SSD/HDDのハイブリッド型RAIDのNimble StorageがFibre Channelにも対応+ここ1年の動向


このblogで何回か話題にしている、SSD/HDDのハイブリッド型RAIDの「Nimble Storage」ですが、いままでiSCSIのみの対応だったものが、Fibre Channelにも対応しました。

公式リリース:Nimble Storage Advances Adaptive Flash Platform: Releases Fibre Channel Storage Arrays(2014/11/18)


まず、最近のNimble Storageの状況について解説。


・日本での取り扱い状況
現在、日本でのNimble Storageの取り扱いは、東芝が主体となり、製品販売および保守サポートが行われています。
東芝クラウド&ソリューション Nimble Storage」に日本語製品ページを用意し、本家のInfosight(サポートページ)で公開されている英語文書を日本語訳した文書など、いろいろ公開してくれています。

販売代理店もぼちぼちと増えていっています。
一部、Tintri VMstorと重なっていたりするとことが興味深かったりも・・・


Nimble Storageの性能は、ぶっちゃけて言えば、CPUとメモリを使ってぶん回し、SSDとHDDをうまいこと使っていく、という力業で解決する方向性です。
なので、新しいCPUが出て、それで劇的な改善が見込まれそうだな、となると、新機種になるわけです。

ということで登場したのが、以下のシリーズ。
Fibre Channelをサポートするのもこの機種群からになります。

・CS215
最低ラインのモデルで、パフォーマンス基準モデル。
SSD 80GB*4,HDD 1TB*12、という構成。SSDのサイズを変えることはできる。
CS210という、HDD/SSD容量をさらに減らしたモデルもあるがパフォーマンスは悪くなるので注意。
拡張筐体は1台までしか接続できない。
CS210/CS215のみ、iSCSIのみで、Fibre Channelをサポートしない。
上位モデルへアップグレードできない、というあたりを鑑みると、旧シリーズの流用かな、と推測される。

・CS300
CS215の1.6倍IOPSを提供できるモデル。
SSD 160GB*4,HDD 1TB*12構成から始まり、HDD/SSD容量を増やした構成も可能(最大SSD 800GB*4/HDD 4TB*12)。
拡張筐体を6台まで接続できる。
All Flash構成にすることも可能。

・CS500
CS215の5倍のIOPSを提供できるモデル。
SSD 300GB*4,HDD 1TB*12構成から始まり、HDD/SSD容量を増やした構成も可能(最大SSD 1.6TB*4/HDD 4TB*12)。
拡張筐体を6台まで接続できる。
All Flash構成にすることも可能。

・CS700
CS215の7倍のIOPSを提供できるモデル。
SSD 300GB*4,HDD 1TB*12構成から始まり、HDD/SSD容量を増やした構成も可能(最大SSD 1.6TB*4/HDD 4TB*12)。
拡張筐体を6台まで接続できる。
All Flash構成にすることも可能。

・4xCS700
CS700を4台組み合わせたセット販売
4台あっても、Nimble Storageの機能で1台のように管理利用できる。

なお、CS300/CS500/CS700の筐体は同一であり、コントローラ部分が違うだけなので、コントローラ交換によるアップグレードが可能になっています。


で・・・次に、Nimble StorageのOS基本機能の更新について。

まず、日本に入ってきたのは、Nimble OS 1.4.7ぐらいの段階です。
そこから最近までの更新内容と言えば・・・

・Nimble OS 2.0
複数台のNimble Storageを1台のように取り扱えるGroup機能と、Groupの中でストレージ容量管理を行う為のStorage Pool(Multi Array Group/Pool)機能の導入。
Windowsでの若干面倒なiSCSIマルチパスの設定をやってくれるWindowsToolKit(Nimble Connection Manager)の提供。

・Nimble OS 2.1
tag VLANサポート。
All Flash構成のサポート。
HDD部分のRAID構成変更。「ソフトウェアRAID6(パリティ2本)+スペア1本」から「ソフトウェアRAID(パリティ3本)+スペア無し」へ。
おそらくInfosightで収集したHDD故障率と故障時の対応状況からのリスク、と、ディスク本数を増やすことによるアクセススピードの向上を比較した上で、この結果になったのだと思われる。
管理用ユーザアカウントの導入。2.0まではadminしかなかった。

・Nimble OS 2.2
Fibre Channelをサポート
Microsoft SCVMMへの統合機能サポート。

こんな感じで進化していっています。
上記には書いていませんが、VMwareとの連携については、Nimble OS 1.4時代からサポートしています。


ようやく、本題。
Nimble OS 2.2でのFibre Channelサポートについてです。

仕組み上は既存モデルでもできるとは思うのですが、製品戦略上・・・というか、そもそも、PCIeスロットが空いていないので、既存モデルは対象外となっています。

iSCSIストレージとして可能であったことでも、Fibre Channelストレージになると実現不可能、ということがあるため、「iSCSIストレージとして使う場合」と「Fibre Channelストレージとして使う場合」でサポートされている機能が若干違います。
基本的にはiSCSIストレージの方がいろいろできます。

Fibre Channelストレージとして使用する場合に利用できない機能としては、以下があります。
・FibreChannelでのMulti Array Group/Poolは非サポート
  複数のNimbleStorageを組み合わせ1つのストレージとして使う機能は
  FibreChannelでは使用できません。

・1つのボリュームをiSCSIとFCで共有することは非サポート
  1つのボリューム(LUN)に対して、iSCSIアクセスと、FCアクセスを同時に有効にすることはできません。
  ボリュームの設定として、「iSCSI」か「FC」のどちらか1つを選択する必要があります。
  なお、一度設定したあとに、切り替えることは可能です。

この組み合わせはサポートされている、と書いてあって意外だったのは、レプリケーションについてです。

・レプリケーションの送りと受けでのプロトコル違いをサポート
  送り側: iSCSI、受け側:FibreChannel、というのをサポート。
  なお、レプリケーションの伝送には、従来通り、TCP/IPを使用します。

まぁ、FibreChannelについては、機能がついて間もないので、パフォーマンス事例見当たらないので、情報が出てきてから本番かな・・・といったところですね。

JIAYU F1のfirmware F1WW-20140714-200639


JIAYU F1のfirmware。

純正でGoogle Playが入ってるモノが存在していました。

公式フォーラムの「[F1] [有11人赞]佳域F1最新Android 4.2原生ROM下载」にありました。
英語版Newページにも「JIAYU F1-WCDMA Android4.2 ROM (F1WW-20140714-200639)」で告知されていました。

WCDMA版でGooglePlay同梱されているもの、は、以下のものです。

F1-WCDMA版英文软件(海外出口,英文语言版),版本号为F1WW-20140714-200639,Android4.2原生英文系统(含中文支持),含完整谷歌服务套件:

pan.baidu.comに置いてあるのが公式なんですが、ダウンロードがめちゃくちゃ遅いんですよねぇ・・・

SP Flash Toolsで書き込むもの:F1WW-20140714-200639_PC_update.zip
SDカードにupdate.zipを入れてアップデートするもの:F1WW-20140714-200639_TF_update.zip

JIAYU(佳域)が最近がんばってる/LTE対応の新製品F2と64bitのS3とS4


中華Androidメーカの1つであるJIAYU(佳域)。
品質がよいハードウェアと、いいパフォーマンスとバッテリーの持ちを保つOSを提供しているところとして、個人的に大評判なメーカです。

JIAYU(佳域) 公式ページ」が以前から存在しているものの、更新状況がびみょーだったり、英語版の「News」の掲載写真にGizChina.comロゴが入っていたりと、これ、ほんとに公式なのかなぁ・・・と若干不安になるところがあったりもしました。

ところが、10月下旬ぐらいから戦略が変わったのか、Newsページの更新状況が頻繁になってきました。
News」での今後発売予定の新機種に関する情報をいろいろ出してきたりとか
News->ROM/Software」での更新版firmwareの提供(JIAYU F1/S2/G5S/G4S用が出た)とか。

一番驚いたのは「OEM Invitation」というJIAYU製品をOEM提供できますよ、というお知らせ。
3000台からできるらしいですよ。

あと、新機種に関する情報が、びみょーに人ごとっぽい感じで書いてあるのは、なんでだろ?と思ったら
中国語の「公式フォーラム」に投稿された情報を元に、メディアパートナーであるところのGizChinaの人が英訳して書いてるからなのではないかと推測されます。


で・・・新製品について

今後発売される予定の新製品が3機種。Newsに掲載されています。

・JIAYU F2
 廉価ラインの5.0インチLTEスマートフォンで、予価$149.99

 Cortex-A7 4コアのSoC MT6582 + LTEモデム MT6290の組み合わせ
 RAM 2GB
 5.0インチ液晶 HD解像度720p
 カメラ 800万画素 ソニーCMOSセンサー
 バッテリー 3000mAh
 FDD-LTEとTD-LTEの両方に対応(どの周波数に対応するかは未公表)
 ネタ元:Here are the first official JiaYu F2 photos

・JIAYU S3
 64bitのLTEスマートフォン
 2014年末~2015年初頭に発売予定

 スペック表は公開されておらず、各記事に書かれているものを集めると
 以下の様なスペックとなる。
 書かれていない点については、おそらくJIAYU S4に準じているのではないかと想定される。

 64bit SoCのMT6752(8コア)
 5.5インチ 1920×1080,LG OGS ISP液晶,Gorilla Glass 3, タッチチップはSynopsys
 カメラ 前面:不明, 背面:Sony IMX214 Exmotr 1300万画素
 WiFi関連: 802.11b/g/n/ac, Wi-Fi Direct, Miracast対応
 Bluetooth 4.1
 NFC対応
 サイズ: 152×75.5×8.9mm
 「both SIM card trays in the phone will support 4G LTE」とあるけど同時利用については未確定

 ネタ元:JiaYu S3 alloy chassis photos plus dual 4G LTE is confirmed,Jiayu release JiaYu S3 5.5-inch screen photos and details,Appearance of Jiayu S3 Compares with Jiayu G4 3000mAh,JiaYu S3 getting 13 mega-pixel Sony IMX214 sensor

・JIAYU S4
 基本的にはJIAYU S3の小さい版のようだ。
 こっちは、スペック表が既に出ており、以下のようになっている。

 64bit SoCのMT6752 2.0GHz(8コア)
 GPU Mali-T760MP2
 4.7インチ 1280×720,IPS OGS液晶,Gorilla Glass 3
 RAM 2GB + ROM 16GB
 カメラ 前面:Sony 800万画素, 背面:Sony IMX220 Exmotr 1300万画素
 サイズ 130x64x8.3mm
 重量 140g
 SIM Dual-SIM(標準x1, Micro-SIMx1)
 周波数 GSM:900/1800MHz, WCDMA/LTE:2100MHz
 Android 5.0(Lollipop)

 ネタ元:JiaYu S4 renders turn up in 4 colours and Lollipop

MediaTek端末にもAndroid 5.0/Lollipopが来たらしい(MT6582搭載Lenovo S850向けにβ版提供開始)


LenovoのMT6582搭載Android機「Lenovo S850」向けにAndroid 5.0(Lollipop)のβ版の提供が開始されたらしい。

ネタ元:MTK手机网 「联想S850的Android 5.0原生包已放出

Lenovoの公式フォーラム「[固件] 【福利】Android 5.0.0 (lollipop) for 联想S850 抢先测试版」にて配布されている。

VIBE UI」というLenovoが開発しているUIシステムを搭載しているようだ。

こういうのが出てくる・・・ってことは、他の機種向けも、ぼちぼちと出てきたりしそう・・・と期待できますね

ちなみに、このLenovo S850
fastcardtechで取扱中。

ピンクなら$208。

白だと$228

・・・残念ながら買うほどの値段じゃないですね^^;;;


・・・で、今回の件で、Lenovoのフォーラムを見てみました。
乐玩家社区»机型专区
moto
「Moto系列」として「Moto X」と「Nexus 6」が!

そういえば、Lenovoになったんでしたっけね。

RHEL6でインストール時からSAN Boot multipath構成したら/bootがマウントされない


RHEL6で、SAN Boot multipath構成を組んでみた。
起動時からmultipath設定でうまくいくのかなぁ?と思ったら、案の定、いくつか問題が・・・

ディスクは/dev/mapper/mpathaで認識しており、
/dev/mapper/mpathap1 /boot 500MB
/dev/mapper/mpathap2 swap 適量
/dev/mapper/mpathap3 / 残り全部
いうパーテーション設定。

この状況で起動したところ、/etc/fstabが以下となっていた。

UUID=~ /                       ext4    defaults,_rnetdev 1 1
UUID=~ /boot                   ext4    defaults,_netdev 1 2
/dev/mapper/mpathap2    swap                    swap    defaults,_netdev 0 0
tmpfs                   /dev/shm                tmpfs   defaults        0 0
devpts                  /dev/pts                devpts  gid=5,mode=620  0 0
sysfs                   /sys                    sysfs   defaults        0 0
proc                    /proc                   proc    defaults        0 0

この状態だと、起動時、/bootがマウントされていなかった。
「mount -a」を実行するとマウントはされた。

UUID指定ではなく、mpatha指定なら行くだろうと、変更してみても/bootがマウントされない。

いろいろ試した結果、マウントオプションが「defaults,_netdev」となっていることが原因だった。

最終的に、以下の様な/etc/fstabとした。

/dev/mapper/mpathap3    /                       ext4    defaults,_rnetdev 1 1
/dev/mapper/mpathap1    /boot                   ext4    defaults 1 2
/dev/mapper/mpathap2    swap                    swap    defaults,_netdev 0 0
tmpfs                   /dev/shm                tmpfs   defaults        0 0
devpts                  /dev/pts                devpts  gid=5,mode=620  0 0
sysfs                   /sys                    sysfs   defaults        0 0
proc                    /proc                   proc    defaults        0 0

ちなみに、mpath指定ではなく、UUID指定でもきちんと動作しました。