Author Archives: osakanataro - Page 36

MediaTekのLTE対応64ビットSoC MT6732


先日の記事「MediaTekの64ビットアーキテクチャMT6752/MT6732の噂」について、正式情報が来た。

MediaTek MWC2014特設ページ内「MediaTek Launches MT6732 – a 64-bit LTE SOC to spur the new “Super-mid Market”

・CPU Cortex-A53 4コア 1.5GHz
・GPU Mali-T760
 ・H.265動画の1080p/30fps再生も余裕。H.264動画だったら30fpsでの録画もOK
・FDD-LTE/TDD-LTE対応
 ・Down 150Mbps/Up 50Mbps
・WCDMA/TD-SCDMA/GSM(EDGE)対応
・2.4GHz/5GHz WiFi両対応
 ・Miracastも対応
・Bluetooth 4.0対応
・2014年Q3リリース、年末ぐらいに搭載デバイス登場

で・・・これを積む製品なんですが、「Smart Device」とか「DTV-grade」「Mobile devices」という表現されています。
いままでの製品命名規則的には「MT6xxx=スマートフォン」「MT8xxx=タブレット」という感じではあるのですが、バッテリーの持ちとか、考えると最初はタブレット系での搭載になりそうな気がします。

Skype専用WiFi端末PChomeTalk Skype Phone


$66のSkype Phone!とかいう触れ込みで「PChomeTalk Skype Phone」というのが登場。

PChomeとは、台湾のYahooや楽天みたいなところ。
そこがSkype Phone、という触れ込みで製品を出してきました。
features02

で・・・

この製品、どういうものかと言うと・・・

CPU 若干時代遅れになりつつあるAllwinner A20(Coretex-A7 2コア) 1GHz
GPU Mali 400MP2
RAM 512MB
ROM 4GB
液晶 4.3インチ 800×480
Android 4.2

ぱっと見は、普通の4.3インチAndroidスマートフォンみたいな感じです。

しかし、「Allwinner A20」。
コレは通常、7インチタブレットとかで使われるCPU(SoC)です。
3G通信機能はありません。
WiFiのみで通信することになります。

features03

使用イメージは、↑のような感じで、家に設置し、「Skype子機」として使う
という感じになります。

Skypeアカウントは、1台につき1アカウント、となるようです。
違うアカウントで使いたい場合は、一度Sign outしろ、とFAQに記載されていました。

で・・・この製品、Skype以外、どういうことができるか、ということなんですが

製品紹介ページでも英語マニュアルでも、Skype以外にできること、というのが記載されていません。

「Always On」を書かれているように、SKype以外を起動することは考えられていないようです。

SmartQ Z Watch firmware v3.1


2/13にSmartQ Z Watchの最新firmware v3.1が出た。
SmartQ Z Watch V3.1

Android 4.4ベースになってからの1回目のアップデートとなりますが、見た目が若干変わりました。
v31-002
(初期設定してないので時計が狂ってます)

アイコンのデザインが丸くなりました。
v31-003

v31-004

ウィジェット関連も丸く
v31-005

バッテリー残量表示はこんな感じに
v31-006

万歩計は、まぁ、あんまり変化ないですけど、変わってはいますね。
v31-007

で・・・・・
悩みが1つ

なんか最近、手持ちのAndroidとBluetooth接続ができなくなってる、という・・・
前から動作が怪しかった対covia向けだけではなく、偽iPhone5s(Thunderbird i5s gold)や、freetel FT132Aとも接続出来ないという・・・
これは・・・いったい・・・

困ったもんです

MediaTekの64ビットアーキテクチャMT6752/MT6732の噂


MediaTekから今後リリースされる予定の64bitアーキテクチャ採用のCPUについて、情報がでてきました。

・Cortex-A53採用
・MT6752は8コア、MT6732は4コア
・スマホ向け
・LTE対応

というあたりがトピックです。

Cortex-A15を拡張したCortex-A57ではなく、Cortex-A7を拡張した省電力のCortex-A53を採用。
big.LITTLEは非対応(Cortex-A57とCortex-A53を組み合わせて構成するはずなので、片方しか採用していないMT67x2では使えないはず)

ネタ元:MTK手机网「联发科64位八核LTE处理器MT6752/32或用A53架构

MediaTekからLTE対応8コア(Cortex-A17*4+Cortex-A7*4)CPU MT6595発表


前々から噂されていたMediaTekのLTE対応チップが、正式に発表されました。

MediaTek Announces MT6595, World’s First 4G LTE Octa-Core Smartphone SOC with ARM Cortex-A17 and Ultra HD H.265 Codec Support

・LTE対応(TDD-LTE, FDD-LTE両対応)
・8コア、ただしCortex-A17 4コア+Cortex-A7 4コアの合計8コア(big.LITTLE対応)
・GPU PowerVR Series 6
・2000万画素カメラ対応
・WQXGA(2560×1600)出力対応
・WiFi 802.11ac対応
・各種衛星位置情報取得システム対応(GPS, GLONASS, Beidou, Galileo, QZSS)
・H.265 codec対応

2014年前半にチップはリリースされ、後半には搭載製品が出てくる予定とのこと。

なぜかGPUがPowerVRに戻っています。

・・・で、同時にARM社の方でも1つリリースが出ています。
ARM Enhances IP Suite for 2015 Mid-Range Mobile and Consumer Markets

こっちは2015年登場予定らしいのですが
・Cortex-A17コア
・GPU Mali-T720 / Mali-V500
というものが出てくるらしいです。

これは、GPUがMaliです。

MediaTekが全部自前でやろうとすると、PowerVRになる、って感じなんでしょうかねぇ・・・

まぁ、どちらにしろ、製品登場が楽しみです。