IPv6アクセス可能なOracle Cloudインスタンスを作る


Oracle CloudのTokyoリージョンで、久しぶりにFree TierのARMインスタンスが作れるようになっていたので、最新の手順確認をしてみる。

前提条件: Oracle Cloud側の仮想クラウドネットワーク(VNC)は既にIPv6が有効化されていること。(参考資料:Oracle Cloudですでに作成済みのネットワークに対してIPv6を有効にする方法)

Oracle Cloudコンソール上のインスタンス設定での確認点

2022/05/06時点でも、インスタンス作成時はIPv6が有効化されていないので、手動でIPv6を使える様にする必要がある。

インスタンス詳細の「アタッチされたVNIC」を開いて確認する。

左下の[リソース]-[IPv6アドレス]を選択する

「IPv6アドレスの割当て」をクリック

特にこだわりがなければ、空欄のまま一番下にある「割当て」をクリック

これで設定上はIPv6アドレスが割り当てられた。

Ubuntu 20.04インスタンスの場合

Canonical-Ubuntu-20.04-aarch64-2022.02.15-0 で作成したインスタンスの場合、起動直後は以下の様な状態でした。

ubuntu@ubuntu:~$ ip a s
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: enp0s3: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 9000 qdisc pfifo_fast state UP group default qlen 1000
    link/ether 02:00:17:02:7d:5f brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 10.0.0.220/24 brd 10.0.0.255 scope global enp0s3
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 fe80::17ff:fe02:7d5f/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever
ubuntu@ubuntu:~$

IPv6を有効化してしばらく放置していたところ、下記の様に自動的にIPv6アドレスが追加されました。

ubuntu@ubuntu:~$ ip a s
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: enp0s3: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 9000 qdisc pfifo_fast state UP group default qlen 1000
    link/ether 02:00:17:02:7d:5f brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 10.0.0.220/24 brd 10.0.0.255 scope global enp0s3
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 2603:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:5536/128 scope global dynamic noprefixroute
       valid_lft 7353sec preferred_lft 7053sec
    inet6 fe80::17ff:fe02:7d5f/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever
ubuntu@ubuntu:~$

OS再起動後もIPv6アドレス割当ては継続されていました。

Oracle Linux8インスタンスの場合

Oracle-Linux-8.5-aarch64-2022.03.17-1  を使用したところ、相変わらずfirewalldに対するdhcpv6-clientの許可が出されていないためIPv6アドレス取得が出来ない状態でした。

なので、「sudo firewall-cmd –permanent –add-service=dhcpv6-client」でルールを追加して、OS再起動で対応させました。

$ sudo firewall-cmd --permanent --add-service=dhcpv6-client
success
$ sudo firewall-cmd --reload
success
$ sudo firewall-cmd --list-all
public (active)
  target: default
  icmp-block-inversion: no
  interfaces: enp0s3
  sources:
  services: dhcpv6-client ssh
  ports:
  protocols:
  masquerade: no
  forward-ports:
  source-ports:
  icmp-blocks:
  rich rules:
$

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください