IPMIを有効にしたPowerScaleでipmitoolによる電源ON/OFF


PowerScale/IsilonではIPMIを有効にする必要性はない。

しかし、UPS連動をちゃんと行おうとすると、IPMI経由で電源ON/OFF制御が行えるようにしておいた方が良い。

IPMIを有効にするあたりのことはDELLコミュニティにある「PowerScale IPMI編」を参考のこと。

使用するipmitoolのコマンドは下記のような感じとなる。

$ ipmitool -I lanplus -H IPアドレス -U admin -L OPERATOR -P パスワード power status
$ ipmitool -I lanplus -H IPアドレス -U admin -L OPERATOR -P パスワード power off
$ ipmitool -I lanplus -H IPアドレス -U admin -L OPERATOR -P パスワード power on

ためしに電源ステータスを確認すると下記の様になった。

$ ipmitool -I lanplus -H IPアドレス -U admin -L OPERATOR -P パスワード power status
Chassis Power is on
$

なお、ipmitool側から接続先のIPアドレスがどのノードであるかを確認する手法はないようなので、事前にPowerScale上で「isi ipmi nodes list」コマンドを実行し、IPMIのIPアドレス一覧を取得しておく必要がある。

isilon-1# isi ipmi nodes list
Lnn  IP Addr      Remote Ipmi Capable
--------------------------------------
1    192.168.1.11 Yes
2    192.168.1.14 Yes
3    192.168.1.12 Yes
4    192.168.1.13 Yes
5    192.168.1.15 Yes
6    192.168.1.17 Yes
7    192.168.1.18 Yes
8    192.168.1.16 Yes
--------------------------------------
Total: 8
isilon-1#

この時注意が必要なのは、IPアドレスがLnnの番号とは関係無く割り当てられているということ。

一度割り当たると、ノード物理交換でも無い限りは割当が変更されないようなので、一度確認しておけばよい感じではある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください