さしあたってOrange Pi WinでX-Windowを使う方法


Orange Pi公式のOrange Pi Win用OSイメージのDebian_Server_Jessie_A64_Win_V0_0_1.img.tar.gz と Debian_Desktop_Xfce4_Jessie_A64_Win_V0_0_2.img.xz を試したところ、Serverの方はNICが100Mbpsでしかリンクアップしない。
Desktopの方は1000Mbpsでリンクアップしたものの正常に通信が行えない。
そして、どちらもオンボードのWiFiが使えない。

とりあえず、両方の/bootにあるブート関連ファイルを抽出
Image
initrd.img
OrangePi-A64.dtb
これが重要な要素。

とりあえず、Server版のものをDesktop版に適用してみると、100Mbpsでリンクアップし正常に通信が行えるものが完成。
同様に、BananaPi M64用のUbuntu Mateの/boot領域も置き換えてみると、それなりに使えるX-Window環境になった。

そんなわけで、Server版とDesktop版の「Image」「initrd.img」と、どちらも共通の「OrangePi-A64.dtb」をまとめたものが→ 「opiwin-bootfile.tar.gz
s-がServer版、d-がDesktop版です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください