携帯電話回線を固定電話のように使う


携帯電話回線を固定電話のようにつかう ver2に新しい情報をまとめてかいています。

— 以下はちょっと古い情報 —
3Gの携帯電話回線を固定電話のように使えないかなぁ・・・と思っていたのですが、そういったプロダクトが存在していました。

HUAWEI B160

外見上は普通の電話ですね。

こちらよりは、もう1つの製品の方が興味深い・・・

HUAWEI ETS1160

こっちは普通の電話を携帯電話回線に接続するための機械。
もちろん、これ自体が携帯の機能を持っている。

マニュアルも置いてあるので読んでみる・・・
・「Fixed Wireless Terminal(FWT)」というのがこのジャンルの呼び名
・バッテリー内蔵
・起動には20秒ぐらいかかる
・パソコンとUSBケーブルで接続し、専用ソフトを使い設定ができる

さて、FWTというキーワードを手に入れたので、そちらで再検索してみると、他社のプロダクトも発見。

Ericsson Fixed Wireless Terminals
Ericsson W35。(E30の方はData Routerだそうな)
・・・・オーストラリアで販売中のようだけど約5万円

MATRIX TELECOM SOLUTIONS SIMADO GFXD1111S 3G
普通の電話回線にもつなげるようで、いろいろマルチな機能をもつようだ。
「3G」がつかないやつはGSMのみなので注意が必要。
少し機能が劣るものでGFX11 3Gというものある。こちらは通常の電話回線にもつなげる機能は無い。

このほかを探してみると・・・
3G FWT Fixed Wireless Terminal for WCDMA 2100MHz (3G Gateway, Including 850/900/1800/1900MHz)
めちゃくちゃ怪しい中国製。
同じサイトにはIMEIが変更できる、といううたい文句の端末もちらほら・・・
3G WCDMA Fixed Wireless Terminal
同じ商品は他のサイトでもある
まぁ、売ってる場所的には、最低100個単位だろうけど

— 2011年8月30日 追記 —
検索していたらTTRMKR’s project:「携帯電話-固定電話アダプター」というものを発見。
FOMAもしくはau CDMA2000携帯を固定電話のように使えるというアダプタを自作販売しているようです。

ダイアル式の黒電話をmova携帯につなげる、というものからスタートしているようなので、長く続いているプロダクトのようです。
現在は、2万5千円でナンバーディスプレイにも対応する、ということなので、十分なスペックであるような気がします。

NHK技研公開 ハードディスクの高速化技術


今日から日曜まで砧のNHK技研の一般公開です。
いろいろ展示はありましたが、ノーマークだったところの注目株を1つ

磁気記録デバイスの高速化技術
 ~ スーパーハイビジョン用小型記録装置を目指して ~

やってることは簡単。

ハードディスクの内周と外周ではアクセス速度が違います。
であれば2台を組み合わせて常に一定速度が出るよう、うまーくミックスさせてアクセスさせるよう、変換基板を作りました。
ってもの。

RAID0をもーちょっと進めたようなイメージのものですね

こんな感じで、ほんと市販してそうな雰囲気の基板となっていました。

実際には、これ1セットだけじゃ到底スーパーハイビジョン用の記録帯域には追いつかないが、少しでもディスク本数を減らせる技術として開発しているんだそーな

まぁ、こういう話を聞くと、やっぱりDDNのRAIDなんだけどディスク障害が発生してもすぐにリビルドしない、とか、セクタ不良で代替処理とかに時間がかかりそうなときは、それを意図的に無視する(そして映像データの方のエラー訂正で修正する)とか、そんな処理が重要なんだなー、って改めて思って見たり。

Flea Line Lightで03番号が持てる?


FleaLine Lightを契約してしばらくたつわけですが、いろいろ知らない間にサービスが始まっていたようで・・・

・2011/03/02 アフィリエイト プログラム開始
・2011/03/10 管理画面がAndroid/iPhone対応
・2011/04/01 受付代行サービス(FleaAgent)03番号提供サービス(FleaNumber)開始
・2011/04/08 拡張転送サービス(FleaRoute)開始

これら、すべて既存ユーザにお知らせしないというのもどーなんだろ?と思いますが・・・
まぁ、アフィリエイトプログラムについては、4/28に連絡がありましたけど・・・

03番号については、ちょっとどうしようか悩みどころですね。

— 2011/05/12 追記 —
FleaMobile-eというイーモバイルのMNVOを始めました、といったお知らせがきました。
今度は遅くなかったですねw

FleaLine Lightを使ってみる その2


FleaLine Lightを使ってみる その1の続き。
coviaのFleaLine Lightを契約し、その1の記事にあるような感じで設定しました。

が・・・うちのXperia X10 mini proの場合、バッテリーが100%になったのを確認してから、SIP待ち受け設定にしておいて、そのまま就寝、6時間後起床してバッテリーを確認すると5%になってる・・・なんて具合で、結構な勢いでバッテリー消費をしてくれます。

なので、やっぱ、運用は結構厳しい感じです。

SIPでかかってきた電話を、即座にdocomo電話に転送できるようなAndroidソフトないかなぁ?
ドコモSIMを指したAndroidで、SIP<=>ドコモ家族割対象回線で転送してくれるような感じのやつね。

FleaLine Lightを使ってみる その1


2012/04/03 追記
Galaxy Nexus+iijmio 128kbps環境を用意したので、pbxes経由のVoIPを試みたところ、VoIP側からの発信はできるものの着信がうまくいかない。
一度解除してやり直すか、とやってみたところ、pbxes.orgの方でシステム変更があったようで、coviaのvoipサーバに対しての接続設定が行えないようになっていた。
曰く「セキュリティ上の要件により、有料アカウントでないとそのサーバへの接続設定はできない」と
—————————————-
2/1午前中に申し込んだCoviaのFlea Line Light
2/1 18時前になって発送した、という連絡があったのですが、A4の紙3枚が入った封書がクロネコメール便で届いたのは2/3。
まぁ、メール便だから、仕方がないとはいえ、同じ東京都内なのに・・・と思わなくもない

で、やってみたこと
その1: Xperia X10 mini pro+ Docomo 128kbps+siproidで直接Flea Line Lightに接続
 → 接続には成功。双方向で電話かけあいOK。音質等については、まだ未評価

その2: PBXesにcoviaを登録して、簡易PBX構築。
    そこにパソコンに入れたZOIPER Communicatorから接続
 →接続に成功。パソコン→Coviaはできたけど、Covia→パソコンがうまく行かない。
  まぁ、firewall関連の設定の問題でしょうけど。これから調査。

その3:PBXesにcoviaを登録して、簡易PBX構築。
    そこに Xperia X10 mini pro+ Docomo 128kbps+siproidで接続する
 → 接続には成功。双方向で電話かけあいOK。音質等については、まだ未評価

その2,その3でpbxesに対して登録する際にちょっと苦労した。
PBXes.orgで設定する際のポイントについて書いてみる

・Trunksで新しいTrunkとしてエントリを作る
 その際、以下の項目を埋めた
   Accountのusername: coviaからのSIP ID
   Accountのpassword: coviaからのSIPパスワード
   AccountのSIP server or proxy: 「レジストラサーバ:ポート番号」
   Accountのdomain:「レジストラサーバ:ポート番号」
 「SIP server or proxy」と「domain」は同じ値だけど、両方とも入力するのがポイント。
 ポート番号、「5070」をつけるのを忘れないように

で、このFlea Line Lite。
管理画面が貧弱すぎて怖い。

通話履歴が電話番号ベースで残るけど、VoIPで接続してきたIPアドレスがなんであったかが表示されない。
なので、もし不正アクセスがあったときに、どれが問題あるのか、わかりにくそう。

そして、管理画面から、VoIP機能の一時停止とか、パスワード変更、とかの機能的な設定変更が一切行えない。
このため、やっぱり不正アクセスがあった時に、パスワード変更とかの手段がとれない。
ユーザサポートに電話で連絡がとれるまで、アクセスされ続けるっぽい・・・
これは、なんとかならんもんだろうかねぇ・・・

とりあえず、さしあたっては、こんなところで
そのうち、暇があったら、その2とかの記事を書くかもしれません。

FleaLine Light

FleaLine Lightへようこそ