中華Androidスマートフォンの組み立て風景


MTK手机网に「图解尼奥NO2-M现场组装流程」という記事が出ていた。

尼奥(Neo) NO2-Mという機種の組み立て風景を紹介している。
おもしろそうなので、ここでも紹介してみる。
ただ、写真の並び順が若干おかしな感じなので、並べ方は変えてある。



ずらりと並んだパーツ群。
これらの部品でAndroidスマートフォンは出来ています。


まずはメイン基板にいろいろつけていきます。


半田付けをして・・・


サブ基板と接続します。


基板を表面ケースに取り付けます。
銀色の部分は液晶の裏側です。
どうやら液晶パネルは組まれた状態で入荷しているようです。


裏面ケースに細かな部品と取り付けていって・・・


3G用アンテナを取り付けて・・・


表面ケースと裏面ケースを合体させて完成です。

・・・・なんというか、完全にプラモ状態ですね。

“中華Androidスマートフォンの組み立て風景” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください