NetApp ONTAP9.xでNDMPバックアップする場合の設定項目


NetApp ONTAP 9.xでNDMPバックアップを取得する際に必要な設定項目についての覚え書き

公式のマニュアル:SVMを対象としたNDMPの設定FlexVolのSVMを対象としたNDMPモードの管理

以前は各物理ノードがNDMPを受け付けていたものが、現在はNetAppの管理Storage VM(クラスタ)がNDMPの命令を受け付けるようになっている。

(1) NDMPの有効化

まず、現状有効になっているかを「vserver services ndmp status」を実行して確認する。

ontap-select-cluster::> vserver services ndmp status
This table is currently empty.

ontap-select-cluster::>

有効にするには「vserver services ndmp on -vserver 管理SVM名」を実行する

ontap-select-cluster::> vserver services ndmp on -vserver ontap-select-cluster

ontap-select-cluster::> 

有効になったことを「vserver services ndmp show」を実行して確認する。

ontap-select-cluster::> vserver services ndmp show
VServer       Enabled   Authentication type
------------- --------- -------------------
ontap-select-cluster
              true      challenge
svm0          false     challenge
2 entries were displayed.

ontap-select-cluster::> 

(2) ユーザ作成

NDMPアクセス用のユーザを、NetAppのローカルユーザとして作成する。

下記の例では「backupadmin」というユーザを作成している。「role:backup」という権限で作成することが重要です。

なお、ここで指定するパスワードをそのままNDMPバックアップ時に指定するわけではありません。

ontap-select-cluster::> security login create -user-or-group-name backupadmin -application ssh -authmethod password -role backup

Please enter a password for user 'backupadmin':
Please enter it again:
ontap-select-cluster::> 

NDMPバックアップ時に使用するパスワードは、自動生成のパスワードになります。

「vserver services ndmp generate-password -vserver 管理SVM名 -user ユーザ名」でパスワードを確認します。なお、ユーザ作成時のパスワードを元に生成しているので、generate-passwordを実行するたびにパスワードが変わるということはありません。

ontap-select-cluster::>  vserver services ndmp generate-password -vserver ontap-select-cluster -user backupadmin

 Vserver: ontap-select-cluster
    User: backupadmin
Password: qG5CqQHYxw9fE57g
ontap-select-cluster::> 

(3) LIFの作成

NDMPバックアップは、ネットワークインタフェースのroleがinterclusterであるものを使用します。

現状のinterclusterを確認するには「network interface show -role intercluster」を実行します

ontap-select-cluster::> network interface show -role intercluster
There are no entries matching your query.

ontap-select-cluster::>

存在しない場合は、新規で作成するか、既存のLIFを流用するための設定を行います。

流用する場合は公式マニュアルの「LIFの設定」をみていろいろやります。(面倒くさいはず)

作成する際は、「-home-node」と「-home-port」で主として使用する物理ノードとネットワークポートを指定します。

ontap-select-cluster::> network interface create -vserver ontap-select-cluster -lif cluster_intercluster -role intercluster -service-policy default-intercluster -address 172.17.44.109 -netmask 255.255.0.0 -home-node ontap-select-node -home-port e0a

ontap-select-cluster::>

作成されたことを「network interface show -role intercluster」を実行して確認します。

ontap-select-cluster::> network interface show -role intercluster
            Logical    Status     Network            Current       Current Is
Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- ----
ontap-select-cluster
            cluster_intercluster
                         up/up    172.17.44.109/16   ontap-select-node
                                                                   e0a     true

ontap-select-cluster::> 

メモ

「vserver show -ins」で表示される「Allowed Protocols」「Disallowed Protocols」の扱い

物理ノードに対するNDMPが有効になっていないか?「system service ndmp show」で「Enabled:false」を確認

対象となるSVMと、必要となるロールの違い:SVMを対象としたNDMPモードでのユーザ認証

Storage Virtual Machine(SVM)を対象としたNDMPモードでは、NDMPユーザ認証がロールベース アクセス制御と統合されます。SVMのコンテキストでは、NDMPユーザのロールはvsadminまたはvsadmin-backupのどちらかである必要があります。クラスタのコンテキストでは、NDMPユーザのロールはadminまたはbackupのどちらかである必要があります。

SVMのfirewall policy設定でinterclusterのポリシーでNDMPが許可されているか「system services firewall policy show -policy intercluster」

NetApp NDMP設定の詳細確認「vserver services ndmp show -ins」の「Preferred Interface Role」に書かれているroleのインタフェースがNDMPに使用できる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください