OVAファイルをOVFに変換する


NetAppシミュレータの古いバージョンは圧縮ありのOVAファイルで提供されている。

これをvSphere 7.0環境で使おうとすると、圧縮されているので使えない、と拒否される。

変換ツールを使ってもよいのだが、手動でも変換できる

OVAファイルは中にovfファイルとvmdkファイルが入っているだけのtarファイルなので、7zipなどのツールを使って展開できる。

vsphere 7.0ではvmdk.gzは使えないので、これも展開する

OVFファイルの中身はXMLファイルとなっていて、元の中身は、vmdk.gzのファイルを指定している。

これを展開後のファイル名とファイルサイズに置き換える

また「ovf:compression=”gzip”」という記述も削除する

こうやって出来たOVFファイルとVMDKファイルを複数指定してvSphereで読み込ませる。

読み込ませる下記の様な形で「5ファイル」という表示になる

記述に問題なければOVFテンプレートのデプロイが継続できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください