Tintri VMstore T540


先日紹介した、Tintri VMstore T445。
先日開催されたvForum2011にて実物があったので、いろいろ聞いて見た。

おおむね想定通りだったけど、いくつか記事のアップデートが必要な点があった。

ハードウェア的な構成についての話
・機種が2つ、廉価版で4UのT445と、ヘッド冗長性ありで3UのT540がある。
 (T540のが後に出てきた)

・廉価版 4UのT445のハードウェア
想定通りSUPERMICROの4U SuperChassis 846シリーズだった。
HDDが24スロットで、160GB SSDを9本でRAID6、1TB HDDを15本でRAID6としている。
オンボードNICは1Gbps 1つ+管理用1Gbps 1つと結構貧弱。

・冗長性ありの3U T540のハードウェア
Tintriのページにある背面画像から考えるとSUPERMICROの3U SuperServer 6036ST-6LRあたり。
HDDが16スロットで、300GB SSDを8本でRAID6、3TB HDDを8本でRAID6としている。
オンボードで10Gbps NICが2つついているというのが利点であろう。
その他に管理用として1Gbos NICが2つある。

・消費電力の謎。
ノックスのカタログではT445の消費電力が1200Wで、T540の消費電力が500Wとなっているが、デュアルヘッドなのにほんとか?
と思い、Tintri公式のリソースにてダウンロードできるdatasheetを確認したところ、T445・T540のどちらとも「Typ(標準値)が500W」としか書かれていなかった。
T445の消費電力1200Wというのは、おそらくシャーシの最大消費電力 1200Wから来ていると思われる。
であれば、T540も、シャーシの最大消費電力 1200Wとなるのであろう。
(2011/12/21追記: 上記に記載した、ノックスカタログにおける消費電力の件は500Wに修正されていた)

・T540でのヘッド間ディスク共有方法はStorage Bridge Bayを利用
T540では、ヘッドの冗長性アリ、となっているが、どうやって2つのヘッドを1つのディスク群にアクセスさせているのかを、シャーシ側の資料を確認してみたところ、Storage Bridge Bayという仕組みを利用しているとのこと。
SSBについては、Storage Bridge Bayからの出発 ~SBB規格がもたらすストレージの未来像~という日本語の記事があったので、こちらを見てください。

ストレージとしての動作について
・最終的なデータの置き場所はHDD上
・書き込み/読み込みキャッシュ的な感じでSSDをフル活用する
・エンクロージャの増設等は現状考えられてはいない
 (ただし、T540はハードウェア的には外部SASポートがあるのでできなくはないはず)

・VMware専用のNFSストレージで、他のOS用には考えられていない
 とはいえ、Citrix Xenに関しては対応する可能性がある。

  1. Tintri VMstore T445 | OSAKANA TAROのメモ帳 - pingback on 2011年11月21日 at 8:40 PM
  2. Nimble Storage | OSAKANA TAROのメモ帳 - pingback on 2012年8月6日 at 7:26 PM
  3. Nimble Storageについて 2013年版 | OSAKANA TAROのメモ帳 - pingback on 2013年5月21日 at 6:40 PM

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>