NetVault 用firewall設定 for RHEL/Windows


NetVaultサーバをRHEL上にたてて、クライアントにNetAppとRHELとWindows Serverがいる場合のファイアウォール設定サンプル。

必要なポートについては「NetVault 12.0管理ガイド ファイアウォールの設定の例」より流用。

NetVaultサーバ/クライアント間の基本的な通信はネットワークマネージャによりポート20031のTCP/UDPで行われる。
またクライアント上でコミュニケーションマネージャがポート20032 TCPを使用する。

また、NDMPバックアップの場合、NetVaultサーバ側でポート10000 TCPと40000 TCPを使用する。

設定はOS側のfirewall設定と、NetVault側のファイアウォール設定の2つを行う。

NetVault側ファイアウォール設定

NetVaultサーバ側は以下のように設定する。設定したあとはサービス再起動が必須。

デバイス待ち受けポート50100-50199
デバイス接続ポート50200-50299
メッセージ チャンネルの待ち受けポート50300-50399
メッセージ チャンネルの接続ポート50400-50499
NDMPコントロール チャンネルの接続ポート10000
NetVault NDMPデータ チャンネルの待ち受けポート40000
NetVaultマシン間の内部的な通信に使用するポート50500-50599

クライアント側はNDMP関連設定がなくでも良い。設定したあとはサービス再起動が必須。

デバイス待ち受けポート50100-50199
デバイス接続ポート50200-50299
メッセージ チャンネルの待ち受けポート50300-50399
メッセージ チャンネルの接続ポート50400-50499
NDMPコントロール チャンネルの接続ポート
NetVault NDMPデータ チャンネルの待ち受けポート
NetVaultマシン間の内部的な通信に使用するポート50500-50599

クライアント側のfirewallが動いている場合、NetVaultサーバからの設定変更を受け付けることができない。この場合は、NetVaultクライアント側で「txtconfig」コマンドを実行して設定を変更する。

実行すると以下のような画面が表示される。

「p」と入力すると、2枚目のメニューが表示される。この中の「19. ファイアウォール」を変更するため「19」と入力する。

上から順に設定を変更していく。

最後は「s」を入力し、変更を保存して終了する。(qだと設定を反映しない)

OS側firewall設定

サーバ側として以下を開ける
 ・8443 TCP (管理画面)
 ・10000 TCP (NDMP)
 ・40000 TCP (NDP)
 ・20031-20032 TCP
 ・20031 UDP
 ・50100-50599 TCP

クライアント側は管理画面用の8443と、NDMP用の10000と40000の設定を抜く。

CentOS7の場合以下とした

# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=8443/tcp
# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=10000/tcp
# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=40000/tcp
# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=20031-20032/tcp
# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=20031/udp
# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=50100-50599/tcp
# firewall-cmd --reload

Windowsクライアントの場合以下とした。

netsh advfirewall firewall add rule name=”NVBU TCP in ports” dir=in protocol=tcp localport=20031-20032 action=allow
netsh advfirewall firewall add rule name=”NVBU TCP in ports” dir=in protocol=tcp localport=50100-50599 action=allow

netsh advfirewall firewall add rule name=”NVBU TCP out ports” dir=out protocol=tcp localport=20031-20032 action=allow
netsh advfirewall firewall add rule name=”NVBU TCP out ports” dir=out protocol=tcp localport=50100-50599 action=allow

netsh advfirewall firewall add rule name=”NVBU UDP in ports” dir=in protocol=udp localport=20031 action=allow
netsh advfirewall firewall add rule name=”NVBU UDP out ports” dir=out protocol=udp localport=20031 action=allow

最後にNetVaultのクライアント管理にてクライアント追加を行う際に「クライアントはファイアウォールの外側に存在」にチェックを入れることを忘れないこと。(入れないとNetVaultサーバからクライアントへのアクセスに指定したポートを使用しない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください