Category Archives: HUIONタブレット

HUIONの液晶ペンタブレット KAMVAS GT-221 Proを使ってみた


2年ぶり2回目のHUIONチャレンジです。
(1回目のGT-185HDの時は→「HUIONの液晶ペンタブレットGT-185HDを使った!」)

前回のGT-185HDの時のレビュー記事掲載後に、日本でHUIONタブレットの代理店業務を始めたプラットポイントさんから、新製品のレビューをやってみないか?とのことで、最新液晶タブレットであるところのKAMVAS GT-221 Proをお借りしました。

えぇ・・・前回のGT-185HDを買った時は、ワコムタブレットとの使い勝手の差で常用できず、譲渡することになったので、購入する、という踏ん切りがつかなかったのですよ。

今回のKAMVAS GT-221 Proの製品トピックですが・・・

・21.5インチ 1920×1080
・液晶の左右にショートカットキー設置(なお左右は同じ役割)
・今年になってモデルチェンジした新ペンのPE330採用
・8192段階の筆圧対応
・ペンの反応速度は早い

ちなみに、HUION GT-220 v2(8192)という左右にショートカットキーがない、従来から販売している筆圧2048段階のGT-220をバージョンアップしたモデルも販売されています。
価格的にはGT-221Proの方が若干高いので、お好みにあわせてどうぞ。

うけとりまして、ぱぱっと組み上げ、現在使用しているWACOM Cintiq 12WX(12.1インチ 1024段階筆圧)と並べて見ます。

今回のペンはこんな感じです。

ペンケースに入っているのですが、ペン立てっぽいのが見当たらず・・・
あと、同じペンが1本、Free giftとして添付されていました。
どちらもUSBコネクタによる充電式ですが、以前と同じく、日本で売ってる場所を見かけないものすごく細い形状の丸形コネクタを使っています。


Cintiq 12WX添付のペンと並べて見ました。
サイズ感はほぼ同じですが、PE330は全面プラスチックで、ワコムペンは握る辺りが持ちやすくラバーコーティングされている、という違いがあります。
ここは好みが分かれそうです。

ワコムのドライバをアンインストールしてから、HUIONドライバをインストール

2年前のGT-185HDの時とは大幅に異なる設定画面です。


↑ショートカットキーに割り当てる操作を設定する画面です。
10個のボタンと、上下スクロールバーを設定できます。
左右のボタン群は同じ役割となります。


↑筆圧の設定と筆圧の確認が行えます。
筆圧感度設定は4,3,2,1,0,-1,-2,-3,-4の9個のプリセットから1つを選ぶようになっています。
設定したあとは「筆圧感度テスト」ボタンをクリックし、テストを行いましょう。

「有効Windows Ink」はWindows10のWindows Inkへの対応機能を有効にするか
「有効Wintab感度の最適化」は、Wintab APIへの対応状況についてです
とりあえずは両方とも有効で問題ないでしょう


↑作業領域は、ペンのキャリブレーションを行うところです。
また、液晶画面を縦置きする場合の設定もできます。

設定完了し、実際の利用者である奥さんに引き渡して経過観察・・・


こんな感じの絵ができあがってきました。

使用した感想を聞いてみると・・・

・概ね満足
・塗りに関しては許容出来る
・ペン先動作の違いがやはりネックとなり細かい筆圧を必要とする場合に難がある
 (注:ペン先の構造がワコムと同じには出来ないので、どうしても変わってしまう点です)
・とはいえ、GT-185HDの時と比べると使いやすいのは間違いない
 もうしばらく使ってみて慣れた頃合いに返却となるのがちょっと怖い

と、比較的好感触ではありました。

そして、前回のGT-185HDの時との違いについて聞いて見ると・・・

GT-185HDの時から改善された点
・前はペンの反応が遅く、ペンを早く動かすとカクカクした線になってしまったが、改善している
・SAI1などでも特に問題無く筆圧が動作している

GT-185HDの時から改善されたけど足りないと思う点
・ペン先の動作がワコムと異なり、徐々に力をかけていっているつもりでも、急激に筆圧がかかり太くなるようなところがある。
 力を抜いていくときも同じく、急激に変化するポイントがある
 このため、微妙な筆圧の差を表現したい時の力加減が難しい
 ドライバ設定で少しは調整できるもののの、プリセットされたものから選ぶ形なので、それが合うかが問題となる
 とはいえ、GT-185HDと比べると、改善はしている

GT-185HDから変わってないなぁ、という点
・ペン自体の持った時の感触・ホールド感
 プラスチックの固い感触しかない
 持つ部分をコーティングしたようなグリップ感があるバージョンが欲しい

ということでした。

さて、返却まであと1週間ちょい、どうなりますことやら・・・

中華液タブHUIONの新製品KAMVAS GT-191は8192段階対応で登場予定


中華の液晶タブレットを出しているメーカの1つHUIONから、新しい19.5インチサイズの液晶タブレットが登場するようで、日本での取扱店の1つ、フラットポイントさんのアカウントが53000円での取り扱いを発表していた。

(なお、中国側の公式通販では$449+関税というお値段ではあるのですが、大きくて壊れやすいものを個人で輸入すると、壊れていた場合に返送手続きとかがひじょーに面倒くさいので、お薦めしません。)

さて、今回のHUION GT-191の特徴は、と確認

・ペンはGT-156HDでバージョンアップした充電式のPE330を継続使用
・タブレット側がバージョンアップして2048段階から8192段階に変更
・GT-190/220シリーズと比べるとResponse timeが遅いというのが気になるところ
 実際どれくらいの違いが出るものなのか・・・

公式通販では8月1日まで予約販売中ということなので、実際の出荷開始は、8月中旬以降になるんじゃないかと予測しています。
はたして、今回のタブレットのできは、どんなもんなのでしょうか?

(2017/07/06) Amazonでの取り扱いが始まったので追記しました

HUION液晶タブレット製品の仕様まとめ

GT-220はGT-220と、GT-220 v2の2種類があるので注意です。
GT-220 v2は、タブレット側とペンがバージョンアップしているものとなります。

機種名 GT-191 GT-156HD GT-185 GT-220v2 GT-190
公式通販価格 $499(予約特価$449) $699 $499 $799 $449
日本Amazon
解像度 1920×1080 1366×768 1920×1080 1440×900
液晶の種類 IPS 19.5″ IPS 15.6″ TFT 18.5″ IPS 21.5″ TFT 18.9″
表示領域 438.88 mm × 238.68 mm 344.16 mm × 193.59 mm 408.96 mm × 230.04 mm 476.64 mm x 268.11 mm 409.8 mm x 230.4 mm
1pxの大きさ 記載なし 0.1mm x 0.1mm 0.3mm x 0.3mm 0.2485mm x 0.2485mm 0.3mm x 0.2mm
ペンの種類 PE330 種類2 種類1
筆圧段階 8192 2048
Report Rate / Response Time 233PPS / 25ms 220PPS / 30ms 233PPS / 5ms 220PPS / 5ms
インタフェース VGA DVI HDMI HDMI VGA DVI HDMI VGA DVI
消費電力 DC12V 3Aアダプタ使用 36W DC12V 1Aアダプタ使用 7.5W DC12V 3Aアダプタ使用 36W以下 DC12V 4Aアダプタ使用 36W以下
外寸 475mm x 35mm x 298mm 432mm x 14.8mm x 264mm 485mm x 45mm x 296mm 520mm x 40mm x 320mm 454.4mm x 60mm x 361.8mm
重量 3.3kg 1.5kg 3.1kg 5.42kg 4.3kg

中華液晶ペンタブレットHUION向けの液晶保護フィルムのサードパーティー品が販売開始


中華液晶ペンタブレットHUION向けの液晶保護フィルムとして販売してるのは、いままで純正品ぐらいでしたが、Amazonでの取り扱いはなく、直販ぐらいでした。

が・・・いままでワコム向けでいろいろ液晶保護フィルムを出しているメディアカバーマーケットから、HUION向け商品の販売が開始されました。

タイプは下記の3種類
・廉価な「ペーパーライク 反射防止 タイプの 液晶保護フィルム」
・多機能な「ブルーライトカット 指紋防止 反射防止 抗菌 気泡レス 液晶保護フィルム」
・保護最優先「キズが付きにくい! 強化ガラス同等の高硬度 9Hフィルム」

HUIONタブレットは、ワコムと比べるとペンにより傷つきやすいところがあるため、フィルム無しはつらいところがあります。
国内発送で素早く届くようなので、選択肢としてはよいのではないでしょうか?

ペーパーライク
反射防止
ブルーライトカット
指紋防止
反射防止
抗菌
気泡レス
キズが付きにくい!
強化ガラス同等の高硬度
9Hフィルム
GT-156HD
GT-185 / GT-185HD
GT-220
GT-190

中華タブレットHUIONの新製品GT-156HD(2016/10/17更新)


ちょうど1年前に発売された18.5インチのHD液晶タブレットGT-185HDがここ半年以上まともに販売されていません。
なんだろうなぁ・・・と思っていたら、15.6インチのHD液晶タブレットの新製品KAMVAS GT-156HD GT-156HD が登場するようです。

gt156hd

製品ページ:GT-156HD

・15.6インチというサイズ
・1.5kgと軽量
・GT-185/GT-185HDに引き続きショートカット用キーを装備
・ディスプレイ出力は、HDMI接続のみ(VGA/DVIは無い)
・もしかするとペンが代替わりしているかも?(いままでと形状が異なるペンに見える)
・液タブ側のコネクタは1つで、そこからHDMI/USB/電源の3つに分岐するケーブル(Three-in-one Connection cables)
gt-156-cable

価格は2016/10/26までは発売記念価格$594(通常 $699.00)+日本向け送料$31.46。
発売予定日は2016/10/26。

日本のHUIONを取り扱う代理店「フラットポイント」でも同じぐらいから取り扱い開始予定。
中国から買うと配送時に破損を食らうと返品とかが非常に面倒なので、日本国内発送で64800円というお値段は、なかなかお値打ちかと。


2016/10/17更新

日本の代理店フラポプリントに、GT156HDのサンプル機が届いたそうで、これから評価だそうです。

また、いつの間にか日本のAmazonでも取り扱いが始まっていました。

定価76,999円、通常価格70,999円、というのは予想通りでしたが、
「セール価格 60,349円」というのは正直予想外。
ただ、中国発送になるので、国内発送よりは破損率が高くなる、というのと、不良品が届いた場合の手続きがめんどくさい、というところが不安点があります。
まぁ、大丈夫な可能性が高い、とはいえ、自分は運が悪いと思う人は避けて置いた方がいいかも?


2016/11/08追記

日本国内発送で、サードパーティーから液晶保護シートが販売開始されました。

ペーパーライク
反射防止
ブルーライトカット
指紋防止
反射防止
抗菌
気泡レス
キズが付きにくい!
強化ガラス同等の高硬度
9Hフィルム
GT-156HD

HUION液晶タブレット製品の仕様まとめ

機種名 GT-156HD GT-185HD GT-220 GT-190
Aliexpress価格 $699 $599 $799 $449
日本Amazon
解像度 1920×1080 1440×900
液晶の種類 IPS 15.6″ IPS 18.4″ IPS 21.5″ TFT 18.9″
表示領域 344.16 mm × 193.59 mm 408.96 mm × 230.04 mm 476.64 mm x 268.11 mm 409.8 mm x 230.4 mm
1pxの大きさ 記載なし 0.213mm x 0.213mm 0.2485mm x 0.2485mm 0.3mm x 0.2mm
インタフェース HDMI VGA DVI HDMI VGA DVI
消費電力 DC12V 1Aアダプタ使用 7.5W DC12V 3Aアダプタ使用 36W以下 DC12V 4Aアダプタ使用 36W以下
外寸 432mm x 14.8mm x 264mm 485mm x 45mm x 296mm 520mm x 40mm x 320mm 454.4mm x 60mm x 361.8mm
重量 1.5kg 3.1kg 5.42kg 4.3kg

HUIONの液晶タブレットのまとめ 2015年夏ベース


HUIONの液晶タブレットが話題なようで・・・

うちでは、2015年夏にGT-185HDを導入してみましたが、いろいろありました。
blog記事では、使い始めた、までしかはっきりとしたものを残していませんでしたが
最終的には他の人に譲渡しました。(ちなみに譲渡が決まるまで3箇所に貸し出しました)
このため、最近の状況についてはわかりませんが、いままで集まっている情報をベースに解説します。

まず、この製品を使ってみよう、という人に対しては2つの言葉を贈ります。

ワコム製品とは別物である
筆圧の動作の感じがワコムと異なる点を割り切ること

ワコムユーザは、これまでと同じタブレットだと思って使うとツライです。
頭を切り換える必要があります。

逆に、これからタブレットを使う、という人は気にならない可能性が高いです。

また、コミックスタジオ/CLIP STUDIOユーザは、ソフト側の設定で
筆圧動作を調整できるので、ワコムからの乗り換えでもなんとかなる可能性が高いです。
(話題になってる人も、クリスタユーザです。またクリスタがHUIONで動かないというのは意味がちゃんと読み取れない人によるデマです)
SAI ver1ユーザは、やめといた方がいいと思います。

では、広告のあとに詳細を・・・・


<広告>
「おざなりダンジョン」の新作をクラウドファンディングで実現しよう!
おざなりダンジョン-クラウドパンゲア


HUION液晶タブレット製品の仕様関連

機種名 GT-185HD GT-220 GT-190
Aliexpress価格 $599 $799 $449
日本Amazon
解像度 1920×1080 1440×900
液晶の種類 IPS 18.4″ IPS 21.5″ TFT 18.9″
表示領域 408.96 mm × 230.04 mm 476.64 mm x 268.11 mm 409.8 mm x 230.4 mm
1pxの大きさ 0.213mm x 0.213mm 0.2485mm x 0.2485mm 0.3mm x 0.2mm
インタフェース VGA DVI HDMI VGA DVI
消費電力 DC12V 3Aアダプタ使用 36W以下 DC12V 4Aアダプタ使用 36W以下
外寸 485mm x 45mm x 296mm 520mm x 40mm x 320mm 454.4mm x 60mm x 361.8mm
重量 3.1kg 5.42kg 4.3kg

・GT-190/GT-190S(18.9インチ)は1世代前のもので解像度低い+HDMI無し
・GT-220(21.5インチ)とGT-185HD(18.4インチ)は解像度1920×1080でHDMIあり
・GT-185HDだけ、液晶の横にショートカット用の追加ボタンが搭載されている
・「GT-185」と「GT-185HD」があるが、「GT-185」は古いので買わないこと

・使えるペンはHUIONの液晶タブレット向けのもの(HUIONペンタブレット向けは使えない)
 GT-190/GT-220/GT-185HD共通で使える、とのこと
・液晶タブレット向けのペンは、USBで充電するタイプと、単4乾電池タイプの2つがある
 通常は充電タイプの方が入っていて、2種類入っているというのは基本無いはず・・・
・ペン自体の重さはワコムペンと大差はない。充電タイプだと、むしろワコムより軽い
・充電ケーブルはHUION純正以外は発見できなかった
 コネクタ自体は、汎用品っぽいのだが、秋葉原の部品屋を巡ったが、
 お店で売ってるコネクタの一番細いものより、さらにHUIONの充電端子の方が細く
 使えるものを発見できなかった
・使用中バッテリー切れを気にしたことは無い
 寝る時に充電しとけば問題ない感じだったし、3日ぐらいは大丈夫だった
 (どこまでいけるかチャレンジは、やらなかったので不明)
・ペン先は削れやすい
 製品に予備が8本ついていますが、結構削れやすいので
 しばらく使って問題ないようなら予備を買っておきましょう
 ペン先の構造が単純ではないので自作は難しいでしょう

・液晶本体の電源ケーブルの添付状況が若干怪しい
 良くあるパソコン用の電源ケーブルであるのだが
 海外仕様だったり、アース付きだったり、と製品や購入時期によってバラバラ

・接続ケーブルは汎用品が使える
 ペンの充電ケーブルだけ秋葉原で入手できませんでしたが
 それ以外のケーブル(電源、ディスプレイ、USB)は全て汎用品が使えます。

・画面保護シートは付けましょう
 製品に添付されてますが、結構傷つきやすいです。
 保護シートなしで使うのはお薦めしない感じです。
 1mm厚のプラ板置いてもペンがちゃんと動作したので、画面サイズさえ合えば何でも使えると思います

・ワコムドライバとHUIONドライバは共存できず、HUIONを使うにはワコムドライバを
 アンインストールする必要がある。
 このため、使い比べようとすると、ちょっとめんどくさい
・HUIONタブレットは、ワコム互換のWinTab APIと、タブレットPCのTablet APIの2つをサポート
・古いソフトはWinTAB APIのみサポートだが、HUIONではWinTAB APIの動作が少し微妙なところがある
  例: SAI ver1, PhotoShop CS4まで
・最近のソフトはWinTAB APIとTablet APIの両方をサポート
  例: SAI ver2, PhotoShop CS5から, コミックスタジオ, CLIP STUDIO
・標準設定で動きがおかしい場合は、HUIONドライバの設定で
 「タブレットPCサポート」にチェックを入れたり、
 各ソフトでTablet APIを使用するモードにしてみると改善されることがある
 WinTABのみ対応ソフトの場合は諦めるしかないかも・・・

HUION液晶タブレットの使用感について

・最終的に4人に使ってもらい、この製品で良い、と評価したのは1人だった
・ワコム製品に慣れ親しんでいる人ほど、きつい
 違うものを使っていると、割り切れるかが重要
・特にペン先の動作の違いが悩みの種
・微妙な強弱(筆圧)がつけづらい
・HUIONドライバの設定ツールで筆圧設定があるが
 それほど使用感が変わらない程度の変化しか感じられない
・コミックスタジオ/CLIP STUDIO利用者の評判が良いのは、ソフト側で
 ペン先に加わる圧力の変化を、どのようにソフト上で反映させるかの設定を
 自在に操れるから、という点にある。
 つまり、そのような設定が無いソフトでは結構つらい
 海外の利用者事例をみるとManaga Studio(英語版コミスタ)が多い、というのも
 同じ理由だと推測している

・時々ペンが動かなくなることがある
 その場合は、USBケーブルを抜き差しすれば、たいてい直る

・GT-185HDだと、なぜか1920×1080の全域にペンが届かない。だいたい1900×1000ぐらいの範囲
 具体的にはフル画面でアプリを表示させたときに、アプリを閉じれないぐらいの状況
 メーカに聞いたら仕様だそうで・・・
 twitterで見かけた他のユーザに聞いてみたら、同じだとか
 GT-190だとそんなことは無いようだ


2016/11/08追記

いままではHUION純正しか選択肢になかった液晶保護シートが、サードパーティーから3種類発売されました。

ペーパーライク
反射防止
ブルーライトカット
指紋防止
反射防止
抗菌
気泡レス
キズが付きにくい!
強化ガラス同等の高硬度
9Hフィルム
GT-156HD
GT-185 / GT-185HD
GT-220
GT-190