Delux T11 Designerを日本語キーボード環境で使えるようにカスタマイズ


Windowsでは通常設定だと繋いでるキーボードの配列は1種類しか選択できない。

日本語キーボード環境だと、英語配列のキーボードを繋いでも日本語配列として扱われてしまうことになる。

で・・・Delux T11 Designerはどうやら英語配列キーボードとして認識されていることを前提とした作りとなっているようだ。

このため、レジストリをいじって英語配列キーボードであると認識させる必要がある。

レジストリエディタ(regedit)を起動して、以下の2箇所にパラメータを設定します。

1箇所目:「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\HID\VID_1017&PID_A001&MI_00\7&<つなぐUSBポートによって値が変わる>&0&0000\Device Parameters」に
DWORD32形式で新しいキー「KeyboardSubtypeOverride」を値「0」
DWORD32形式で新しいキー「KeyboardTypeOverride」を値「4」

2箇所目:「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\HID\VID_1017&PID_A001&MI_01&Col04\7&<つなぐUSBポートによって値が変わる>&0&0003\Device Parameters」に
DWORD32形式で新しいキー「KeyboardSubtypeOverride」を値「0」
DWORD32形式で新しいキー「KeyboardTypeOverride」を値「4」

これを設定してから、再起動をします。
そうすると、saiで拡大縮小ができるようになりました。

なお、細かいあたりは他のサイトを見てください。

ほげほげー「Windows で US 配列と JIS 配列を共存させたい
202122「USB英語キーボード付けた。(英語、日本語キーボードの共存、KeyboardTypeOverride)

AmazfitからMIPSコアのIngenic M200Sを搭載したAndroidベース腕時計 Amazfit Verge登場


最近、中国のMIPSコアベンダIngenicのSoCを搭載しためぼしい製品ってなかなかないなぁ・・・と思ったら
Amazfitから「AMAZFIT 智能手表」というものが登場

AndroidベースのAmazfit OSを使っているそうだ

SIMにシールをはるだけでモバイル決済ができるというDigiTallyのその後の調べて見た


2016年に「SIMにシールを貼るだけで電波の届かないところでも携帯で支払いできる技術」とか「SIMカードにシールを貼るだけで電波の届かないところでもモバイル決済が可能になる「DigiTally」」という記事になっていた「DigiTally」。

どちらの記事でもSIMの方が重要そうな書きっぷりですが、当時確認できた資料を見る限りでは「DigiTallyについて調べてみた/overlay SIMが重要なのではなくSMAPsが重要っぽい」ということで記事を書いていました。(gigazineの記事が公開されるより前に記事にしてます)

その後、続報を聞かないなぁ、と調べて見ました。

まず公式ページ「DigiTally
ほぼ変化がないが下記の記述が増えている

We collaborated with researchers from Strathmore University (Nairobi, Kenya), and I made the trip to evaluate the prototype and visit rural areas of Kenya in August-September 2016. Our paper summarising the results of a pilot study was accepted to the Symposium on Usable Privacy and Security (SOUPS), the leading security usability event, which I presented at SOUPS 2017 in Santa Clara, California in July 2017.

More information is available on our Security Group’s blog.

2016年8月~9月にケニアでプロトタイプの実験をして、2017年7月にカリフォルニアで行われたシンポジウムで論文発表した。
とある。

全体的な決済の仕組み

テスト環境はNOKIA 130(2014年バージョン)を使用、
送信者・受信者・金額をベースに8桁数字のコードを生成し
それをお互いに直接入力し合うことにより、整合性を取り決済を完了させる
というものだった。

ユーザ数が多くなった場合、8桁の数字で成り立つんだろうか???

ケニアのプロトタイプの実験というのは、販売者3人、購入者12人を用意して行ったようだ。

で、各販売者が60決済するような感じで、購入者側ががんばって決済を試みる、という感じで行っている。
8桁の入力エラーがいろいろ発生して、決済には30秒~1分かかるような感じであったようだ。

で・・・・このDigiTallyについての続報は無い。

が、「offline mobile payments」で調べると、いくつかサービスが開始されている
・「OyaPay – Offline mobile payment for Africa
  別途持っているデビットカードとリンクして、その中の残高をやりとりできる仕組み
  仕組み自体は、DigiTallyと似ているような感じで、Android/iOS上にアプリをインストールして使う
  最近リリースされたようで、iOS用はまだ審査中
・「PaySe – A Digital Wallet with Secure Offline Payment Solution
  LCDとキーパッドがついた専用のカードを使い、カード単品でコード入力する仕組み
  2016年にサービスインしているようだが、あまりうまく行ってなさそうな感じ

NetBackupのマスターサーバを新しくする場合の資料


NetBackupのサーバを新しく置き換える場合の資料に関して

基本:「How to migrate the NetBackup catalog information from one platform to another (UNIX to Windows or vice versa), rename a Master Server, cluster an existing Master Server, or merge multiple NetBackup domains.
ここに資料がまとまっている。
・Windows環境を新しくする場合「Using catalog backup and recovery to transfer NetBackup catalogs between Windows master servers as part of a hardware refresh
・Unix/Linux環境を新しくする場合「Using catalog backup and recovery to transfer NetBackup catalogs between UNIX or Linux master servers as part of a hardware refresh
・Windows環境<=>Unix/Linux環境の置き換えは、コンサルタントサービス契約が必要

環境を新しくする際、メディアサーバも変わることが多い。
その場合、無くなるメディアサーバは、マスタサーバが古い状態の時に、オフライン扱いにしておかないと、メディア管理上めんどうなことになる。
→「What is the process for decommissioning a NetBackup 6.5 or 7.x media server?
(NBU8.x環境では不要?)

NetBackup 8.1.2で、HP-UXとAIXがNetBackupのマスタサーバ/メディアサーバになれなくなる
このため、サポートが継続されるLinuxかSolaris環境へ移行するためのドキュメントが公開されている。
現在サポートされているNetBackup 7.7~8.1.1までのバージョンを対象としているが、それ以前でもだいたい同じとなる。
・マスタサーバ向け「NetBackup Master Server Migration Guide
・メディアサーバ向け「NetBackup Media Server Migration Guide

NetBackupのトラブル調査とログ取り


しばらくやってなかったら忘却してしまったのでメモ書き

・NetBackupサポートユーティリティ(nbsu)を使った一括収集
 インストールパス/NetBackup/bin/support 以下で以下を実行する
  nbsu -t -c -g OS -s OS_ODBC -s OS_currentcontrolset_reg -s OS_currentversion_reg -g NET -s NET_network_reg -s NET_services -g DEV -s DEV_scsi_reg -g MM -g NBU -s NBU_vrts_reg -s NBU_nbdb_info -s NBU_bptestnetconn
 実行後、support/output/nbsu/ に結果が出力される
 なお、上記コマンドだとかなり時間がかかる場合がある。
 また、NetBackup 8.1.1では上記オプションを使うのはold_nbsuとなり、新しい「nbsu」はオプションいらなくなった模様
 参考資料:Veritas NetBackup™ トラブルシューティングガイド「NetBackup サポートユーティリティ (nbsu) について

・nbcplogs によるログ収集
 インストールパス/NetBackup/bin/support 以下で以下を実行する
  nbcplogs -d 期間 出力先ディレクトリ
 例: nbcplogs -d 7d /tmp/nblogs
  /tmp/nblogs ディレクトリに、過去7Days分のログを出力する
 なお、出力に時間がかかる場合がある

インストールパス/NetBackup/bin/admincmd 以下にある管理ツール群

・普通にエラーログなどを取得
  bperror -L -hoursago 672 -columns 200

・NetBackupの全体設定確認
  bpconfig -U
  bpgetconfig

・バックアップ設定(ポリシー)確認
  bppllist -L -allpolicies

・バックアップデバイス確認
  bpstulist -U
  nbstlutil list -l

・バックアップメディア一覧と有効期限の確認
  bpmedialist -U

・バックアップされたイメージ一覧
  bpimagelist -idonly -d 01/01/1970 00:00:00

・ライセンスの確認
  get_license_key

・Storage Life Cycle Policy(SLP)設定
  nbstl -L -all_versions