Shuttle KD20かぁ


2021/08/23 いまも時々アクセスがあるので追記

2017年頃にShuttleのページからKD20などのfirmwareがダウンロードできなくなったようです。

ShuttleのOMNINASシリーズに関して残っているのは「Shuttle Knowledge Base OMNINAS」からリンクされている「KD20」ぐらいなようです。
そこを見る限りでは、OMNINASはSMB1.0までしか対応していないので、2021年現在のWindows10標準設定ではアクセスできないので現用はお薦めできないものです。

いろいろ情報を探すとOpenWrtに「Techdata: Shuttle OMNINAS KD20」「Table of Hardware: Shuttle OMNINAS KD20」と機種ページがあり、OpenWRT 19.07が導入できるようです。

OpenWRTをインストールして、Linuxのソフトウェアミラー機能を手動で設定、samba4パッケージのインストールを行うと、とりあえず2021年に要求される最低限の設定は可能なようです。(注:OpenWRTインストールには初期化が必要です)


Shuttle KD20という3.5インチHDDが2台入るタイプのNASが安くなっているらしい。

firmwareって更新されてるのかな?と日本のサポートページを見てみる。
「OMNINAS-7821_2.12.20130108.tar.gz」
1年以上前である。

これはハズレかなぁ・・・と思いつつも、下の方にある「ダウンロード(ドライバー、BIOS、ファームウェアなど)/ダウンロードセンター」を見てみる。

「OmniNAS-7821_2.38.20140728 New!」

つい最近も更新されているじゃないですか。

で・・・Shuttleの「アウトレット」と書かれているページを見てみるとですね。
KD20(アウトレット) 7,900円(税込)」なんてのがあるんですよね。
そして、KD20の後継製品である「KD22(未使用開封品) 15,800 円(税込)」ってのも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください