富士通LIFEBOOK S937/RとFUTRO MU937は16GB SO-DIMMが増設できてメモリ20GB構成になる


AmazonタイムセールでSO-DIMM DDR4 2666MHz PC4-21300 16GBx2枚組で9,980円というものがあった

そして、上記商品は「返品可能」商品となっていた。

ということは、メーカからは8GB SO-DIMM増設オプションが最大となっているLIFEBOOK S937/RFUTRO MU937が実は16GB SO-DIMMが使えたりしないか検証できるな、ということで買ってみた。

まずは開けやすいLIFEBOOK S937/Rから

続いてFUTRO MU937

どちらも標準の4GB+16GB=20GBとして認識しました。

Windows 10をインストールしてるFUTRO MU937でのタスクマネージャー表示を確認

まず標準状態はコレ

16GB SO-DIMMを増設した後の表示はコレ

オンボードメモリが2133MHzなのでそこに揃う感じですね。

フォームファクターがオンボードだけだと「Row of chips」という表記だったのが「SODIMM」に代わってますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください