ronzi A3 カスタムfirmware 20111018版


ronzi A3のカスタムfirmwareを新しく作りました。

firmware base: ronzi公式配布のRK43_60WFRT_RZA3_20110511_1

Warning: wifi MAC address will be changed. All data lost! Also, /mnt/sdcard data lost, too!

change
* remove chinase apk.
* add LatinIME.apk and nicoWnnG.apk
* update market apk and google apk from 2011_01_13-signed.zip
* replace /system/framework from Ramos V65PRO firmware
* change some /system/build.prop value, it’s from Ramos V65PRO.
* add Dalvik Turbo VM.
* support /system/etc/init.d/ files.
* add IngenicScreenCalibration.apk from Ramos V65Pro firmware
* add Japanese font file(/system/fonts/DroidSansJapanese.ttf).It’s MTLc3m.ttf.

警告:
・無線LANのMACアドレスが変わります(USBtoolで適用するとかならず変わります)
・全部のデータが消えます。/mnt/sdcard のデータも消えます。(/mnt/sdcard1 は消えません)

変更点
・中華なapkを消しました
・英語圏用IMEと日本語圏用IME(nicoWnnG)を追加しました
・マーケット関連のapkを更新しました
・frameworkライブラリをRamos V65PROのものと置き換えてみました
・/system/build.propをRamos V65PROで採用されているパラメータに変更しました
・高速化を狙ってDalvik Turbo VMを入れてみました。
・/system/etc/init.d/ においたファイルを起動時に実行するようにしました
 (/system/etc/init.d/99end を消すと起動が途中で止まるので注意してください)
・IngenicScreenCalibration.apkをRamos V65Proから持ってきました。
 設定-表示にてキャリブレーションができるようになります。
・MTLc3m.ttfを/system/fonts/DroidSansJapanese.ttfとして配置しました。

* flashtool :A3_updatetools_pack.zip http://www.multiupload.com/P5J4282P0E
* firmware: ronziA3_20111018a.zip http://www.multiupload.com/AZJ1NXPQ76

How to flash firmware.
English guide: ronzi A3 firmware update guide
日本語: ronzi A3 その4 firmwareアップデート

おまけ
DalvikTurboのドキュメントを見ると、FPU搭載でも標準設定ではFPUを使用しない。
「/data/local.prop」に「ddac.enableFpu=true」という記述を入れることで、FPUを使うようになる、と書いてある。
上記のカスタムfirmwareでは、この設定を入れている。

ちなみに設定してみた場合の起動直後のlogcatメッセージは以下の様になる。

D/AndroidRuntime(   81): >>>>>>>>>>>>>> AndroidRuntime START <<<<<<<<<<<<<<
D/AndroidRuntime(   81): CheckJNI is OFF
I/dalvikvm(   81): Init:sysconf(_SC_PAGESIZE)=4096
I/dalvikvm(   81): DalvikTurbo: build FRG83 @ 199354 on May 26 2011 00:41:37
I/dalvikvm(   81): CM_init: dvmPlatformInvoke @ &0x7d711000
I/dalvikvm(   81): CM_getProperty(ddac.traceLog) => NULL
I/dalvikvm(   81): CM_getProperty(ddac.threshold) => NULL
I/dalvikvm(   81): CM_init: threshold=1000
I/dalvikvm(   81): CM_getProperty(ddac.firstFrag) => NULL
I/dalvikvm(   81): CM_getProperty(ddac.lastFrag) => NULL
I/dalvikvm(   81): CM_getProperty(ddac.onlyFrag) => NULL
I/dalvikvm(   81): CM_getProperty(ddac.printFrags) => NULL
I/dalvikvm(   81): CM_getProperty(ddac.printFragsFail) => NULL
I/dalvikvm(   81): CM_getProperty(ddac.printFragsInline) => NULL
I/dalvikvm(   81): CM_getProperty(ddac.onlyAmStart) => NULL
I/dalvikvm(   81): CM_getProperty(ddac.enableFpu):P => 'true'
I/dalvikvm(   81): CM_getProperty(ddac.livenessAnalysis) => NULL
I/dalvikvm(   81): CM_getProperty(ddac.enableInlining) => NULL
I/dalvikvm(   81): CM_getProperty(ddac.nullPageSize) => NULL
I/dalvikvm(   81): CM_getProperty(com.jbed.mips.txx) => NULL
I/dalvikvm(   81): CM_getProperty(com.jbed.mips.sigbusAdj) => NULL
I/dalvikvm(   81): CM_init: 8 x 32Kb buffers at 0x7d7c0000..0x7d800000
I/dalvikvm(   81): CM_getProperty(ddac.queueLen) => NULL

ちゃんと、「CM_getProperty(ddac.enableFpu):P => ‘true’」というのが認識されているようだ。

  1. あ・・・

    しまった!
    framework差し替えで音量調節が出来なくなってる・・・

    IQQ M1のやつに変えるかな・・・

    • さらに問題を見つけてしまった・・・
      AngryBirdsがちゃんと動いていない

      /data/data/com.rovio.angrybirdsの権限の付け方に失敗してたなぁ

  2. (ボリューム関連とAngryBird)とブラウザーが落ちる(例えばGoogleのTopからニュースを選択した後ニュース先のリンクを選択すると一旦は読み込みに行きますが、読み込んだと思えばリロードしてダウン)SDカードのマウントでバグ多発。随分と早くなり全体がスカッとしていて素晴らしいと思います。またデフォアプリの必要最小限の構成もセンスが良いと感じました。(正常に動けばですが笑)
    期待してますネ!

    • 実はwifiが接続できない環境で作ってたので、ブラウザまで検証できていませんでした^^;;;

      SDカードは試してないですねぇ
      そこら周りは標準のままなんですけど

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>