Orange pi 2でlshwを取得


Orange pi2でlshwを実行した結果をメモとして保存。

root@orangepi:~# lshw
orangepi
    description: Computer
    width: 32 bits
  *-core
       description: Motherboard
       physical id: 0
     *-memory
          description: System memory
          physical id: 0
          size: 1003MiB
     *-cpu
          physical id: 1
          bus info: cpu@0
          size: 1200MHz
          capacity: 1200MHz
          capabilities: cpufreq
  *-network:0
       description: Wireless interface
       physical id: 1
       logical name: wlan1
       serial: 56:e4:bd:yy:yy:yy
       capabilities: ethernet physical wireless
       configuration: broadcast=yes driver=rtl8189es driverversion=3.4.39 firmware=N/A link=no multicast=yes wireless=IEEE 802.11abgn
  *-network:1
       description: Wireless interface
       physical id: 2
       logical name: wlan0
       serial: 54:e4:bd:yy:yy:yy
       capabilities: ethernet physical wireless
       configuration: broadcast=yes driver=rtl8189es driverversion=3.4.39 firmware=N/A link=no multicast=yes wireless=IEEE 802.11abgn
  *-network:2
       description: Ethernet interface
       physical id: 3
       logical name: eth0
       serial: 0e:ef:0f:xx:xx:xx
       size: 100Mbit/s
       capacity: 100Mbit/s
       capabilities: ethernet physical tp mii 10bt 10bt-fd 100bt 100bt-fd autonegotiation
       configuration: autonegotiation=on broadcast=yes driver=sunxi_geth driverversion=SUNXI Gbgit driver V1.1 duplex=full ip=192.168.1.xx link=yes multicast=yes port=MII speed=100Mbit/s
root@orangepi:~# lshw -businfo
Bus info  Device  Class      Description
========================================
                  system     Computer
                  bus        Motherboard
                  memory     1003MiB System memory
cpu@0             processor
          wlan1   network    Wireless interface
          wlan0   network    Wireless interface
          eth0    network    Ethernet interface
root@orangepi:~#

おや?CPUコアがcpu@1だけなのか?

root@orangepi:~# cat /proc/cpu
cat: /proc/cpu: Is a directory
root@orangepi:~# cat /proc/cpuinfo
Processor       : ARMv7 Processor rev 5 (v7l)
processor       : 0
BogoMIPS        : 4800.00
processor       : 1
BogoMIPS        : 4800.00
processor       : 2
BogoMIPS        : 4800.00
Features        : swp half thumb fastmult vfp edsp neon vfpv3 tls vfpv4 idiva idivt
CPU implementer : 0x41
CPU architecture: 7
CPU variant     : 0x0
CPU part        : 0xc07
CPU revision    : 5
Hardware        : sun8i
Revision        : 0000
Serial          : 0400519006183c1806cc
root@orangepi:~# cat /proc/meminfo
MemTotal:        1027348 kB
MemFree:          736256 kB
Buffers:           29840 kB
Cached:           203032 kB
SwapCached:            0 kB
Active:           144444 kB
Inactive:         107744 kB
Active(anon):      19388 kB
Inactive(anon):      160 kB
Active(file):     125056 kB
Inactive(file):   107584 kB
Unevictable:           0 kB
Mlocked:               0 kB
HighTotal:        270336 kB
HighFree:          68636 kB
LowTotal:         757012 kB
LowFree:          667620 kB
SwapTotal:        102396 kB
SwapFree:         102396 kB
Dirty:                40 kB
Writeback:             0 kB
AnonPages:         19312 kB
Mapped:            16156 kB
Shmem:               236 kB
Slab:              18324 kB
SReclaimable:       9716 kB
SUnreclaim:         8608 kB
KernelStack:         792 kB
PageTables:          644 kB
NFS_Unstable:          0 kB
Bounce:                0 kB
WritebackTmp:          0 kB
CommitLimit:      616068 kB
Committed_AS:      97612 kB
VmallocTotal:     245760 kB
VmallocUsed:       29976 kB
VmallocChunk:     212864 kB
root@orangepi:~#

こっちだとProcessor0,1,2と、3つ見える。

見え方について微妙な感じなのか?

Orange pi2/Allwinner H3関連のメモ


SoCとしてAllwinner H3を採用しているOrange pi2/Orange pi plusについての開発メモ。

・Allwinner用Linux kernelの総本山
 →Linux-sunxi
・総本山にあるOrange pi関連の資料
  Xunlong Orange Pi 2
  Xunlong Orange Pi Plus
・ビルドに必要らしい.fexのファイル
  https://github.com/vonfritz/sunxi-boards/tree/H3/sys_config/H3
・総本山にあるH3向けビルドガイド
 →H3 Manual build howto
・Allwinner H3のアーキテクチャ名は「sun8iw7p1」らしい

・Orange pi向けだけどBanana Linuxをビルドした話
  [TUTO] How to compile Kernel & Headers (from banana pi github)
  Orange piはAllwinner A20であることに注意

・Banana pi向けDebianの作り方
  https://github.com/igorpecovnik/BananaPI-Debian
  Banana piはAllwinner A20であることに注意

・Banana piの開発元Lemakerのlinux-sunxi
  https://github.com/LeMaker/linux-sunxi

・Orange pi以外のAllwinner H3搭載機 HYH-TBH3
  linux-sunxiでの情報:HYH-TBH3
  STB風のもの
  Aliexpressの販売ページ: /
・Orange pi以外のAllwinner H3搭載機 Tronsmart Draco H3
  メーカページ:Tronsmart Draco H3
  メーカのサポートページ:Category Archives: Tronsmart Draco H3
   SDKやAndroid firmwareがある
   720p用kernelと1080p用kernelがあるのが興味深い
  Linux-sunxiにはまだ情報はない(2015/06/24)

proxmox/openvzでCentOS7のコンテナを作ったけど通信ができない


Debianベースの仮想化環境Proxmox VEは、KVM/qemuベースのハードウェア仮想と、OpenVZのコンテナ仮想の2種類が使用できる。

このうち、OpenVZのコンテナの方で、CentOS7を作ったところ、通信が行えないという現象が発生した。

元となるCentOS7のOpenVZテンプレートは、「OpenVZ公式 Download/template/precreated」から入手した。

で、普通に導入して起動してみると、IPアドレスが割り当てられていない。

root@proxmox:~# vzctl start 777
Starting container ...
Container is mounted
Adding IP address(es): 192.168.35.20
vSetting CPU units: 1000
Setting CPUs: 2
zContainer start in progress...
root@proxmox:~# vzctl enter 777
entered into CT 777
[root@centos7 /]# ip addr show
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: venet0: <BROADCAST,POINTOPOINT,NOARP,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc noqueue state UNKNOWN
    link/void
    inet 127.0.0.1/32 scope host venet0
[root@centos7 /]#

検索してみると、すぐに情報が出てきた。
NO IP ADDRESS IN PROXMOX OPENVZ CENTOS 7 CONTAINER

RHEL/CentOS 7.1におけるバグで、「Bug 1207975 – ifup-aliases does not proper catch arping failure」にて修正されているとのこと。

起動時にネットワークを有効化している /etc/sysconfig/network-scripts/ifup-aliases 内の

if ! /sbin/arping -q -c 2 -w ${ARPING_WAIT:-3} -D -I ${parent_device} ${IPADDR} ; then

という条件式の書き方に問題があるようで

/sbin/arping -q -c 2 -w ${ARPING_WAIT:-3} -D -I ${parent_device} ${IPADDR}
if [ $? = 1 ] ; then

と2行に分けることで回避できるとのこと。

なので、起動しているコンテナ内の/etc/sysconfig/network-scripts/ifup-aliasesを書き換えることで対処できました。

[root@centos7 ~]# ip addr show
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: venet0: <BROADCAST,POINTOPOINT,NOARP,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc noqueue state UNKNOWN
    link/void
    inet 127.0.0.1/32 scope host venet0
    inet 192.168.35.20/32 brd 192.168.35.20 scope global venet0:0
[root@centos7 ~]#

バッテリーが6000mAhも搭載された64bit SoCスマホDoogee S6000


Doogeeから、バッテリーが6000mAhも搭載されたスマートフォンが出るようです。

Exciting News! DOOGEE S6000 will configure 2GB RAM not 1GB, for the same price tag of only $139.99

メーカ予定価格 $139.99 にもかかわらず以下のスペックを予定しているとのこと

・厚さ9mm
・5.5インチ 1280×720
・カメラは背面800万画素+前面500万画素
・Android 5.1(Lollipop)
・RAM 2GB / ROM 16GB
・SoC MT6735 (Cortex-A53*4コア 64bit)
・バッテリー 6000mAh
・MediatekのPumpExpress Plusという急速充電規格により30分で75%までの充電が可能

PumpExpress Plus対応の充電器は従来のものとは異なり、5V~7V/9V/12Vで3A以上を流し込むものになる。

本体写真を見ると、薄く見えるような感じで仕上がっています。
0

選考する4600mAh搭載のElephone P4000は5.0インチですが、こちらは5.5インチなので、その分、面積が取れる、ということなんでしょうかね

現状、対応バンドが公開されていないので、どうなるのかわかりませんが、
DoogeeのほかのLTE対応スマホの対応バンドを見る限りでは、FDD-LTE Band 1/3/7/20とWCDMA 900/1900/2100はサポートするのではないかと思われます。

Elephoneスマホの日本対応度合い(スペック表ベース) 2015/06/15


Elephone P6000を1月から使ってるわけだが、バッテリーの持ちようがあまりよくない。
バッテリーモンスターのP4000でも買おうかな?と検討してみたもの、対応周波数帯に差があることを発見

とりあえず、リスト化

今回、初めてExcel Onlineのやつをそのまま貼ってみた。
緑のところが日本で使えるところ。

WCDMA Band 5(850MHz)が日本ではFOMAプラスエリアとして使える、といってる人もいるが、実際に使えることを確認された例がほぼ無いので、使えないものとしている。
また、FDD-LTE Band 20(800MHz)は、日本での周波数帯とはまったく異なるものなので、使えない。