+メッセージで使われるRCSと旧来のSMS/MMSの使い分け


NTTドコモ, au, ソフトバンクが共通で画像添付のメッセージをやりとりできるサービスを+メッセージとして開始する、というリリースが出た。
これは、Rich Communication Services(RCS)という仕様に基づいたもので、すでにAndroidはGoogleが使えるソフトを出しているし、iOSもiMessageが対応しているにもかかわらず、別のソフトで対応する方針らしい。

なんでだろう?と調べて見ると、日本ならではの事情らしきものが見えた。

まず、携帯電話同士のメッセージのやりとりには、短い文章のみを送れるSMSと、画像などを添付して送れるMMSの2種類がある。
これらはパケット課金ではなく、1通いくら、という形でやりとりされている。
日本では、SMSは3社とも対応しているが、MMSは一部しか対応していない。

RCSの仕様書を読んでいくと、おもしろいことが分かった。
それは、「メッセージの送信者と受信者の状況」と「オフライン受信の可否」と「ファイルを添付するか否か」によって、SMS,RCS,MMSを自動選択する、という仕組みがある、ということである。
joyn Crane Product Definition Document Version 3.0

オフライン受信を許可しない設定時にメッセージのみを送る場合

オフライン受信を許可する設定時にメッセージのみを送る場合

オフライン受信を許可しない設定時にファイル添付でメッセージを送る場合

オフライン受信を許可する設定時にファイル添付でメッセージを送る場合

これをそのまま使ってしまうと、パケット課金のRCSで送ろうと思ったけど、実はSMSやMMSで送られちゃいました、ということが起こりえる。
そうすると1通当たりの課金になってしまうため、たくさんメッセージを送るとすごいことになってしまう。

こういった課金事故を減らすために必ずRCSでメッセージを送信するような仕組みにしたソフトを使わせようとしているのではないか?
という印象を受けた

単3電池駆動の携帯電話SpareOneは会社ごと死亡


非常時に使える単三乾電池で駆動する携帯電話Spare One
最近話題を聞かないけど、どうしたのかなぁ、と調べて見た

2013/06/06: 単3電池駆動のシンプルフォンSpare Oneに新モデルSpare One plus登場
2014/06/06: 単3乾電池で動作する携帯SpareOneがComputex Debut!の謎
2016/07/26: 単3電池駆動の携帯電話SpareOneの3Gモデルが登場していた

サイトにアクセスしてみると・・・

ドメイン消滅済み。

調べて見ると、アメリカでSpare Oneを販売していたこともあるAT&Tからお知らせがでているのを発見。
SpareOne service no longer available
AT&TのプリペイドSIMで販売したSpareOne Emergency Phone向けのサービスは2017年10月15日で終了します。という告知。

いまだにAmazon.comで売ってるSellerがいる、というのもアレだけど、レビューを読むとAT&Tの告知は2017年8月31日ぐらいにでて、9月7日頃にはSpareOneのWebもサポートも連絡が取れなくなった模様。

まぁ、緊急時の警報通報サービスシステムが使えなくなっている、というだけなので、電話として使うことはできるようなんですが、GSM自体も先が無いですし、見込まれた終焉って感じがしなくもないですね・・・

FacebookのオープンソースLTE基地局OpenCellularの資料がgithubで公開されてた


2016年7月にFacebookがLTE対応の基地局をオープンソースで作る、という話があった。
→ 「Facebookが作るLTE対応のOpenCellularプロジェクト

その後、どうなってるのかな?と調べて見たところ、githubで関連資料の公開(https://github.com/Telecominfraproject/OpenCellular)が始まっていたので、メモ書き。


TELECOM INFRA PROJECT (TIP)」の「OpenCellular – Wireless Access Platform Design」としてプロジェクトは進行中。

プロジェクトとしてのホームページは「Open Cellular」となっている。

プロジェクトの最新進捗報告としては2017/11/08付けの「An Update from the OpenCellular Project Group」である模様。

農村向けに64/128ユーザの同時使用をサポートした出力1Wの1800MHz帯LTE基地局を作成しテストを行っている。
少ない基地局数でも広範囲をサポートできるように700/800/850MHz帯向けの基地局も開発しており、回路図や基板設計までは完成している。

「OpenCellular Power」という発電設備(太陽光発電、風力発電など)、5年以上利用可能なバッテリー、リモート監視設備を1パッケージにしたものを開発しており、「OpenCellularの基地局」と「OpenCellular Power」をセットで設置すれば、5年くらい現地に行かなくても稼働させられるようにしている。

OpenCellularはソフトウェアでいろいろやることによりコストを下げている。
この部分は、OpenCellular-SDR、という形で開発している。
現状は、FPGA部分はXILINXの「ARTIX-7」を採用している。

そして、ソフトウェアなど、いろいろが、ちょうど先週githubで公開された。
https://github.com/Telecominfraproject/OpenCellular

ただ、「Docs available at https://github.com/Telecominfraproject/OpenCellular/wiki」とあるものの現時点では何もない。

Mini PCIeカードをUSB接続するためのSIMスロット付き変換ボード


ノートパソコンに内蔵する拡張カードはMini PCIeカードを採用している事が多い。
WiFi/Bluetoothカード、WiFi/Bluetooth/LTEカードなど、内蔵させるカードを変更して、機種バリエーションを持たせていたりする。

LTE/WCDMAなどの携帯回線を使用する場合、個体識別のためにSIMを使用する必要があるが、Mini PCIeカードの場合、カード上にはSIMスロットが存在していない。
どこにあるかと言えば、本体のマザーボード側にSIMスロットを用意している。

つまり、LTE/WCDMA対応のMini PCIeカードをUSB接続にしようとすると、SIMスロットについてなんらかの形で用意する必要がある。

主にSSDストレージ接続に使うMini PCIeコネクタと同じ形状をしたmSATAを、USBに変換するものは、いろいろ販売されている。
しかし、SIMスロットにも対応してMini PCIeカードをUSBに変換するものなんてあるのかなぁ?と思っていたら
「Mini PCI-E to USB Adapter (With SIM Card) Verson: 2.0」と基板上に記されたボードが存在していました。

いろいろ出てきた説明書きを見ると、mini PCIeカードの形状しているLTE/WCDMAカードの多くは、内部的にはUSB扱いで接続されていて、PCIeでの接続とはなっていないらしい。
このため、基板上に信号を変換しているようなチップが見当たらず、配線が目立つのみとなっているようだ。

で、該当する製品をAliexpressで探すと値段は10ドル程度。
Mini PCI-E Wireless WWAN to USB Adapter Card with SIM Card Slot Module Testing Tools EP-092」(2017/01/05時点では品切れ)
CY Mini PCI-E Wireless WWAN to USB Adapter Card with SIM Card Slot Module Testing Tools

商品名を元にAmazonで探すと・・・

そして、関連商品がいろいろと出てくる・・・
思ったよりたくさん出てきてびっくり。

Version 3.0基板を使ったもの

アンテナ附属タイプ

デスクトップ機などのマザーボード上にあるUSBコネクタに直接させるタイプ

なんかごっついタイプ

単3電池駆動の携帯電話SpareOneの3Gモデルが登場していた


以前紹介した単3乾電池で駆動するGSM携帯電話SpareOneの3Gモデルって、どうなったのかな?と情報を確認したところ、いつの間にか発売されていた。

製品ページ「SpareOne Emergency Phone (3G)
アメリカのAT&Tのみに対応しているようだ。

探したらASCII.jpで話題になっていた「年25ドルで使えるAT&Tの非常用3G電話がステキ(2015/11/19)

なお、上記の記事では対応周波数に誤りがあり、正しくは下記であるようだ。

GSM 850/900/1800/1900 MHz
UMTS 850/1900 MHz

(マニュアルの26ページより)

AT&T専売なようで、AT&TのSIMとセットで販売されているようだが、SIMロックされているのかどうかは不明。
なお、AT&TのUTMS 850MHzと1900MHzというのは日本とは互換性がない帯域なので、日本では使用できない。