SpreadtrumとRDAの合併が完了しUNISOC誕生


中華SoCメーカのSpreadtrumとRDAは、同じグループ会社でした。
2年ぐらい協業して、製品リリースをしていましたが、このほど統合が完了したようです。

そして、新ブランドUNISOC(紫光展鋭)が誕生しました。

ただ・・・Spreadtrum公式ではまだ記載されていませんけどね・・・

CISION PR Newswire:Unigroup Spreadtrum & RDA Launches Its Integrated New Brand – UNISOC

旧 spreadtrumアカウントもUNISOCtechに変更完了済み

KaiOS搭載のJioPhoneの型番がよくわかんない件


Firefox OSの派生とも言えるKaiOSを搭載しているというJioPhone

調べて見ると、youtubeにキーロックされたものをリカバリーモードで起動してファクトリーリセットする、というやつが大量に出てくるんだけど、型番がたくさんあって謎過ぎる・・・

JioPhone F30C

JioPhone F81E

JioPhone LF-2403N

JioPhone F61f

JioPhone F90M

JioPhone F101K

Firefox OSから派生したKaiOS


Firefox OSから派生した「KaiOS」というのがMWC2018でいろいろ発表しているらしい。
NOKIAのスライド端末「Nokia 8110 4G」でも使われているとのこと。

このKaiOS、Intel向けに14MBの軽量Linuxディストリビューション「KaiOS」という既存のプロダクトと名前かぶりで、Firefox OS派生のKaiOSの方はソース公開してないせいで、ソース寄こせ要求で迷惑を被っているようで、サイトに注意書きがあったり・・・

さて、モバイルのKaiOSのサイトを見ていたら「JioPhone」というストレート型携帯をすでにインドでリリースしているらしい
KaiOS Transforms the Indian Market through Launch of JioPhone」(2018/01/10)

Firefox OS向けにSpreadtrumも開発してて、いくつか開発機が開発ツリーに登録されてたけど・・・と思って、記事を漁ってみたら、JioPhoneで使っているSoCはSpreadtrumのSC9820Aだった模様。
KaiOS Partners with Spreadtrum to Integrate with Newest Chipsets and Offer Advanced Functionality on Lite Phones」(2018/02/26)

2017年春に発売されたLava Connect M1とは別物である模様(インド向けガラホLava Connect M1登場。Spreadtrum SoCでVoLTE対応)

マニュアルを読むと、Jio Appsというアプリストアがあり、ソフトウェアが追加できるようだ。
まだ、Jio Payという支払いソフトウェア用のボタンが用意されているようだ。
バンド対応がイマイチなので、日本で買うにはちょっときつい感じです。

Intel Airmont採用の中華SoC Spreadtrum SC9853i採用のLeagoo T5cを使ってみた


Intel Airmontコア採用の中華SoC Spreadtrum SC9853i採用のLeagoo T5cをしばらく使ってみました

メーカ: Leagoo T5c製品ページ

私はGearbestで買いました

梱包状況は、まぁ、最近よくある標準的な感じです。

本体どけると箱があって、そこに小物が詰まっていました。
箱の裏側にはSIMピンあり

SO-04E(Xpeari ZR)と比較

SIM入れて起動


残念ながら日本語がありませんでした。

Androidのセキュリティパッチレベルは2017/11/05で、Leagoo OS2.1の20171217版であるようです。

Wi-Fi Callingという機能があるようです。


以下、簡単に所感を書きます

・価格なりの値段
 スナドラ650のMi MAXより体感速度が良くない

・Google CTS認証は通ってない

・日本語ロケールが搭載されていない上に、More Locale2で日本語に設定しても再起動するとEnglishに戻る
 (標準で存在しないロケール設定は認められない感じ)

・2回線LTEは注意点あり
 ・標準設定ではLTEは1回線のみとしているので設定変更する必要がある
  「Wireless & networks」→「Cellular network setting」の中に「Dual VoLTE Active」という設定がある
 ・2回線とも同じオペレータである必要がある。
  (どちらもドコモ系SIM、どちらもau系SIM、という縛りがある)
 

 ドコモとauの組み合わせだと、こんな感じになりました。
 

・データのみSIMではアンテナピクトが表示されない

LTE Discoveryでバンド名が表示されない
 バンド名以外のデータはだいたい取れてるように見えるんですがね・・・

・Dualカメラはまあまあ面白い
 depth撮影とか少しは楽しめるが、depth撮影時、シャッターおりた後に処理が走るので
 連続撮影ができない。

・デレステの3D標準でも処理落ちが発生
 重くなると処理落ち発生

・音が変に再生されることがある
 高音ノイズっぽいものが時々混じる

・正面の指紋センサーの認識度があまり良くない
 Mi MAXの背面指紋センサーに比べて認識してくれない率が高い・・・

・LEAGOO OSもMIUI OS見たいな省電力のためにアプリを殺す傾向がある
 スクリーンオフにすると積極的に殺すようです・・・


Intel Airmontアーキテクチャの中華SoC Spreadtrum SC9853i搭載のスマホLEAGOO T5cが$129.99で販売開始


中華スマホメーカのLEAGOOから、LEAGOO T5cという新機種が出ました。
製品ページ
プレスリリース
LAEGOO T5cの販売リンク。現在$129.99で販売中。Gearbestだと14640円
LEAGOO T5c 予約キャンペーン

既存のMediaTek SoC MT6750搭載のLEAGOO T5バージョンアップ機という位置づけなのですが、Intel AirmontアーキテクチャのSpreadtrum SC9853iを使っているという点が特異的です。
なにせ、スマホでの初採用機種です。
パーフォーマンスはMT6750より上だと称しています。

そして、Dual LTE対応である模様。

問題は・・・
・初物なのでできが不明
・Android 7.0ベースの「LEAGOO OS 2.1搭載」とうたっているため、Google CTS認証は通ってないのではないか・・・
というあたり

はたして、どの程度のものなのか???