Monthly Archives: 3月 2013

fastcardtechにてMTK MT6589搭載4.7インチAndroidが送料込みで$165


ただいま、188台限定で、fastcardtechにてMTK MT6589搭載4.7インチAndroidが送料込みで$165で販売中

スペック
MTK MT6589 1.2GHz/4コア
RAM 1GB
ROM 4GB
4.7インチ 960×540
カメラ 130万画素+800万画素
Dual SIM(WCDMA/GSM + GSM)
バッテリー 2280mAh
Android 4.1.2

まぁ、fastcardtechでは、これくらいの価格帯でMTK MT6589搭載機が販売されていたりしますが、今回のトピックは、中華Androidメーカでも長く続いている「HDC」製である、というところ。
このメーカのものは比較的カスタムROMが出やすい、というのがコレまでの傾向としてあるので、そのうちAndroid 4.2へのアップデートも出るのではないかと期待しています。

また、今回のコレは、珍しく「日本語」を標準選択できるようなので、書き換えなくても、それなりに使えるのではないかと思います。
(ただし、おそらくはドコモMNVO系データ only SIMだと、アンテナピクトの問題がでるとは思いますが・・・)

FAEA F1はほんとにNFCをサポートするのか?


fastcardtechにFAEA F1という中華Androidが登録された。

Qualcomm snapdragon S4 1.2GHz/Quad core
4.5インチ 1280×720
バッテリー 2100mAh
Android 4.1
RAM 1GB
ROM 4GB

そして、NFCサポートで、$193だという

ほんとにこの価格でNFCサポートなのか?というのが、疑わしい。
まぁ、NFCサポートだとしても、セキュアエレメント非対応で、決済サービスには使えないだろうとは思いますがね。
IN STOCKになるのが待ち遠しいですね

BCM21654採用の中華Android 4.1端末


Cortex-A9コア採用のBroadcomのチップがあるそうで。
Advanced Low-Cost HSPA/EDGE Multimedia Baseband Processor BCM21654
Advanced Low-Cost HSPA/EDGE Multimedia Baseband Processor BCM21654G

・Cortex-A9 シングルコア
・40nmプロセス製造
・WCDMA HSPA 7.2Mbps サポート
・Dual SIM
・ディスプレイサイズ WVGAまで
・1200万画素カメラまで対応
・別途、BCM4330(WLAN/Bluetooth/FMラジオ)とBCM47511(GPS/Glonass)を組み合わせて使用

BCM21654とBCM21654Gの違いはクロックの違いのようだ。(850MHz vs 1GHz)

ただ、採用端末は少なく、大手からだと「Samsung Galaxy Chat B5330」ぐらいしか聞かない。

また、これから発売される予定のものも、Samsungぐらいしか聞かない。
・Samsung GT-S5310 Galaxy Pocket Neo
・Samsung GT-S5312 Galaxy Pocket Neo Duos
・Samsung GT-S5301 Galaxy Pocket Plus
・Samsung GT-S5303 Galaxy Y Plus
・Samsung GT-S6310 Galaxy Young
・Samsung GT-S6312 Galaxy Young Duos
・Samsung GT-S6810 Galaxy Fame
・Samsung GT-S6810P Galaxy Fame

そんなBCM21654ですが、この度、fastcardtechにて採用端末の発売が確認されました。

・CPU BCM21654 1GHz
・RAM 512MB
・ROM 4GB
・Android 4.1
・1800mAhバッテリー
・4.0インチ 800×480

送料別で$96ってところはちょっと惜しい・・・

SoftNASという仮想マシンとして立てるCentOS+ZFSのNAS


SoftNASというものがあるらしい。

・CentOS6ベース
・ファイルシステムはZFS
・vSphereやHyper-Vの上に仮想マシンとして動作させる
・Amazon EC2用も用意されている
・検証用にVMware Workstation 8.xもサポート
・割り当てるCPUリソースは2vCPU~8vCPU
・割り当てるメモリリソースは2GB~32GB
・Dedupe機能あり(1TBにつきメインメモリ1GB追加使用)
・Thinprovisionおよび圧縮
・NFS/CIFS/iSCSIを提供できる
・Volumeスナップショット
・レプリケーション機能あり
  → Amazon EC2上に立てたサーバにレプリケーションできる
・ZFS L2ARCを利用したSSD利用の高速化

SoftNAS Essentials」という機能限定版は無償利用可能。
限定の内容の抜粋
・1TBまで
・以下の機能が使えない
 ・SSD利用の高速化
 ・iSCSI機能
 ・レプリケーション
 ・スナップショットのスケジューリング

詳細の違い

まぁ、おもしろそうではあるので、ちょっと試しに使ってみるかな


インストールしてみた

・CentOS 6.3 x86_64
・kernelはCentOS標準を利用している
ZFS on Linux利用
zfs-0.6.0-rc14.x86_64, zfs-modules-dkms,zfs-dracut,zfs-test
・独自Web GUI+Webmin
・NFSやCIFS設定はWebmin画面という感じ
・独自Web GUIは、iconCubeを使って暗号化処理をおこなっている
・独自Web GUIは多言語対応を考慮に入れてないっぽい
・LinuxはGUIログイン
・Chromeインストール&yum repo登録済
・sysctlに特にコレといったパラメータが入れられてない
・/etc/sysconfig/nfsとか/etc/init.d/nfsにも特にパラメータが入ってない
・「Software Updates」は、あくまでSoftNASに関するモジュールのみで、CentOS自体のアップデートは対象外


微妙だなぁ、と感じた、もっとも大きな点は、管理UIの不徹底です。

新規で使う際、以下の順序で操作をおこなっていきます。

1. Webにログイン
main-001
独自のAJAXなUIです。

2. 「Disk Devices」にて空きディスクにパーテーション設定
disk-dev
この画面はWebminそのままです。

3. 「Storage Pools」にてディスクの登録
storagepool
独自のAJAXなUIです。

4. 「Volumes and LUNs」にてボリューム作成
volume
独自のAJAXなUIです。
ここでボリュームを作成すると、マウントされるようになります。

5. 「NFS Exports」にてNFSマウントの設定
nfs-export
この画面はWebminそのままです。
NFSv4対応のwebmin設定画面はPseudofilesystemの関連でちょっとわかりにくいのですが、放置です。

6. 「CIFS Shares」にてCIFS関連設定
cifs-share
この画面もWebminそのままです。
なお、説明書を見ると、CIFS設定は、別途コマンドおよびファイル編集が必要、と書いてあります。

というわけで、使いやすそうな雰囲気がするGUIのわりに、手を抜いてる場所が結構あるせいで、操作感の統一がされておらず、説明も足りてないので、非常に使いにくい感じになっています。

はたして、これは修正されていくのでしょうか・・・???

MediaTekのTD-SCDMA/WCDMA向け新チップ MTK MT6572


TD-SCDMA/WCDMA向け廉価チップセットとしてMT6572というものを5月ぐらい6月までに量産出荷するらしい。
(2013/05/03追記:正式発表あり)

(MTK MT6573の誤植では無い)

キーワードとしては
Cortex-A5Cortex-A7 1.2GHz 2core(4コアなのかも?)
・28nmプロセス製造 → 省電力
・TD-SCDMA/EDGE向け+普通のWCDMAもサポート
・Spreadtrum SC6820/SC8810対抗(SpreadtrumのSC8810(SP8810)についての解説)
・4層基板で使える
・Bluetooth,WiFi,FMラジオ,GPSなど一通り揃っている

中国語は適当に理解しているレベルなので、4コアなのか、2コアなのかが読み取れなかった・・・

既存のTD-SCDMA向けdual coreのMT6577は40nmプロセス製造であるのに対して、MT6589同等の28nmを投入してきて、さらに周辺チップの機能も取り込む、ということなので、一層の省電力と基板全体としての省コストかが期待できる、ということらしい。

ネタ元
・MTK手机网:传MT6572近期量产 将会推出四核版(2013/03/11)
・MTK之家:联发科武松打虎 低价双核芯片MT6572明年第1季上市(2012/11/22)
・Pc426.com:联发科武松打虎 低阶双核芯片MT6572明年第1季上市(2012/11/23)