Windows上でX-Windowアプリを表示するためのXサーバ VcXsrv


Windows上でX-Windowsアプリを表示させるために使うXサーバソフトウェアとして、「Xming」が有名である。

しかし、Xmingの最近のバージョンは寄付者向けリリースのみとなっている。
他にないものか、と探してみると「VcXsrv Windows X Server」というものがあった。

こちらは、Visual Studio 2013 Express Editionでコンパイルされており、64bit版バイナリも提供されている。
また、sourceforgeにて、ソースコードも公開されているので改造することもできる。

とりあえず、インストールしてみて、Xmingと使い比べてみたところ、思いの外、VcXsrvは好成績だった。

比較手法としては、VcXsrvを:0で起動し、Xmingを:1で起動し、他のLinuxサーバ上から、同じアプリをそれぞれ表示させる、というものを取ってみた。

「gnome-terminal」
terminal
左:VcXsrv、右:Xming

Xmingは小さく表示されてしまっている。
また、タスクバーの表示は下記のようになる。
taskbar
左:VcXsrv、右:Xming、(真ん中:コマンドプロンプト)

VcXsrvはアプリのアイコンがきちんと表示されるが、xmingでは「X」のアイコンで代用される。

「firefox」
VcXsrvの場合
vc-firefox

Xmingの場合
xming-firefox

VcXsrvの場合、タイトルバーもきちんと表示されている。
Xmingでは表示できていない。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>