Prolific社のUSBシリアルチップPL2303シリーズのWindows10/Windows11非対応問題


USBシリアルアダプタに以前はよく使われていたProlific社のPL2303シリーズ。

ある時期から偽物チップが登場して、上手く動く動かない、という話になったりして、Prolific社がキレて古いチップをまとめてEOS(End of Support)なので、EOS以後にリリースしたWindows10以降で使えなくする、なんてことがあった。

この互換性問題で信頼性を求めるとFTDI社FT232シリーズ、安さを追求するとWCH社のCH340シリーズなど他社のUSBシリアルが採用されがちになってる。

で・・・Prolific社の公式表明として、2012年2月に、PL-2303HX, PL-2303Xシリーズを廃盤として、PL-2303TAを後継とするアナウンスを出している。これの影響でPL-2303HXA,PL-2303XAおよびそれより古いPL2303シリーズがWindows8以降で使えなくなった。

で・・・2019年12月にその後継とされたPL-2303TA含めて、PL2303HXD, PL2303RA,PL2303EA, PL2303SAがEOSとなった。

この時点では特に問題なかったのだが、どうやらWindows11ではこのPL-2303TA採用チップなどがNOT SUPPORTとして使えなくなっているらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください