vSphere ESXiで切断されたNFSに再接続する


NFSサーバが起動する前にESXiが起動してしまった場合、NFSが切断状態となる。

FCやiSCSIであれば勝手に再接続とかしてくれるが、NFSだと切れたままになる。

VMware KB「切断された NFS データストアの ESXi/ESX コマンド ラインからの再マウント (1005057)

一度NFSマウントの設定を削除して再設定する必要がある、とのこと。

VMware KBには「esxcli storage nfs list」といったコマンドが書かれているが、これはNFS v3.0向けのコマンドで、NFS v4.1については「esxcli storage nfs41 list」というようにコマンドを実行する必要があった。(以下、esxcli nfs41として記載しているが、NFS v3の場合はesxcli nfsで実行する)

まず、現在の設定を確認するため「esxcli storage nfs41 list」を実行

[root@esxiserver:~] esxcli storage nfs41 list
Volume Name  Host(s)        Share     Accessible  Mounted  Read-Only  Security   isPE  Hardware Acceleration
-----------  -------------  --------  ----------  -------  ---------  --------  -----  ---------------------
nfsv4test    172.17.44.108  /testvol       false    false      false  AUTH_SYS  false  Unknown
[root@esxiserver:~] 

エントリを削除するため「esxcli storage nfs41 remove –volume-name=nfsv4test」を実行

[root@esxiserver:~] esxcli storage nfs41 remove --volume-name=nfsv4test
[root@esxiserver:~] esxcli storage nfs41 list
[root@esxiserver:~] 

listで表示された内容をベースに「esxcli storage nfs41 add –volume-name=~ –hosts=~ –share=~ –sec=~」というように登録コマンドを実行する。

[root@esxiserver:~] esxcli storage nfs41 add --volume-name=nfsv4test --hosts=172
.17.44.108 --share=/testvol --sec=AUTH_SYS
[root@esxiserver:~] 

登録されたことを確認

[root@esxiserver:~] esxcli storage nfs41 list
Volume Name  Host(s)        Share     Accessible  Mounted  Read-Only  Security   isPE  Hardware Acceleration
-----------  -------------  --------  ----------  -------  ---------  --------  -----  ---------------------
nfsv4test    172.17.44.108  /testvol        true     true      false  AUTH_SYS  false  Supported
[root@esxiserver:~]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください