Flucardのbuzzerコマンド


flucardは、まずスロットに入れた際、低い音で1回鳴り、おそらくOSが起動したタイミングで、ちょっと高い音で1回鳴ります。

また、autorun.shで実行時にbuzzerコマンドを呼び出し、音を鳴らしています。
autorun.shでは「buzzer -t 1」とか「buzzer -t 5」とかあるので、「-t」はtimeオプションで値は秒かな?と思っていました。

しかし、いろいろ実行してみた結果、以下のような感じでした。

-t 1 : てぃーらーろーれー(音が下がっていく
-t 2 : ちょっと高い音
-t 3 : てぃーれーろーらー(音が上がっていく
-t 4 : てぃーらーろーれー(-t 1よりちょっと高い音で、音が下がっていく
-t 5 : ブザーを止める
-t 6 : ぴー、ぴー(1個、音があがる)
-t 7 : ぴー、ぴー、ぴー(と短音リピート + コンソールに「WAITING_indicating」という出力
-t 8 : ぴー、ぴー、ぴー(と短音リピート
-t 9 : コンソールに「SHAKE_DETECT」という出力
-t 10以降は無い模様

「-t 5」で止めない限り、Flucardをスロットから外すまで鳴り続ける感じです。

使い方としては・・・

buzzer -t 3
sleep 2
buzzer -t 5

という感じで記述すると、音が上がっていく感じのブザーが2秒間鳴る、というところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください