Oracle CloudのOracle Linux 8で標準選択されているesmtpでメールを送信する


Oracle Cloud上のOralce Linux 8インスタンスでは、postfixやsendmailではなく、esmtpがインストールされている。

esmtpはRHEL8やCentOS8でも用意されているが、実際に使用している情報があまりない。

esmtp公式ページを見ると「THIS PROJECT IS NO LONGER BEING MAINTAINED. IF IT DOESN’T WORK FOR YOU SEE THESE LINKS.」と書いてあり、本来は利用推奨ではないようだ。

ざっと見たところ日本語情報としてまとまっているのは2010年に書かれた 本を読む の「軽量MTA「esmtp」を試してみた」だった。

esmtpはデーモンではなく、ポート25での待受もせず、/usr/lib/sendmailや/usr/bin/mail を実行する形でのメール送信が実行できるようにするためのソフトウェアです。

ローカルのUNIXユーザ宛にメールを届けたい場合は別途 procmailパッケージをインストールする必要があります。

他のサーバ宛にメールを送りたい場合は、外部のSMTPサーバのアカウント情報を登録し、SMTP AUTHを利用したメール送信が可能です。

難点は、メール送信に関するログがどこにも保存されない、ということ。

設定に失敗してメールが送信できなかった場合でもどう調べればいいのか分からない、という問題点も・・・

また、SMTP AUTHに使うパスワードを平文で設定ファイルに書く必要があるというのも、なかなかな問題点です。

とはいえ、期待通りに動けば簡単に外部SMTPを使用してメール送信ができるし、各サーバに同じ設定を入れておくとシステム系メールの送信元メールアドレスを全て同じにする、ということも容易な感じです。

設定

esmtpの設定は、システム全体に適用される /etc/esmtprc と、各UNIXユーザごとの~/.esmtprc で行います。

とりあえずシステム系メールを送りたいだけであれば /etc/esmtprc を設定しておけばいい感じです。

/etc/esmtprc は用意されていないので /usr/share/doc/esmtp/sample.esmtprc にあるサンプルをコピーして使うか、全部を書きます。

sample.esmtprcの内容

# Sample configuration file for ESMTP.
#
#       Jose Fonseca

# Set SMTP host and service (port)
#
hostname = localhost:25

# Set the user name
#
username = "USERNAME"

# Set the password
password = "PASSWORD"

# Use the Starttls
#
#starttls = disabled
#
# It can be one of "enabled", "disabled" or "required". It defaults to
# disabled.

# Set the certificate passphrase
#
#certificate_passphrase = "CERTIFICATE_PASSPHRASE"

# Command to run before contacting the SMTP server
#
#preconnect = "ssh -f -L 2025:mail.isp.com:25 user@shell.isp.com 'sleep 5'"


# Same as above but for a different identity which can be selected with the
# '-f' flag. You can have as many you like.
#
identity = myself@somewhere.com
        hostname = smtp.somewhere.com:25
        username = "myself"
        password = "secret"
        #starttls = disabled
#
# NOTE: the default indentity settings aren't shared by the other identities.
# Everything (username, password, etc.) must be specified for every identity
# even if they don't differ from the default identity.


# Set the Mail Delivery Agent (MDA)
#
mda = "/usr/bin/procmail -d %T"
#
# Some possible MDAs are "/usr/bin/procmail -d %T", "/usr/bin/deliver" or
# "/usr/lib/mail.local %T".

これを使ってもいいのですが、全部書いた方が簡単ですね。

外部のSMTPサーバを使って送信する設定例

Net@ddressというかれこれ20年以上使っているメールサービスのアカウントを使用してメール送信する設定です。

hostname=smtp.postoffice.net:25
username="ユーザ名@usa.net"
password="パスワード"

mda "/usr/bin/procmail -d %T"

これを /etc/esmtprc に書いたサーバから mailコマンドを使って送信したメールは全て「ユーザ名@usa.net」が発信元となって送られることになります。

また、「mda “/usr/bin/procmail -d %T”」という設定を入れているので、ローカルユーザ宛のメールであれば /var/spool/mail/ に配送されるようにしています。

SMTP送信時にstarttlsが必要な場合は「starttls=enabled」を追加すればいいようなのですが、下記の手順でやったのですが、送信されませんでした。

$ mkdir ~/.authenticate
$ chmod 0700 ~/.authenticate
$ wget http://curl.haxx.se/ca/cacert.pem
$ mv cacert.pem ~/.authenticate/ca.pem
$ chmod 0600 ~/.authenticate/ca.pem
$ mailx メール送り先@ドメイン名
Subject: test mail 5
test mail 5
.
EOT
$ 0 (null)
メール送り先@ドメイン名: 0 (null)
0 (null)
メール送り先@ドメイン名: 0 (null)
メール送り先@ドメイン名: 0 (null)
procmail: Unknown user "-r"
0 (null)
メール送り先@ドメイン名: 0 (null)
メール送り先@ドメイン名: 0 (null)
procmail: Unknown user "-r"

とりあえずstarttls対応は保留ですね。

なお、 /etc/esmtprcでは、下記の様な書式を使うこともできます。

identity ユーザ名@usa.net
        hostname smtp.postoffice.net:25
        username "ユーザ名@usa.net"
        password "パスワード"
        default

mda "/usr/bin/procmail -d %T"

ユーザによってアカウントを変える場合はこれを使うようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください