Author Archives: osakanataro - Page 36

SoftNASという仮想マシンとして立てるCentOS+ZFSのNAS


SoftNASというものがあるらしい。

・CentOS6ベース
・ファイルシステムはZFS
・vSphereやHyper-Vの上に仮想マシンとして動作させる
・Amazon EC2用も用意されている
・検証用にVMware Workstation 8.xもサポート
・割り当てるCPUリソースは2vCPU~8vCPU
・割り当てるメモリリソースは2GB~32GB
・Dedupe機能あり(1TBにつきメインメモリ1GB追加使用)
・Thinprovisionおよび圧縮
・NFS/CIFS/iSCSIを提供できる
・Volumeスナップショット
・レプリケーション機能あり
  → Amazon EC2上に立てたサーバにレプリケーションできる
・ZFS L2ARCを利用したSSD利用の高速化

SoftNAS Essentials」という機能限定版は無償利用可能。
限定の内容の抜粋
・1TBまで
・以下の機能が使えない
 ・SSD利用の高速化
 ・iSCSI機能
 ・レプリケーション
 ・スナップショットのスケジューリング

詳細の違い

まぁ、おもしろそうではあるので、ちょっと試しに使ってみるかな


インストールしてみた

・CentOS 6.3 x86_64
・kernelはCentOS標準を利用している
ZFS on Linux利用
zfs-0.6.0-rc14.x86_64, zfs-modules-dkms,zfs-dracut,zfs-test
・独自Web GUI+Webmin
・NFSやCIFS設定はWebmin画面という感じ
・独自Web GUIは、iconCubeを使って暗号化処理をおこなっている
・独自Web GUIは多言語対応を考慮に入れてないっぽい
・LinuxはGUIログイン
・Chromeインストール&yum repo登録済
・sysctlに特にコレといったパラメータが入れられてない
・/etc/sysconfig/nfsとか/etc/init.d/nfsにも特にパラメータが入ってない
・「Software Updates」は、あくまでSoftNASに関するモジュールのみで、CentOS自体のアップデートは対象外


微妙だなぁ、と感じた、もっとも大きな点は、管理UIの不徹底です。

新規で使う際、以下の順序で操作をおこなっていきます。

1. Webにログイン
main-001
独自のAJAXなUIです。

2. 「Disk Devices」にて空きディスクにパーテーション設定
disk-dev
この画面はWebminそのままです。

3. 「Storage Pools」にてディスクの登録
storagepool
独自のAJAXなUIです。

4. 「Volumes and LUNs」にてボリューム作成
volume
独自のAJAXなUIです。
ここでボリュームを作成すると、マウントされるようになります。

5. 「NFS Exports」にてNFSマウントの設定
nfs-export
この画面はWebminそのままです。
NFSv4対応のwebmin設定画面はPseudofilesystemの関連でちょっとわかりにくいのですが、放置です。

6. 「CIFS Shares」にてCIFS関連設定
cifs-share
この画面もWebminそのままです。
なお、説明書を見ると、CIFS設定は、別途コマンドおよびファイル編集が必要、と書いてあります。

というわけで、使いやすそうな雰囲気がするGUIのわりに、手を抜いてる場所が結構あるせいで、操作感の統一がされておらず、説明も足りてないので、非常に使いにくい感じになっています。

はたして、これは修正されていくのでしょうか・・・???

MediaTekのTD-SCDMA/WCDMA向け新チップ MTK MT6572


TD-SCDMA/WCDMA向け廉価チップセットとしてMT6572というものを5月ぐらい6月までに量産出荷するらしい。
(2013/05/03追記:正式発表あり)

(MTK MT6573の誤植では無い)

キーワードとしては
Cortex-A5Cortex-A7 1.2GHz 2core(4コアなのかも?)
・28nmプロセス製造 → 省電力
・TD-SCDMA/EDGE向け+普通のWCDMAもサポート
・Spreadtrum SC6820/SC8810対抗(SpreadtrumのSC8810(SP8810)についての解説)
・4層基板で使える
・Bluetooth,WiFi,FMラジオ,GPSなど一通り揃っている

中国語は適当に理解しているレベルなので、4コアなのか、2コアなのかが読み取れなかった・・・

既存のTD-SCDMA向けdual coreのMT6577は40nmプロセス製造であるのに対して、MT6589同等の28nmを投入してきて、さらに周辺チップの機能も取り込む、ということなので、一層の省電力と基板全体としての省コストかが期待できる、ということらしい。

ネタ元
・MTK手机网:传MT6572近期量产 将会推出四核版(2013/03/11)
・MTK之家:联发科武松打虎 低价双核芯片MT6572明年第1季上市(2012/11/22)
・Pc426.com:联发科武松打虎 低阶双核芯片MT6572明年第1季上市(2012/11/23)

githubメモ帳


githubの使い方を忘れてしまうので、メモ。

・githubに自分のssh keyを登録する
ssh-keygenでキーを作る
githubのwebでssh key(id_rsa.pub)を登録

・githubから最初に持ってくる

$ git clone git@github.com:自分のユーザ名/~.git

・githubから2回目以降持ってくる

$ git pull git@github.com:osakanataro/Superuser.git

・githubへ上げる

$ git push git@github.com:自分のユーザ名/~.git

・fork元から持ってくる
$ git pull git@github.com:元/元~.gif

詳細は、hnwの日記「GitHubへpull requestする際のベストプラクティス」を参照。

SmartArray P410のfirmwareをCentOS6でアップデートしてみた


Smart Array P410をRAIDカードだけ入手して、CentOS6.3のサーバにさしてみた。
認識はしたんだが、firmwareが古い。

ただ、おそらくマザーボードの問題で、P410からのブートは無理だったので、USBメモリにbootパーテーションを作って、そこから起動させる形にした。

で、hpacucliをインストールして、ステータスを確認してみる。

# hpacucli
HP Array Configuration Utility CLI 9.40.12.0
Detecting Controllers...Done.
Type "help" for a list of supported commands.
Type "exit" to close the console.
=>ctrl all show config detail
Smart Array P410 in Slot 6
   Bus Interface: PCI
   Slot: 6
   Serial Number: PACCRID??????RQ
   Cache Serial Number: PAAVPID??????KDX
   RAID 6 (ADG) Status: Disabled
   Controller Status: OK
   Hardware Revision: C
   Firmware Version: 3.00
   Rebuild Priority: Medium
   Expand Priority: Medium
   Surface Scan Delay: 3 secs
   Surface Scan Mode: Idle
   Queue Depth: Automatic
   Monitor and Performance Delay: 60  min
   Elevator Sort: Enabled
   Degraded Performance Optimization: Disabled
   Inconsistency Repair Policy: Disabled
   Wait for Cache Room: Disabled
   Surface Analysis Inconsistency Notification: Disabled
   Post Prompt Timeout: 15 secs
   Cache Board Present: True
   Cache Status: OK
   Cache Ratio: 25% Read / 75% Write
   Drive Write Cache: Disabled
   Total Cache Size: 512 MB
   Total Cache Memory Available: 400 MB
   No-Battery Write Cache: Enabled
   Cache Backup Power Source: Batteries
   Battery/Capacitor Count: 1
   Battery/Capacitor Status: Failed (Replace Batteries)
   SATA NCQ Supported: True
   Array: A
      Interface Type: SAS
      Unused Space: 0  MB
      Status: OK
      Array Type: Data
      Spare Type: dedicated
      Logical Drive: 1
         Size: 205.0 GB
         Fault Tolerance: 5
         Heads: 255
         Sectors Per Track: 32
         Cylinders: 52687
         Strip Size: 256 KB
         Full Stripe Size: 768 KB
         Status: OK
         Caching:  Enabled
         Parity Initialization Status: In Progress
         Parity Initialization Progress: 79.64% complete
         Unique Identifier: 600508B100103130333?????????????
         Disk Name: /dev/sda
         Mount Points: /boot 500 MB
         OS Status: LOCKED
         Logical Drive Label: A23B2853PACCRID???????????F
         Drive Type: Data
      physicaldrive 1I:0:3
         Port: 1I
         Box: 0
         Bay: 3
         Status: OK
         Drive Type: Data Drive
         Interface Type: SAS
         Size: 72 GB
         Rotational Speed: 10000
         Firmware Revision: 0603
         Serial Number: 0422???Y            3??????Y
         Model: SEAGATE ST973402SSUN72G
         PHY Count: 2
         PHY Transfer Rate: 3.0Gbps, Unknown
      physicaldrive 1I:0:4
         Port: 1I
         Box: 0
         Bay: 4
         Status: OK
         Drive Type: Data Drive
         Interface Type: SAS
         Size: 72 GB
         Rotational Speed: 10000
         Firmware Revision: 0603
         Serial Number: 0422???1            3??????1
         Model: SEAGATE ST973402SSUN72G
         PHY Count: 2
         PHY Transfer Rate: 3.0Gbps, Unknown
      physicaldrive 2I:0:5
         Port: 2I
         Box: 0
         Bay: 5
         Status: OK
         Drive Type: Data Drive
         Interface Type: SAS
         Size: 72 GB
         Rotational Speed: 10000
         Firmware Revision: 0603
         Serial Number: 0522???3            3??????3
         Model: SEAGATE ST973402SSUN72G
         PHY Count: 2
         PHY Transfer Rate: 3.0Gbps, Unknown
      physicaldrive 2I:0:6
         Port: 2I
         Box: 0
         Bay: 6
         Status: OK
         Drive Type: Data Drive
         Interface Type: SAS
         Size: 72 GB
         Rotational Speed: 10000
         Firmware Revision: 0603
         Serial Number: 0422???7            3??????7
         Model: SEAGATE ST973402SSUN72G
         PHY Count: 2
         PHY Transfer Rate: 3.0Gbps, Unknown
      physicaldrive 2I:0:7
         Port: 2I
         Box: 0
         Bay: 7
         Status: Predictive Failure
         Drive Type: Spare Drive
         Interface Type: SAS
         Size: 72 GB
         Rotational Speed: 10000
         Firmware Revision: 0603
         Serial Number: 4922???W            3??????W
         Model: SEAGATE ST973402SSUN72G
         PHY Count: 2
         PHY Transfer Rate: 3.0Gbps, Unknown
   SEP (Vendor ID PMCSIERA, Model  SRC 8x6G) 250
      Device Number: 250
      Firmware Version: RevC
      WWID: 500143800??????F
      Vendor ID: PMCSIERA
      Model:  SRC 8x6G
=>

ディスクが1本死にかけてるとか、バッテリーモジュールが死んでるとか、RAID構築中とか、あるけれど、firmware はv3.0であることを確認。

バージョンアップしようとしたところ、エラーが・・・

# ./CP019316.scexe
./hpsetup: ./ccissflash: /lib/ld-linux.so.2: bad ELF interpreter: そのようなファイルやディレクトリはありません
#

作業用ファイルを削除してしまっているので、調べにくい。
CP019316.scexeはシェルスクリプトなので、ファイルを展開するだけのオプションがないか確認したところ「–unpack=出力先ディレクトリ」であることが判明。

# ./CP019316.scexe --unpack=/root/t
1115.bin
CP019316.xml
MIZ108.bin
Rom.bin
ccissflash
firmware.cfg
hpsetup
libcpqimgr.so
sandman.bin
# ls -l /root/t
合計 20908
-rwxr-xr-x 1 root root 1494272 11月 16 04:24 2011 1115.bin
-rw-rw-rw- 1 root root  743473 12月 14 02:25 2012 CP019316.xml
-rwxr-xr-x 1 root root 1461504  9月 18 02:36 2012 MIZ108.bin
-rwxr-xr-x 1 root root 4194304 11月 16 04:24 2011 Rom.bin
-rwxr-xr-x 1 root root 7159043  3月 27 14:10 2012 ccissflash
-rw-rw-rw- 1 root root     427 12月 14 02:20 2012 firmware.cfg
-rwxrwxrwx 1 root root     268 12月 14 02:20 2012 hpsetup
-rwxr-xr-x 1 root root 2148102  3月 27 14:11 2012 libcpqimgr.so
-rwxr-xr-x 1 root root 4194304 12月 12 09:31 2012 sandman.bin
# file *
1115.bin:       data
CP019316.xml:   XML  document text
MIZ108.bin:     data
Rom.bin:        data
ccissflash:     ELF 32-bit LSB executable, Intel 80386, version 1 (SYSV), dynamically linked (uses shared libs), for GNU/Linux 2.4.3, not stripped
firmware.cfg:   ASCII text, with CRLF line terminators
hpsetup:        Bourne-Again shell script text executable
libcpqimgr.so:  ELF 32-bit LSB shared object, Intel 80386, version 1 (SYSV), dynamically linked, not stripped
sandman.bin:    data
#

とりあえず、恒例のcompat-libstdc++-296あたりかな、と「yum install compat-libstdc++-296」を実行。

# yum install compat-libstdc++-296
<略>
Dependencies Resolved
================================================================================
 Package                  Arch       Version                  Repository   Size
================================================================================
Installing:
 compat-libstdc++-296     i686       2.96-144.el6             base         77 k
Installing for dependencies:
 glibc                    i686       2.12-1.80.el6_3.7        updates     4.3 M
 libgcc                   i686       4.4.6-4.el6              base        111 k
 nss-softokn-freebl       i686       3.12.9-11.el6            base        116 k
Updating for dependencies:
 glibc                    x86_64     2.12-1.80.el6_3.7        updates     3.8 M
 glibc-common             x86_64     2.12-1.80.el6_3.7        updates      14 M
Transaction Summary
================================================================================
Install       4 Package(s)
Upgrade       2 Package(s)
Total download size: 23 M
Is this ok [y/N]: y
<略>
# ./ccissflash
./ccissflash: error while loading shared libraries: libstdc++.so.6: cannot open shared object file: No such file or directory
#

まだエラーがでている。
というか、「compat-libstdc++-296」ではなかったようだ。

ぐぐったところ「“bad ELF interpreter” Error When Running Smart Array Controller Firmware Update Script」を発見。

「glibc-2.12-~.i686」と「libstdc++-4.4.6-~.i686」があれば良かったらしい。
先ほどの操作でglibc-2.12-~.i686はインストールされたので、libstdc++-4.4.6のみインストール。

# yum install libstdc++-4.4.6-4.el6.i686
<略>
Dependencies Resolved
================================================================================
 Package             Arch           Version                Repository      Size
================================================================================
Installing:
 libstdc++           i686           4.4.6-4.el6            base           299 k
Transaction Summary
================================================================================
Install       1 Package(s)
Total download size: 299 k
Installed size: 908 k
Is this ok [y/N]: y
<略>
#  ./ccissflash
HP Enclosure ROM  Flash.
Flash Engine Version: 2.06.10
Copyright (c) 2006-2009 Hewlett-Packard Development Company L.P.
-i<romfile> is required
#

問題なく動作。

改めてfirmwareのアップデートプログラムを実行

# ./CP019316.scexe
HP Enclosure ROM  Flash.
Flash Engine Version: 2.06.10
Copyright (c) 2006-2009 Hewlett-Packard Development Company L.P.
Device [P410]:  FW Ver [ Current:3.00 | Apply:6.00 ?]Flash this device? [NO, yes, quit] yes
Preparing to flash devices on the array controller...
Requesting flash - this could take up to 15 minutes...
The array flash operation succeeded.
Device [P410]:  FW Ver [ Current:3.00 | Apply:6.00 ?]Flash this device? [NO, yes, quit] yes
Preparing to flash devices on the array controller...
Requesting flash - this could take up to 15 minutes...
Flash complete.
The array flash operation succeeded.
#

アップデート後は再起動して、hpacucliにてバージョンを確認。

# hpacucli ctrl all show config detail
Smart Array P410 in Slot 6
   Bus Interface: PCI
   Slot: 6
   Serial Number: PACCRID??????RQ
   Cache Serial Number: PAAVPID??????KDX
   RAID 6 (ADG) Status: Disabled
   Controller Status: OK
   Hardware Revision: C
   Firmware Version: 6.00-2
   Rebuild Priority: Medium
   Expand Priority: Medium
<略>

v6.00-2になっていることを確認。

NEC VersaPro VY10Aのバッテリー


例のごとくに、電脳売王ネタ。

NEC VersaPro VY10Aがいろいろ出てるので、バッテリー交換が安くできるのかについて調査。

まず対象機種
VersaPro VY10A C-3 / PC-VY10ACZR3(2007/05/10発売)
VersaPro VY10A C-4(2007/10/10発売)
VersaPro VY10A C-5(2008/05/13発売)
そして、三菱電機から発売されていたapricotというブランドでも販売されていたらしい。
apricot AL C2シリーズ AL10ACH-3(2007/07発売)
apricot AL C2シリーズ AL10ACH-4(2007/12発売)
apricot AL C3シリーズ AL10ACH-5(2008/06発売)

これらのバッテリーおよびACアダプタの型番は以下の通りだった。

・Mバッテリ型番
NEC: PC-N-BACL12
NEC: PC-VP-BP49 (215g)
apricot: PC-VP-BP49/AL-VP-BP49 (215g)

Mバッテリーの写真として下記スペックが書かれたものが出てくる。
ネタ元:[PC-VP-BP49]LaVie Jシリーズの
バッテリーを交換

PC-VP-BP49
OP-570-76962
7.2V 5800mAh

PC-VP-BP49
PC-VP-BP49-2
PC-VP-BP49-3

・Lバッテリ型番
NEC: PC-N-BACL32
NEC: PC-VP-BP50 (435g)
apricot: PC-VP-BP50/AL-VP-BP50 (435g)
ネタ元:Recellonline [PC-VP-BP50]LaVie Jシリーズ大容量バッテリーセル交換
PC-VP-BP50

・MとLバッテリのセット型番
NEC: PC-N-BACL42

・ACアダプタ(10V 4A)
NEC: PC-VP-BP47 / ADP69 (225g)
apricot: AL-MI-BP47 (225g/ACケーブル90g/ウォールマウントプラグ52g)

・薄型ACアダプタ(10V 4A)
NEC: PC-VP-BP51 / ADP83 (110g)

ほかにPC-VP-BP54 / ADP86というアンペアが上がったもの(10V 5.5A)もあるらしい。

で、バッテリ側から調べると、一般向けのノートパソコンとしては、以下と互換がある模様。

・LaVie J
PC-LJ750JH、PC-LJ700JH、PC-LJ750HH、PC-LJ700HH

・LaVie G タイプJ
2007年1月,4月発表モデル

ただ、探しても、いい感じのものが見当たらないですね。

Replacement Nec PC-VP-BP49, OP-570-76962 Laptop Battery $86.33

というのが見付かったぐらいです。
海外では類似モデルが販売されていなかったのではないかと思われます。

まぁ、新品を取り寄せで買うよりは安いですけどね・・・

ま、そんな感じのお値段なようです。


VY10A/Cのあれこれ
NEC Versapro R VA15X キーボード 回復修理????Part 1Part 2
ノート用ゴム足製作・中古パソコン・PCパーツ・販売修理