Orange Pi One Plus用のUbuntu Serverをインストールしてみた


Orange Pi One Plus用のUbuntu Serverがいつの間にかにでていたのでダウンロードしてみた。

公式ダウンロードページ」から入手して、microSDに書き込み。
初期ユーザは「root」でパスワードは「orangepi」

X-Windowsが設定されていないので、HDMI出力はコンソール画面のまま起動し、loginプロンプトが表示されます。

で・・・
実は、ちょっと不可解なことが起きてまして
うちの環境だとUSBコネクタにキーボードをつけた状態だと電源オン状態から起動せず、途中でエラーメッセージを出力しつづけてるという状態に・・・
Androidの時は5V2.3Aだと起動しなかったので、5V3Aにしてたんですが、今回は5V 3Aでも起動が完了しないという問題が発生

loginプロンプトが表示された後にキーボードつなぐと使えるんですけどね・・・

それはさておき、ログインするとこんな感じ

Welcome to Ubuntu 16.04.1 LTS (GNU/Linux 3.10.65 aarch64)

 * Documentation:  https://help.ubuntu.com
 * Management:     https://landscape.canonical.com
 * Support:        https://ubuntu.com/advantage
Last login: Tue Jan 23 10:56:10 2018 from 192.168.1.150
root@OrangePi:~# uname -a
Linux OrangePi 3.10.65 #35 SMP PREEMPT Tue Jan 23 18:13:02 CST 2018 aarch64 aarch64 aarch64 GNU/Linux
root@OrangePi:~# df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mmcblk0p2  1.1G  520M  488M  52% /
devtmpfs        481M     0  481M   0% /dev
tmpfs           489M     0  489M   0% /dev/shm
tmpfs           489M  6.6M  483M   2% /run
tmpfs           5.0M  4.0K  5.0M   1% /run/lock
tmpfs           489M     0  489M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mmcblk0p1   50M   29M   22M  58% /boot
root@OrangePi:~#

Kernel 3.10.64のUbuntu 16.04.1 LTS

root@OrangePi:~# cat /proc/cpuinfo
Processor       : AArch64 Processor rev 4 (aarch64)
processor       : 0
processor       : 1
processor       : 2
processor       : 3
Features        : fp asimd aes pmull sha1 sha2 crc32
CPU implementer : 0x41
CPU architecture: AArch64
CPU variant     : 0x0
CPU part        : 0xd03
CPU revision    : 4

Hardware        : sun50iw6
Serial          : 0c000141091e3822014b
root@OrangePi:~# cat /proc/meminfo
MemTotal:        1001472 kB
MemFree:          888120 kB
Buffers:            6000 kB
Cached:            38080 kB
SwapCached:            0 kB
Active:            21844 kB
Inactive:          31092 kB
Active(anon):       8968 kB
Inactive(anon):     6576 kB
Active(file):      12876 kB
Inactive(file):    24516 kB
Unevictable:           0 kB
Mlocked:               0 kB
SwapTotal:             0 kB
SwapFree:              0 kB
Dirty:                24 kB
Writeback:             0 kB
AnonPages:          8872 kB
Mapped:             8984 kB
Shmem:              6692 kB
Slab:              20168 kB
SReclaimable:       8648 kB
SUnreclaim:        11520 kB
KernelStack:        1600 kB
PageTables:          380 kB
NFS_Unstable:          0 kB
Bounce:                0 kB
WritebackTmp:          0 kB
CommitLimit:      500736 kB
Committed_AS:      53372 kB
VmallocTotal:   251658176 kB
VmallocUsed:       48964 kB
VmallocChunk:   251607312 kB
root@OrangePi:~#

で、アップデートしてみようと、「apt update」を実行

root@OrangePi:~# apt update
Get:1 http://mirrors.ustc.edu.cn/ubuntu-ports xenial InRelease [247 kB]
Get:2 http://mirrors.ustc.edu.cn/ubuntu-ports xenial-updates InRelease [102 kB]
Get:3 http://mirrors.ustc.edu.cn/ubuntu-ports xenial-backports InRelease [102 kB]
Get:4 http://mirrors.ustc.edu.cn/ubuntu-ports xenial-security InRelease [102 kB]
Get:5 http://mirrors.ustc.edu.cn/ubuntu-ports xenial-updates/main arm64 Packages [576 kB]
Get:6 http://mirrors.ustc.edu.cn/ubuntu-ports xenial-updates/main Translation-en [295 kB]
Get:7 http://mirrors.ustc.edu.cn/ubuntu-ports xenial-updates/universe arm64 Packages [510 kB]
Get:8 http://mirrors.ustc.edu.cn/ubuntu-ports xenial-updates/universe Translation-en [233 kB]
Get:9 http://mirrors.ustc.edu.cn/ubuntu-ports xenial-security/main arm64 Packages [321 kB]
Get:10 http://mirrors.ustc.edu.cn/ubuntu-ports xenial-security/main Translation-en [189 kB]
Get:11 http://mirrors.ustc.edu.cn/ubuntu-ports xenial-security/universe arm64 Packages [181 kB]
Get:12 http://mirrors.ustc.edu.cn/ubuntu-ports xenial-security/universe Translation-en [102 kB]
Fetched 2960 kB in 12s (228 kB/s)
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
20 packages can be upgraded. Run 'apt list --upgradable' to see them.
root@OrangePi:~# apt list --upgradable
Listing... Done
base-files/xenial-updates 9.4ubuntu4.5 arm64 [upgradable from: 9.4ubuntu4.3]
bsdutils/xenial-updates 1:2.27.1-6ubuntu3.3 arm64 [upgradable from: 1:2.27.1-6ubuntu3.2]
coreutils/xenial-updates 8.25-2ubuntu3~16.04 arm64 [upgradable from: 8.25-2ubuntu2]
dpkg/xenial-updates 1.18.4ubuntu1.3 arm64 [upgradable from: 1.18.4ubuntu1.1]
libapparmor1/xenial-updates 2.10.95-0ubuntu2.7 arm64 [upgradable from: 2.10.95-0ubuntu2.6]
libblkid1/xenial-updates 2.27.1-6ubuntu3.3 arm64 [upgradable from: 2.27.1-6ubuntu3.2]
libcryptsetup4/xenial-updates 2:1.6.6-5ubuntu2.1 arm64 [upgradable from: 2:1.6.6-5ubuntu2]
libfdisk1/xenial-updates 2.27.1-6ubuntu3.3 arm64 [upgradable from: 2.27.1-6ubuntu3.2]
libmount1/xenial-updates 2.27.1-6ubuntu3.3 arm64 [upgradable from: 2.27.1-6ubuntu3.2]
libseccomp2/xenial-updates 2.3.1-2.1ubuntu2~16.04.1 arm64 [upgradable from: 2.2.3-3ubuntu3]
libsmartcols1/xenial-updates 2.27.1-6ubuntu3.3 arm64 [upgradable from: 2.27.1-6ubuntu3.2]
libsystemd0/xenial-updates 229-4ubuntu21 arm64 [upgradable from: 229-4ubuntu15]
libtasn1-6/xenial-updates,xenial-security 4.7-3ubuntu0.16.04.3 arm64 [upgradable from: 4.7-3ubuntu0.16.04.2]
libuuid1/xenial-updates 2.27.1-6ubuntu3.3 arm64 [upgradable from: 2.27.1-6ubuntu3.2]
makedev/xenial-updates 2.3.1-93ubuntu2~ubuntu16.04.1 all [upgradable from: 2.3.1-93ubuntu1]
mount/xenial-updates 2.27.1-6ubuntu3.3 arm64 [upgradable from: 2.27.1-6ubuntu3.2]
systemd/xenial-updates 229-4ubuntu21 arm64 [upgradable from: 229-4ubuntu15]
systemd-sysv/xenial-updates 229-4ubuntu21 arm64 [upgradable from: 229-4ubuntu15]
util-linux/xenial-updates 2.27.1-6ubuntu3.3 arm64 [upgradable from: 2.27.1-6ubuntu3.2]
zlib1g/xenial-updates 1:1.2.8.dfsg-2ubuntu4.1 arm64 [upgradable from: 1:1.2.8.dfsg-2ubuntu4]
root@OrangePi:~#

Orange Pi 公式のいつものubuntuの公式arm64バイナリだけがアップデートでき、kernelなどの機種依存部分はアップデートできないタイプの設定でした。

Orange Pi One PlusにAndroidを入れてみた


Allwinner H6搭載の「Orange Pi One Plus」を買った。

12/28の発売開始直後に購入手続きをしたものの、向こうが発送をミスったらしく、2回誤った配送番号を連絡され、しかも、誤ったという連絡寄こさずに新しい番号を送ってきたりしまして、
配送が動き始めたのが1/11に・・・

届かない間にRJ45を抜いて、その替わりにWiFi+BTとUSB3.0コネクタをつけた「Orange Pi Lite 2」なんてのがでたりしてますが、RJ45が無いと設定しにくい、というのと、合法的に使用するのが難しいので、まぁ、Orange Pi One Plusでよかったかな、という感じではあります。

Orange Pi One Plusは、小型Orange Pi共通の箱(One,Lite,Zero用)で届きました。

公式ダウンロードページ」からAndroidイメージをダウンロードして、PhoenixCardツールにて書き込みを実施します。

1点はめられまして、ダウンロードページには「updated:2018-01-03」と書いてありますが、リンク先のMEGA Cloud上にあるファイルが1/10にアップロードされたOrangePi_OnePlus_Android_EN_V1.2.tar.gzに置き換わっているという・・・
最初、気がつかず、置き換え前のbetaを使ったところ、MACアドレスが設定されていない状態(00:00:00:00:00:00:00)となっており、通信ができない状態になっていました。

また、PhoenixCardツールの書き込みは非常に失敗しやすいです。
何度も書き込みをトライしてみてください。
遅いmicroSDだと失敗する確率が高いような気がします。

書き込みが終わったら結線して電源を入れます。

正常に起動が始まると緑のLEDがつきます

Orange Pi One Plusは、電源消費量が大きいようで
5V2.3AのACアダプタを使用したところ「H6」ロゴを大きく表示しているところで停止した状態になりました。
5V3AのACアダプタに変更したところ、「H6」ロゴ、サウンドとアニメーション付きの「Allwinner」ロゴを表示したあと、2分弱置いて、ホーム画面を表示しました。

初回起動時は処理が特に重く、電源も消費しているようで、LANポート付きのUSBハブを使ってキーボードとマウスを繋いでいると、Allwinnerロゴのサウンドとアニメーションが飛び飛びになる、なんてことも発生していました。

Androidは、ほんとに何も入っていない状態です。
Google Playストアなし、メディア再生系ソフトウェア(Kodiなど)なし、ブラウザすら無しでWebView testerが使えるだけなのでapkファイルのダウンロードもできない、という状態です。
CIFS,NFS経由の外部アクセスにも対応したファイラーがインストールされているので、それをつかって他のマシンからapkファイルをインストールする必要があります。

これでAmazonアプリストアのapkをインストールして、そこからAmazon Videoをインストールすることでビデオ再生できることは確認できたのですが、
Amazonアプリストアからブラウザ系をいくつかインストールしてみてもちゃんと起動しないものがあるという現象が・・・
どうやらWebViewを使う系のソフトウェアでうまく動かない、ということが発生しているようでした。
Google Playストアをなんとかしてインストールしないと駄目ですかねぇ・・・

Orange Pi Zeroのアップデートモデル LAN2個のOrange Pi R1登場


Allwinner H2+搭載のOrange Pi Zeroの派生モデルとして、LAN(100Mbps)が2個搭載されたOrange Pi R1というモデルが登場しました。
送料込みで$17.01です。

Orange Pi ZeroからUSBコネクタを外して、代わりにLANをつけたような感じです。
WiFiも積んでいますが、RAM 256MBモデルなのがちょっと惜しいところ。
また、1ヶ月ぐらいしたらRAM 512MBモデルも出てきたりするのかな?

単純に小型化目的だけだったら、SoCがAllwinner H5になったOrange Pi Zero Plus 2(H5)という選択肢もあります。
こちらだとRAMが512MBになり、HDMIコネクタがついてくるものの、RJ45のLANコネクタがありません。
価格は$23.05と、$6ちょっとの差です。

ラズパイ用Waveshare / Kuman 3.5インチ 320×480タッチパネル付き液晶をOrange Piで使う


正月にアマゾンで「Kuman Raspberry Pi 3 2用ディスプレイ タッチパネル 3.5インチ 320*480 SPI インターフェース Raspberry Pi Model B B+ A+ A SC06」というのがタイムセールで売っていたので買ってみた。

買ったまましまってあったのをすっかり忘れていたので、今頃になって使ってみた。

この製品はWaveshareの「3.5inch RPi LCD (A), 320×480」のコピー製品。
なので、情報はWaveshare側で追う必要がある。

いろいろ面倒な試行錯誤があったのですが、最終結果を書いておきます。

2017/04/10の時点では、液晶表示はできました。
タッチパネル動作については、まだ全然できていません。


Orange Pi PCでSPI接続の液晶で表示をする場合に必要な設定

インストールしておくもの

フレームバッファの動作チェックに使うfbiコマンド

apt install fbi

X-Windowを今回のLCDに出力するために使う

apt install xserver-xorg-video-fbdev

モジュールを読み込むための /etc/modules-load.d/waveshare.conf の内容

flexfb
fbtft_device

上記で指定したモジュールのパラメータ指定 /etc/modprobe.d/waveshare.conf の内容

options flexfb width=320  height=480  regwidth=16 init=-1,0xb0,0x0,-1,0x11,-2,250,-1,0x3A,0x55,-1,0xC2,0x44,-1,0xC5,0x00,0x00,0x00,0x00,-1,0xE0,0x0F,0x1F,0x1C,0x0C,0x0F,0x08,0x48,0x98,0x37,0x0A,0x13,0x04,0x11,0x0D,0x00,-1,0xE1,0x0F,0x32,0x2E,0x0B,0x0D,0x05,0x47,0x75,0x37,0x06,0x10,0x03,0x24,0x20,0x00,-1,0xE2,0x0F,0x32,0x2E,0x0B,0x0D,0x05,0x47,0x75,0x37,0x06,0x10,0x03,0x24,0x20,0x00,-1,0x36,0x28,-1,0x11,-1,0x29,-3
options fbtft_device debug=3 rotate=90 name=flexfb speed=16000000 gpios=reset:2,dc:71

X-Windowで表示させるための /usr/share/X11/xorg.conf.d/98-fbdev.conf の内容

Section "Device"
  Identifier "myfb"
  Driver "fbdev"
  Option "fbdev" "/dev/fb8"
EndSection

注: /dev/fb8 は環境によっては番号が変わるはずです

これで再起動することで、LCDに表示されるようになりました….

ただ・・・時々、うまく表示されないことがあるのが謎です・・・

armbianフォーラムの「[SOLVED] Orange PI PC H3 Winner, compiled with igorpecovnik jessie desktop」に/boot/bin/orangepipc.binをfexに変換し、[disp_init]と[hdmi_para]にある下記項目を変更する、という話があった。

[disp_init]
disp_init_enable = 1
disp_mode = 0
screen0_output_type = 3
screen0_output_mode = 5
screen1_output_type = 3
screen1_output_mode = 5
fb0_width = 800
fb0_height = 480
fb1_width = 800
fb1_height = 480
 
[hdmi_para]
hdmi_used = 1
hdmi_x = 800
hdmi_y = 480
hdmi_power = "vcc-hdmi-18"
hdmi_cts_compatibility = 1

この情報を元に関連する記述を下記の様に書き換えたところ、安定して表示されるようになった。

[disp_init]
disp_init_enable = 1
disp_mode = 0
screen0_output_type = 3
screen0_output_mode = 5
screen1_output_type = 3
screen1_output_mode = 5
fb0_format = 0
fb0_width = 320
fb0_height = 480
fb1_format = 0
fb1_width = 320
fb1_height = 480
hdcp_enable = 1
hdmi_cts_compatibility = 0

[hdmi_para]
hdmi_used = 1
hdmi_power = "vcc-hdmi-18"
hdcp_enable = 0
hdmi_cts_compatibility = 1
hdmi_x = 320
hdmi_y = 480

もちろん、元のbinファイルを「bin2fex orangepipc.bin orangepipc.fex」でテキスト形式のfexファイルに変換し、編集したあと、
「fex2bin orangepipc.fex orangepi.bin」でbinファイルに戻すという手順も行っています。


参考にしたサイト

・Raspberry PiとOrange PiのGPIO指定の違いについて
RaspBerry Piで遊んでみる」の「WiringPiとWiringOP」の記載と
このページで紹介されていた「WiringOP

実際に実行してみて得られた下記の実行結果からGPIOの番号を得ました

osakanataro@orangepipc:/work/lcd/LCD-show$ gpio readall
 +-----+-----+----------+------+---+-Orange Pi+---+---+------+---------+-----+--+
 | BCM | wPi |   Name   | Mode | V | Physical | V | Mode | Name     | wPi | BCM |
 +-----+-----+----------+------+---+----++----+---+------+----------+-----+-----+
 |     |     |     3.3v |      |   |  1 || 2  |   |      | 5v       |     |     |
 |  12 |   8 |    SDA.0 | ALT5 | 0 |  3 || 4  |   |      | 5V       |     |     |
 |  11 |   9 |    SCL.0 | ALT5 | 0 |  5 || 6  |   |      | 0v       |     |     |
 |   6 |   7 |   GPIO.7 | ALT3 | 0 |  7 || 8  | 0 | ALT3 | TxD3     | 15  | 13  |
 |     |     |       0v |      |   |  9 || 10 | 0 | ALT3 | RxD3     | 16  | 14  |
 |   1 |   0 |     RxD2 | ALT3 | 0 | 11 || 12 | 0 | ALT3 | GPIO.1   | 1   | 110 |
 |   0 |   2 |     TxD2 | ALT3 | 1 | 13 || 14 |   |      | 0v       |     |     |
 |   3 |   3 |     CTS2 | ALT3 | 0 | 15 || 16 | 0 | ALT3 | GPIO.4   | 4   | 68  |
 |     |     |     3.3v |      |   | 17 || 18 | 0 | ALT3 | GPIO.5   | 5   | 71  |
 |  64 |  12 |     MOSI | ALT4 | 0 | 19 || 20 |   |      | 0v       |     |     |
 |  65 |  13 |     MISO | ALT4 | 0 | 21 || 22 | 0 | ALT3 | RTS2     | 6   | 2   |
 |  66 |  14 |     SCLK | ALT4 | 0 | 23 || 24 | 0 | ALT4 | CE0      | 10  | 67  |
 |     |     |       0v |      |   | 25 || 26 | 0 | ALT3 | GPIO.11  | 11  | 21  |
 |  19 |  30 |    SDA.1 | ALT4 | 0 | 27 || 28 | 0 | ALT4 | SCL.1    | 31  | 18  |
 |   7 |  21 |  GPIO.21 | ALT3 | 0 | 29 || 30 |   |      | 0v       |     |     |
 |   8 |  22 |  GPIO.22 | ALT3 | 0 | 31 || 32 | 0 | ALT3 | RTS1     | 26  | 200 |
 |   9 |  23 |  GPIO.23 | ALT3 | 0 | 33 || 34 |   |      | 0v       |     |     |
 |  10 |  24 |  GPIO.24 | ALT3 | 0 | 35 || 36 | 0 | ALT3 | CTS1     | 27  | 201 |
 |  20 |  25 |  GPIO.25 | ALT3 | 0 | 37 || 38 | 0 | ALT3 | TxD1     | 28  | 198 |
 |     |     |       0v |      |   | 39 || 40 | 0 | ALT3 | RxD1     | 29  | 199 |
 +-----+-----+----------+------+---+----++----+---+------+----------+-----+-----+
 | BCM | wPi |   Name   | Mode | V | Physical | V | Mode | Name     | wPi | BCM |
 +-----+-----+----------+------+---+-Orange Pi+---+------+----------+-----+-----+
osakanataro@orangepipc:/work/lcd/LCD-show$

・Waveshare 3.5インチTFTパネルのメーカ公式情報
3.5inch RPi LCD (A), 320×480 製品ページ」と「3.5inch RPi LCD (A)情報ページ
最終的には、ピンをどのような用途で使っているか、しか参考になる情報は無かった。

・Waveshare 3.5インチTFTパネルを汎用のflexfbで認識させるパラメータ
おっさんエンジニアの実験室」の「Waveshare 3.5 Spotpear TFTパネルをRPi2に付けて・・」で紹介されているfbtftのIssue#215「Support for Waveshare 3.5 Spotpear」の「fergie4000さんのコメント

modprobe flexfb  width=320  height=480  regwidth=16 init=-1,0xb0,0x0,-1,0x11,-2,250,-1,0x3A,0x55,-1,0xC2,0x44,-1,0xC5,0x00,0x00,0x00,0x00,-1,0xE0,0x0F,0x1F,0x1C,0x0C,0x0F,0x08,0x48,0x98,0x37,0x0A,0x13,0x04,0x11,0x0D,0x00,-1,0xE1,0x0F,0x32,0x2E,0x0B,0x0D,0x05,0x47,0x75,0x37,0x06,0x10,0x03,0x24,0x20,0x00,-1,0xE2,0x0F,0x32,0x2E,0x0B,0x0D,0x05,0x47,0x75,0x37,0x06,0x10,0x03,0x24,0x20,0x00,-1,0x36,0x28,-1,0x11,-1,0x29,-3
modprobe fbtft_device debug=3 rotate=90 name=flexfb speed=16000000 gpios=reset:25,dc:24

fbtft_deviceのgpios指定はRaspberry Piの場合で、そのままOrange Pi PCで使うとセグメンテーションフォルト。
WiringOPを実行(gpio readall)して、resetで使う22ピンのRST、dcで使う18ピンのLCD_RSがOrange Pi PCでは何番にあたるかを確認。
wPiなら「gpios=reset:6,dc:19」、BCMなら「gpios=reset:2,dc:71」ということで、試してみた結果、後者の「gpios=reset:2,dc:71」となった、

・fbtft_deviceとflexfbのパラメータの意味
fbtft_device」と「flexfb
とはいえ、flexfbのinitパラメータに関しては完全に呪文

・fbtftの表示動作確認で使えるコマンド
fbtft公式の「Framebuffer use」。
fbiコマンドで画像出力する、というのが簡単。

・armbianでのモジュールパラメータの設定方法
Allwinner(Generic)のEnable Hardware Features」の「Connect your LCD Display

・Waveshare 3.5インチTFTパネルのタッチパネルを認識させるパラメータ
fbtftのIssue#215「Support for Waveshare 3.5 Spotpear」の「pykoonさんのコメント
fbtft wikiの「Touchpanel

ただし、armbian環境ではads7846_device が無く、ads7846 しかない。

ラズパイではoverlaysで制御するようだが、armbian wikiの「Allwinner DT overlays」にあるarmbian-add-overlayを実行しようとしても無いので、使えなさそう・・・
armbian forumの「ads7846 / Banana pro」を見ると使えそうなことが書いてあるんですが・・・

99-calibration.confのサンプル

Section "InputClass"
        Identifier      "calibration"
        MatchProduct    "ADS7846 Touchscreen"
        Option  "Calibration"   "3932 300 294 3801"
        Option  "SwapAxes"      "1"
EndSection

・バックライト関連
fbtftのwikiに「Backlight」という項目はあるのだが、製品ページのピン配列を見ると該当しそうなものが見当たらない。
制御できないのではないか?


2017/05/05追記

・タッチパネル続報
三日坊主な私がいつまでブログやれるか...( ̄~ ̄;)の「Raspberry Pi でタッチパネル」に、下記でads7846_device単体でのコンパイルができる、という記載を発見

git clone https://github.com/notro/fbtft_tools.git
cd ~/fbtft_tools/ads7846_device; make && sudo make install

これを試してみると、armbian環境でもコンパイルできた。
調整の手法については、
特に縛りなくの「ebayで購入した3.2インチTFT液晶をRaspberry Piで使ってみる」と、fbtft公式の「ads7846_deviceのマニュアル
をあわせてみて試したところ、下記でとりあえず、タッチパネルの認識ができることを確認

insmod /lib/modules/3.4.113-sun8i/extra/ads7846_device.ko  gpio_pendown=1 cs=0 verbose=2 x_min=270 x_max=3830 y_min=340 y_max=3900

しかし、fbtft_deviceとバッティングするようで、どちらかしか利用できない状態
どうすればいいのかなぁ・・・

・動画再生
armbianのmplayはmplay2なので

sudo SDL_VIDEODRIVER=fbcon SDL_FBDEV=/dev/fb8 mplayer -vo sdl -framedrop -vf scale=360:240 動画.mpg

-vf scaleで適切なサイズを指定して縮小処理を行うような指定にしないと、動画の表示サイズが大きい場合、再生出来ない。

メモリ2GBになったOrange Pi Win Plusが登場


ようやくOrange Pi Win用のOSイメージが「公式ダウンロードリンク」に追加されたのでダウンロードを開始。
1つめが終わって2個目をダウンロードしようとしたらページがないという・・・

おや?と思ってページをリロードしてみると、さきほどまで「Orange Pi Win」と書かれていたものが「Orange Pi Win and WinPlus」に書き換わっているという・・・

そんなわけで、Allwinner A64搭載で、メモリが2GBになったOrange Pi Win Plusが登場です。
Orange Pi Win Plus Development Board

既存のOrange Pi Winは送料込み$28.41でしたが、メモリが1GBから2GBに増強されたOrange Pi Win Plusは$33.84になりました。
昨日発売されたAllwinner H5搭載のOrange Pi Primeもメモリ2GBで$33.84ですね。

どちらがいいかは悩むところですね

・Orange Pi Win Plusの利点?
 他にも採用例が多いAllwinner A64
 Windows IoTにも対応する可能性大
 電源をmicroUSBコネクタとすることも可能
 無線/BTがAP6121
 LCD端子(MIPI DSI 30ピン)があるので直つなぎもできる

・Orange Pi Primeの利点?
 電源は従来のOrange Piシリーズと同様にEIAJ#2で供給の安定化をはかっている
 無線/BTが、おそらくRTL8723CS 
 RCAビデオ出力がある


下記は、Allwinner H5/A64搭載のボードリストです。