Windows Server インストール時にドライバ追加したけど、このドライブにインストールすることはできません となる場合


Windows Server 2012R2 / Windows Server 2016 / Windows Server 2019 / Windows Server 2022 の標準的なインストールメディア内にストレージドライバが含まれていない場合、インストール途中にドライバが含まれてるメディアに差し替えて読み込む必要がある。

ストレージがなにも認識されていないので「ドライバーの読み込み」を選択

Windows Serverのインストール用DVDを抜いて、ドライバが含まれているCDに交換して、OK

該当するストレージのドライバディレクトリを指定

指定したドライバが正解であるなら「インストールするドライバーの選択」に表示されます。

次へをクリックしてドライバを読み込みます。

スキャンが終了すると、以下の様にディスクが表示されます。

しかし、よく見てみると「このドライブに Microsoft サーバー オペレーティング システムをインストールすることはできません (詳しい情報の表示) 」という注意マークがついています。

選択した場所に Microsoft Server オペレーティングをインストールできませんでした。 メディアドライブを確認してください。詳細については、次の情報をご覧ください: 0x80300001

これはWindows Serverのインストール用DVDが認識できない場合の表示です。

先ほどドライバが含まれているCDに交換しているので、Windows Server のインストール用DVDに交換し、「最新の情報に更新」をクリックします。

上記の様に警告が消えて「次へ」が選択できるようになりました。

あとは普通に進めていけば大丈夫です。

この現象はWindows Server 2012R2 , 2016, 2019, 2022で発生することを確認しました。

出したくないのであれば、Windows Serverのインストールメディアにドライバを組み込むか、DVDドライブやUSBメモリを複数用意し、同時にマウントするかです。

インストールメディアにドライバを組み込む際の参考資料:UEFIブートのサーバでWindows Server 2016のインストール用USBメモリが起動しない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください