FleaPhone CP-D02を含むMTK系Androidのfirmwareバックアップ


coviaのFleaPhone CP-D02などのMTKチップ採用のAndroidのfirmwareバックアップについてご紹介。

(2013/04/26追記:別記事として「Google Play導入記事」があります。合わせて参照ください。)

firmwareバックアップに際して、必要なこと
・adb接続できるWindowsパソコン
MTK Droid Root & Tools v2.4.3
・MTK Droid Root & Toolsでroot取得できること

なお、取得したfirmwareバックアップは、SP Flash Toolsで焼くことができます。

1. adb接続できるようにします。
FleaPhoneの場合は「FleaPhone CP-D02をadb接続して覗いてみる」を参照してください。
もちろんAndroid端末側では「USBデバッグ」を有効にします。

2. MTK Droid Root & Toolsを入手します。
ロシアの本家:Программа для рута, бэкапа и создания рекавери на MT65**
XDAの支店:[UTIL][WIN][MT65xx] MTK Droid Root & Tools | MediaTek Android Smartphone

3. MTK Droid Root & Toolsを実行します。
MTK-Droid-tool-11
最初は空欄が多いと思いますが、徐々に項目が埋まっていくかと思います。
MTK-Droid-tool-01a

ここで表示される「IMEI」の値は必ず記録しておいてください。
SP Flash Toolsでfirmwareを書き込むと、IMEIが消えてしまいますので、記録しておいた値を元に「MTK系Android携帯でIMEIが消えた時の対処方法」で書き込んでください。

ちなみに「Blocks Map」をクリックすると↓のようなものが表示されます。
MTK-Droid-tool-02
これは、まぁ、パーテーション構造みたいなものです。

4. 「root」ボタンを押して、root取得手順を開始します。
MTK-Droid-tool-12

5. Android端末側に↓の画面が出ます。
MTK-Droid-tool-13
「データの復元をする」を選択します。

6. しばらく待つと自動的にAndroid端末が再起動されます。

7. 再起動直後のAndroidロゴが↓のように化けますが、無視してください。
MTK-Droid-tool-15

8. Android端末側の再起動完了を待ちます。
完了した頃にはMTK Droid Root&Toolsは↓のように「Root」ボタンが消えていると思います。
MTK-Droid-tool-16

7. 「root,backup,recovery」タブをクリックします。
MTK-Droid-tool-17

8. 「Backup」ボタンを押すと、バックアップが開始されます。
MTK-Droid-tool-18a

9. そこそこ時間がかかります。

10. バックアップが終わると「Packing backup?」と聞かれます。
MTK-Droid-tool-19
「はい」を選ぶと、zipファイルを作成します。
「いいえ」で特に問題ありません。

11. 「task is complete」と右側に出たらバックアップ完了です。
MTK-Droid-tool-20a

12. Android端末を再起動して作業完了です。

ちなみに、私は、この手順、Windows8 64bit環境でやりました。
(なお、SP Flash Toolによる書き込みの方は、ドライバの兼ね合いでVista環境でやってます)

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Trackbacks and Pingbacks: