日本語版Koboデスクトップアプリでも電子書籍読ませろ!


— 2012/11/05 追記 —
Kobo Desktop version 3.1.0が出たりしています。
で・・・相変わらず標準状態では読むことはできないわけですが、以前と同じように読めるようにする方法はあります。

設定ファイルの変更のみでいける感じです。

変更するべき設定ファイルは「affiliate.conf」。
Windows Vista/Windows7の場合、標準設定だと「C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Kobo\Kobo Desktop Edition」のディレクトリにあります。
Windows全般的な設定でいうと「%localappdata%\Kobo\Kobo Desktop Edition」です。

このディレクトリ名をエクスプローラに入力すると、ファイルがあるディレクトリが開きます。
affilicate.confを開くと以下の様な記述になっています。

[General]
affiliate=RakutenBooks

この「RakutenBooks」を「kobodesktop」に書き換えます。

[General]
affiliate=kobodesktop

これによって、Kobo Desktopアプリの内部動作が、海外Kobo向け仕様に切り替わります。
とはいえ、相変わらず、縦書きの文字表記が非常にアレな感じですけどね・・・
これは解消する気がない、ということなんだろうか???

2013/06/23 ver 3.2.3においてもaffilicate.confを修正することで読めることを確認しています。
このバージョンの修正前の記述がRakutenIchibaに変わっているような気がします・・・

[General]
affiliate=RakutenIchiba

2013/10/18 追記

「affiliate=kobodesktop」で起動すると、Kobo Desktopアプリのアップデートが要求されます。
これを実施すると、Kobo DesktopアプリがVer 3.3.11になります。
で・・・このバージョンにすると、何も表示されなくなってしまいました。
アップデートはしない方が良いようです。

2013/12/21 追記

Kobo desktop v3.5.1では、「affiliate=kobodesktop」で起動すると下記の様な感じで比較的まともな表記で読めるようになっています。

kobo

マンガの場合は下記の様な感じ
kobo2

マンガや画像をそのまま収録した系の書籍の一部は目次は表示されるが、ページは表示されず読めないのがあります。
kobo3

鉄道系で画像収録のやつは読めないですね^^;;;;


— 2012/10/04 追記 —

2012/10/04リリースのKoboデスクトップアプリv3.0.4において、ライブラリファイルの刷新が行われました。
この変更により、nickel.dllのみを差し替えることができなくなりました。

以下に示す手順はv3.0.4においては使用できませんので、注意してください。

— 追記終了 —


サービス開始初日に、Koboサイトのヘルプにダマされ、英語版Koboデスクトップアプリをインストールしたことがあります。
そのときは、日本語書籍が購入したものリストに表示されていませんでした。

で、先ほど、英語版Koboデスクトップアプリと日本語版Koboデスクトップアプリとで、どんなファイルの違いがあるのかを確認してみようと、英語版Koboデスクトップアプリをインストールしてみました。

http://www.kobosetup.com/からダウンロードしてみると、ファイルサイズが70,250,179 バイト。インストール後のバージョンは「3.0.1」でした。
で・・・このバーションだと、電子書籍を読む機能がないようです。

仕方が無いので、7/20にダウンロードした、ファイルサイズが83,489,664 バイトで、インストール後のバージョンが「3.0.0」のものを再インストールしてみました。

・・・おや?

縦書きレイアウトに若干、難がありますが、日本語書籍でも表示出来てますね。

開始初日に日本語書籍がリストに表示されなかったのは、連携が正常に動いてなかった、というだけのようですね。




で・・・

83,489,664 バイトのKoboデスクトップ3.0.0と、それ以外は13MB程度サイズが違います。
この違いを埋めてやれば書籍が読めるようになるかと調べてみたんですが、この違いはfontsディレクトリに「Gothic MB101.otf」と「Ryumin.otf」が存在するかどうか、の違いでした。
それ以外についてはファイル数は同じ、レジストリエントリも大差ない、ということで、Koboデスクトップアプリのコンパイル時点で無効化されてるのようです。

Kobo Touchでの書籍を開くためのプログラム名が「nickel」なので、nickel.dllをv3.0.0に入っていた「19,272,192 バイト」のものに入れ替えてみたところ、Koboデスクトップアプリ上で、電子書籍を開くことができました。

ただ、Koboデスクトップアプリのバージョン自体はv3.0.0という認識になりました。
おそらくnickel.dllのバージョンが、そのままデスクトップアプリのバージョン、という認識である模様。

現状最新のv3.0.2のnickel.dllのサイズは「19,331,072 バイト」ですから、たいしたサイズ差はありません。なので、プログラム上は機能が備わっているのに、何か内部的なフラグで、無効にされているんじゃないのかなぁ・・・と思わせる状態です。

というわけで、ほんとは電子書籍を読む機能が備わっているのに、無効にされているKoboデスクトップアプリのお話でした。

上海問屋オリジナル microSDHCカード(マイクロSDHCカード) 32GB・変換アダプタ付き DNF-TSD32768C4/R

上海問屋オリジナル microSDHCカード 32GB
価格:1,699円(税込、送料別)

一緒に↑の32GBを買って
Koboの中を開けて交換しちゃおうw

え?
電子書籍が読めるnickel.dllの入手方法?

Koboデスクトップアプリv3.0.2をインストールすると入手できるnickel.dll(19,331,072 バイト)をv3.0.0相当のnickel.dllにするパッチ(wdiffによる自己実行ファイル)
Program files\koboからnicke.dllをコピーしてきて、上記ファイルを同じディレクトリに置いてから、実行。
パッチをあててv3.0.0相当になったnickel.dllができあがり、元々のnickel.dll(v3.0.2)は、nickel.OLDというファイル名に変わります。
このnickel.dllをprogram files\koboのものと入れ替えるといいでしょう。

  1. 2012年07月30日(月)の日常 - okaz::だめにっき - pingback on 2012年7月30日 at 11:39 PM
  2. Koboの電子書籍をパソコンで表示 | マキシマ文庫 - pingback on 2012年9月3日 at 3:32 PM
  3. Kobo Touch firmware v2.1.4 | OSAKANA TAROのメモ帳 - pingback on 2012年10月4日 at 7:22 PM
  4. 当方通りすがりのマカーですが、
    Mac OSX10.7、Kobo Desktop 3.1.5でも
    ~/Library/Application Support/Kobo/Kobo Desktop Edition/affiliate.conf

    affiliate=kobodesktop
    書き換えることで読書可能になること確認しました。
    ありがたや〜ありがたや〜

  5. いやはや、日本語の表示が非常にアレですね。
    最初に開いたときは全面空白で???となりましたが、フォントをヒラギノ等に設定すると一応は表示されます。しかし縦書が……

  6. Mac OSX 10.7.5 kobo 3.2.0

    affiliate.confを書き換えたところ,購入した本が表示されました。

    ありがとうございました。

  7. Windows8でkobo desktop 3.2.0でaffiliate.confを書き換えて一応は購入書籍の閲覧できました。
    しかしながらライブラリを表示すると、新バージョンをダウンロードしてくださいと出て閲覧できません。

    ネットワークから切断してオフライン状態なら閲覧可能になります。

    dll等の差し替えなしで閲覧できるのでaffliate.conf書き換え書き戻しバッチとかでも作ればとりあえずはいいですね。

    • それは、おそらく、海外では新版が出てる、ということが関係しているんだと思います。

      affiliate.confを見て海外版の更新チェックを行うものの
      実際にアプリを更新するかどうかについては、IPアドレスを見てるので
      日本国内からはアップデートできない

      という動作をしているんでしょう。
      しばらく待てば日本でもリリースされると思うので、それまでということでしょうね

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Trackbacks and Pingbacks: