Oracle Linux 8でリリースバージョン固定する方法


Oralce Linux 8.2で導入したい、という要請があった。

Oralce Linux 8.2メディアでインストールすればいい、とは言うものの、パッケージが足らない時にうっかり「dnf install xxxx」とかやってしまうと新しいバージョンを入れてしまう可能性が・・・

有限会社ルートリンクス「RHEL 8 リリースバージョンを指定してアップデート」という記事を見つけて試してみたが、なんか無視されて新しいバージョンを引っ張ってる気がする・・・RHEL8なら有効なのかな?

Oracle Linux 8のドキュメントを探してみる・・・

参考ドキュメント:Oracle® Linux 8 Oracle Linuxでのソフトウェアの管理の「第1章 Yum DNF

固定手法について直接の記述はないが「1.8 ISOイメージを使用したローカルYumリポジトリの作成」というものがあり、ISOイメージをメインレポジトリとして設定し、それ以外を無効化する、という手法が書かれている。

この手法をそのまま使えば、配置したISOのバージョンで固定できる。

8.2で提供された更新だけ適用できないかな?というもくろみもあって、ISOイメージを使わないで実現する手法がないか試してみた。

なお、結論としては無償でできる範囲には無いようだった。

2.1.2 ULNチャネルについて」の説明を読むとOracleのULNサブスクリプション購読者は「ol8_arch_u?_baseos_patch」というレポジトリでBaseOSに関してはリリースごとのパッチが適用できるようだ。AppStreamについては特に定義されていないようだ。


ここから参考記録

ISOメディアを使わず、ULNサブスクリプションも登録しない状態で何かできるかを試してみたものが、下記の記述となる。

[root@oraclelinux ~]# dnf repolist --all
repo id               repo name                                         status
ol8_UEKR6             Latest Unbreakable Enterprise Kernel Release 6 fo enabled
ol8_UEKR6_RDMA        Oracle Linux 8 UEK6 RDMA (x86_64)                 disabled
ol8_addons            Oracle Linux 8 Addons (x86_64)                    disabled
ol8_appstream         Oracle Linux 8 Application Stream (x86_64)        enabled
ol8_baseos_latest     Oracle Linux 8 BaseOS Latest (x86_64)             enabled
ol8_codeready_builder Oracle Linux 8 CodeReady Builder (x86_64) - Unsup disabled
ol8_u0_baseos_base    Oracle Linux 8 BaseOS GA (x86_64)                 disabled
ol8_u1_baseos_base    Oracle Linux 8.1 BaseOS (x86_64)                  disabled
ol8_u2_baseos_base    Oracle Linux 8.2 BaseOS (x86_64)                  disabled
[root@oraclelinux ~]#

レポジトリリストを見てみたところ「Oracle Linux 8.2 BaseOS (x86_64)」などというそれっぽいものがあるので、ISOイメージの手法にならってまずは「dnf config-manager –disable *」を実行して全レポジトリを無効化

[root@oraclelinux ~]# dnf config-manager --disable \*
[root@oraclelinux ~]# dnf repolist --all
repo id               repo name                                         status
ol8_UEKR6             Latest Unbreakable Enterprise Kernel Release 6 fo disabled
ol8_UEKR6_RDMA        Oracle Linux 8 UEK6 RDMA (x86_64)                 disabled
ol8_addons            Oracle Linux 8 Addons (x86_64)                    disabled
ol8_appstream         Oracle Linux 8 Application Stream (x86_64)        disabled
ol8_baseos_latest     Oracle Linux 8 BaseOS Latest (x86_64)             disabled
ol8_codeready_builder Oracle Linux 8 CodeReady Builder (x86_64) - Unsup disabled
ol8_u0_baseos_base    Oracle Linux 8 BaseOS GA (x86_64)                 disabled
ol8_u1_baseos_base    Oracle Linux 8.1 BaseOS (x86_64)                  disabled
ol8_u2_baseos_base    Oracle Linux 8.2 BaseOS (x86_64)                  disabled
[root@oraclelinux ~]#

続いてOracle Linux 8.2で固定したいので、「ol8_u2_baseos_base」だけを有効化するために「dnf config-manager –enable ol8_u2_baseos_base」を実行

[root@oraclelinux ~]# 
[root@oraclelinux ~]# dnf repolist --all
repo id               repo name                                         status
ol8_UEKR6             Latest Unbreakable Enterprise Kernel Release 6 fo disabled
ol8_UEKR6_RDMA        Oracle Linux 8 UEK6 RDMA (x86_64)                 disabled
ol8_addons            Oracle Linux 8 Addons (x86_64)                    disabled
ol8_appstream         Oracle Linux 8 Application Stream (x86_64)        disabled
ol8_baseos_latest     Oracle Linux 8 BaseOS Latest (x86_64)             disabled
ol8_codeready_builder Oracle Linux 8 CodeReady Builder (x86_64) - Unsup disabled
ol8_u0_baseos_base    Oracle Linux 8 BaseOS GA (x86_64)                 disabled
ol8_u1_baseos_base    Oracle Linux 8.1 BaseOS (x86_64)                  disabled
ol8_u2_baseos_base    Oracle Linux 8.2 BaseOS (x86_64)                  enabled
[root@oraclelinux ~]#

この状態で「dnf check-update」を実行してみる。

[root@oraclelinux ~]# dnf clean all
23 files removed
[root@oraclelinux ~]# dnf check-update
Oracle Linux 8.2 BaseOS (x86_64)                 10 MB/s | 3.3 MB     00:00
Last metadata expiration check: 0:00:01 ago on Wed Oct 20 19:01:10 2021.
[root@oraclelinux ~]#

アップデートは取りに行かない。

が・・・phpをインストールしようとしたら見つからない・・・

[root@oraclelinux ~]# dnf module list
Last metadata expiration check: 0:08:47 ago on Wed Oct 20 19:01:10 2021.
@modulefailsafe
Name                     Stream        Profiles         Summary
satellite-5-client       1.0 [e]       common, gui      ULN client packages

Hint: [d]efault, [e]nabled, [x]disabled, [i]nstalled
[root@oraclelinux ~]# dnf search php
Last metadata expiration check: 0:09:10 ago on Wed Oct 20 19:01:10 2021.
No matches found.
[root@oraclelinux ~]#

phpはAppStreamレポジトリに含まれるものであるため、BaseOSしか登録していない現状では表示されません。

この他、AppStreamに含まれるパッケージで必要なものがいろいろあるため、この手法を取るには無理がある、という形となった。

では、RHEL8みたいにreleaseverという指定ができるか、というところについて /etc/yum.repos.d/oracle-linux-ol8.repo の内容を確認すると、$releasever という定義が使われてない。

[root@oraclelinux ~]# cat /etc/yum.repos.d/oracle-linux-ol8.repo
[ol8_baseos_latest]
name=Oracle Linux 8 BaseOS Latest ($basearch)
baseurl=https://yum$ociregion.oracle.com/repo/OracleLinux/OL8/baseos/latest/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0
[ol8_appstream]
name=Oracle Linux 8 Application Stream ($basearch)
baseurl=https://yum$ociregion.oracle.com/repo/OracleLinux/OL8/appstream/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0
[ol8_codeready_builder]
name=Oracle Linux 8 CodeReady Builder ($basearch) - Unsupported
baseurl=https://yum$ociregion.oracle.com/repo/OracleLinux/OL8/codeready/builder/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0
[ol8_u0_baseos_base]
name=Oracle Linux 8 BaseOS GA ($basearch)
baseurl=https://yum$ociregion.oracle.com/repo/OracleLinux/OL8/0/baseos/base/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0
[ol8_u1_baseos_base]
name=Oracle Linux 8.1 BaseOS ($basearch)
baseurl=https://yum$ociregion.oracle.com/repo/OracleLinux/OL8/1/baseos/base/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0
[ol8_u2_baseos_base]
name=Oracle Linux 8.2 BaseOS ($basearch)
baseurl=https://yum$ociregion.oracle.com/repo/OracleLinux/OL8/2/baseos/base/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=1
[ol8_addons]
name=Oracle Linux 8 Addons ($basearch)
baseurl=https://yum$ociregion.oracle.com/repo/OracleLinux/OL8/addons/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0
[root@oraclelinux ~]#

yum.oracle.com にあるOracle Linux 8 RepositoriesでもAppStreamは1種類しか紹介されていない。Base OSアップデートされたパッケージについてはbaseos latest、AppStreamのアップデートされたパッケージはappstreamに配置されていた。

というわけで、Oracle Linux 8において、バージョン固定にする方法は、おとなしく 「1.8 ISOイメージを使用したローカルYumリポジトリの作成」 をつかっとけ、という話になるようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください