CommvaultのREST APIをPowerShellで使って見る


Commvaultバックアップの操作にREST APIを使うことができる。

・Commvault V11SP24の「REST API Overview
Commvault Rest APIの出力サンプル群

ログインして、指定したクライアントのサブクライアント情報を取得するPowerShellで作成してみた。

# CommCellユーザ情報
$restapiuser="admin"
$restapipasswd="パスワード"

# REST APIで使用するURL
# どちらを使うかについて https://documentation.commvault.com/11.24/expert/45592_available_web_services_for_rest_api.html
#$restapiurlbase="http://~:81/SearchSvc/CVWebService.svc/"
$restapiurlbase="http://~/webconsole/api/"

# 検索用文字列
$clientname="クライアント名"

# CommCell環境にログイン
$restapipasswdbase64=[Convert]::ToBase64String(([System.Text.Encoding]::Default).GetBytes($restapipasswd))
$headers=@{
    "Accept"="application/json"
    "Content-Type"="application/json"
}
$loginReq = @{
    username=$restapiuser
    password=$restapipasswdbase64
}
$loginresponse=Invoke-RestMethod -Method post -Uri $($restapiurlbase+"Login") -Body $($loginReq|ConvertTo-Json) -ContentType 'application/json' -Headers $headers

# 指定クライアントのサブクライアント情報取得
$headers=@{
    "Accept"="application/json"
    "Authtoken"=$loginresponse.token
}
$response=Invoke-RestMethod -Method Get -Uri $($restapiurlbase+"Subclient?clientName="+$clientname) -Headers $headers

# $response.subClientProperties.subClientEntity にサブクライアントの情報が入っているが
# 複数のサブクライアントがあると $response.subClientProperties.subClientEntity.subclientName が複数行になるので注意

# 表示
$response.subClientProperties.subClientEntity | ForEach-Object {
    $subcliententory=$_
    Write-host $subcliententory
 }

# CommCellログアウト
$headers=@{
    "Accept"="application/json"
    "Authtoken"=$loginresponse.token
}
$logoutresponse=Invoke-RestMethod -Method post -Uri $($restapiurlbase+"Logout") -Headers $headers

ただ、このスクリプトを使うとCommvault Event viewerに表示されるログイン情報が「Machine:unknown Locale:unknown」となる。

これを設定できるか調べて見たが、無いように思える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください