Monthly Archives: 5月 2014

Covia CP-F03aにAndroid 4.4の試用版が提供開始


CoviaのAndroidスマートフォンCP-F03aにAndroid 4.4の試用版が提供開始された。

上記にあるように詳しい情報はFacebookに書かれている。

で・・・早速アップデートしたんですが、注意点がいくつか

・データは必ず消えます!
 手順に「初期化」を行う、というものがあるので、行わなければアプリ情報とか
 そのままアップデートできるかな?と思ってやってみましたが、初期化されました。
 (SDカードの中とかは残る)

・動かないアプリがちらほら
 twicca, コロプラ, マクドナルドが非対応でした。
 おそらく、/system/etc/permissons/ディレクトリにcom.google.android.maps.xmlがないから
 なのではないかと想定。

・root化は失敗
 Android 4.2の時に使ったROOT大师では失敗しました。
 PC版と、Android単体版の両方を試しましたがどちらも失敗です。

・ホームアプリが切り替えられない
 標準のホームアプリから他のものにしようとしてるのですが、切り替えができません。
 設定画面にホームという項目が現れませんし・・・

ちょっと前途多難気味な出発です。

さて、どうなりますことやらね

Oracle Linux用の公開レポジトリについて


Oracle Linux 7β版のページを見ていたら、以下の記述を発見。

Oracle Linux is an open source operating system available under the GNU General Public License (GPL). Oracle Linux is optimized for Oracle hardware and software and offers zero-downtime kernel updates with Ksplice and enterprise tracing and diagnostic capabilities with DTrace. Oracle Linux is free to download, free to distribute and free to use. All errata is freely available on public-yum.oracle.com .

契約していなくても使える公開レポジトリがあるらしい。

Oracle Linux Public Yum Server

現在、以下の4種類のレポジトリがある模様
・Oracle Linux 4 Update 6以降
・Oracle Linux 5
・Oracle Linux 6
・Oracle VM 2

Oracle Linux 4用は更新されてるのかなぁ?と覗いてみた・・・
以前「CentOS4の2012年03月以降のパッチ」で書いたように2014年更新なのはtzdataのみでした。
他のパッケージは更新されていないので、いまさらRHEL4/CentOS4を使い続けるのはやっぱり危険ですね。

で・・・本題のOracle Linux 6用のものを見てみる・・・
http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/

特筆するようなものとしては、以下のようなレポジトリが含まれているというところ。
・MySQL 5.5 (ol6_MySQL)
・MySQL 5.6 (ol6_MySQL56)
・Unbrakable Enterprise kernel 2.6.39 (ol6_UEK_latest)
・Unbrakable Enterprise kernel 3.8.13 (ol6_UEKR3_latest)
・常に最新kernel。2014/05/28時点では3.15.0-rc (ol6_playground_latest)

playgroundの位置づけについては、「Oracle Linux Playground」を参照のこと。

RHEL6/CentOS6でもこのレポジトリを突っ込めるので入れてみた。
競合するので、既存の/etc/yum.repos.dの中身をリネームしてから、Public repo用のファイルを入手

[root@rhel6 ~]# cd /etc/yum.repos.d/
[root@rhel6 yum.repos.d]# wget http://public-yum.oracle.com/public-yum-ol6.repo
--2014-05-28 xx:xx:xx--  http://public-yum.oracle.com/public-yum-ol6.repo
public-yum.oracle.com をDNSに問いあわせています... 203.179.83.19, 203.179.83.11
public-yum.oracle.com|203.179.83.19|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 4233 (4.1K) 
`public-yum-ol6.repo' に保存中

100%[======================================>] 4,233       --.-K/s 時間 0s

2014-05-28 xx:xx:xx (139 MB/s) - `public-yum-ol6.repo' へ保存完了 [4233/4233]

[root@rhel6 yum.repos.d]#

まず、中身を確認

[root@rhel6 yum.repos.d]# cat public-yum-ol6.repo
[ol6_latest]
name=Oracle Linux $releasever Latest ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/latest/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=1

[ol6_addons]
name=Oracle Linux $releasever Add ons ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/addons/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0

[ol6_ga_base]
name=Oracle Linux $releasever GA installation media copy ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/0/base/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0

[ol6_u1_base]
name=Oracle Linux $releasever Update 1 installation media copy ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/1/base/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0

[ol6_u2_base]
name=Oracle Linux $releasever Update 2 installation media copy ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/2/base/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0

[ol6_u3_base]
name=Oracle Linux $releasever Update 3 installation media copy ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/3/base/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0

[ol6_u4_base]
name=Oracle Linux $releasever Update 4 installation media copy ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/4/base/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0

[ol6_u5_base]
name=Oracle Linux $releasever Update 5 installation media copy ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/5/base/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0

[ol6_UEKR3_latest]
name=Latest Unbreakable Enterprise Kernel for Oracle Linux $releasever ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/UEKR3/latest/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0

[ol6_UEK_latest]
name=Latest Unbreakable Enterprise Kernel for Oracle Linux $releasever ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/UEK/latest/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=1

[ol6_UEK_base]
name=Unbreakable Enterprise Kernel for Oracle Linux $releasever ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/UEK/base/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0

[ol6_playground_latest]
name=Latest mainline stable kernel for Oracle Linux 6 ($basearch) - Unsupported
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/playground/latest/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0

[ol6_MySQL]
name=MySQL 5.5 for Oracle Linux 6 ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/MySQL/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0

[ol6_gdm_multiseat]
name=Oracle Linux 6 GDM Multiseat ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/gdm_multiseat/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0

[ol6_ofed_UEK]
name=OFED supporting tool packages for Unbreakable Enterprise Kernel on Oracle Linux 6 ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/ofed_UEK/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0

[ol6_MySQL56]
name=MySQL 5.6 for Oracle Linux 6 ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/MySQL56/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0

[ol6_spacewalk20_server]
name=Spacewalk Server 2.0 for Oracle Linux 6 ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/spacewalk20/server/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0

[ol6_spacewalk20_client]
name=Spacewalk Client 2.0 for Oracle Linux 6 ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/spacewalk20/client/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=0

[root@rhel6 yum.repos.d]#

標準で有効になっているものは「ol6_latest」「ol6_UEK_latest」。
つまり、基本はRHEL6互換だけど、kernelだけ2.6.39になる、というもの。

kernelとmysqlについては複数の選択肢がある。

・kernelの使い分けについて
「RHEL6相当のkernel 2.6.32」「UEK kernel 2.6.39」「UEK kernel 3.8.13」の3種類がある。
UEKのkernelを使いたい場合は、「kernel-uek」を追加でインストールし、grub.confを修正してkernel-uekで起動できるように変更する。
「UEK kernel 2.6.39」と「UEK kernel 3.8.13」は、パッケージ名としては、どちらも「kernel-uek」となる。
初期設定時「kernel-uek」を指定すると「UEK kernel 2.6.39」になるが、/etc/yum.repo.d/public-yum-ol6.repo 内の「ol6_UEKR3_latest」の「enabled=0」を「enabled=1」に変更すると、「UEK kernel 3.8.13」を使用する用になる。

・MySQLの使い分けについて
「RHEL6相当のMySQL 5.1」「MySQL 5.5」「MySQL 5.6」の3種類がある。
標準状態は「RHEL6相当のMySQL 5.1」となる。
パッケージ名としては「mysql-server」という名前で「RHEL6相当のMySQL 5.1」「MySQL 5.5」の両方が該当する。
このため、RPM管理上は単純な置き換え、という扱いになる。

それに対して「MySQL 5.6」の方は「mysql-community-server」という別のパッケージ名での提供になる。
ただし、/etc/init.d/mysqldとか/etc/my.cnfとか設定ファイル上は、いままでのものと同じである。
(このため、mysql-serverとmysql-community-serverは、同時にインストールできない)

さて、CentOS6.5の状態からアップデートした場合、どんなパッケージがアップデートされるのか確認してみる。

まず、通常のCentOS6.5をインストールした直後にyum check-updateを実行した場合。

[root@centos6 ~]# yum check-update
Loaded plugins: fastestmirror
base                                                     | 3.7 kB     00:00
base/primary_db                                          | 4.4 MB     00:00
extras                                                   | 3.4 kB     00:00
extras/primary_db                                        |  19 kB     00:00
updates                                                  | 3.4 kB     00:00
updates/primary_db                                       | 3.1 MB     00:00

ca-certificates.noarch                     2013.1.95-65.1.el6_5          updates
centos-release.x86_64                      6-5.el6.centos.11.2           updates
coreutils.x86_64                           8.4-31.el6_5.1                updates
coreutils-libs.x86_64                      8.4-31.el6_5.1                updates
device-mapper-persistent-data.x86_64       0.2.8-4.el6_5                 updates
dracut.noarch                              004-336.el6_5.2               updates
dracut-kernel.noarch                       004-336.el6_5.2               updates
ethtool.x86_64                             2:3.5-1.4.el6_5               updates
glib2.x86_64                               2.26.1-7.el6_5                updates
glibc.x86_64                               2.12-1.132.el6_5.2            updates
glibc-common.x86_64                        2.12-1.132.el6_5.2            updates
grep.x86_64                                2.6.3-4.el6_5.1               updates
initscripts.x86_64                         9.03.40-2.el6.centos.1        updates
kernel.x86_64                              2.6.32-431.17.1.el6           updates
kernel-firmware.noarch                     2.6.32-431.17.1.el6           updates
krb5-libs.x86_64                           1.10.3-15.el6_5.1             updates
libblkid.x86_64                            2.17.2-12.14.el6_5            updates
libuuid.x86_64                             2.17.2-12.14.el6_5            updates
libxml2.x86_64                             2.7.6-14.el6_5.1              updates
mysql-libs.x86_64                          5.1.73-3.el6_5                updates
nspr.x86_64                                4.10.2-1.el6_5                updates
nss.x86_64                                 3.15.3-6.el6_5                updates
nss-softokn.x86_64                         3.14.3-10.el6_5               updates
nss-softokn-freebl.x86_64                  3.14.3-10.el6_5               updates
nss-sysinit.x86_64                         3.15.3-6.el6_5                updates
nss-tools.x86_64                           3.15.3-6.el6_5                updates
nss-util.x86_64                            3.15.3-1.el6_5                updates
openldap.x86_64                            2.4.23-34.el6_5.1             updates
openssl.x86_64                             1.0.1e-16.el6_5.7             updates
p11-kit.x86_64                             0.18.5-2.el6_5.2              updates
p11-kit-trust.x86_64                       0.18.5-2.el6_5.2              updates
postfix.x86_64                             2:2.6.6-6.el6_5               updates
psmisc.x86_64                              22.6-19.el6_5                 updates
python.x86_64                              2.6.6-52.el6                  updates
python-libs.x86_64                         2.6.6-52.el6                  updates
selinux-policy.noarch                      3.7.19-231.el6_5.3            updates
selinux-policy-targeted.noarch             3.7.19-231.el6_5.3            updates
tzdata.noarch                              2014b-3.24.el6                updates
upstart.x86_64                             0.6.5-13.el6_5.3              updates
util-linux-ng.x86_64                       2.17.2-12.14.el6_5            updates
yum.noarch                                 3.2.29-43.el6.centos          updates
yum-plugin-fastestmirror.noarch            1.1.30-17.el6_5               updates
[root@centos6 ~]#

続いて、Oralce Linux 6 public yumにした場合のyum check-updateの結果。

[root@centos6 yum.repos.d]# yum check-update
Loaded plugins: fastestmirror
Determining fastest mirrors
ol6_UEK_latest                                           | 1.2 kB     00:00
ol6_UEK_latest/primary                                   |  14 MB     00:01
ol6_UEK_latest                                                          302/302
ol6_latest                                               | 1.4 kB     00:00
ol6_latest/primary                                       |  38 MB     00:03
ol6_latest                                                          25346/25346

basesystem.noarch                    10.0-4.0.1.el6         ol6_latest
bfa-firmware.noarch                  3.2.23.0-1.0.1.el6     ol6_latest
ca-certificates.noarch               2013.1.95-65.1.el6_5   ol6_latest
coreutils.x86_64                     8.4-31.0.1.el6_5.1     ol6_latest
coreutils-libs.x86_64                8.4-31.0.1.el6_5.1     ol6_latest
curl.x86_64                          7.19.7-37.el6_5.3      ol6_latest
dbus-glib.x86_64                     0.86-6.el6_4           ol6_latest
dbus-libs.x86_64                     1:1.2.24-7.0.1.el6_3   ol6_latest
device-mapper-persistent-data.x86_64 0.2.8-4.el6_5          ol6_latest
dhclient.x86_64                      12:4.1.1-38.P1.0.1.el6 ol6_latest
dhcp-common.x86_64                   12:4.1.1-38.P1.0.1.el6 ol6_latest
dracut.noarch                        004-336.0.1.el6_5.2    ol6_latest
dracut-kernel.noarch                 004-336.0.1.el6_5.2    ol6_latest
e2fsprogs.x86_64                     1.42.8-1.0.1.el6       ol6_latest
e2fsprogs-libs.x86_64                1.42.8-1.0.1.el6       ol6_latest
ethtool.x86_64                       2:3.5-1.4.el6_5        ol6_latest
glib2.x86_64                         2.26.1-7.el6_5         ol6_latest
glibc.x86_64                         2.12-1.132.el6_5.2     ol6_latest
glibc-common.x86_64                  2.12-1.132.el6_5.2     ol6_latest
grep.x86_64                          2.6.3-4.el6_5.1        ol6_latest
grub.x86_64                          1:0.97-83.0.1.el6      ol6_latest
grubby.x86_64                        7.0.15-5.0.2.el6       ol6_latest
initscripts.x86_64                   9.03.40-2.0.1.el6_5.1  ol6_latest
iptables.x86_64                      1.4.7-11.0.1.el6       ol6_latest
iptables-ipv6.x86_64                 1.4.7-11.0.1.el6       ol6_latest
kernel.x86_64                        2.6.32-431.17.1.el6    ol6_latest
kernel-firmware.noarch               2.6.32-431.17.1.el6    ol6_latest
krb5-libs.x86_64                     1.10.3-15.el6_5.1      ol6_latest
libblkid.x86_64                      2.17.2-12.14.el6_5     ol6_latest
libcom_err.x86_64                    1.42.8-1.0.1.el6       ol6_latest
libcurl.x86_64                       7.19.7-37.el6_5.3      ol6_latest
libss.x86_64                         1.42.8-1.0.1.el6       ol6_latest
libudev.x86_64                       147-2.51.0.3.el6       ol6_latest
libuuid.x86_64                       2.17.2-12.14.el6_5     ol6_latest
libxml2.x86_64                       2.7.6-14.0.1.el6_5.1   ol6_latest
module-init-tools.x86_64             3.9-21.0.1.el6_4       ol6_latest
mysql-libs.x86_64                    5.1.73-3.el6_5         ol6_latest
nspr.x86_64                          4.10.2-1.el6_5         ol6_latest
nss.x86_64                           3.15.3-6.0.1.el6_5     ol6_latest
nss-softokn.x86_64                   3.14.3-10.el6_5        ol6_latest
nss-softokn-freebl.x86_64            3.14.3-10.el6_5        ol6_latest
nss-sysinit.x86_64                   3.15.3-6.0.1.el6_5     ol6_latest
nss-tools.x86_64                     3.15.3-6.0.1.el6_5     ol6_latest
nss-util.x86_64                      3.15.3-1.el6_5         ol6_latest
openldap.x86_64                      2.4.23-34.el6_5.1      ol6_latest
openssl.x86_64                       1.0.1e-16.el6_5.7      ol6_latest
p11-kit.x86_64                       0.18.5-2.el6_5.2       ol6_latest
p11-kit-trust.x86_64                 0.18.5-2.el6_5.2       ol6_latest
plymouth.x86_64                      0.8.3-27.0.1.el6       ol6_latest
plymouth-core-libs.x86_64            0.8.3-27.0.1.el6       ol6_latest
plymouth-scripts.x86_64              0.8.3-27.0.1.el6       ol6_latest
policycoreutils.x86_64               2.0.83-19.39.0.1.el6   ol6_latest
postfix.x86_64                       2:2.6.6-6.el6_5        ol6_latest
psmisc.x86_64                        22.6-19.el6_5          ol6_latest
python.x86_64                        2.6.6-52.el6           ol6_latest
python-libs.x86_64                   2.6.6-52.el6           ol6_latest
ql2400-firmware.noarch               7.03.00-1.0.1.el6      ol6_latest
ql2500-firmware.noarch               7.03.00-1.0.1.el6      ol6_latest
rsyslog.x86_64                       5.8.10-8.0.1.el6       ol6_latest
selinux-policy.noarch                3.7.19-231.0.1.el6_5.3 ol6_latest
selinux-policy-targeted.noarch       3.7.19-231.0.1.el6_5.3 ol6_latest
tzdata.noarch                        2014b-3.24.el6         ol6_latest
udev.x86_64                          147-2.51.0.3.el6       ol6_latest
upstart.x86_64                       0.6.5-13.el6_5.3       ol6_latest
util-linux-ng.x86_64                 2.17.2-12.14.el6_5     ol6_latest
yum.noarch                           3.2.29-43.0.1.el6_5    ol6_latest
yum-plugin-fastestmirror.noarch      1.1.30-17.0.1.el6_5    ol6_latest
Obsoleting Packages
oracle-logos.noarch                  60.0.14-1.0.1.el6      ol6_latest
    redhat-logos.noarch              60.0.14-12.el6.centos  @anaconda-CentOS-201311272149.x86_64/6.5
[root@centos6 yum.repos.d]#

現在の段階では、いくつかのパッケージのバージョンが上がっているようです。

[root@centos6 ~]# yum update
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
Setting up Update Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package basesystem.noarch 0:10.0-4.el6 will be updated
<略>
Transaction Summary
================================================================================
Install       4 Package(s)
Upgrade      66 Package(s)

Total download size: 109 M
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
(1/70): basesystem-10.0-4.0.1.el6.noarch.rpm             | 4.3 kB     00:00
<略>
(70/70): yum-plugin-fastestmirror-1.1.30-17.0.1.el6_5.no |  28 kB     00:00
--------------------------------------------------------------------------------
Total                                            10 MB/s | 109 MB     00:10
警告: rpmts_HdrFromFdno: ヘッダ V3 RSA/SHA256 Signature, key ID ec551f03: NOKEY
Retrieving key from file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle


GPG key retrieval failed: [Errno 14] Could not open/read file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
[root@centos6 ~]#

RPMパッケージの署名検証に必要なファイルが無いのでエラー終了します。
(ちなみに/etc/yum.repos.d/public-yum-ol6.repo内の「gpgcheck=1」を「gpgcheck=0」に変更して書名検証を行わないという回避手法もありますが、この後の手順でファイルが用意されるので行いません)

以下のようにRPMパッケージとして、「centos-release」というものがインストールされています。

[root@centos6 ~]# rpm -qa|grep release
centos-release-6-5.el6.centos.11.1.x86_64
[root@centos6 ~]#

これを、「oraclelinux-release」というパッケージに入れ替えます。
先ほど失敗したyum updateコマンドによって、/var/cache/yum/x86_64/6/ol6_latest/packages/ディレクトリに必要なRPMファイルがダウンロードされてきているので、それを手動で指定します。

また、「rpm -ivh」だけでは競合を検出しインストールできないので「–force」オプションもしていします。
[root@centos6 ~]# ls /var/cache/yum/x86_64/6/ol6_latest/packages/*release*
/var/cache/yum/x86_64/6/ol6_latest/packages/oraclelinux-release-6Server-5.0.2.x86_64.rpm
/var/cache/yum/x86_64/6/ol6_latest/packages/redhat-release-server-6Server-6.5.0.1.0.1.el6.x86_64.rpm
[root@centos6 ~]# rpm –force -ivh /var/cache/yum/x86_64/6/ol6_latest/packages/oraclelinux-release-6Server-5.0.2.x86_64.rpm /var/cache/yum/x86_64/6/ol6_latest/packages/redhat-release-server-6Server-6.5.0.1.0.1.el6.x86_64.rpm
警告: /var/cache/yum/x86_64/6/ol6_latest/packages/oraclelinux-release-6Server-5.0.2.x86_64.rpm: ヘッダ V3 RSA/SHA256 Signature, key ID ec551f03: NOKEY
準備中… ########################################### [100%]
1:redhat-release-server ########################################### [ 50%]
2:oraclelinux-release ########################################### [100%]
[root@centos6 ~]#[/shell]

いままでの「centos-release」ファイルは不要なのでrpm -evで削除します。

[root@centos6 ~]# rpm -ev centos-release
[root@centos6 ~]# rpm -qa|grep release
redhat-release-server-6Server-6.5.0.1.0.1.el6.x86_64
oraclelinux-release-6Server-5.0.2.x86_64
[root@centos6 ~]#

これでyum updateを再実行すれば、アップデートを行うことができます。

[root@centos6 ~]# yum update
Loaded plugins: fastestmirror
ol6_UEK_latest                                           | 1.2 kB     00:00
ol6_UEK_latest/primary                                   |  14 MB     00:01
ol6_UEK_latest                                                          302/302
ol6_latest                                               | 1.4 kB     00:00
ol6_latest/primary                                       |  38 MB     00:03
ol6_latest                                                          25346/25346
Setting up Update Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
<略>
Transaction Summary
================================================================================
Install       2 Package(s)
Upgrade      66 Package(s)

Total download size: 109 M
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
(1/68): basesystem-10.0-4.0.1.el6.noarch.rpm             | 4.3 kB     00:00
<略>
(68/68): yum-plugin-fastestmirror-1.1.30-17.0.1.el6_5.no |  28 kB     00:00
--------------------------------------------------------------------------------
Total                                           9.7 MB/s | 109 MB     00:11
警告: rpmts_HdrFromFdno: ヘッダ V3 RSA/SHA256 Signature, key ID ec551f03: NOKEY
Retrieving key from file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
Importing GPG key 0xEC551F03:
 Userid : Oracle OSS group (Open Source Software group) <build@oss.oracle.com>
 Package: 6:oraclelinux-release-6Server-5.0.2.x86_64 (installed)
 From   : /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
Is this ok [y/N]: y
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Warning: RPMDB altered outside of yum.
  Updating   : basesystem-10.0-4.0.1.el6.noarch                           1/135
  yum.noarch 0:3.2.29-43.0.1.el6_5
  yum-plugin-fastestmirror.noarch 0:1.1.30-17.0.1.el6_5

Replaced:
  redhat-logos.noarch 0:60.0.14-12.el6.centos

Complete!
[root@centos6 ~]#

RHEL7がもうすぐリリース


CentOS5で動かしているサーバをアップデートしようかと思い、Cent OS 7で検索してみた。
すると、CentOS.orgに「RHEL7 RC is available」という4月24日付けの記事を見つけた。

「RedHat Enterprise Linux(RHEL) 7のRC版(製品候補版)が出た。CentOSについては続報を待て!」という内容。

この記事から1ヶ月・・・そろそろリリースになるのかな?

とりあえずは、http://ftp.redhat.com/redhat/rhel/rc/7/にあるRC版を入れてみるかなっと・・・・

で・・・RHEL7/CentOS7ですが、大きな変更点があります。

RHEL7RC版のディレクトリにあるのは「ppc64」「s390x」「x86_64」と「source」だけ。
(ppc64=IBM Power System用, s390x=IBM System z用)

i686版がなくなり、ついに32bitアーキテクチャが全廃です。

アプリケーション互換性のため32bit用ライブラリファイルは残存します。

ファイルシステムのデフォルトが「xfs」になります。
SGIがアレなことになっちゃったので、消滅してくのかなぁ・・・と一時期は思いましたが、ここに来ての標準採用。
思ったよりext4の進捗が好ましくなかったのかなぁ・・・なんて思ったりも。


そういやOracle Linuxの方はどうなんだろ?と探してみたら「Oracle Linux 7 beta Download」という形でβ版を公開していた。
こちらは従来のOracle Linuxと同じように、「RHEL互換カーネル」と「Oracle独自カスタマイズのThe Unbreakable Enterprise Kernel」の2種類が含まれています。
また、The Unbreakable Enterprise Kernelの方では、Linux Container(lux)も使えるようです。

イオシスのIODESUはDOOGEE CoLLo 2 DG120


イオシスから「IODESU」なるAndroidスマホが9800円で出るらしい。

なんかこの背面、どっかで見たことあるよーな・・・でも具体名が出てこなかったので、とりあえず「3.5inch android MT6572」で検索・・・

1件目で当たりを引いてしまうとは・・・

中国のDOOGEE社の「CoLLo 2 DG120」ですね。
20130921190620854

ascii.jpの記事ではいつものことなんですが、なぜかCPUを正式名称で書かない。
正式名称は「MediaTek MT6572」なのに、いつも、「MTK6572」と書く。
なんなんだろ?

あと、イオシスのいつものことですが、日本向けにカスタマイズしてるくせに、技適は取らない系。

記事中の「中華スマホでは一部アプリが動作しない場合があるが、この端末はほとんどの主要アプリが動作確認済み」というのは、中華スマホ系でGoogle Playをインストールしてるやつ、というのは、容量削減のため、Gapps関連のpermisson設定とかライブラリファイルとかのコピーが不完全で、本来必要となるファイルが全部揃ってないから、ということが原因だったりする。
(ちなみに、不完全な場合、twiccaがインストールできない)

・・・・・・・にしても、DOOGIEの製品ページだと「MT6572 1.3GHz」で「バッテリー容量3000mAh」なんだけど、イオシス版は「1.0GHz」で「2200mAh」なのか

で・・・一番不安な点。

DOOGIE DG120の情報を調べると、メモリ関連の記載がいろいろぶれている。
overviewページ」は「512MB RAM 」
parameterページ」は「Memory 256MB RAM + 512 ROM」

aliexpressの販売店を見てみると「RAM 256MB/ROM 512MB」「RAM 512MB/ROM 2GB」の2種類が・・・
(「RAM 512MB/ROM 4GB」というタイトルのもありましたが、本文を読むと
ROM 2GBでした)

はたして、ほんとにRAM 512MB/ROM 4GBモデルなんでしょうか?
(注意:中華スマホのROM容量は、結構偽造される場所なのです)

ちなみに・・・・技適無いのを分かって、こんなん買うぐらいだったら、後述のJIAYU F1買った方が、実用になると思いますよ。
90ドル以下で買える上に、JIAYUのAndroidは基本的に安定確実きびきび動く、ですからね。


「DOOGIE DG120についてのおまけ」

firmwareのアップデータがあります。
downloadページ
「DG120-14.0504」というバージョンが出ています。(中の日付は2014/03/13でした)
firmware本体はGoogle Driveに置いてあります。
「Tools & Instructions」の方はまだダウンロードしていませんが、firmwareファイルの方を見る限りでは、MTK系でよく使われるfirmware書き込みソフトSP Flash形式のファイルのようです。


ちなみに・・・・
最近、fastcardtechで売ってるMTK MT6572搭載ので、おもしろそうなのをいくつか紹介。

まずは、安心と信頼のJIAYUからはJIAYU F1のWCDMAモデル。

4.0インチのちゃんとしたやつが欲しい人にはお勧め。
超お薦め。

在庫処分に入ったっぽいiPhone5CもどきのKiphone5C WCDMAモデル。

46ドルにまで値下がりするとは思いませんでしたよ。(↑だと$94.99と出てるけど、リンク先に飛ぶと$45.99)

そして、変態スペック Star X5 IRON MAN

「厚さ5.88mm!」と謳うのはいいんだけど「4.0インチ640*360」とか「背面カメラ440万画素」と、聞いたこと無いスペックが・・・
ガワも露骨なまでのねじ止めが・・・
11515_P_1400718975759
いや・・・なに・・・これ・・・

そして、DOOGIE DG130

液晶は4.3インチ、と、DG120と比べると大型化になっちゃってますけどね。


2014/06/24追記

CoLLo 2 DG120の後継製品「COLLO3 DG110」が市場に出回り始めたようです。

スペックとしては、MT6572 1.0GHz/RAM 512MB/ROM 4GB/4.0インチ800×480/1800mAhと、まぁ、順当なところ。

しかも、$65と安い。

いよいよ、IODESUを選ぶ理由がなくなってきた感じですね。
というか、メーカ在庫処分でしたかね?という・・・

MPEG Media Transport(MMT)は何に使えるのか?


今年のNHK技術研究所の公開展示内容が発表されていた。
その中の1つ、「8Kスーパーハイビジョン放送の高機能化に向けたMMT伝送技術」について調べてみた。

MMTとは何か?というと「MPEG Media Transport」という今年MPEGで標準化が完了したばかりの規格で、データを届ける際の伝送経路を1つではなく、複数持たせることができるようになる規格。

検索して出てきた良い資料は以下の3つ
NHK技研R&D No.140 2013年7月掲載の「次世代放送システムのメディアトランスポート技術
NTT技術ジャーナル 2014 vol.26 No.2掲載の
4K ・ 8K映像配信を支える 次世代メディア伝送技術MMT
・DCCJ&SKJ主催シンポジウム2013の資料「ODS・遠隔コラボレーションを加速する 超高精細映像配信ネットワーク」(NTT技術ジャーナルのと同じ著者)

NHK技研R&Dのは、なぜ必要になっているのか、とかをしっかりと解説してあるのでお薦め。説明の主眼は「複数の伝送経路を使って映像を届ける」ということに置かれている。

NTT技術ジャーナル関連の2つは、「MMTで改善された点のうち誤り訂正が絡む符号化関連」と、「MMTを利用した映像製作サイドの利用例」に主眼を置いて書かれている。

とりあえず、いろいろ見て、私が理解したMMTを使い実現できること。
(間違ってるかも?)

「ワンセグ/フルセグ/スーパーハイビジョンなどでの映像の完全同期」

現状、ワンセグ/フルセグを含め、複数の端末で同時に同じチャネルを見た時に
映像・音声が同期することはなく、タイミングが若干ずれる。
これはTV局から発信された後の再生のタイミングを調整する機能が存在せず
受け取った電波をデジタル処理して表示するのにかかる時間を
そのままにしていることによるタイミングのズレである。

こういった状況を廃するため、例えば
・最終的な表示を決める為のタイミングデータ(電波配信)
・フルセグ用の映像データ(電波配信)
・ワンセグ用の映像データ(電波配信)
・スーパーハイビジョン用の映像データ(CATV配信)
・タブレット端末用の映像データ(IPベース配信)
・別視点用の映像データ(IPベース配信)

というように各データを複数の経路で配信する。

この場合、ユーザ側では、必要な映像データの取得を行うことになる、

例えば・・・

4Kテレビを最高画像でみるには以下の2つを受信
・最終的な表示を決める為のタイミングデータ(電波配信)
・スーパーハイビジョン用の映像データ(CATV配信)

移動中、車内TVを見るという時には以下の3つを受信
・最終的な表示を決める為のタイミングデータ(電波配信)
・フルセグ用の映像データ(電波配信)
・ワンセグ用の映像データ(電波配信)
フルセグの受信状況が悪ければ、ワンセグ映像に切り替える
現状だと、どうしてもワンセグ/フルセグ切り替え時に、
音声や映像が微妙に戻ったり飛んだりするが、
そういったロスが少なくなる(はず

スポーツ中継などで
・最終的な表示を決める為のタイミングデータ(電波配信)
・ワンセグ用の映像データ(電波配信)
・別視点A用の映像データ(IPベース配信)
・別視点B用の映像データ(IPベース配信)
というような形で、通常放送では見れない別視点映像を随時切り替えて、
もしくは機器側が対応していれば、同時に表示させる、
といったことが可能となる。