iPhone6みたいな中華Android


さて、iPhone6が正式に発表となりました。

iPhone6 4.7インチ 67.0×138.1×6.9mm 129g
iPhone6 Plus 5.5インチ 77.8×158.1×7.1mm 172g
の2種類が出るとのこと。

さて、中華なAndroid業界ですが、以前からiPhone5/5sでは無い、それよりも大きなiPhoneっぽい何かが販売されてきています。
ただ、それは、4.7インチ/5.0インチ/5.5インチといくつかバージョンがあり、それぞれのサイズの中でも微妙に形が違っていました。

今回、正式にiPhone6が発表されましたので比較してみましょう。

といっても、いま容易に手に入るのは、4.7インチのものと、5.0インチのものです。
まずは、本物のiPhone6の画像から・・・
iPhone6_PF_SpGry_iPhone6_PB_SpGry_iPhone6_PSL_SpGry_Homescreen-PRINT

それでは、ここから、iPhone6みたいな感じの中華Androidです。


「Kiphone i6」

4.7インチ 67.0*137.5*7.2mm 121g
MT6582(4コア)
12320_P_1407276422021
12320_P_1407276422387
背面は似てるが、前面が違うiPhone6もどき。


「Kiphone i6 LTE」

4.7インチ 67*138*6.9mm 121g
MT6572(2コア)
外形上は上記のKiphone i6とほぼ同じ
「LTE」はおそらく「LighT Edition」的な何かを意味しているw


「Kiphone i6 Ex」

4.7インチ 67*138*7mm 121g
MT6592(8コア)
ex-1
ex-2
解像度とCPUスペックが他より高いモデル。
といっても7月の販売以後、品切れ中。


「Kiphone i6 5.0インチver」

5.0インチ 71*144*7.9mm 158g
MT6582(4コア)
一番最初に登場したもので、4.7インチと5インチのiPhone6が登場する、とか噂されていた頃のもの。
old-ki6


「Sophone i6」

4.7インチ 67.0*139.5*7.5 mm 125g
MT6582(4コア)
これまた大きさが微妙という・・・
メモリが2GBというのがホントなら、まぁ、いいところか?

Solaris10でfioがコンパイルできない


Solaris10でfioをコンパイルしようとしたら、configureでエラーがでた。

./configure: 構文エラー 行 985: `GTK_CFLAGS=$' unexpected
Makefile:10: recipe for target 'config-host.mak' failed

該当行を見てみる・・・

GTK_CFLAGS=$(pkg-config --cflags gtk+-2.0 gthread-2.0)

なんで「GTK_CFLAGS=`pkg-config –cflags gtk+-2.0 gthread-2.0`」という表記じゃないんだろ?と不思議に思いつつ、とりあえず書き換え
再実行すると、他にも同様の記述が・・・

もしや、と思って、ヘッダを見てみると「#!/bin/sh」

おいこら!
bash専用命令なのに、shって書くなよ!

というわけで、ヘッダ部分だけ書き換えて対処完了

VMware toolsの配布場所:Windows&Linux


VMware toolsのダウンロードURLを調べていたら、Linuxディストリビューションの一部では、yumコマンドでダウンロードできるようなレポジトリファイルも配布されているのを発見したのでメモ書き。

VMwareにあるvmware-tools配布場所:「http://packages.vmware.com/tools/esx/latest/index.html

Linux向けレポジトリのファイル置き場:http://packages.vmware.com/tools/esx/latest/repos/index.html

RHEL5 i686版
RHEL5 x86_64版
RHEL6 i686版
RHEL6 x86_64版

レポジトリファイルは、上記4つの他に、SLES11.0, SLES11.1, SLES11.2, SLES11.3, Ubuntu10.04, Ubuntu11.10, Ubuntu12.04が公開されている。

Windows版vmware-tools配布場所:http://packages.vmware.com/tools/esx/latest/windows/index.html

hpからProLiant Generation 9サーバが登場


アメリカでhpがProLiant Gen9サーバを発表した模様。

2014/08/28:HP Unveils New ProLiant Gen9 Servers to Help Customers Address Evolving Data Center Demands
Gen9_family_FT_PR

といっても、詳細は9月9日~11日にサンフランシスコで開催されるIntel Developers Forumにて発表される、とのこと。

このIntel Developers Forumでは、DDR4メモリ対応のサーバ向け新CPU Haswell-EP搭載 Xeon E5-2600v3プロセッサが発表される見込みなので、それに合わせて詳細発表、となるんでしょうね。

上記URLで公開されている情報、「Reimagine the server. Think compute.」の下部にあるリンクから「HP ProLiant Gen9 Servers FAQ」、The Register:「HP busts out new ProLiant Gen9 servers」の記事の内容を合わせて

発表される機種

従来モデルのアップデート
・タワー型 ML350 Gen9(5Uラックも可)
High-performance server with unmatched capacity and reliability in a rack or tower
form factor

・1U DL360 Gen9
Dense performance for multi-workload compute in the data center

・2U DL380 Gen9
The no-compromise data center standard for multi-workload compute, and the most
popular server model in the world’s best-selling ProLiant server family

・ブレード用 WL460c Gen9
The world’s leading server blade accelerates service delivery with advanced Compute
performance that’s truly optimized for core IT workloads.

・Apollo6000用 XL230a
Apollo 6000 System server, density optimized performance for rack-scale workloads

・Apollo8000用 XL730f
Apollo 8000 System server for high performance computing workloads

名前変更での登場
・DL160 Gen9 (旧DL360e)
Right-sized performance for space- and budget-constrained environments
・DL180 Gen9 (旧DL380e)
The new standard for growing data center needs

特徴
・Haswell-EP Xeon E5-2600v3
・DDR4メモリ
・UEFIへの移行
・RESTful APIによるUEFI設定変更対応
・12Gb/s Smart Array Controller
・Windows Server 2003非対応

DL360G9のフロント写真を見ると、USBポートが青い・・・USB3.0対応の可能性が・・・
DL360_Gen9_10SFF_FT

DL180G9/DL160G9の方は、黒なので、300シリーズのみなのかも?

vSphere 6で搭載予定のvSphere API for IO Filteringとは?


VMworld 2014に合わせてSanDiskからVDI分野向けにフラッシュ製品(Fusion ioとULLtraDIMM)を使った製品を提供するといった発表がありました。
SanDisk Introduces New Solutions for VMware Horizon 6 and Virtual SAN at VMworld 2014

関連情報を調べていると、VMwareとSanDiskが組んで、vSphereのディスクI/Oの仕組みにフィルター機構(vSphere API for IO Filtering)をつけた、という記事を見つけました。
SanDisk Partners with VMware to Design APIs for IO Filtering for Server-side Solid-state Caching

vSphere API for IO Filteringは、ESXiのディスクI/O部分に対して、追加処理を加えるためのフィルタ機能をつけることができる、というものだと思われます。

以下は、上記の記事および最近の周辺状況を加味して、記載した内容になります。
記事の正当性については保証しませんのでご注意ください。


vSphere API for IO Filteringの主な用途としては、ディスクI/Oをキャッシュするための処理、という感じになります。

そう、SanDiskが得意としている、フラッシュメモリ/SSD、そして、昨年発表されたもののIBM eXFLASH以外に採用事例が出てこないULLtraDIMMを有効活用するための仕組みです。

このディスクI/Oに対してキャッシュ機能を追加するという製品はすでにいくつかあります。

・VMware純正のVMware Flash Read Cache (vFRC)
・PernixData FVP
・Proximal Data AutoCache
・ちょっと系統が違うけど、Infinio (メモリのみでI/Oキャッシュ)

vFRCはどうなっているのかわかりませんが、それ以外の3つはディスクI/Oを司る部分のうち、PSP/Path Selection Pluginsと呼ばれるディスクI/O経路制御に使われる部分を置き換えています。

根幹部分を置き換えているので、プロトコルへの対応や、構成によって何ができる、できない、などがあったりします。

今回発表になったvSphere API for IO Filteringでは、そういった部分は置き換えず、そのままにしておき、比較的容易に追加できる機能として実装できるようにしたものとなります。
このため、おそらくは構成をあまり選ばずに、利用できるようになるのかと思われます。

2015年予定のvSphere 6に向けて、vSphere API for IO Filtering対応に向けて既存製品もアップデートしていくでしょうし、それ以外にもいろいろ出てくるのではないかと思います。

そして、おそらくは、このレイヤーを使ったバックアップ/DR製品とかも出てきそうです。

なかなか楽しみな機能になりそうです。