Ubuntu 20.04でIPアドレスを設定する


なんか嘘の設定方法がはびこっているので正しい手法をメモ書き

まず、Ubuntu 20.04をIPアドレスをdhcp取得でインストールすると、「/etc/netplan/00-installer-config.yaml」に下記のような内容の設定ファイルを作成される。

# This is the network config written by 'subiquity'
network:
  ethernets:
    ens160:
      dhcp4: true
  version: 2

上記の「ens160」はNICのデバイス名なので使用するNICによって名称が変化する。

で、この /etc/netplan/00-installer-config.yaml とか /etc/netplan/50-cloud-init.yaml とか /etc/netplan/01-netcfg.yaml を変更する、という手順は「誤り」です。

正しい手法はUbuntuの公式ドキュメント「Network Configuration」の「Dynamic IP Address Assignment (DHCP Client)」と「Static IP Address Assignment」に記載されているように「/etc/netplan/99_config.yaml」というファイルを新規作成して、そこで設定します。

これは、netplanコマンドは/etc/netplan/にある数字で始まるファイルを00から順に読み込み99を一番最後に読み込むので、99_config.yamlで記載した内容で上書きされて設定される、という動作になっているためです。

Ubuntu公式サイト上では固定IPアドレス設定時に「dhcp4:false」を設定する、なんてことは書いてありません(2020/05/18時点)が、初期インストール時にdhcp取得を選択していると00-installer-config.yaml上では「dhcp4:true」が設定されているため、ens160に対してdhcpで取得したIPアドレスと固定IPアドレスの双方が割り当てられるという状況になってしまいます。

それを防ぐためには下記の様に「dhcp4:false」を設定した上で、固定IPアドレスの設定を入れる、ということが必要になります。

network:
    version: 2
    renderer: networkd
    ethernets:
        ens160:
            dhcp4: false
            addresses:
                - 172.17.44.240/16
            gateway4: 172.17.0.1
            nameservers:
                search: [adosakana.local]
                addresses: [172.17.44.49]

また、ホスト名については、「hostnamectl」コマンドを使用します。(追加で/etc/hostsのエントリ修正も必要です)

まず「hostnamectl」を実行して現在の値を確認します。

osakanataro@ubuntu:~$ hostnamectl
   Static hostname: ubuntu
         Icon name: computer-vm
           Chassis: vm
        Machine ID: adcd0e151d91412581407a94fc19a4c5
           Boot ID: 1ca98f3699d34707b58595e059708d0a
    Virtualization: vmware
  Operating System: Ubuntu 20.04 LTS
            Kernel: Linux 5.4.0-29-generic
      Architecture: x86-64
osakanataro@ubuntu:~$

ホスト名は「hostnamectl set-hostname 新しいホスト名」で設定します。

osakanataro@ubuntu:~$ sudo hostnamectl set-hostname ubuntu20
[sudo] password for osakanataro:
osakanataro@ubuntu:~$ hostnamectl
   Static hostname: ubuntu20
         Icon name: computer-vm
           Chassis: vm
        Machine ID: adcd0e151d91412581407a94fc19a4c5
           Boot ID: 1ca98f3699d34707b58595e059708d0a
    Virtualization: vmware
  Operating System: Ubuntu 20.04 LTS
            Kernel: Linux 5.4.0-29-generic
      Architecture: x86-64
osakanataro@ubuntu:~$

なお、hostnamectlだけだと/etc/hostsの127.0.1.1に記載されているホスト名が書き換わらないので、こちらは手動で変更します。

ドンキから7インチミニノートNANOTE登場


ドン・キホーテから7インチサイズのミニノートNANOTEが19800円で登場とのこと

情熱価格PCシリーズに7インチUMPCが初登場 360°開くコンパクトサイズ『NANOTE(ナノート)』誕生!

CPUはIntel Z8350で、このGPD Pocket初代みたいなキー配列・・・見たことあるな・・・

2019年11月にIndiegogoでクラファンやってた「Peakago 7 inch laptop – Work & Fun on the Go」みたい・・・

で、このPeakagoは1月ぐらいからもう荒れててコメント欄に、Chitech Shenzhen Technology Co. Ltdの「7″ windows pocket PC Yoga like 360 Flip Full metal full lamination」そのまんまじゃねーか、という突込みが入ったりしていました。

まぁ、みてわかるようにほぼ同じなわけですね

China 7" windows pocket PC Yoga like 360 Flip Full metal full lamination
China 7" windows pocket PC Yoga like 360 Flip Full metal full lamination
China 7" windows pocket PC Yoga like 360 Flip Full metal full lamination
China 7" windows pocket PC Yoga like 360 Flip Full metal full lamination

で、このChitech Shenzhen Technology Co. Ltdのページいていると、1000台発注で$118からつくれるよー、とうたってるわけです。

今回のNANOTEは19800円(税抜)なわけで、日本語キーボードへのカスタムと技適、日本語マニュアル作成などを考えると、そんな値段になるかな?という感じです。

で、気になるのは、NANOTEが想像通りだとすると、中に4G LTEのボードを増設できる余地があるのか?ということ。

OEM元のページだとスロット状況がよくわからないのでPeakagoのページから拾ってくると、こんな感じ

で、NANOTEを見てみると・・・

SIMスロットは実装されてない雰囲気ですね…残念

Bitdefenterをインストールしてみた


インストーラを実行すると、本体418MBのダウンロードが開始された。

速くは無い

ここに来て本物のインストーラが起動

承諾にチェックをいれ、そしてその下の「Send anonymous usage reports」は好みに応じてチェックを外してから「Intall」をクリックします。

BITDEFENDERアカウントの登録はしないで「NOT NOW」で閉じます。

デスクトップ上の「Bitdefender Antivirus Free」をクリック

ログインしないと使えないようです。

このため、これ以上の使用はせず終了。

インストールされるサービスは「bdredline」「Bitdefender Correlation Service」「Bitdefender Product Agent Service」「Bitdefender Security Service」「Bitdefender Update Service」でした。

メモリの消費量はaviraより少し少ない感じですね。

Aviraをインストールしてみた


Avitaをインストールしてみた。

インストール先の選択も何もできない。

いきなり上記のウィンドウが消えたかと思ったら、ウィンドウが小型化&右下に移動してインストールが継続していた。

ちょっと時間がかかるなぁ・・・

インストール終了

まずは初回の「スマートスキャン」を実行。

Windows10初期インストール&Windows Updateが終わった環境なのに多い・・・

VMware Tools関連で指摘されるとは・・・

プライマシー設定はまぁ、そんな感じか、というところ

起動が遅いアプリは「OneDrive」。まぁ、これは通常でも悪影響を出しているのでわからなくもない。

謎なのはレジストリエントリのあたり。

具体的になにがあげられているのかが不明。

インストールされたサービスは予想外に多い

「Avira Mail Protection」「Avira Optimizer Host」「Avira Phantom VPN」「Avira Real-Time Protection」「Avira Security」「Avira Service Host」「Avira Updater Service」「Avira Web Protection」「Avira スケジューラ」「Avira 保護サービス」

数が多いので個別サービスのタブは省略。

このサービスの多さが影響しているのかメモリの使用量が若干多め。

Panda Free Antivirusをインストールしてみた


Panda Free Antivirusをインストールしてみた。

以前は日本語も選択できたと思ったのだが、現状は無くなっている。

Operaブラウザをインストールさせようとするので、チェックを外す。

プログラム本体のダウンロードが開始される。

「Open now」でアプリを開いてみる

メールアドレスの登録が求められてるけど、Closeした。

Panda Antivirusの管理画面は「panda dome」というらしい。

設定画面はこんな感じ

サービスは「Panda Devices Agent」「Panda Elam Service Protection」「Panda Product Service」「Panda Protection Service」「Panda VPN Service(起動していない)」がインストールされていた。

メモリ使用量はこんな感じでした。