd --reload
success
$ sudo firewall-cmd --list-all
public (active)
  target: default
  icmp-block-inversion: no
  interfaces: ens3
  sources:
  services: dhcpv6-client http https ssh
  ports:
  protocols:
  masquerade: no
  forward-ports:
  source-ports:
  icmp-blocks:
  rich rules:
$

php 7.4追加編

Oralce Linux 7だと簡単に追加できたりするPHP Packages for Oracle Linuxを利用する。

/etc/yum.repos.d/oracle-php.repo というファイルを作って下記を記載する。(sudo vi /etc/yum.repos.d/oracle-php.repo )

[ol7_developer_php74]
name=Oracle Linux $releasever PHP 7.4 Packages for Development and test ($basearch)
baseurl=https://yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL7/developer/php74/$basearch/
#gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=0
enabled=1

phpをインストールします。あとでWordpressから要求されるパッケージもあるのでいろいろインストールします。(php-pecl-imagick と php-mbstring はパッケージの依存の問題でインストール不可だった )

$ sudo yum install php php-json php-bcmath php-pear-Net-Curl php-gd
<略>
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
 Package                 Arch   Version               Repository           Size
================================================================================
Installing:
 php                     x86_64 7.4.7-1.0.1.el7       ol7_developer_php74 3.4 M
 php-bcmath              x86_64 7.4.7-1.0.1.el7       ol7_developer_php74  56 k
 php-gd                  x86_64 7.4.7-1.0.1.el7       ol7_developer_php74  72 k
 php-json                x86_64 7.4.7-1.0.1.el7       ol7_developer_php74  58 k
 php-pear-Net-Curl       noarch 1.2.5-10.el7          epel                 13 k
Installing for dependencies:
 apr                     x86_64 1.4.8-5.el7           base                103 k
 apr-util                x86_64 1.5.2-6.el7           base                 92 k
 dejavu-fonts-common     noarch 2.33-6.el7            base                 64 k
 dejavu-sans-fonts       noarch 2.33-6.el7            base                1.4 M
 fontconfig              x86_64 2.13.0-4.3.el7        base                254 k
 fontpackages-filesystem noarch 1.44-8.el7            base                9.9 k
 gd-last                 x86_64 2.1.1-2.el7           ol7_developer_php74 140 k
 httpd                   x86_64 2.4.6-93.el7.centos   base                2.7 M
 httpd-tools             x86_64 2.4.6-93.el7.centos   base                 92 k
 jbigkit-libs            x86_64 2.0-11.el7            base                 46 k
 libX11                  x86_64 1.6.7-2.el7           base                607 k
 libX11-common           noarch 1.6.7-2.el7           base                164 k
 libXau                  x86_64 1.0.8-2.1.el7         base                 29 k
 libXpm                  x86_64 3.5.12-1.el7          base                 55 k
 libjpeg-turbo           x86_64 1.2.90-8.el7          base                135 k
 libtiff                 x86_64 4.0.3-32.el7          base                171 k
 libvpx                  x86_64 1.3.0-5.el7_0         base                498 k
 libxcb                  x86_64 1.13-1.el7            base                214 k
 libxslt                 x86_64 1.1.28-5.el7          base                242 k
 mailcap                 noarch 2.1.41-2.el7          base                 31 k
 php-cli                 x86_64 7.4.7-1.0.1.el7       ol7_developer_php74 5.1 M
 php-common              x86_64 7.4.7-1.0.1.el7       ol7_developer_php74 1.1 M
 php-pear                noarch 1:1.9.4-21.el7        base                357 k
 php-process             x86_64 7.4.7-1.0.1.el7       ol7_developer_php74  76 k
 php-xml                 x86_64 7.4.7-1.0.1.el7       ol7_developer_php74 185 k

Transaction Summary
================================================================================
Install  5 Packages (+25 Dependent packages)

Total download size: 17 M
Installed size: 68 M
Is this ok [y/d/N]: y
<略>
$

この操作によりWebサーバもインストールされている。

MariaDB設定編

CentOS7ではmariadb 5.5.65が用意されている。しかし、このバージョンはWordPress推奨ではないため、最新版のMariaDBをMariaDB Foundationから入手しインストールする。

「/etc/yum.repos.d/mariadb.repo」というファイルを作り、以下の内容を入力。(sudo vi /etc/yum.repos.d/mariadb.repo)

# MariaDB 10.5 CentOS repository list - created 2020-07-07 02:24 UTC
# http://downloads.mariadb.org/mariadb/repositories/
[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.5/centos7-amd64
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1

そして、mariadb-serverをインストールします。

$ sudo yum install MariaDB-server MariaDB-client
<略>
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
 Package                    Arch      Version                  Repository  Size
================================================================================
Installing:
 MariaDB-client             x86_64    10.5.4-1.el7.centos      mariadb     13 M
 MariaDB-compat             x86_64    10.5.4-1.el7.centos      mariadb    2.2 M
     replacing  mariadb-libs.x86_64 1:5.5.65-1.el7
 MariaDB-server             x86_64    10.5.4-1.el7.centos      mariadb     26 M
Installing for dependencies:
 MariaDB-common             x86_64    10.5.4-1.el7.centos      mariadb     81 k
 boost-program-options      x86_64    1.53.0-28.el7            base       156 k
 galera-4                   x86_64    26.4.5-1.el7.centos      mariadb    9.5 M
 pcre2                      x86_64    10.23-2.el7              base       201 k
 perl-Compress-Raw-Bzip2    x86_64    2.061-3.el7              base        32 k
 perl-Compress-Raw-Zlib     x86_64    1:2.061-4.el7            base        57 k
 perl-DBI                   x86_64    1.627-4.el7              base       802 k
 perl-Data-Dumper           x86_64    2.145-3.el7              base        47 k
 perl-IO-Compress           noarch    2.061-2.el7              base       260 k
 perl-Net-Daemon            noarch    0.48-5.el7               base        51 k
 perl-PlRPC                 noarch    0.2020-14.el7            base        36 k
 socat                      x86_64    1.7.3.2-2.el7            base       290 k

Transaction Summary
================================================================================
Install  3 Packages (+12 Dependent packages)

Total download size: 52 M
Is this ok [y/d/N]: y
<略>
$

MariaDBサーバの自動起動を設定します。

$ systemctl list-unit-files|grep mariadb
mariadb.service                               disabled
mariadb@.service                              disabled
$ sudo systemctl enable mariadb.service
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/mariadb.service to /usr/lib/systemd/system/mariadb.service.
$ systemctl list-unit-files|grep mariadb
mariadb.service                               enabled
mariadb@.service                              disabled
$

MariaDBを起動します。

$ systemctl status mariadb.service
● mariadb.service - MariaDB 10.5.4 database server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/mariadb.service; enabled; vendor preset: disabled)
  Drop-In: /etc/systemd/system/mariadb.service.d
           mqmigrated-from-my.cnf-settings.conf
   Active: inactive (dead)
     Docs: man:mariadbd(8)
           https://mariadb.com/kb/en/library/systemd/
$ sudo systemctl start mariadb.service
$ systemctl status mariadb.service
● mariadb.service - MariaDB 10.5.4 database server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/mariadb.service; enabled; vendor preset: disabled)
  Drop-In: /etc/systemd/system/mariadb.service.d
           mqmigrated-from-my.cnf-settings.conf
   Active: active (running) since Tue 2020-07-07 11:30:10 JST; 1s ago
     Docs: man:mariadbd(8)
           https://mariadb.com/kb/en/library/systemd/
  Process: 32580 ExecStartPost=/bin/sh -c systemctl unset-environment _WSREP_START_POSITION (code=exited, status=0/SUCCESS)
  Process: 32554 ExecStartPre=/bin/sh -c [ ! -e /usr/bin/galera_recovery ] && VAR= ||   VAR=`cd /usr/bin/..; /usr/bin/galera_recovery`; [ $? -eq 0 ]   && systemctl set-environment _WSREP_START_POSITION=$VAR || exit 1 (code=exited, status=0/SUCCESS)
  Process: 32552 ExecStartPre=/bin/sh -c systemctl unset-environment _WSREP_START_POSITION (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 32565 (mariadbd)
   Status: "Taking your SQL requests now..."
   CGroup: /system.slice/mariadb.service
           mq32565 /usr/sbin/mariadbd

Jul 07 11:30:10 phoenix-websa-jp mariadbd[32565]: 2020-07-07 11:30:10 0 [Note...
Jul 07 11:30:10 phoenix-websa-jp mariadbd[32565]: 2020-07-07 11:30:10 0 [Note...
Jul 07 11:30:10 phoenix-websa-jp mariadbd[32565]: 2020-07-07 11:30:10 0 [Note...
Jul 07 11:30:10 phoenix-websa-jp mariadbd[32565]: 2020-07-07 11:30:10 0 [Note...
Jul 07 11:30:10 phoenix-websa-jp mariadbd[32565]: 2020-07-07 11:30:10 0 [Note...
Jul 07 11:30:10 phoenix-websa-jp mariadbd[32565]: 2020-07-07 11:30:10 0 [Note...
Jul 07 11:30:10 phoenix-websa-jp mariadbd[32565]: 2020-07-07 11:30:10 0 [Note...
Jul 07 11:30:10 phoenix-websa-jp mariadbd[32565]: 2020-07-07 11:30:10 0 [Note...
Jul 07 11:30:10 phoenix-websa-jp mariadbd[32565]: Version: '10.5.4-MariaDB'  ...
Jul 07 11:30:10 phoenix-websa-jp systemd[1]: Started MariaDB 10.5.4 database....
Hint: Some lines were ellipsized, use -l to show in full.
$

最後にWordpress用データベースを作成します。

$ sudo mysql -u root
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 4
Server version: 10.5.4-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> create database DB名 character set utf8;
Query OK, 1 row affected (0.000 sec)

MariaDB [(none)]> grant all on DB名.* to wordpress@localhost identified by 'パスワード';
Query OK, 0 rows affected (0.002 sec)

MariaDB [(none)]> quit
Bye
$

Webサーバ SSL設定編

昨今のWebサーバはSSL化が必須です。

Let’s Encriptを利用したSSL化が使用しやすいですが、certbotだと仕組みが大がかりになってしまうので小回りが利くshellベースのdehydratedを使用します。

EPELレポジトリに含まれているため導入は簡単です。

$ sudo yum install dehydrated
<略>--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
 Package             Arch            Version                Repository     Size
================================================================================
Installing:
 dehydrated          noarch          0.6.5-1.el7            epel           85 k

Transaction Summary
================================================================================
Install  1 Package

Total download size: 85 k
Installed size: 164 k
Is this ok [y/d/N]: y
<略>
$

dehydratedによるSSL証明書取得処理には /var/www/dehydrated が使用されるためディレクトリを作成します。

$ sudo mkdir  /var/www/dehydrated

http://~/.well-known/acme-challenge でアクセスした時に上記ディレクトリが開くようApacheの設定を /etc/httpd/conf.d/dehydrated.conf として作成します。(sudo vi /etc/httpd/conf.d/dehydrated.conf )

Alias /.well-known/acme-challenge /var/www/dehydrated
<Directory /var/www/dehydrated/>
</Directory>

Webサーバが自動起動するように設定します。

$ systemctl list-unit-files |grep http
httpd.service                                 disabled
$ sudo systemctl enable httpd.service
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service to /usr/lib/systemd/system/httpd.service.
$ systemctl list-unit-files |grep http
httpd.service                                 enabled
$

続いてWebサーバを起動します。

$ systemctl status httpd.service
● httpd.service - The Apache HTTP Server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: inactive (dead)
     Docs: man:httpd(8)
           man:apachectl(8)
$ sudo systemctl start httpd.service
$ systemctl status httpd.service
● httpd.service - The Apache HTTP Server
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since Tue 2020-07-07 10:55:23 JST; 14s ago
     Docs: man:httpd(8)
           man:apachectl(8)
 Main PID: 30854 (httpd)
   Status: "Total requests: 0; Current requests/sec: 0; Current traffic:   0 B/sec"
   CGroup: /system.slice/httpd.service
           tq30854 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
           tq30855 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
           tq30856 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
           tq30857 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
           tq30858 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
           mq30859 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND

Jul 07 10:55:22 phoenix-websa-jp systemd[1]: Starting The Apache HTTP Server...
Jul 07 10:55:23 phoenix-websa-jp systemd[1]: Started The Apache HTTP Server.
Hint: Some lines were ellipsized, use -l to show in full.
$

SSL証明書を発行するホスト名を /etc/dehydrated/domains.txt に記載する。(sudo vi /etc/dehydrated/domains.txt)

1行に複数のホスト名を記載するとaliasになります。

登録作業を開始します。

$ sudo dehydrated --register
# INFO: Using main config file /etc/dehydrated/config
# INFO: Using additional config file /etc/dehydrated/conf.d/local.sh

To use dehydrated with this certificate authority you have to agree to their terms of service which you can find here: https://letsencrypt.org/documents/LE-SA-v1.2-November-15-2017.pdf

To accept these terms of service run `/bin/dehydrated --register --accept-terms`.
$
$ sudo dehydrated --register --accept-terms
# INFO: Using main config file /etc/dehydrated/config
# INFO: Using additional config file /etc/dehydrated/conf.d/local.sh
+ Generating account key...
+ Registering account key with ACME server...
+ Fetching account ID...
+ Done!
$

初回のSSL証明書発行処理を実行します。

$ sudo dehydrated --cron
# INFO: Using main config file /etc/dehydrated/config
# INFO: Using additional config file /etc/dehydrated/conf.d/local.sh
 + Creating chain cache directory /etc/dehydrated/chains
Processing phoenix.websa.jp
 + Creating new directory /etc/dehydrated/certs/phoenix.websa.jp ...
 + Signing domains...
 + Generating private key...
 + Generating signing request...
 + Requesting new certificate order from CA...
 + Received 1 authorizations URLs from the CA
 + Handling authorization for phoenix.websa.jp
 + 1 pending challenge(s)
 + Deploying challenge tokens...
 + Responding to challenge for phoenix.websa.jp authorization...
 + Challenge is valid!
 + Cleaning challenge tokens...
 + Requesting certificate...
 + Checking certificate...
 + Done!
 + Creating fullchain.pem...
 + Done!
$

/etc/dehydrated/certs/ にdomais.txtの各行の一番最初に書いたホスト名のディレクトリが作られており、その中に証明書が配置されています。

$ sudo ls -l /etc/dehydrated/certs/
total 0
drwx------. 2 root root 239 Jul  7 11:04 phoenix.websa.jp
$ sudo ls -l /etc/dehydrated/certs/phoenix.websa.jp/
total 20
-rw-------. 1 root root 1655 Jul  7 11:04 cert-1594087457.csr
-rw-------. 1 root root 2256 Jul  7 11:04 cert-1594087457.pem
lrwxrwxrwx. 1 root root   19 Jul  7 11:04 cert.csr -> cert-1594087457.csr
lrwxrwxrwx. 1 root root   19 Jul  7 11:04 cert.pem -> cert-1594087457.pem
-rw-------. 1 root root 1648 Jul  7 11:04 chain-1594087457.pem
lrwxrwxrwx. 1 root root   20 Jul  7 11:04 chain.pem -> chain-1594087457.pem
-rw-------. 1 root root 3904 Jul  7 11:04 fullchain-1594087457.pem
lrwxrwxrwx. 1 root root   24 Jul  7 11:04 fullchain.pem -> fullchain-1594087457.pem
-rw-------. 1 root root 3243 Jul  7 11:04 privkey-1594087457.pem
lrwxrwxrwx. 1 root root   22 Jul  7 11:04 privkey.pem -> privkey-1594087457.pem
$

なお、Let’s EncryptのSSL証明書は有効期限90日ですが、 /etc/cron.d/dehydrated に更新処理が設定されています。

Apacheに対する設定変更

phpインストール時に導入されたのはhttpのみで、httpsアクセスに関連するモジュール(mod_ssl)はインストールされていません。

$ sudo yum install mod_ssl
<略>
$

mod_sslによりSSL設定ファイルが /etc/httpd/conf.d/ssl.conf に配置されます。

しかし今どきじゃないようなので、ApacheのSSL対応設定をMozilla SSL Configuration Generatorベースの設定をssl-mozilla.confとして記載します。

$ sudo vi /etc/httpd/conf.d/ssl-mozilla.conf 

記載する内容は下記の様になる。

# generated 2020-07-07, Mozilla Guideline v5.4, Apache 2.4.6, OpenSSL 1.0.2k, intermediate configuration, no OCSP
# https://ssl-config.mozilla.org/#server=apache&amp;version=2.4.6&amp;config=intermediate&amp;openssl=1.0.2k&amp;ocsp=false&amp;guideline=5.4

# this configuration requires mod_ssl, mod_rewrite, and mod_headers
<VirtualHost *:80>
    RewriteEngine On
    RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}$1 [R=301,L]
</VirtualHost>

<VirtualHost *:443>
    SSLEngine on
    SSLCertificateFile      /etc/dehydrated/certs/<ホスト名>/cert.pem
    SSLCertificateChainFile /etc/dehydrated/certs/<ホスト名>/chain.pem
    SSLCertificateKeyFile   /etc/dehydrated/certs/<ホスト名>/privkey.pem

    # HTTP Strict Transport Security (mod_headers is required) (63072000 seconds)
    Header always set Strict-Transport-Security "max-age=63072000"
</VirtualHost>

# intermediate configuration
SSLProtocol             all -SSLv3 -TLSv1 -TLSv1.1
SSLCipherSuite          ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-ECDSA-CHACHA20-POLY1305:ECDHE-RSA-CHACHA20-POLY1305:DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384
SSLHonorCipherOrder     off

変更後、Webサービスを再起動する。

$ sudo systemctl restart httpd
$

WordPress導入

EPELレポジトリにWordPressパッケージがありますがバージョンが5.1.6と古く、また、WordPress管理画面からのアップデートとのバッティング問題がありますので、パッケージは使用しません。

/var/www/htmlにwordpressのtar.gzを展開します。

$ cd /var/www/html
$ sudo wget https://wordpress.org/latest.tar.gz
$ ls
latest.tar.gz
$ sudo tar xfz latest.tar.gz
$ ls
latest.tar.gz  wordpress
$ sudo rm latest.tar.gz
$ ls -l
total 4
drwxr-xr-x. 5 nobody nfsnobody 4096 Jun 11 06:48 wordpress
$

WordPressディレクトリの所有者をWebサービスのユーザである「apache」に変更します。

$ ps -ef|grep http
root     32093     1  0 11:17 ?        00:00:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
apache   32094 32093  0 11:17 ?        00:00:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
apache   32095 32093  0 11:17 ?        00:00:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
apache   32096 32093  0 11:17 ?        00:00:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
apache   32097 32093  0 11:17 ?        00:00:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
apache   32098 32093  0 11:17 ?        00:00:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
apache   32103 32093  0 11:18 ?        00:00:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
apache   32113 32093  0 11:19 ?        00:00:00 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
opc      32700  1911  0 11:38 pts/0    00:00:00 grep --color=auto http
$ sudo chown -R apache:apache wordpress
$ ls -l
total 4
drwxr-xr-x. 5 apache apache 4096 Jun 11 06:48 wordpress
$

/var/www/html/wordpress をDocumentRootとするように ssl-mozilla.conf に追加する。

# generated 2020-07-07, Mozilla Guideline v5.4, Apache 2.4.6, OpenSSL 1.0.2k, intermediate configuration, no OCSP
# https://ssl-config.mozilla.org/#server=apache&amp;version=2.4.6&amp;config=intermediate&amp;openssl=1.0.2k&amp;ocsp=false&amp;guideline=5.4

# this configuration requires mod_ssl, mod_rewrite, and mod_headers
<VirtualHost *:80>
    RewriteEngine On
    RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}$1 [R=301,L]
</VirtualHost>

<VirtualHost *:443>
    DocumentRoot /var/www/html/wordpress
    SSLEngine on
    SSLCertificateFile      /etc/dehydrated/certs/<ホスト名>/cert.pem
    SSLCertificateChainFile /etc/dehydrated/certs/<ホスト名>/chain.pem
    SSLCertificateKeyFile   /etc/dehydrated/certs/<ホスト名>/privkey.pem

    # HTTP Strict Transport Security (mod_headers is required) (63072000 seconds)
    Header always set Strict-Transport-Security "max-age=63072000"
</VirtualHost>

# intermediate configuration
SSLProtocol             all -SSLv3 -TLSv1 -TLSv1.1
SSLCipherSuite          ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-ECDSA-CHACHA20-POLY1305:ECDHE-RSA-CHACHA20-POLY1305:DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384
SSLHonorCipherOrder     off

設定後、Webサーバを再起動する

$ systemctl restart httpd
$

https://~/ にアクセスしてみると・・・

phpからmariadbにアクセスするためのパッケージが抜けていました。

$ sudo yum install php-mysql
<略>
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
 Package         Arch       Version               Repository               Size
================================================================================
Installing:
 php-mysqlnd     x86_64     7.4.7-1.0.1.el7       ol7_developer_php74     228 k
Installing for dependencies:
 php-pdo         x86_64     7.4.7-1.0.1.el7       ol7_developer_php74     121 k

Transaction Summary
================================================================================
Install  1 Package (+1 Dependent package)

Total download size: 349 k
Installed size: 1.2 M
Is this ok [y/d/N]: y
<略>
$

php関連のパッケージを変更した場合は、httpdを再起動します。

$ sudo systemctl restart httpd
$

無事にWordpress初期画面が確認出来ました。

途中、wp-config.php に書き込めないと出ますので、「sudo vi /var/www/html/wordpress/wp-config.php」を実行し、指定された内容を記載します。

$ sudo vi /var/www/html/wordpress/wp-config.php

以上で完了です。

EC-CUBE 4.0をSELinux有効状態のOracle Linux 7上に構築する手順(仮


EC-CUBE 4.0のテスト環境が必要になったので、Oracle Cloud上のOracle Linux 7インスタンスを立てて、その上に作成した。

が・・・公式ドキュメントはSELinux関連の設定とか触れてないし、かなり面倒だった。
厳密にやろうとするとかなりキツイので、SELinux有効の中でも簡単な対処としている。

環境初期準備

タイムゾーンを日本に設定

# timedatectl set-timezone Japan

fail2ban設定

sshアタックがあった場合にとっととIPバンするためにfail2banをインストール。
・・・いや、ターゲットにされるとホント、すごい勢いでsshアクセスの試行がありますよ。

# yum install -y fail2ban fail2ban-hostsdeny fail2ban-systemd
# systemctl enable fail2ban.service
# cat <<EOF > /etc/fail2ban/jail.local
[DEFAULT]
# 24時間以内に3回不審なアクセスがあったら24時間BAN
#bantime  = 86400
#findtime  = 86400
bantime  = 259200
findtime  = 259200
maxretry = 5

#CentOS7なのでsystemd
#backend = systemd # jail.d/00-systemd.conf で設定されてた

# 除外IP
ignoreip = 127.0.0.1 127.0.0.0/8 10.0.0.0/8 172.16.0.0/12 192.168.0.0/16 <除外したいIPを追加>
[sshd]
enabled = true
banaction = firewallcmd-ipset
EOF
# systemctl start fail2ban.service
#

webサーバとphp設定

phpはOracleが用意しているphp 7.2を使用するため、「oracle-php-release-el7」をインストール。現状の標準設定だとphp 7.2が標準選択されている。なお、php 7.1かphp 7.0を使うこともできるが、いまさら利点は無いので使用しない方がよい。

# yum install oracle-php-release-el7
# 

phpパッケージとhttpdをインストールして、firewall開け設定実施

# yum install -y httpd mod_ssl php php-json php-mbstring php-pdo php-xml php-zip php-mysqlnd php-intl 
# systemctl enable httpd
# systemctl start httpd
# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=http
# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=https
# firewall-cmd --reload

APCU(php-pecl-apcu)のインストールを推奨されたが、パッケージのコンフリクトが発生していたのでインストールしなかった。

SQLサーバ設定

今回はmariadbをSQLサーバとして使用した。

# yum install -y mariadb-server
# systemctl enable mariadb
# systemctl start mariadb
#

SQL起動後、ECCUBE用のデータベースを作成した。

# mysql -u root
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 2
Server version: 5.5.64-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> create database eccube character set utf8;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> grant all on eccube.* to cubesql@localhost identified by 'dbsqlp@ss';
Query OK, 0 rows affected (0.08 sec)

MariaDB [(none)]> exit
Bye
#

ECCUBEファイル展開

/var/www/html/eccube にEC-CUBE 4.0.3を展開した。

展開した中に.htaccessファイルが含まれていますが、標準設定では読み込まないのでApacheに設定追加を行います。 (もっとセキュリティを強化してもいいとは思いますが、面倒だったので・・・)

# cat <<EOF> /etc/httpd/conf.d/eccube.conf
<Directory "/var/www/html/eccube">
    Options Indexes FollowSymLinks
    AllowOverride All
    Require all granted
</Directory>
EOF
# systemctl restart httpd
#

で・・・SELinuxがらみがどうなるかですが、おもいっきり引っかかりまくりました。

とりあえず該当するコンテンツに対して「httpd_sys_rw_content_t」を割り当てることで対処しました。

最初は個別に対処していこうとしたのですが、インストールプロセスを進めていくと、/var/www/html/eccube全体に対して権限を要求されたため、最終的には下記となりました。

# chcon -t httpd_sys_rw_content_t -R /var/www/html/eccube
#

とりあえず、これでEC-CUBE 4.0の初期セットアップ完了までできるようになりました。

なお、サイトによっては「getsebool -a|grep httpd_can_network_connect」で「httpd_can_network_connect」の値を確認し、offであればonに変更する、と記載されているものもありますが、必要ありませんでした。

エラーコレクション

SELinux設定をしていく中で出てきたエラー群です。

まず、 http://IPアドレス/eccube/ にアクセスすると以下が現れました。

(2/2) ContextErrorException
Warning: file_put_contents(/var/www/html/eccube/var/cache/install/EccubeInstallDebugProjectContainerDeprecations.log): failed to open stream: No such file or directory

(1/2) RuntimeException
Unable to create the cache directory (/var/www/html/eccube/var/cache/install)

このときに表示された /var/www/html/eccube/var に対して「chcon -t httpd_sys_rw_content_t -R /var/www/html/eccube/var」を実行しました。

次にでたエラーは下記です。

Filesystem->copy('/var/www/html/eccube/html/template/default/assets/img/common/favicon.ico', '/var/www/html/eccube/html/user_data/assets/img/common/favicon.ico')

/var/www/html/eccube/html/user_data以下に書き込む権限がないというもの。
eccubeディレクトリ内を探すと他にも「user_data」というディレクトリがあったため、「chcon -t httpd_sys_rw_content_t -R /var/www/html/eccube/html/user_data」と「chcon -t httpd_sys_rw_content_t -R /var/www/html/eccube/app/template/user_data」を実行した。

最後に「権限チェック」で引っかかった。

以下のファイルまたはディレクトリに書き込み権限を付与してください。
>>☓:/var/www/html/eccube
>>☓:/var/www/html/eccube/app/Plugin
>>☓:/var/www/html/eccube/app/PluginData
>>☓:/var/www/html/eccube/app/proxy
>>☓:/var/www/html/eccube/app/template
>>☓:/var/www/html/eccube/html
>>☓:/var/www/html/eccube/vendor
<略>
>>☓:/var/www/html/eccube/vendor/ocramius/proxy-manager/README.md
>>☓:/var/www/html/eccube/vendor/ocramius/proxy-manager/composer.json
>>☓:/var/www/html/eccube/composer.json
>>☓:/var/www/html/eccube/composer.lock

ようはここまでで「httpd_sys_rw_content_t」を設定しなかった全ファイル。

「chcon -t httpd_sys_rw_content_t -R /var/www/html/eccube」を実行して再チェック・・・

>>○:アクセス権限は正常です

これでセットアップを進めることができました。

UpdraftPlusというWordPressのバックアッププラグインが動いてなかった話


UpdraftPlus」というWordpressのプラグインがある。

これは、WordpressのデータをGoogle Driveなどの外部サーバにバックアップしてくれるというものである。

で・・・しばらく前に入れてみてたのですが、設定画面を開いてみると予想外のステータス表示が・・・

「WordPressは延滞しているスケジュールされたタスクを持っています」

・・・おや?

リンク先「The scheduler in my WordPress installation is not working – what should I do?」から「My scheduled backups do nothing, or “Backup Now” stops mid-way」を見てみるとwp-config.phpに「define(‘DISABLE_WP_CRON’, true);」って設定されていない?とのこと。

が・・・うちの環境だと説くに設定はされていない。

ただ、wp-cronを常時有効にすると負荷があがるという話もあるので他に方策が無いか探してみると「Can I run backups from the shell / cron?」という記事を発見。

WordPressをCLIで管理できるWP-CLIを使い、UpdraftPlusを動作させることができるというドキュメント「Using WP CLI with UpdraftPlus」があった。

試してみる・・・

まず、プラグインのインストール状況を確認するため「wp plugin list」を実行

$ wp plugin list
+---------------------------------------------+----------+--------+---------+
| name                                        | status   | update | version |
+---------------------------------------------+----------+--------+---------+
| akismet                                     | active   | none   | 4.1.2   |
| amp                                         | active   | none   | 1.2.0   |
| updraftplus                                 | active   | none   | 1.16.15 |
| wordpress-importer                          | inactive | none   | 0.6.4   |
| wp-multibyte-patch                          | active   | none   | 2.8.2   |
+---------------------------------------------+----------+--------+---------+
$

activeとなっていることを確認できたので「wp updraftplus backup」を実行!

$ wp updraftplus backup
Error: 'updraftplus' is not a registered wp command. See 'wp help' for available commands.
$

???

wordpressのフォーラムに「‘updraftplus’ is not a registered wp command.」という記事を発見。

回答「Free版じゃ使えないのでは?」

なるほど!

というわけで、うちの場合、Free版だったのでwp-cliによる実行は使えないようでした。

ImageMagick/librsvgではSVGのtextPathが使えない


文字列画像をSVGで作る」で調べたことの副産物を別記事として書きます。

SVGで文字列を描画する際、単純に記載するには「text」を使用する。

textには「textPath」という機能があり、別途定義した「path」の線上に文字列を並べることができるようになっている。

textPathは各種ブラウザではサポートされているものの、ImageMagickではサポートされていない。(「Text by path not working #642」)

ImageMagickでサポートされていない原因は、SVG描画にはlibrsvg2を使用しており、そのlibrsvg2がtextPathをサポートしていない、というものでした。(「[BZ#644624] no support for textPath element」)

4年前に「Partial textPath support」という形で部分的にサポートするためのパッチが投稿されているようなのですが、取り込まれていないままのようです。

果たしてサポートされるようになるのか・・・

文字列画像をSVGで作る


ImageMagickの使い方を調べていたら、文字列を記述したSVGをImageMagickの機能で画像にすることができるようだ。

まず、ImageMagickで使えるフォントを確認する。

$ magick -list font
<略>
  Font: VL-Gothic-Regular
    family: VL Gothic
    style: Normal
    stretch: Normal
    weight: 400
    glyphs: /usr/share/fonts/vlgothic/VL-Gothic-Regular.ttf
$

「Font: VL-Gothic-Regular」が日本語フォントを含むものであるため、これを使う形でSVGを記述する。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<svg version="1.1"
 xmlns="http://www.w3.org/2000/svg"
 xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink"
 viewBox="0 0 200 100"
 >
 <g font-size="16" font-family="VL Gothic">
<text x="0" y="16" style="width:200px;height:100px;font-size:16pt" >文字列78901234567890123456789012345678901234567890</text>
 </g>
</svg>

これで「magick test.svg test.png」とかやると生成される。上記の様にfont-familyをSVG内で指定していない場合は「magick -font VL-Gothic-Regular test.svg test.png 」という形で使用するフォントを指定する。

ただ、コレは自動改行されない。

調べたがSVGで簡単に文字列を自動改行させる方法は無い模様。

「foreignObject」というのを使うとできる、という記述もあったのだが、ImageMagickでは使えないようで、下記のSVGを作ってみたが、真っ白な画像ができあがった。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<svg version="1.1"
 xmlns="http://www.w3.org/2000/svg"
 width="210" height="110" >
<foreignObject x="0" y="16" width="200" height="100">
 <html xmlns="http://www.w3.org/xhtml/1999">
  <div style="width:200px;height:100px;font-size:16pt" >文字列78901234567890123456789012345678901234567890</div>
 </html>
</foreignObject>
</svg>

snibgo’s ImageMagick pages の「SVG text」にInkscape を使ってテキストを配置するアウトラインを作って、その範囲内に文字列を流し込む、ということができるらしい。

調べていくと「TextPath」を使うとPathで指定した線に沿ってテキストを配置できるので、その線を罫線みたいに引くことで対処できるようだ。

が・・・うちの環境のImageMagick v7では、テキスト文字列が出力されなかったので、調べたところ「RSVGが有効であること」が必要らしい。(参考:「convert SVG to PNG (textPath)」)

このため「yum install librsvg2-devel」でパッケージ追加した後に、「./configure」を実行したが「RSVG –with-rsvg=no no」のまま。「./configure –with-rsvg=yes」にしたところ「RSVG –with-rsvg=yes yes」となった。

しかし、それでもうまく描画はしてくれなかった・・・とりあえず現状はお手上げ状態。今後の記録のために実験したSVGの内容を下記に挙げておく。

その1:ぐるぐる巻きに文字列

<svg viewBox="0 0 100 100" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">

  <!-- to hide the path, it is usually wrap into a <defs> element -->
  <!-- <defs -->
  <path id="MyPath" fill="none" stroke="red"
          d="M10,90 Q90,90 90,45 Q90,10 50,10 Q10,10 10,40 Q10,70 45,70 Q70,70 75,50" />
  <!-- </defs> -->

  <text>
    <textPath href="#MyPath" style="font-size:16pt;color:black">
      The quick brown fox jumps over the lazy dog.
    </textPath>
  </text>

</svg>

その2:ノートみたいな罫線に文字

<svg width="200" height="200"
    xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink">
 <defs>
  <!-- define lines for text lies on -->
  <path id="path1" d="M10,30 H190 M10,60 H190 M10,90 H190 M10,120 H190"></path>
 </defs>
 <use xlink:href="#path1" x="0" y="35" stroke="blue" stroke-width="1" />
 <text transform="translate(0,35)" fill="red" font-size="20">
  <textPath xlink:href="#path1"  fill="red">This is a long long long text ......</textPath>
 </text>
</svg>

その3:1/4円上に文字

<?xml version="1.0" standalone="no"?>
<!DOCTYPE svg PUBLIC "-//W3C//DTD SVG 1.1//EN" "http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
<svg width="1000px" height="707px" version="1.1" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink">
<defs>
        <path id="MyPath" d="M 599,455 A 244,244 0 0,1 723,578" />
</defs>
<use xlink:href="#MyPath" fill="none" stroke="red"  />
<text font-family="VL Gothic" font-size="16" fill="black" >
<textPath xlink:href="#MyPath">
 We go up, then we go down, then up again
</textPath>
</text>
</svg>

librsvg2-toolsを入れると「rsvg-convert」コマンドによってsvgからpngを生成できるというので試してみたが、結果は同じだった。フォントが足らないのかな?と「yum install ipa-gothic-fonts.noarch ipa-mincho-fonts.noarch ipa-pgothic-fonts.noarch ipa-pmincho-fonts.noarch」を実行してみて、IPAフォントを追加し「IPAGothic」などを指定してみても結果は変わらず。

ImageMagickのgithub ISSUEに「Text by path not working #642」というのがあった。これは、librsvgのISSUE「[BZ#644624] no support for textPath element」ということで、librsvgがtextPathに対応していない、ということになる。

Partial textPath support」という形でサポートするためのコードも送られているものの、現時点ではまだ取り込まれていないようだ。

現時点でとれる対処方法はInkspaceを使ってSVG to PNGをやらせることぐらいらしい。