TD-SCDMA向けチップを製造しているSpreadtrum社がWCDMAに進出!第1弾はフィーチャーフォン向けSC7701B


TD-SCDMA向けチップを製造しているSpreadtrum社ですが、MediaTekに対抗する!とばかりに、「Cortex-A5 Dualcore 1.2GHzでTD-SCDMA/Dual SIM対応のAndroid向けチップSC8825」とか「4G/TD-LTE用モデム向けチップSC9610」とか、競合製品を出してきています。

その甲斐あってか、GSM地域向けの$60ぐらいの低価格Androidスマホでは、MediaTek製品ではなく、SC6820(Cortex-A5 1GHz/Mali400)とかSC6825(Cortex-A5 Dual 1.2GHz/Mali400)を見かけることが増えてきています。

そして、今回、ついにWCDMAにもSpreadtrum社が進出してきました。

Spreadtrum Announces WCDMA Design Win

ラテンアメリカ向けのフィーチャーフォン向けにWCDMA/GSM対応のSC7701Bというチップセットを開発した、とのこと。

SC7701B製品ページ

MediaTekの「MT6268 High-end EDGE/GPRS/WCDMA Feature Rich Multimedia Phone Solution」に対抗する感じの製品、というところでしょうか。

CPUコア:ARM 926EJ-S、カメラは500万画素、というあたりまで、同じです。

WCDMAの対応については「Support up to Quad-band WCDMA, including 3GPP Band I to Band VI, Band VIII, Band IX, and Band X」と記載されています。

つまり、Band I~Band VIとBand VIII, Band IX, Band Xから、最大4つのバンドを使用可能、ということです。

日本で関係してくるのは以下の4つ。
Band I 2100MHz=ドコモ,ソフトバンク
Band VI 800MHz=ドコモ(FOMAプラスエリア)
Band VIII 900MHz=ソフトバンク(プラチナバンド)
Band IX 1700MHz=イーモバ,ドコモ
(参考資料:WCDMA CDMA2000 LTEの周波数帯 2012/09/13版)

日本以外での採用例を見ないBand VIとBand IXをわざわざ記載している、というあたりは、きっと、そういった需要があるからに違いない!・・・と都合良く解釈してみることにしました。

まぁ、通話専用小型携帯、という線で、何か来てくれるといいんですけど・・・どうなりますかねぇ・・・

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>