単体ESXi環境でWindows 11仮想マシンを作る


Windows 11ではTPMが必須要件となる。

TPM無い場合、下記の様に表示されインストールが行えない。

vSphere 6.7 / vSphere 7.0環境では「仮想 Trusted Platform Module を使用する仮想マシンの保護」にあるようにvCenterの管轄下に置くことでESXiサーバ間での暗号化情報をやりとりできるようにした上でvTPMの設定を行うことができる。

しかし、ESXi単体の場合、vTPMの設定を行うことができない。

これを回避するためには、TPMがなくてもWindows 11をインストールできるように細工する必要がある。

とはいってもWindows 11のインストールISO/USBを修正する必要なく、普通にISO/USBから起動してから回避方法を実行することができる。

上記の画面やエディション選択などに来たら、Shiftキーを押しながらF10キーを押す(Shift+F10)、とコマンドプロンプトが開く。

コマンドプロンプトで「regedit」と入力し、レジストリエディッタを開く

「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup」に、新規キー「LabConfig」を作成

その中に新規DWORD「BypassTPMCheck」を作成し、値を「1」とします。

また、SecureBoot非対応環境の場合は「BypassSecureBootCheck」を「1」、メモリの最低容量チェックを飛ばす場合は「BypassRAMCheck」を「1」とします。

設定後はレジストリエディッタを閉じて、あとは普通にインストールします。

また、マイクロソフトアカウントではなく、ローカルアカウントで設定したい場合、

「Homeエディション」の場合は、ネットワーク接続をしない状態で設定する必要があります。

上記の状態まで来たら、ネットワークケーブルを外してから、「←」で戻ると、下記のローカルユーザ名入力画面となります。

なお、パスワードは未入力で進めると、電源ON後、パスワード入力無しでデスクトップ画面が表示されます。

「Proエディション」の場合は、下記で「職場または学校用に設定する」を選択

「サインインオプション」を選択

「代わりにドメインに参加する」を選択

これで下記のローカルユーザ名入力画面となります。

Proでもパスワードは未入力で進めると、電源ON後、パスワード入力無しでデスクトップ画面が表示されます。


インストールアシスタントを使ってWindows10からWindows11にアップグレードする場合

こちらについてはMicrosoftからの公式手順「Ways to install Windows 11」内の「Other ways to install Windows 11 (not recommended unless instructed by support)」から記載があります。

レジストリエディッタで「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup」に新規キー「MoSetup」を作成
そこに新規DWORD「AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU」を値「1」で作成してから、インストールアシスタントを実行するとのこと。

ただ、これはインストールアシスタントでの制約解除なようで、Windows11 ISOメディアから起動する場合には有効ではありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください