VMware Data Recovery 2.0


VMwareのバックアップ仮想アプライアンス、VMware Data Recovery。
これも、てっきりvSphere Data Recovery的な名前に変わるのかと思いきや、登場してきたのは「VMware Data Recovery 2.0」

おやおや?と思って、スペックを調べてみると、ESXi5.0だけではなく、ESX(i)4.0/4.1でも動作するとのこと。

現行のVMware Data Recoveryはバックアップ格納領域として、1TB領域が2つしか設定できないという強烈な制限があるけど、それが撤廃もしくは緩和されるかなぁ、と期待していたのですが、どうもそれはないようです。

トピック
・メールレポートを送れるようになった
・ジョブの一時停止をサポートした
・重複排除の向上
・Maintenance Scheduleという設定が加わった・・・が既存のBackup Window設定と何が違うのかが理解できない

おまけ:VMware Data Recoveryの基本的な注意点
・バックアップスケジュール、という概念がない
 → 指定時間帯のどこかでバックアップが実行されている。細かい時間は指定できない。
・フルバックアップ・差分バックアップという概念もない
 → 合成バックアップ的な動きをしていくので、過去のバックアップを何個残すか、という設定になっている。
・リストア時は基本仮想マシン全体、と思っておいた方がよい
 → Windows/Linuxでvmware-toolsがインストールされていればファイル単位でリストアできるが、面倒。
・バックアップ保存領域が小さい
 → 「1TB仮想ディスク」か「500GB CIFS共有」が合計2個までしか設定できない
   それ以上をバックアップしたい場合には、使えない

— 2012/07/24 追記 —
VMware Data Recovery 2.0.1でも、ここらへんの事項は変わっていません。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>