Solaris11でホスト名/IPアドレスを変更する


Solaris10だったら以下のファイルあたりの変更でやってた

/etc/nodename
/etc/hostname.ネットワークインタフェース名
/etc/hosts
/etc/resolv.conf
/etc/nsswitch.conf

Solaris11だとファイルを編集するのではなく、コマンドで変更する形になる

資料:Oracle® Solaris 10 から Oracle Solaris 11.3 への移行「Oracle Solaris 11 でのネットワークの構成

現在のホスト名確認


ホスト名変更

# svccfg -s svc:/system/identity:node setprop config/nodename=ホスト名
# svcadm refresh svc:/system/identity:node
# svcadm restart svc:/system/identity:node
# vi /etc/hosts で関係するホスト名を修正
# reboot

refreshのところは「svcadm refresh node」でも大丈夫説がある模様

ネットワーク設定確認

ネタ元 IPv4 インタフェースの構成

# ipadm show-addr
# ipadm show-if
# route -p show
# netstat -rn
# dladm show-phys
# dladm show-link

ネットワーク設定変更

現在値を消して、新規作成となるが2種類手順がある

アドレス設定のみ削除するもの

# ipadm delete-addr net?/v4
# ipadm create-addr -T static -a local=<IPアドレス>/<プレフィックス> net?/v4

ネットワーク定義全体を削除するもの

# ipadm delete-ip net?
# ipadm create-ip net?
# ipadm create-addr -T static -a local=<IPアドレス>/<プレフィックス> net?/v4

デフォルトゲートウェイ設定

# route -p add default <IPアドレス>

DNS設定確認

#  svccfg -s network/dns/client
svc:network/dns/client> listprop config
<略>
svc:network/dns/client> quit
#

DNS設定変更

(ネタ元 DNS クライアントを有効にする方法 )

#  svccfg -s network/dns/client
svc:/network/dns/client> setprop config/search = astring: ("<ドメイン名>" "<ドメイン名>")
svc:/network/dns/client> setprop config/nameserver = net_address: (<IPアドレス> <IPアドレス>)
svc:/network/dns/client> setprop config/options = timeout:1 
svc:/network/dns/client> select network/dns/client:default
svc:/network/dns/client:default> refresh 
svc:/network/dns/client> quit
#
# svcadm enable network/dns/client 

nsswitchの設定を確認する場合

# cat /etc/nsswitch.conf
# svccfg -s system/name-service/switch 
svc:/system/name-service/switch> listprop config
<略>
svc:/system/name-service/switch> quit
#

nsswitchを変更する場合の例

# svccfg -s system/name-service/switch 
svc:/system/name-service/switch> setprop config/host = astring: "dns files [TRYAGAIN=0]" 
svc:/system/name-service/switch> select system/name-service/switch:default 
svc:/system/name-service/switch:default> refresh 
svc:/system/name-service/switch:default> quit
# svcadm enable system/name-service/switch 
# svcadm refresh name-service/switch

Oracle公式に書いてあるDNSサーバ設定手順例

# svccfg -s dns/client setprop config/nameserver=net_address: 192.168.1.1
# svccfg -s dns/client setprop config/domain = astring: "foohost.org"
# svccfg -s name-service/switch setprop config/host = astring: "files dns"
# svcadm refresh name-service/switch
# svcadm refresh dns/client

rootユーザのログイン拒否問題

telnet は /etc/default/login の「CONSOLE=/dev/console」をコメントにする

sshは/etc/ssh/sshd_configに「PermitRootLogin yes」を設定して「svcadm restart ssh」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください