ラズパイ4がUS,EU圏以外でも発売できる理由って何なんだろう?


ラズベリーパイ4が発売になりました。

基板上にFCC ID(US)とCEロゴ(EU圏)が印字されているので、たぶんこの2箇所で使うのは合法なんだろうなぁ、って感じです。

で・・・いま手元にあるラズパイ3の箱を見てみると各国の電波系の認証IDとロゴがあります。

CE

CEマークで、EU圏で使う場合に必要です。

FCC

FCCマークで、アメリカで使う場合に必要です。

FCC IDが発行されます。文字列を指定できるようで、製品名称が入ったりします。

CMIT ID 中国のCCC認証を取得すると発行されるIDです。SRRCの場合もあるようです。

KCC

韓国のKCCマークです。

MSIP-CMN-P2R-RPI32がラズパイ3のIDのようです。

NCC

台湾のNCCマークです。

通称技適マークです。 工事設計認証のマーク。TELECとも呼ばれることがあります。

香港で使用するための認証です。

上記の認証を発行している組織「通訊事務管理局」のロゴです。

というわけで、私が所有しているラズパイ3を合法的に利用できるのは、日本、アメリカ、EU圏、韓国、中国、香港、台湾であるようです。

それ以外の国については認可がおりてないため取り締まられる可能性がある、ということになります。

いままでの機器における認可の取得状況を見る限り、ラズパイ4についても、同じようにアメリカとEU圏以外についてはちゃんと認証を取得しなければ不味いはずなのですが、現時点ではそれ以外の国についてちゃんと認証取得が完了しているかどうかは不明です。

いったいどのようになっているのでしょうかねぇ・・・


株機器会社イー・オータマの「各国申請代行」のページに各国の認証ロゴがあり、調べる手がかりになりました。

総務省の平成24年の記事「 各国の基準認証制度の概要 -MRA情報の調査に親しむ- 」というpdfファイルは韓国、カナダ、中国、オーストラリア、EU圏、シンガポール、アメリカにおける電波認証に係わる組織と規制についての説明が簡単にされており、大変役にたちました。

また平成22年発行の「各国基準認証制度の概要」ではインド、中国、韓国、カナダ、ペルー、ロシアで(データ通信も行う)無線機器を販売する際に必要となる認証について解説されています。

vSphere上にRHEL8を日本語でインストールしようとするとインストーラがちゃんと表示されない


vSphere 6.0環境でRHEL8をインストールしようと、日本語インタフェースで進めようとしたら、「インストール概要」の画面以降、仮想コンソールからはみ出た範囲まで使われるようになってしまう。

対処方法を捜索・・・vSphere側の「svga.height」「svga.width」指定ではうまくいかなかったので、Anaconda側のパラメータを「Anaconda Boot Options一覧」から探したところ「inst.resolution」を発見。

起動時のカーネルオプションに対して「inst.resolution=1024×768」を追加することで、下記の様に全てを表示させることに成功した。

UpdraftPlusというWordPressのバックアッププラグインが動いてなかった話


UpdraftPlus」というWordpressのプラグインがある。

これは、WordpressのデータをGoogle Driveなどの外部サーバにバックアップしてくれるというものである。

で・・・しばらく前に入れてみてたのですが、設定画面を開いてみると予想外のステータス表示が・・・

「WordPressは延滞しているスケジュールされたタスクを持っています」

・・・おや?

リンク先「The scheduler in my WordPress installation is not working – what should I do?」から「My scheduled backups do nothing, or “Backup Now” stops mid-way」を見てみるとwp-config.phpに「define(‘DISABLE_WP_CRON’, true);」って設定されていない?とのこと。

が・・・うちの環境だと説くに設定はされていない。

ただ、wp-cronを常時有効にすると負荷があがるという話もあるので他に方策が無いか探してみると「Can I run backups from the shell / cron?」という記事を発見。

WordPressをCLIで管理できるWP-CLIを使い、UpdraftPlusを動作させることができるというドキュメント「Using WP CLI with UpdraftPlus」があった。

試してみる・・・

まず、プラグインのインストール状況を確認するため「wp plugin list」を実行

$ wp plugin list
+---------------------------------------------+----------+--------+---------+
| name                                        | status   | update | version |
+---------------------------------------------+----------+--------+---------+
| akismet                                     | active   | none   | 4.1.2   |
| amp                                         | active   | none   | 1.2.0   |
| updraftplus                                 | active   | none   | 1.16.15 |
| wordpress-importer                          | inactive | none   | 0.6.4   |
| wp-multibyte-patch                          | active   | none   | 2.8.2   |
+---------------------------------------------+----------+--------+---------+
$

activeとなっていることを確認できたので「wp updraftplus backup」を実行!

$ wp updraftplus backup
Error: 'updraftplus' is not a registered wp command. See 'wp help' for available commands.
$

???

wordpressのフォーラムに「‘updraftplus’ is not a registered wp command.」という記事を発見。

回答「Free版じゃ使えないのでは?」

なるほど!

というわけで、うちの場合、Free版だったのでwp-cliによる実行は使えないようでした。

コマンド(python)でyoutube動画をアップロードする手法


YouTube Data API(v3)の「Videos: insert」に記載されているJava/.Net/PHP/Python/Rubyのサンプルから、とりあえずPythonを選択。

ちょっと前のWeb記述を見ると、10分以上の動画がアップロードできない、的なことを書いているものもあるけれど、このWebの冒頭に「最大ファイルサイズ: 64 GB」とのことなので、大丈夫だろうと判断。

とりあえずそのままコピー

#!/usr/bin/python

import httplib
import httplib2
import os
import random
import sys
import time

from apiclient.discovery import build
from apiclient.errors import HttpError
from apiclient.http import MediaFileUpload
from oauth2client.client import flow_from_clientsecrets
from oauth2client.file import Storage
from oauth2client.tools import argparser, run_flow


# Explicitly tell the underlying HTTP transport library not to retry, since
# we are handling retry logic ourselves.
httplib2.RETRIES = 1

# Maximum number of times to retry before giving up.
MAX_RETRIES = 10

# Always retry when these exceptions are raised.
RETRIABLE_EXCEPTIONS = (httplib2.HttpLib2Error, IOError, httplib.NotConnected,
  httplib.IncompleteRead, httplib.ImproperConnectionState,
  httplib.CannotSendRequest, httplib.CannotSendHeader,
  httplib.ResponseNotReady, httplib.BadStatusLine)

# Always retry when an apiclient.errors.HttpError with one of these status
# codes is raised.
RETRIABLE_STATUS_CODES = [500, 502, 503, 504]

# The CLIENT_SECRETS_FILE variable specifies the name of a file that contains
# the OAuth 2.0 information for this application, including its client_id and
# client_secret. You can acquire an OAuth 2.0 client ID and client secret from
# the Google Developers Console at
# https://console.developers.google.com/.
# Please ensure that you have enabled the YouTube Data API for your project.
# For more information about using OAuth2 to access the YouTube Data API, see:
#   https://developers.google.com/youtube/v3/guides/authentication
# For more information about the client_secrets.json file format, see:
#   https://developers.google.com/api-client-library/python/guide/aaa_client_secrets
CLIENT_SECRETS_FILE = "client_secrets.json"

# This OAuth 2.0 access scope allows an application to upload files to the
# authenticated user's YouTube channel, but doesn't allow other types of access.
YOUTUBE_UPLOAD_SCOPE = "https://www.googleapis.com/auth/youtube.upload"
YOUTUBE_API_SERVICE_NAME = "youtube"
YOUTUBE_API_VERSION = "v3"

# This variable defines a message to display if the CLIENT_SECRETS_FILE is
# missing.
MISSING_CLIENT_SECRETS_MESSAGE = """
WARNING: Please configure OAuth 2.0

To make this sample run you will need to populate the client_secrets.json file
found at:

   %s

with information from the Developers Console
https://console.developers.google.com/

For more information about the client_secrets.json file format, please visit:
https://developers.google.com/api-client-library/python/guide/aaa_client_secrets
""" % os.path.abspath(os.path.join(os.path.dirname(__file__),
                                   CLIENT_SECRETS_FILE))

VALID_PRIVACY_STATUSES = ("public", "private", "unlisted")


def get_authenticated_service(args):
  flow = flow_from_clientsecrets(CLIENT_SECRETS_FILE,
    scope=YOUTUBE_UPLOAD_SCOPE,
    message=MISSING_CLIENT_SECRETS_MESSAGE)

  storage = Storage("%s-oauth2.json" % sys.argv[0])
  credentials = storage.get()

  if credentials is None or credentials.invalid:
    credentials = run_flow(flow, storage, args)

  return build(YOUTUBE_API_SERVICE_NAME, YOUTUBE_API_VERSION,
    http=credentials.authorize(httplib2.Http()))

def initialize_upload(youtube, options):
  tags = None
  if options.keywords:
    tags = options.keywords.split(",")

  body=dict(
    snippet=dict(
      title=options.title,
      description=options.description,
      tags=tags,
      categoryId=options.category
    ),
    status=dict(
      privacyStatus=options.privacyStatus
    )
  )

  # Call the API's videos.insert method to create and upload the video.
  insert_request = youtube.videos().insert(
    part=",".join(body.keys()),
    body=body,
    # The chunksize parameter specifies the size of each chunk of data, in
    # bytes, that will be uploaded at a time. Set a higher value for
    # reliable connections as fewer chunks lead to faster uploads. Set a lower
    # value for better recovery on less reliable connections.
    #
    # Setting "chunksize" equal to -1 in the code below means that the entire
    # file will be uploaded in a single HTTP request. (If the upload fails,
    # it will still be retried where it left off.) This is usually a best
    # practice, but if you're using Python older than 2.6 or if you're
    # running on App Engine, you should set the chunksize to something like
    # 1024 * 1024 (1 megabyte).
    media_body=MediaFileUpload(options.file, chunksize=-1, resumable=True)
  )

  resumable_upload(insert_request)

# This method implements an exponential backoff strategy to resume a
# failed upload.
def resumable_upload(insert_request):
  response = None
  error = None
  retry = 0
  while response is None:
    try:
      print "Uploading file..."
      status, response = insert_request.next_chunk()
      if 'id' in response:
        print "Video id '%s' was successfully uploaded." % response['id']
      else:
        exit("The upload failed with an unexpected response: %s" % response)
    except HttpError, e:
      if e.resp.status in RETRIABLE_STATUS_CODES:
        error = "A retriable HTTP error %d occurred:\n%s" % (e.resp.status,
                                                             e.content)
      else:
        raise
    except RETRIABLE_EXCEPTIONS, e:
      error = "A retriable error occurred: %s" % e

    if error is not None:
      print error
      retry += 1
      if retry > MAX_RETRIES:
        exit("No longer attempting to retry.")

      max_sleep = 2 ** retry
      sleep_seconds = random.random() * max_sleep
      print "Sleeping %f seconds and then retrying..." % sleep_seconds
      time.sleep(sleep_seconds)

if __name__ == '__main__':
  argparser.add_argument("--file", required=True, help="Video file to upload")
  argparser.add_argument("--title", help="Video title", default="Test Title")
  argparser.add_argument("--description", help="Video description",
    default="Test Description")
  argparser.add_argument("--category", default="22",
    help="Numeric video category. " +
      "See https://developers.google.com/youtube/v3/docs/videoCategories/list")
  argparser.add_argument("--keywords", help="Video keywords, comma separated",
    default="")
  argparser.add_argument("--privacyStatus", choices=VALID_PRIVACY_STATUSES,
    default=VALID_PRIVACY_STATUSES[0], help="Video privacy status.")
  args = argparser.parse_args()

  if not os.path.exists(args.file):
    exit("Please specify a valid file using the --file= parameter.")

  youtube = get_authenticated_service(args)
  try:
    initialize_upload(youtube, args)
  except HttpError, e:
    print "An HTTP error %d occurred:\n%s" % (e.resp.status, e.content)

そして実行!

-bash-4.2$ ./youtube-upload
Traceback (most recent call last):
  File "./youtube-upload", line 4, in <module>
    import httplib2
ImportError: No module named httplib2
-bash-4.2$

CentOS7に必要なPythonモジュールが入っていませんでした。もう1つエラーになったoauth2clientとともに「yum install python-httplib2 python2-oauth2client」でインストールして再実行。

-bash-4.2$ ./youtube-upload
Traceback (most recent call last):
  File "./youtube-upload", line 10, in <module>
    from apiclient.discovery import build
ImportError: No module named apiclient.discovery
-bash-4.2$

今度のエラーのapiclientは「YouTube API: Client Libraries」に含まれるもの。

Python用は「https://github.com/googleapis/google-api-python-client」にある手順に従いインストールする。

ドキュメントには「pip install –upgrade google-api-python-client」とあるけど、「pip install google-api-python-client」で実行した。

[root@server ~]# pip install google-api-python-client
Collecting google-api-python-client
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/5b/ba/c4e47e2fdd945145ddb10db06dd29af19b01f6e6d7452348b9bf10375ee9/google-api-python-client-1.7.9.tar.gz (142kB)
Installing collected packages: pyasn1, pyasn1-modules, cachetools, rsa, google-auth, google-auth-httplib2, uritemplate, google-api-python-client
  Running setup.py install for google-api-python-client ... done
Successfully installed cachetools-3.1.1 google-api-python-client-1.7.9 google-auth-1.6.3 google-auth-httplib2-0.0.3 pyasn1-0.4.5 pyasn1-modules-0.2.5 rsa-4.0 uritemplate-3.0.0
You are using pip version 8.1.2, however version 19.1.1 is available.
You should consider upgrading via the 'pip install --upgrade pip' command.
[root@server ~]#

で、改めてスクリプトを実行してみる。

-bash-4.2$ ./youtube-upload --file /mnt/work/fuuka/223779_20190618-0013_best.mpg
The client secrets were invalid:
('Error opening file', 'client_secrets.json', 'No such file or directory', 2)

WARNING: Please configure OAuth 2.0

To make this sample run you will need to populate the client_secrets.json file
found at:

   /mnt/work/youtube/client_secrets.json

with information from the Developers Console
https://console.developers.google.com/

For more information about the client_secrets.json file format, please visit:
https://developers.google.com/api-client-library/python/guide/aaa_client_secrets

-bash-4.2$

当然のエラー。

client_secrets.json というファイルに認証情報を記載しなければならないようだ。

Google API Console」にアクセスして、新規プロジェクトを作成。
認証情報タブから「OauthクライアントIDの作成」を選び、「アプリケーションの種類:その他」で作成します。
作成すると、jsonファイルがダウンロードできようになりますので、それをダウンロードし、client_secrets.json という名前で保存します。

「./youtube-upload –file ファイル名 –noauth_local_webserver」と実行すると、URLが表示されます。このURLをブラウザに入力すると、Googleの認証が要求されますので、パスワードを入力します。( –noauth_local_webserver を指定しない場合、そのLinux上でブラウザが開かれます。Oauth認証にはJavaScript対応ブラウザを使う必要があるため、CLIだと無理です。)


認証が完了するとVerification codeがブラウザ上に表示されますので、それをコピーし、コマンドに入力します。

また、下記の様なメールがGoogleアカウントのメールに届きます。(「youtube upload by osakanataro」という文字列は、Google API Consoleで設定したものです)

これで認証が終わると、ファイルアップロードが出来るようになります。

-bash-4.2$ ./youtube-upload --file /mnt/work/fuuka/223779_20190618-0013_best.mpg  --noauth_local_webserver
Uploading file...
Video id 'IAHhZlSXoDk' was successfully uploaded.
-bash-4.2$

Youtube studioにアクセスして状態を確認。

何も設定してなかったので「Test Title」「Test Description」となっていますね。

続いて指定した場合

-bash: ./youtube-upload --file: そのようなファイルやディレクトリはありません
-bash-4.2$ ./youtube-upload --file /mnt/work/fuuka/223779_20190617-1738_best.mpg --title "紫吹ふうか 2019年06月17日 17:38開始配信" --description "紫吹ふうか さ んによる 2019年06月17日 17:38 に開始された配信の転載です。" --keywords "AVATAR2.0","紫吹ふうか"
Uploading file...
Video id '5-Z0YDv5YCk' was successfully uploaded.
-bash-4.2$

Youtube Studioを確認すると、指定したタイトル、説明、タグ(Keywords)が設定されていることがわかります。

あとはサムネ調整とかが必要という感じですね。

つまりは、これで、配信終わったら即座にyoutubeにアップロードするスクリプトが組めたわけでして・・・


2019/06/20追記

まとめて動画をいくつかアップロードしてみたところ、Youtube側のエラーとなりました。

$ ./youtube-upload --file /mnt/work/ramyon/223697_20190614-2028_best.mpg --title 'とみじroooom!!!!!! 2019年06月14日 20:28開始配信' --description "都三代らみょん さんによる showroomにて 2019年06月14日 20:28 に開始された配信の転載です。" --keywords "AVATAR2.0","都三代らみょん"
Uploading file...
An HTTP error 403 occurred:
{
 "error": {
  "errors": [
   {
    "domain": "youtube.quota",
    "reason": "quotaExceeded",
    "message": "The request cannot be completed because you have exceeded your \u003ca href=\"/youtube/v3/getting-started#quota\"\u003equota\u003c/a\u003e."
   }
  ],
  "code": 403,
  "message": "The request cannot be completed because you have exceeded your \u003ca href=\"/youtube/v3/getting-started#quota\"\u003equota\u003c/a\u003e."
 }
}

$ echo $?
0
$

YouTube DATA APIのquota」を見てみると、Developer Consoleで確認する必要があるようです・・・

スクリプト的には5回実行して、合計で4時間半ぐらいの動画をアップロードしただけなのですが、1回あたり結構な数のAPIが発行されているようです。

1日あたり10000回以上に増やすには申請する必要があるようです。

PowerShellでポートが空いているかチェック


PowerShellの「Test-NetConnection」使って指定したポートがアクセスできるかを確認することができる。

ただ、細かいあたりは指定できないようで、タイムアウト待ち時間やリトライ回数の指定などはできない。標準だと10秒待つようです。

雑に、192.168.1.1~192.168.1.254の範囲でssh用のポート22番が空いているものがあるかを確認するものとして以下を書いた。

for ($count=1; $count -lt 255; $count++){
    $ipaddr="192.168.1."+$count
    if( (Test-NetConnection $ipaddr -port 22).TcpTestSucceeded -eq "True"){
        Write-Host $ipaddr
    }
}

ただ、アクセスできなかった場合、下記の様に「警告」が出力される作りになっている。

警告: TCP connect to (192.168.1.10 : 22) failed
警告: Ping to 192.168.1.10 failed with status: TimedOut

探せば警告を抑止する手法もありそうですが、面倒なので省略しています。


Test-NetConnectionを使う限りはカスタマイズできないので「Test network ports faster with PowerShell」にていくつか例が提示されています。

その1

function testport ($hostname='yahoo.com',$port=80,$timeout=100) {
  $requestCallback = $state = $null
  $client = New-Object System.Net.Sockets.TcpClient
  $beginConnect = $client.BeginConnect($hostname,$port,$requestCallback,$state)
  Start-Sleep -milli $timeOut
  if ($client.Connected) { $open = $true } else { $open = $false }
  $client.Close()
  [pscustomobject]@{hostname=$hostname;port=$port;open=$open}
}

testport

hostname  port  open
--------  ----  ----
yahoo.com   80  True

その2

Param([string]$srv,$port=135,$timeout=3000,[switch]$verbose)

# Test-Port.ps1
# Does a TCP connection on specified port (135 by default)

$ErrorActionPreference = "SilentlyContinue"

# Create TCP Client
$tcpclient = new-Object system.Net.Sockets.TcpClient

# Tell TCP Client to connect to machine on Port
$iar = $tcpclient.BeginConnect($srv,$port,$null,$null)

# Set the wait time
$wait = $iar.AsyncWaitHandle.WaitOne($timeout,$false)

# Check to see if the connection is done
if(!$wait)
{
    # Close the connection and report timeout
    $tcpclient.Close()
    if($verbose){Write-Host "Connection Timeout"}
    Return $false
}
else
{
    # Close the connection and report the error if there is one
    $error.Clear()
    $tcpclient.EndConnect($iar) | out-Null
    if(!$?){if($verbose){write-host $error[0]};$failed = $true}
    $tcpclient.Close()
}

# Return $true if connection Establish else $False
if($failed){return $false}else{return $true}