CentOS8/RHEL8でNVIDIA GPUドライバをレポジトリで適用する手法


Linux OSでNVIDIA GPUドライバを導入するには「Linux, FreeBSD, and Solarisドライバ」のページから「NVIDIA-Linux-x86_64-460.84.run」という実行形式のドライバを入手してインストール、というのが通例になっている。

しかし、同じNVDIA GPUを利用するCUDAの方の「CUDA Toolkitインストール」を見ると、下記の様にレポジトリを追加してのインストールを行っている。

Installation Instructions:
$ sudo dnf config-manager --add-repo https://developer.download.nvidia.com/compute/cuda/repos/rhel8/x86_64/cuda-rhel8.repo
$ sudo dnf clean all
$ sudo dnf -y module install nvidia-driver:latest-dkms
$ sudo dnf -y install cuda

上記で使用している https://developer.download.nvidia.com/compute/cuda/repos/rhel8/x86_64/ を確認すると nvidia-driver-460.73.01-1.el8.x86_64.rpm などもあり、なんか使えそうな雰囲気が・・・

調べて見るとNVIDIA DEVELOPER BLOGに「Streamlining NVIDIA Driver Deployment on RHEL 8 with Modularity Streams」という記事を発見。

RHEL8の場合、レポジトリを3つ購読設定した上で

$ subscription-manager repos --enable=rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms
$ subscription-manager repos --enable=rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms
$ subscription-manager repos --enable=codeready-builder-for-rhel-8-x86_64-rpms
$

NVIDIAのCUDAレポジトリを追加して

$ sudo dnf config-manager --add-repo=https://developer.download.nvidia.com/compute/cuda/repos/rhel8/x86_64/cuda-rhel8.repo

最新版のnvidia-driverを選択してインストールする、となっている。

$ sudo dnf module install nvidia-driver:latest

また、dnfのモジュールシステムにより、複数バージョンのnvidia-driverが提供されているので、たとえば「460.xx」のドライバを使い続けたい、という指定も可能になっている模様。

おそらく「dnf module list | grep nvidia」で検索すると、指定できるバージョンが確認できるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください