Author Archives: osakanataro - Page 36

Covia FleaPhone CP-F03aのsystem.propとかいろいろ


Covia FleaPhone CP-F03aが来たので、早速いろいろと、いろいろしちゃうことに・・・

まずは、adb接続が出来たので、内部システム探索。

Coviaのtwitterアカウントが、最新ファームウェアの案内を出しているので、それを適用し、「20140313版」にしてから実施しています。

それでは、早速「/system/build.prop」を開いてみましょう。

# begin build properties
# autogenerated by buildinfo.sh
ro.build.id=JDQ39
ro.build.display.id=CP-B450_B03-S01_V01_20140313
ro.build.version.incremental=eng.qinxinmei.20140313.110549
ro.build.version.sdk=17
ro.build.version.codename=REL
ro.build.version.release=4.2.2
ro.build.date=Thu Mar 13 11:14:14 CST 2014
ro.build.date.utc=1394680454
ro.build.type=user
ro.build.user=qinxinmei
ro.build.host=mtk-ui1
ro.build.tags=release-keys
ro.product.model=CP-F03a
ro.product.brand=BRCM
ro.product.name=java_c_edn000_4Gb
ro.product.device=java_c_edn000_4Gb
ro.product.board=java
ro.product.cpu.abi=armeabi-v7a
ro.product.cpu.abi2=armeabi
ro.product.manufacturer=BROADCOM
ro.product.locale.language=en
ro.product.locale.region=US
ro.wifi.channels=
ro.board.platform=java
# ro.build.product is obsolete; use ro.product.device
ro.build.product=java_c_edn000_4Gb
# Do not try to parse ro.build.description or .fingerprint
ro.build.description=java_c_edn000_4Gb-user 4.2.2 JDQ39 eng.qinxinmei.20140313.110549 release-keys
ro.build.fingerprint=BRCM/java_c_edn000_4Gb/java_c_edn000_4Gb:4.2.2/JDQ39/:user/release-keys
ro.build.characteristics=default
# end build properties
#
# system.prop for java_garnet
#
#Awesome player slow video decoder hack enable
awesome.sw_videodec=1
# When AP panic or CP assertion:
# 0: Only reboot without dump in final product
# 1: Dump + reboot in development(default)
persist.sys.panic.dump.debug=0
#Wi-Fi display composition in HWComposer
hwc.wifi.display=1
#Wi-Fi display optimization
brcm.wfd.opt=1
#wi-fi display bitrate
media.wfd.video-bitrate=3000000
media.wfd.audio-bitrate=48000
media.wfd.video-bitrate-mode=1
# vibration strength
persist.sys.vibration.strength=100
#
# ADDITIONAL_BUILD_PROPERTIES
#
ro.storage.switch_primary=true
ro.phone.ip_call=true
ro.config.builtin_cdrom=true
persist.sys.timezone=Asia/Tokyo
ro.tether.denied=false
persist.sys.app_security=0
ro.config.ringtone_standby=Ring_Digital_02.ogg
ro.config.ringtone_2=Ring_Synth_04.ogg
ro.config.ringtone=Ring_Synth_04.ogg
ro.config.notification_sound=pixiedust.ogg
persist.sys.language=ja
ro.storage.internal.reserved.mb=50
ro.config.fontscale=1
ro.sys.ime=jp.co.omronsoft.openwnn/.OpenWnnJAJP
persist.sys.country=JP
ro.config.alarm_alert=Alarm_Classic.ogg
ro.setupwizard.mode=OPTIONAL
ro.com.google.gmsversion=4.1_r1
ro.addon.type=gapps
ro.addon.platform=jb42
ro.addon.version=gapps-jb-20130812
ro.addon.minimumversion=4.2.2
dalvik.vm.jniopts=warnonly
ro.max_fb_resolution=1280x720
rild.libpath=/system/lib/libbrcm_ril.so
ro.sf.lcd_density=240
ro.product.multi_touch_enabled=true
ro.product.max_num_touch=2
awesome.lateness=200
nuplayer.eos.timeout=3
drm.service.enabled=1
sf.metadata_use_plat_sw_codecs=1
sf.metadata_retrv_hw_codecs=1
persist.audio.pcmout1.sweq=ON
persist.audio.pcmout2.sweq=ON
af.resampler.quality=3
debug.nativeofinterest=1
bayer.frame.drop=12
ro.com.android.mobiledata=false
persist.sys.cmas.enable=1
ro.opengles.version=131072
wifi.interface=wlan0
wifi.supplicant_scan_interval=15
ro.com.android.dataroaming=false
dalvik.vm.heapstartsize=8m
dalvik.vm.heapgrowthlimit=96m
dalvik.vm.heapsize=256m
dalvik.vm.heaptargetutilization=0.75
dalvik.vm.heapminfree=512k
dalvik.vm.heapmaxfree=8m
ro.bt.bdaddr_path=/data/misc/bluetooth/btmac.txt
keyguard.no_require_sim=true
ro.com.android.dateformat=MM-dd-yyyy
ro.carrier=unknown
dalvik.vm.dexopt-flags=m=y
net.bt.name=Android
dalvik.vm.stack-trace-file=/data/anr/traces.txt
ro.adups.fota.flag=yes
# begin adupsfota properties
ro.fota.platform=BRCM23550
ro.adups.fota.type=phone
ro.adups.fota.oem=ginwave23550
ro.adups.fota.device=CP-F03a
ro.adups.fota.version=CP-B450_B03-S01_V01_20140313
# begin adupsfota properties

「ro.build.date=Thu Mar 13 11:14:14 CST 2014」って、日本時間だと2014/03/13 12:14:14じゃないですかw
超最新版ですね。

前の機種で使っていた16GBのmicroSDを持ってきて、さらに設定も移したあとのシステムの状態。

shell@android:/system $ df
Filesystem             Size   Used   Free   Blksize
/dev                   223M    68K   223M   4096
/storage               256K     0K   256K   4096
/mnt/secure            223M     0K   223M   4096
/mnt/asec              223M     0K   223M   4096
/mnt/obb               223M     0K   223M   4096
/system                688M   516M   172M   4096
/cache                 147M     4M   143M   4096
/data                 1003M   552M   450M   4096
/storage/sdcard1         1G    34K     1G   2048
/storage/sdcard0        14G     8G     6G   32768
/mnt/secure/asec: Permission denied
shell@android:/system $

「/storage/sdcard0」がmicroSD
「/storage/sdcard1」がオンボードになっています。

アプリ上では「/storage/sdcard0」を「Internal Storage(内蔵ストレージ)」と表現したりしますので、実際のデータがどっちにおいてあるのかややこしくなるので注意が必要です。
(注意:これは、microSDスロットを持つ最近のAndroidで良くある話です)

/system/appにあるアプリはどんなものがあるのか?

shell@android:/system/app $ ls
AdupsFota.apk
AdupsFotaReboot.apk
ApplicationsProvider.apk
ApplicationsProvider.odex
AutoUpdate.apk
AutoUpdate.odex
BackupRestoreConfirmation.apk
BackupRestoreConfirmation.odex
BasicDreams.apk
BasicDreams.odex
BcmDiagService.apk
BcmDiagService.odex
Bluetooth.apk
Bluetooth.odex
BrcmDbg.apk
BrcmDbg.odex
Browser.apk
Browser.odex
BtWifiTester.apk
BtWifiTester.odex
Calculator.apk
Calculator.odex
Calendar.apk
Calendar.odex
CalendarProvider.apk
CalendarProvider.odex
CellBroadcastReceiver.apk
CellBroadcastReceiver.odex
CertInstaller.apk
CertInstaller.odex
ChromeBookmarksSyncAdapter.apk
Contacts.apk
Contacts.odex
ContactsProvider.apk
ContactsProvider.odex
DefaultContainerService.apk
DefaultContainerService.odex
DeskClock.apk
DeskClock.odex
DeviceInfoViewer.apk
DeviceInfoViewer.odex
DownloadProvider.apk
DownloadProvider.odex
DownloadProviderUi.apk
DownloadProviderUi.odex
DrmProvider.apk
DrmProvider.odex
Email.apk
Email.odex
Exchange2.apk
Exchange2.odex
FaceLock.apk
FileManager.apk
FusedLocation.apk
FusedLocation.odex
Galaxy4.apk
Galaxy4.odex
Gallery2.apk
Gallery2.odex
GinwaveWaveUnlock.apk
GinwaveWaveUnlock.odex
GoogleBackupTransport.apk
GoogleCalendarSyncAdapter.apk
GoogleContactsSyncAdapter.apk
GoogleFeedback.apk
GoogleLoginService.apk
GooglePartnerSetup.apk
GoogleServicesFramework.apk
GoogleTTS.apk
HTMLViewer.apk
HTMLViewer.odex
HoloSpiralWallpaper.apk
HoloSpiralWallpaper.odex
InputDevices.apk
InputDevices.odex
KeyChain.apk
KeyChain.odex
LatinIME.apk
LatinIME.odex
LatinImeDictionaryPack.apk
Launcher2.apk
Launcher2.odex
LiveWallpapers.apk
LiveWallpapers.odex
LiveWallpapersPicker.apk
LiveWallpapersPicker.odex
LocalContactAccount.apk
LocalContactAccount.odex
MagicSmokeWallpapers.apk
MagicSmokeWallpapers.odex
MediaProvider.apk
MediaProvider.odex
Mms.apk
Mms.odex
Music.apk
Music.odex
MusicFX.apk
MusicFX.odex
NetworkLocation.apk
NfcNci.apk
NfcNci.odex
NoiseField.apk
NoiseField.odex
NumberAttribution.apk
NumberAttribution.odex
OneTimeInitializer.apk
OpenWnn.apk
OpenWnn.odex
PackageInstaller.apk
PackageInstaller.odex
PhaseBeam.apk
PhaseBeam.odex
Phone.apk
Phone.odex
Phonesky.apk
PhotoTable.apk
PhotoTable.odex
ProductRegister.apk
ProductRegister.odex
Provision.apk
Provision.odex
SensorCalibration.apk
SensorCalibration.odex
ServiceMenu.apk
ServiceMenu.odex
ServiceMenuHelper.apk
ServiceMenuHelper.odex
Settings.apk
Settings.odex
SettingsProvider.apk
SettingsProvider.odex
SharedStorageBackup.apk
SharedStorageBackup.odex
SmartcardService.apk
SmartcardService.odex
SoundRecorder.apk
SoundRecorder.odex
Stk.apk
Stk.odex
Stk2.apk
Stk2.odex
SystemUI.apk
SystemUI.odex
Tag.apk
Tag.odex
TelephonyProvider.apk
TelephonyProvider.odex
UpdateInstaller.apk
UpdateInstaller.odex
UserDictionaryProvider.apk
UserDictionaryProvider.odex
VisualizationWallpapers.apk
VisualizationWallpapers.odex
VoiceSearchStub.apk
VpnDialogs.apk
VpnDialogs.odex
WAPPushManager.apk
WAPPushManager.odex
WifiDirectBeam.apk
a9b.CoviaPadOTA_CP-B450.apk
a9b.FleaCall.apk
a9b.FleaCallRegistration.apk
a9b.FleacallSetting.apk
shell@android:/system/app $

「BcmDiagService.apk」・・・どんなものが拾えるのだろうか?
とりあえず、普通の操作では、起動できない模様です。

Covia FleaPhone CP-F03aをadb接続


Covia CP-F03aに対して、adb接続設定を行った。

CP-F03aに限らず最近のAndroidでは設定画面の「開発者向けオプション」が隠されてしまっているので、adb接続するには、ちょっと面倒です。

まずはUSBデバッグの有効化
1) CP-F03aの設定画面の「端末情報」を開く
2) 「ビルド番号」というあたりを何回かしつこくクリックする
f03a-001a
3) 「これでデベロッパーになりました」と表示される
4) メニューを1つ戻ると「開発者向けオプション」が追加されている
5) 「USBデバッグ」にチェックを入れる

次にドライバの適用
1) Android SDKなどからADBドライバを用意する
2) USBデバッグを有効にしてパソコンにつなげる
3) 「VID_0A5C&PID_E688&MI_01」として認識されるデバイスにADBドライバを手動で適用する
具体的には↓のような感じ
4) 以下の「! CP-F03a」となっているデバイスを選択
devicemanager
5) ドライバの更新で、「Android ADB Interface」を指定
devicemanager2
6) 警告が出るけど強行
devicemanager3
7) ドライバの発行者が確認されるので、問題がなければ続行
devicemanager4
8) ドライバインストール完了
devicemanager5
9) 以下のように認識されます
devicemanager6

最後に、ADBで認識させるための設定
1) adbを実行するユーザのホームディレクトリにある.androidというディレクトリ(C:\Users\ユーザ名\.android)内に「adb_usb.ini」というファイルを作成し、「0x0A5C」と書く
なお、adb_usb.iniは標準状態では存在しない。
ちなみに、うちでは以下の4行が記載されている

0x4BB0
0x1949
0x1782
0x0A5C

2) ADBを再起動するために「adb kill-server」を実行する
3) 使える様になる

Coviaの4コアAndroid FleaPhone CP-F03aが来た!


CoviaのFleaPhone CP-F03aが届きました!

さっそく開梱していきましょう!
IMG_2563s

内容物はこんな感じ
IMG_2565s
ACアダプタが丸っこい感じ
説明書はそこそこ厚めです

電池には「製造元:深圳市兴科达电子科技有限公司」とあったのでメーカの名前かな?探してみました・・・
深圳市兴科达电子科技有限公司」コレがメーカーページになるんでしょうか?
電池とかACアダプタとかを取り扱っているみたいです。
本体の方とは直接関係なかったようです^^;;;

旧機種であるところのCP-D02と並べて見ました。右がCP-F03aです。
IMG_2567s

CP-D02を下に敷いて、上にCP-F03aをかぶせてみると、ほぼ同じ大きさ
IMG_2568s

左横比較
IMG_2570s

右横比較
IMG_2572s

上比較
IMG_2573s

下比較
IMG_2571s

・・・CP-F03aではストラップホールが無くなっています。
個人的には、CP-D02で一番評価していたポイントだったんですが、残念です。

さて、SIMとSDカードを入れるため裏蓋を開けます。
IMG_2575s

裏蓋には、NFC用アンテナがついています。
また、「GW-B4500」という謎の文字列も・・・

SIMは普通サイズのSIMとmicroSIMの2種類のスロットがあり、どちらか1つを利用できます。
短絡的な紹介しかしてないところだと、あたかも常時2回線を使えるように書いていますが、「手動切り替え」が必要です。
今後のファームウェアアップデートで、なんらかしらの低減機能が入るみたいな感じですが、どこまでできるのかなぁ?といったところです。

さて・・・電源を入れます。
IMG_2576s

電源ON時の注意点。
「起動音が鳴ります」
イヤフォンジャックにイヤフォンをさしていてもスピーカーから鳴ります。

起動が完了したら下記のロック画面になります。
IMG_2578s

ロック解除すると、新しいSIMを認識したという以下の画面が出てきます。
IMG_2580s
まぁ、この選択画面はDual SIM系では一般的なやつですね。
GSM圏だと意味があるのですが、WCDMA onlyの日本ではあまり意味が無い設定項目だったりします。
まぁ、どちらも、入れたSIMスロットを指定します。

起動した後は、WiFIを設定し、Coviaのtwitterアカウントが、最新ファームウェアの案内を出しているので、それを適用し、「20140313版」にしてから実施しています。(CP-F03aのファームウェアアップデートのお知らせ)

とりあえず、AnTuTu Benchmark v4.3.2で測定したので、以下に掲載

12668
UX Androd 4.2.2
Multitask 2384
Runtime 687

CPU 1200MHz(x4)
CPU integer 1763
CPU float-point 1128

RAM 75.9/447.2MB
RAM Operation 1026
RAM Speed 817

GPU VideoCore IV HW
2D graphics [540×960]584
3D graphics [540×960]3181

IO 457.3MB/1004.0MB
Storage I/O: 618
Database I/O: 480

続きは次の記事で・・・

IngenicからMIPS系SoC Jz4775搭載のNewton Platformなるもの登場


Ingenic(君正)からNewtonという名称の小型ボードが登場したらしい
「Newton」なんて名称使うなよ、とか思わなくもないですが・・・

プレスリリース:「北京君正推超低功耗超小尺寸智能互联设备Newton平台
製品ページ:「君正Newton—超低功耗超小尺寸智能互联设备平台
1393298222357

最近、低価格帯のAndroid腕時計に採用されていることが多い、MIPS系SoCのJz4775を使用した2.2cm x 3.9cmと小型のボードで、以下の機能を持っているらしい。

・CPU Ingenic JZ4775 1GHz(MIPS系XBurstコア)
・RAM 3Gb LPDDR1
・ROM 32Gb eMMC
・ジャイロスコープ、加速度センサー、磁力計
・温度、湿度、圧力センサー、生体センサー
・WiFi 802.11a/b/g/n
・Bluetooth 4.0+EDR, BLE
・FMラジオ
・NFC
・ボードサイズ 21.6mm x 38.5mm
・厚さ 3.2mm

いくらぐらいで提供するのかわかりませんが、IngenicはLinux/Androidのソースコードをgitで公開(詳細:Linux Git 仓库目录树调整/Android-JB(4.3) JZ4775代码发布)してたりするので、今後、面白いことになってくのかなぁ・・・とちょっと期待しています。

Samba 4.0で必要なポートとRHEL用iptables設定


Samba 4.0で必要なポートについて、Sambaの公式wiki「Samba port usage」を参考に設定を作成した。

とりあえず、上記のページから必要なポートについて引用

ServicePortprotocol
DNS53tcp/udp
Kerberos88tcp/udp
End Point Mapper (DCE/RPC Locator Service)135tcp
NetBIOS Name Service137udp
NetBIOS Datagram138udp
NetBIOS Session139tcp
LDAP389tcp/udp
SMB over TCP445tcp
Kerberos kpasswd464tcp/udp
LDAPS (only if “tls enabled = yes”)636tcp
Global Cataloge3268tcp
Global Cataloge SSL (only if “tls enabled = yes”)3269tcp
Multicast DNS5353tcp/udp

また、Microsoft公式の「Windows のサービス概要およびネットワーク ポート要件」も参照して、必要そうなポートについて、以下のように設定した。

# for DNS
-A INPUT -p udp -m udp --dport 53 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 53 -j ACCEPT
# for Kerberos
-A INPUT -p udp -m udp --dport 88 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 88 -j ACCEPT
-A INPUT -p udp -m udp --dport 464 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 464 -j ACCEPT
# for LDAP
-A INPUT -p udp -m udp --dport 389 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 389 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 636 -j ACCEPT
# for SMB
#-A INPUT -p udp -m udp --dport 137 -j ACCEPT
#-A INPUT -p udp -m udp --dport 138 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 139 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 445 -j ACCEPT
# for RPC and SYSVOL
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 135 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 5722 -j ACCEPT
# for Global Catalog
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 3268 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 3269 -j ACCEPT
# for Multicast DNS
-A INPUT -p udp -m udp --dport 5353 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport 5353 -j ACCEPT

上記をRHEL/CentOSの/etc/sysconfig/iptablesの適切な位置に追加する。

for SMBのUDP 137,138については、samba wikiの方にいるポートとして記載されているが、無くても動くようなのでコメントにしている。