Commvaultの自働スケジュールの動きを確認した


CommVaultにはフルバックアップと増分バックアップをバックアップサーバ上で論理合成して新しいフルバックアップにする、という合成バックアップ(Synthetic Full)という仕組みがある。

V11SP16より前までは増分バックアップを実行した後に続けて合成処理を行う、というスケジュールを作成することができたが、2021年の現在ではそのようなスケジュールを作成することはできず、増分とは別に合成バックアップ用のスケジュールを作成する必要がある。(参考)

問題となるのは増分バックアップの終了時間にあわせて合成バックアップを実行する、ということが難しい、ということ。

単純に増分を毎日0:00開始、合成フルバックアップを日曜12:00開始、とかに設定した場合、増分バックアップに12時間以上かかり、日曜12時もバックアップ中であった場合、同名のスケジュールが動作しているので合成処理がスキップされてしまうことになる。

ドキュメントをみると「自働」スケジュールを設定することを推奨されており、「週1回合成フルを実行する」としたい場合は「自働 7日」というスケジュールを実行することで、7日に1回実行されることになるようだ。

7日で検証すると時間がかかりすぎるので「自働 2日」を設定して検証してみた。

開始終了
合成フル2021/3/24 18:522021/3/24 19:00自働2日というスケジュールを18時半過ぎに設定
増分2021/3/25 3:002021/3/25 3:01
増分2021/3/26 3:002021/3/26 3:01
合成フル2021/3/26 19:172021/3/26 19:24前回の実行終了から48時間+17分で実行された
増分2021/3/27 3:002021/3/27 3:02
増分2021/3/28 3:002021/3/28 3:01
合成フル2021/3/28 19:432021/3/28 19:49前回の実行終了から48時間+19分で実行された
増分2021/3/29 3:002021/3/29 3:02
増分2021/3/29 20:102021/3/29 20:11開始時刻を20:10変更
合成フル2021/3/30 20:082021/3/30 20:14前回の実行終了から48時間+19分で実行された
増分2021/3/30 20:132021/3/30 20:18開始時刻を20:10したが、合成フルが動作していたので遅延?

実行するたびに時間が後ろにずれていくのが気になる・・・

この17分~19分はどこから来ているのかな?とスケジュール設定画面を見直してみると、「ファイルまたはログのアクティビティ検出頻度 0時間15分」という変更ができない項目がある。

これは、15分間隔で自動バックアップを実行するべきか判断する、ということになるんだろうか?

だとすればこの動きも納得かな、と


2021/04/05追記

合成バックアップが実施される予定の時間帯にシステムが停止していた場合、どうなるかを確認したところ、システム起動後に合成バックアップが実行されました。

microSDのアプリケーションクラス/ビデオクラスによる速度の違い実測


SD/SDHC/SDXCカードには速度に関する仕様がいくつかある。

以前は「スピードクラス」だけをうたっていたが、これだけだと実際にはある細かい性能差が表現できていないので「ビデオスピードクラス」というのと「アプリケーションクラス」というものが追加されている。

で・・・ラズパイでOS起動ディスクとして使う場合に何がいいのか、という話である。

Windows 10 on ARMの起動ディスクを作成し、初回起動するのにどれくらい時間がかかるかを確認してみた。

関連「microSDのA1/A2,V10/V30に差が出るか?

製品名クラス容量WoR書き込みお住まいの
地域選択
デスクトップ
表示
SanDisk Extreme ProU3/A2/V3064GB37分18分5分
SanDisk Extreme(金色)U3/A2/V3064GB28分16分5分
Lexar 633xU3/A1/V3064GB27分16分5分
SanDisk HIGH ENDURANCE(白)U3/V3032GB33分18分6分
KIOXIA EXCERIA PLUS(紫)U3/V3032GB32分17分5分
SanDisk Extreme ProU3/A1/V3032GB43分19分5分
Lexar 633xU1/A1/V1032GB30分17分6分
SanDisk UltraU1/A132GB33分17分5分
KIOXIA EXCERIA HIGH ENDURANCE(黄緑)U132GB31分  
Samsung EVO PlusU132GB74分35分8分

最近のmicroSDであればおもったより差がでない

プラスメッセージ(+メッセージ)の対応状況 2021/03/19時点


2021/03/19時点ではahamoとpovoのみ対応、という感じですね。

ahamo 「+メッセージ(プラスメッセージ)は使えますか?」→ご利用いただけます。

povo「povoサービスの詳細」→+メッセージ:ご利用いただけます

ワイモバイルについては直接の記述が発見できず、ソフトバンクの「+メッセージ(プラスメッセージ)」に「本サービスはソフトバンク(ワイモバイルを除く)、NTTドコモ、auをお使いの方がご利用いただけます」と記載

LINEMOについてもよくある質問内で記述を発見できず

UQ mobie「UQ mobileで「+メッセージ(プラスメッセージ)」は利用できますか」→UQ mobileでは、現状「+メッセージ(プラスメッセージ)」サービスは提供しておりません。

楽天モバイル「+メッセージ(プラスメッセージ)の利用はできますか?」→+メッセージ(プラスメッセージ)のご利用はいただけません

Nutanix CE 5.18でFile Serverを有効にしようとしたけど1TBなかったので失敗?


Nutanix Community Edition 5.18では、Nutanix File Server機能が利用できるようになった。

まず[設定]-[ソフトウェアアップグレード]-[File Server]を開く

今回は、この時点での最新版 3.7.3を選択し、ダウンロード開始

ダウンロードが終わったら「Continue」

すでに「ファイルサーバー」が起動していました。

[+File Server]をクリックしてファイルサーバーを追加

ファイルサーバについての設定を入力

0.1TBはエラー

用意された物理ストレージサイズより大きい1TBは警告がでるけど通った。

「クライアントネットワーク」設定

「ストレージネットワーク」設定

「ディレクトリサービス」設定

NFSは「未管理」で設定

「サマリー」の確認

[Create]ボタンを押して作成

作成中…

失敗した・・・

ディスクを1TB以上用意しておかないと設定できないっぽいな

HP-UX 11.31でrootユーザのロック状態を解除するためにシングルユーザモードで起動する


HP-UX 11.31 でrootユーザのパスワードを間違えすぎてロックされている状態になっているサーバで、ロックを解除するためにシングルユーザモードで起動して対処する手順。

シリアルコンソール接続の場合については見かけるけど、キーボード/ディスプレイが接続されている状態でどうなるのかがうまいこと探せなかったので、ここに明記しておく。

(1) EFI Boot Managerで停める

キーボード/ディスプレイが認識している状態でHP-UXサーバの電源を入れると、しばらく黒い画面のままだが、「EFI Boot Manager」という青い画面が表示される。

しばらく放置すると「HP-UX Primary Boot: ~」が選択してOSが自動起動するが、シングルユーザモードで起動する場合は「EFI Shell [ Built-in]」を選択する。

(2) EFI Shellでコマンドを入力

「Shell>」というプロンプトのEFI Shellが表示される。

通常は”fs0:”というデバイスにシステムが入っているはずなので「fs0:」と実行する。

そうすると「fs0:\>」というプロンプトに移行する。

EFI Shell UEFI version x.xx [xx.xx]
Device mapping table
  fs0   : Acpi(~)
  fs1   : Acpi(~)
  blk0 : Acpi(~)
<略>
startup.nsh> echo -off

  setting hpux path(\EFI\HPUX)...
  type 'fs[x]:' where x is your bootdisk (0, 1, 2...)
  type 'hpux' to start hpux bootloader
Shell> 

今度は「hpux」を実行すると、「Press Any key to interrupt Auto boot ~ Seconds left till autoboot」というカウントダウン中にキー入力し、「HPUX>」というプロンプトを表示する。

(“hpux -is”と実行し、boot -isは実行しないで起動させる、という資料もあったけど、それで動くのか確証がなかったので実施していない)

fs0:\> hpux
<略>

Press Any Key to interrupt Autoboot
\efi\hpux\AUTO ==> boot vmunix
Seconds left till autoboot -    8
   Type 'help' for help

HPUX> 

(3) シングルユーザモードで起動する

「HPUX>」というプロンプトで「boot -is」と入力し、シングルユーザモードでの起動を開始する。

HPUX> boot -is
> System Memory = xxxx MB
loading section 0
.........(complete)
loading section 1
.........(complete)
loading symbol table
loading System Directory (boot.sys) to MFS
.....
loading MFSFILES directory (bootfs) to MFS
.....
<略>

しばらく待つと「INIT: SINGLE USER MODE」と表示されて「#」というプロンプトで停止する。

INIT: Overriding default level with level 's'

INIT: SINGLE USER MODE

INIT: Running /sbin/sh
# 

(4) パーテーションをマウントする

HP-UX 11.31でロックを解除する場合に必要なコマンドは/usrパーテーションにあるため、最低でも/usrパーテーションをマウントします。

なお、dfコマンドも/usrパーテーションにあるため、シングルユーザモードで起動した直後はdfコマンドも実行できません。

# mount /usr
vxfs mount: V-3-21268: /dev/vg00/lvol7 is corrupted. need checking
#

上記のように「is corrupted. need checking」と表示された場合は、ファイルシステムチェックが必要になるのでfsckコマンドを実行します

# fsck /dev/vg00/lvol7
log replay in progress
replay complete - marking super-block as CLEAN
#

この後、再度「mount /usr」を実行して/usrパーテーションをマウントします。

# mount /usr
#

資料を探すと「/usr パーテーションだけマウントすれば大丈夫」というものと「/usr, /var, /tmpをマウントする」というものとあるけど、どちらが適切なのかよく分からないので、「mount -a」で全部マウントしておきます。

# mount -a
<略>
#

マウントできない場合は適宜、表示されるデバイスに対してfsckコマンドを実行してから再度マウントを試みましょう。

(5) rootユーザのロック解除

まず、rootユーザのロック状態を確認するため「/usr/lbin/getprpw -l root」を実行します。

# /usr/lbin/getprpw -l root
uid=0, bootpw=YES, audid=0, audflg=1, mintm=-1, maxpwln=-1, exptm=-1, lftm=-1, <略> sloginy=-1, culogin=27, uloginy=-1, umaxlntr=-1, alock=NO, lockout=0001000
#

最後の「lockout=0001000」の、数字がアカウント状態を表しており、左から4つめの数字が1ならロックされている状態となります。

ロック解除は「/usr/lbin/modprpw -k root」を実行します。

# /usr/lbin/modprpw -k root
# /usr/lbin/getprpw -l root
uid=0, bootpw=YES, audid=0, audflg=1, mintm=-1, maxpwln=-1, exptm=-1, lftm=-1, <略> sloginy=-1, culogin=27, uloginy=-1, umaxlntr=-1, alock=NO, lockout=0000000
#

lockout=0000000 と 左から4つめの数字が0に変わっており、ロックが解除されています。

(6) rootパスワードを変更する[オプション]

rootパスワードがわからないので、再設定したい、という場合は、この操作を行う必要があるようです。

(自分では未実施)

# passwd root
Changing password for root
Old password:
Last successful password change for root: ~
Last unsuccessful password change for root: ~

Do you want (choose one letter only):
        pronounceable passwords generated for you (g)
        a string of letters generated (l) ?
        to pick your passwords: (p) ?

Enter choice here:

…なんか聞かれました。

どうやらTrusted Systemになっているとこうなるようです。

まず、Trusted Systemになっているかを「/usr/lbin/getprdef -r」を実行して確認します。

# /usr/lbin/getprdef -r
NO, 0, 8, 0, 0, -1, 0, YES, YES, NO, NO, NO, YES, 3, 10, 2, 0
#

Trusted Systemだと上記のように何か表示されます。

Trustedではない場合はエラーになるようです

Trusted Systemを解除する場合は「/usr/lbin/tsconvert -r」を実行します。

その後に「passwd root」でパスワードを再設定し、

「/usr/lbin/tsconvert」で再度 Trusted Systemに戻す、という作業をするようです。

(7) 再起動

再起動して、正常に起動し、ログインが行えるか確認します。


おまけ

シングルユーザモードでBackspaceとか、Ctrl+Cが有効になっていなかった件への対応はおそらく下記を設定すればいけるのではないかとおもわれる(ネタ元:/* とりあえず */ Alive and WellHP-UX/stty – CTRL-Cで中止を明示的に定義」)

Backspaceの有効化

$ stty erase "^H"

Ctrl+Cの有効化

$ stty intr ^c

その他、2021年現在のLinux環境でよくある設定をまとめて実施したい場合

$ stty erase "^H" kill "^U" intr "^C" eof "^D" susp "^Z" hupcl ixon ixoff tostop cs8 -istrip