Kaspersky Security Cloudをインストールしてみた


標準だと「Kaspersky Password Manager」もインストールされてしまうようなので、解除します。

182.8MBのプログラム本体ダウンロードが開始されました。

以前、有償版のKasperskyを使っていたこともありアカウントがあるのでログイン…と思ったんだけど、新規登録扱いだな?メールアカウント間違ったかな?

めっちゃ目立つ「Upgrade package」は何かと思ったら、有償版への勧誘でした。

警告マークがついている「PC Cleaner」と「Safe Money」は、クリックしてみると有償版へのアップグレードを要求されます。

警告ついていないのに、「Database」を開いてみるとパターンファイルが更新されていない、とのこと・・・

1日1回ぐらいは更新されるようです。(Last update: 12hours表示とかは確認した)

導入されたサービスは「Kaspersky Anti-Virus Service 20.0」「Kaspersky Secure Connection Service 4.0」「Kaspersky Volume Shadow Copy Service Bridge 20.0」

しばらく操作を行わない状態で放置した後のメモリ使用量

“Kaspersky Security Cloudをインストールしてみた” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください