Nimble Storageについていろいろ調べたこと 2013/11/08


vForum2013 TOKYOにNimble Storageが出てたので、いろいろ確認してみた。
あと、マニュアルも入手したので、そこで調べた疑問点も列挙してある。


・海外事例を見るとパフォーマンス増強のために
 コントローラアップグレードがあるようだが
 日本でも提供するのか?

日本でも提供する予定だが、提供方法に関して詳細が決まっていない。

なお、アップグレードには2種類ある。
・Scale performance
・Scale cache

「Scale performance」はコントローラのアップグレードで、これは、マザーボードを丸ごと上位機種のものに入れ替えることになる。
Nimble Storageは「CS2x0用CPUを1つ積んだマザー」と「CS4x0用CPUを2つ積んだマザー」がある。
このため、「Scale performance」が適用できるものはCS2x0シリーズのみとなり、アップグレード後は「CS4x0」になる。
片コントローラずつ交換することでオンライン交換が可能。

「Scale cache」はSSDの容量増加である。
Nimble Storageでは、SSDを4本使用している。
この4本のSSDを交換し、容量を増加させることでパフォーマンスを上げる。
交換し、一時的にReadパフォーマンスが劣化するが、オンラインのままで行うことができる。
ちなみにSSDはslot7~10にあるが、slot7から順に交換する必要があるらしい。


・「Scale performance」の効能は?
CPUリソースや搭載メモリ(DRAM)が増加することにより、ランダムI/O・シーケンシャルI/Oのスループット増加が見込める。
いろんなボトルネック要素に対して効果がある。

・「Scale cache」の効能は?
Nimble Storageでは、SSDはRead cache目的で利用している。
このため、SSD容量の増加は、よく使われるデータが多い場合に有用である。
逆にSSDの利用率が低い場合は、効果が薄い。


・Firmwareってどんな感じなのか?

一般向けGAリリースの最新は2013/07/29リリースのv1.4.7.0。
(その1つ前は2013/04/12リリースのv1.4.6.0)
次期バージョンとして、v2.0系列の開発が進んでおり、2013/11/04にv2.0.5.0がリリースされているが、まだβ扱いとなっている。


・複数のNimble Storageを1つのように使うのってどんな感じなの?
実はv2.0からの新機能で「Group」という名称のクラスタ機能です。

1つのNimble Storageをマスターとして、その配下に他のNimble Storageをおく、というようなイメージになる。
システムの停止は必要となるが、運用中の「複数のNimble Storage」または「複数のGroup」を、ディスクの中身はそのままに統合することもできる。

ちなみに管理画面上は下記の様になる。
nimble


・ボリュームの最大数は?
255個作成可能。

・snapshotの最大数は?
ボリューム毎で最大1000、システム全体で10000まで作成できる


・実現できるレプリケーションの種類は?
基本的には、1volume→1volumeの内容丸ごとコピーのレプリケーション。
帯域制限をかけることもできる。
同期/非同期/スケジュール同期、といった設定はなく、「非同期」相当のみ。

・指定できる帯域制限の種類は?
月,火,水,木,金の8:00~19:00は、1Mbpsに制限
といった「曜日」と「時間帯」を指定した、帯域制限をかけることができる。
この指定は複数おこなうことができる。


・シリアルコンソールがある
アクティブ側のコントローラにのみシリアルコンソールログインができる。
初期設定やfirmwareアップデートをシリアルコンソールから行うことも可能。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>