Monthly Archives: 7月 2012

MTK MT6588/MT6583が2013年初頭に登場予定!?


— 2012/09/27 追記 —
結局、MTK MT8588/MT6583は10月ぐらいから実際の製品が登場しそうな情勢です。(MTK MT6588は2012年10月に試験的な生産と出荷を実施)
それどころか、2013年初頭には8コアでLTE対応のMTK MT6599が出てくる、という話まで登場してきました。(8コア搭載のLTE対応 MTK MT6599が2013年初頭に登場?)

MT6588からの機能的な差分は少ないのかなぁ、と予想していますが、果たしてどうなりますことやら・・・・

— ここまで追記 —


MT6577チップ搭載の製品が出てきたところではありますが、中国のMTKチップ専門ニュースサイトMTK手机网でMT6588なるチップのニュースがありました。
第1報:传联发科四核MTK6585样片已送至大客户
第2報:联发科产品线路图泄密 四核代号MT6588

「MT6588」と廉価版の「MT6583」なるチップが登場するらしい。

・Cortex-A7 1.xGHz
・MT6588は4コア、MT6583は2コア
・28nmプロセスで製造
・GPUは引き続きPowerVR SGXシリーズのSGX544
・WCDMA HSPA+ Rel.8 42Mbps/11Mbps対応(MT6583は21Mbps/5.76Mbps)
・WCDMAだけでなく中華版TDSCDMAにも対応
・1300万画素カメラ対応(MT6588のみ)


さすがにLTE対応までは盛り込んでこなかったようですが、「バッテリ駆動時間を延ばすと評判」のCoretex-A7を採用することもありますし、半年後の端末世界はdual coreじゃなければ死ね、ぐらいのことを言われそうな感じですね・・・

上海問屋オリジナル microSDHCカード(マイクロSDHCカード) 32GB・変換アダプタ付き DNF-TSD32768C4/R

上海問屋オリジナル microSDHCカード 32GB
価格:1,699円(税込、送料別)

一緒に↑の32GBを買って
Koboに内蔵しちゃおうw

P-01DでUSB充電ができない


P-01DでUSB充電ができない・・・えぇ、よくあります。

Xperia X10と同じ理由で充電できない状態です。
P-01Dが、正式なUSB充電規格(USB Battery Charging)に則った接続以外は拒否する、という仕様上の問題です。

充電できるようにするには、「USB充電規格対応のACアダプタを使う」か、「USB充電ができるようにごまかした配線をしたUSBケーブルを使う」か、のどちらかを選択する必要があります。

参考:新規格の概要と設計上の要点を知る:USB充電器の設計技法

上記参考ページの2ページにあるように「D+」と「D-」をショートさせておけば、充電規格である、と認識します。

本当は、ちゃんとした規格に従って製造されているACアダプタを使うのが、バッテリーの充電しすぎなどを防止する機能もついていたりするので安全です。

どうしても手持ちのもので何とか充電を行いたい、という場合は、ACアダプタ内部を改造するのは危険なので、改造するのであれば、USBケーブル側をいじるのをお薦めします。

とりあえず使えると思われるものを↓にあげておきます。

個人的にはイーサケーブルすらも不良率が高いPLANEXはおすすめしません。
なんでメーカ直販のアウトレットで、こんな安い値段で出たりするのかというあたりを考えればご理解いただけるのではないかと・・・

うちで使っているのは↓の前のバージョン(充電コネクタが赤い)です。

Kobo Touchを6歳児が使った


6歳児が起きている時間帯に、家でKobo Touchを使ってみた。

「あ、こぼーだ」との第一声。

どうやら、CMの威力は抜群らしい。
これがKoboであることは一発で理解したようだ。

まぁ、その時は、その6歳児はパソコン上でSoupToysというピタゴラスイッチみたいなことをパソコン上でやるアプリで遊んでたので、それ以上はこちらには興味を示しませんでした。

次に気がついたのは、お風呂上がり。
先に上がったチビが着替え終わって、しばらく触ってみてわからなかったのか、お風呂場に聞きに来た。

「電源どうやるの?」

上のスイッチを押すんだよ~、と答えたところ、戻っていった。

そして、しばらく後に、再度来た

「ボタン押しても動かない」

見ると、正面に1個だけあるボタンを押していた。
「上」と「ボタン」というキーワードから、いろいろ悩んだらしく、Kobo Touchを上下逆さまにして持っていた^^;;;

そのボタンを右側にカシャッ!っとやるんだよ~で、分かったらしく、電源が入ったことを確認し、戻っていった。

そして、再訪。
「画面がおかしい」

見ると、ボタンとかをクリックしまくった時に、良くある、画面が遅れて反応している場面だった。

急に動かすと反応しないから、ゆっくりやってね。

で・・・、これを答えたあと、お風呂を出て、そんな感じかなぁ、と見に行くと、チビは違うおもちゃで遊んでいましたとさ。
Kobo Touchはどんな状態かな?と確認してみると、さっきの画面と大差ない状態だったので、どうやら諦めたらしい^^;;;

Windowsログオン時のユーザ選択とパスワード入力、とか、Androidのパターン認証とかをこなしているチビが、速攻諦めるとは正直意外だった^^;;;
やっぱり、操作に対するレスポンスは重要、ということなんだろうか?

いや・・・blog記事にするつもりはなかったんだけど、twitterでのつぶやきが思いの外retweetされてたので・・・

MediaTekのMT6620という無線関連チップの機能


7月にリリースされたMediaTekの「Wi-Fi CERTIFIED Passpoint」対応のチップMT6620について、どんな機能を持っているのかを書いた製品ページが出来ていた。

リリース内容:MediaTek Provides First and Only Smartphone Platform in the Wi-Fi CERTIFIED PasspointTM Program Test Bed

製品ページ1:Featured Products→MT6620
製品ページ2:Wireless&Broadband Connectivity→MT6620

このチップ自体は無線部分を司るものであり、メインのプロセッサはMTK MT6575もしくはMT6577と組み合わせて使うことが想定されている。
このため、秋以降に出てくる新製品では、以下の機能がついてくる可能性があるのではないかと思われる。

・無線LANは802.11 a/b/g/n対応
・Wi-Fi CERTIFIED Passpoint、Wi-Fi Direct対応
・Bluetooth 3.0+HS、および、Bluetooth 4.0 Low Energy対応
・GPS(アメリカ)/Galileo(EU)/QZSS(日本 準天頂衛星システム)/SBAS(各国で運用している静止衛星型衛星航法補強システム)対応
・FMラジオとFMデータ放送(EUのRDSとアメリカのRBDS)対応
・「FM over Bluetooth」と呼ばれるFMラジオの音声をBluetoothで飛ばせる機能対応
・音声パケットに関するパケットロス隠蔽システムがある?「PLC (Packet Loss Concealment) technology for superior audio quality」
・MediaTekの「AlwaysLocate」という仕組みにより低消費電力で位置情報確保ができるらしい

GPS関連がフルで有効にされたら結構強力そうなんですが、はたして、そういうAndroid製品は出てくるのかどうか・・・


あ、「Wi-Fi CERTIFIED Passpoint」というのはWi-Fiスポットにおけるユーザ認証のための仕組みです。
一度設定すれば、あとは、Wi-Fiスポットの範囲に入れば勝手にユーザ認証して、使える様にしてくれる、というものです。

日本語版Koboデスクトップアプリでも電子書籍読ませろ!


— 2012/11/05 追記 —
Kobo Desktop version 3.1.0が出たりしています。
で・・・相変わらず標準状態では読むことはできないわけですが、以前と同じように読めるようにする方法はあります。

設定ファイルの変更のみでいける感じです。

変更するべき設定ファイルは「affiliate.conf」。
Windows Vista/Windows7の場合、標準設定だと「C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Kobo\Kobo Desktop Edition」のディレクトリにあります。
Windows全般的な設定でいうと「%localappdata%\Kobo\Kobo Desktop Edition」です。

このディレクトリ名をエクスプローラに入力すると、ファイルがあるディレクトリが開きます。
affilicate.confを開くと以下の様な記述になっています。

[General]
affiliate=RakutenBooks

この「RakutenBooks」を「kobodesktop」に書き換えます。

[General]
affiliate=kobodesktop

これによって、Kobo Desktopアプリの内部動作が、海外Kobo向け仕様に切り替わります。
とはいえ、相変わらず、縦書きの文字表記が非常にアレな感じですけどね・・・
これは解消する気がない、ということなんだろうか???

2013/06/23 ver 3.2.3においてもaffilicate.confを修正することで読めることを確認しています。
このバージョンの修正前の記述がRakutenIchibaに変わっているような気がします・・・

[General]
affiliate=RakutenIchiba

2013/10/18 追記

「affiliate=kobodesktop」で起動すると、Kobo Desktopアプリのアップデートが要求されます。
これを実施すると、Kobo DesktopアプリがVer 3.3.11になります。
で・・・このバージョンにすると、何も表示されなくなってしまいました。
アップデートはしない方が良いようです。

2013/12/21 追記

Kobo desktop v3.5.1では、「affiliate=kobodesktop」で起動すると下記の様な感じで比較的まともな表記で読めるようになっています。

kobo

マンガの場合は下記の様な感じ
kobo2

マンガや画像をそのまま収録した系の書籍の一部は目次は表示されるが、ページは表示されず読めないのがあります。
kobo3

鉄道系で画像収録のやつは読めないですね^^;;;;


— 2012/10/04 追記 —

2012/10/04リリースのKoboデスクトップアプリv3.0.4において、ライブラリファイルの刷新が行われました。
この変更により、nickel.dllのみを差し替えることができなくなりました。

以下に示す手順はv3.0.4においては使用できませんので、注意してください。

— 追記終了 —


サービス開始初日に、Koboサイトのヘルプにダマされ、英語版Koboデスクトップアプリをインストールしたことがあります。
そのときは、日本語書籍が購入したものリストに表示されていませんでした。

で、先ほど、英語版Koboデスクトップアプリと日本語版Koboデスクトップアプリとで、どんなファイルの違いがあるのかを確認してみようと、英語版Koboデスクトップアプリをインストールしてみました。

http://www.kobosetup.com/からダウンロードしてみると、ファイルサイズが70,250,179 バイト。インストール後のバージョンは「3.0.1」でした。
で・・・このバーションだと、電子書籍を読む機能がないようです。

仕方が無いので、7/20にダウンロードした、ファイルサイズが83,489,664 バイトで、インストール後のバージョンが「3.0.0」のものを再インストールしてみました。

・・・おや?

縦書きレイアウトに若干、難がありますが、日本語書籍でも表示出来てますね。

開始初日に日本語書籍がリストに表示されなかったのは、連携が正常に動いてなかった、というだけのようですね。




で・・・

83,489,664 バイトのKoboデスクトップ3.0.0と、それ以外は13MB程度サイズが違います。
この違いを埋めてやれば書籍が読めるようになるかと調べてみたんですが、この違いはfontsディレクトリに「Gothic MB101.otf」と「Ryumin.otf」が存在するかどうか、の違いでした。
それ以外についてはファイル数は同じ、レジストリエントリも大差ない、ということで、Koboデスクトップアプリのコンパイル時点で無効化されてるのようです。

Kobo Touchでの書籍を開くためのプログラム名が「nickel」なので、nickel.dllをv3.0.0に入っていた「19,272,192 バイト」のものに入れ替えてみたところ、Koboデスクトップアプリ上で、電子書籍を開くことができました。

ただ、Koboデスクトップアプリのバージョン自体はv3.0.0という認識になりました。
おそらくnickel.dllのバージョンが、そのままデスクトップアプリのバージョン、という認識である模様。

現状最新のv3.0.2のnickel.dllのサイズは「19,331,072 バイト」ですから、たいしたサイズ差はありません。なので、プログラム上は機能が備わっているのに、何か内部的なフラグで、無効にされているんじゃないのかなぁ・・・と思わせる状態です。

というわけで、ほんとは電子書籍を読む機能が備わっているのに、無効にされているKoboデスクトップアプリのお話でした。

上海問屋オリジナル microSDHCカード(マイクロSDHCカード) 32GB・変換アダプタ付き DNF-TSD32768C4/R

上海問屋オリジナル microSDHCカード 32GB
価格:1,699円(税込、送料別)

一緒に↑の32GBを買って
Koboの中を開けて交換しちゃおうw

え?
電子書籍が読めるnickel.dllの入手方法?

Koboデスクトップアプリv3.0.2をインストールすると入手できるnickel.dll(19,331,072 バイト)をv3.0.0相当のnickel.dllにするパッチ(wdiffによる自己実行ファイル)
Program files\koboからnicke.dllをコピーしてきて、上記ファイルを同じディレクトリに置いてから、実行。
パッチをあててv3.0.0相当になったnickel.dllができあがり、元々のnickel.dll(v3.0.2)は、nickel.OLDというファイル名に変わります。
このnickel.dllをprogram files\koboのものと入れ替えるといいでしょう。