SteamDeck疑似環境の構築方法


(2022/08/04追記:一番後ろに、SteamDeck用LinuxのSteam OSとそれを他機種でも使えるように細工したものの紹介を追加)

Steam Deckという手持ちゲーミング端末がリリースされる予定になっている。

現状は一部の開発者向けに実機の提供が行われているが、それ以外のPCでもSteam Deckで使われるManjaro Linux OSをインストールすることで検証ができるように公式の手順が公開されていた。

Developing for Steam Deck without a Dev-Kit

書いてある内容を要約すると・・・

ハードウェア構成

本体:MINISFORUM Elite Mini UM700 (日本代理店 Linksの製品紹介)の Ryzen 7 3750H 搭載モデル

AmazonのMINIFORUM直販より、日本代理店Links直販が安い場合も・・・


ディスプレイ:7インチで1280*800のカーナビ液晶を流用しているものを適当に調達

コントローラ: PS4コントローラかPS5コントローラが最適。XBOXやスイッチ用も使えなくは無いが、トラックパッドがないためフル機能が使えないことに注意。

以前売ってたSteam純正コントローラについては触れられてない・・・

OS設定について

Manjaro LinuxのKDE Plasmaエディションをインストールする。

注:実際にはGPD Pocketでインストールしてみたが、画面キャプチャが面倒だったので、以降の手順は仮想環境で行ったもので代用している。

インストーラで起動すると、下記の様に表示される

環境に合わせて「tz(タイムゾーン)」「keytable(キーボード配列)」「lang(表示言語)」を選び、「Boot with ~」を選ぶ。どっちがいいかは環境による?

しばらく待つとKDEデスクトップが表示される。

この状態でsteam導入もできなくはないのだが、起動ごとに毎回設定がやり直しになるので推奨しない。(OSアップデートがあると警告が表示されたりするが、再起動すると消えるので毎回表示される)

内蔵ディスクや、さらに別途用意したUSBメモリなどへインストールをした方が良い。

インストールはデスクトップ上の「Install Manjaro Linux」をクリックして、インストーラを進めていく。

標準では「スワップを使用しない」が設定されているが、どちらの方がいいんだろうか?(使用しないで進めた)

ゲーミング用途なら、パスワードなしの自動ログイン想定かなぁ?と

インストールを開始します。

…?

FAT32パーテーションを作成した後のLinuxパーテーション作成に失敗している?

パーテーション容量を最大サイズから少し減らしたらインストールが始まった・・・(パーテーション設定のキャプチャなし)

インストール完了

内蔵ディスクから起動しているのでデスクトップ上にInstallのアイコンが消えています。

つづいて、steamのセットアップを実施

左下の「m」メニューから「ゲーム」の「Steam (Runtime)」を選択するか

デスクトップ上で右クリックメニューにある「Show KRunnner」を選択

表示されるウィンドウに「steam」と入力して「アプリケーション Steam(Runtime)」を選択します。

そうするとデスクトップ上に「Steam (Runtime)」アイコンが追加され、Steam setupが開始されます。

セットアップではいろいろダウンロードが行われていきます。

いろいろ処理しているウィンドウが表示されなくなったらダウンロードが終わりなようで、改めてデスクトップ上の「Steam (Runtime)」をクリックすると、Steamのログイン画面が表示されます。

steamにログインすると、まあ、普通に表示されます。

最初に「Steam」の「Settings」を開きます。

「Interface」のlanguageを「日本語(Japanese)」に変更

「Steam Play」の「Enable Steam Play for all other titles」にチェックを入れて、Windowsエミュレーション機能を有効にします。

この設定でいろんなゲームがインストール可能な状態となります。

インストールを選ぶと選択したゲームの他に「Proton(Windowsエミュレーション機能)」と「Steamworks Common Redistributables」のダウンロードが始まります。

ダウンロードが終わり「プレイ」を選択します。

そうすると、「プラットフォーム互換ツールを使用して、このゲームをSteam Playで起動します」というメッセージが表示されます。

ゲームによっては起動前に Microsoft VC Redist Packageインストールなどの処理も実行されます。

やっかいな事に、こういった共有ライブラリが必須であるにも関わらず、特に設定されていないゲームの場合は、プレイボタンを押しても開始に失敗してしまいます。(そういうゲームで起動失敗した場合は何も表示されず、ただゲーム一覧のプレイボタンが再度押せるように戻っていることで察する、という感じ)

なお、仮想環境上での検証は下記の様な感じでDirectX11が上手く動かずに失敗となりました。

GPD Pocket 1で実験した所、FF3は実用的な速度で動作

A列車でいこう9は、かなり遅いものの動く

ライザのアトリエについては、タイトル画面までは出たものの、それ以後の画面は表示できず、という状態でした。


2022/08/04追記

SteamOSとその類似OS

Steam公式にある「自分だけのSteam Machineを組み立てる」はDebian 8ベースの古いSteam OSを使った説明

SteamOS 2.195 リリースノート(2019/07/18)

SteamDeck用のSteamOS 3.xはリカバリイメージとしての提供となっており「Steam Deckリカバリー手順」から入手可能

SteamOS 3.2リリースノート(2022/05/27)
SteamOS 3.3リリースノート(2022/08/03)

Steam Deckリカバリイメージは8GBのUSBメモリに書き込む形式のものとなっているが、vSphere環境上で起動してみようとしたが、うまくいかなかった。

Steam OSのバグについては https://github.com/ValveSoftware/SteamOS/issues から行える。

Steam Deckの内部構造について「Steam Deck Guide」にまとまっている。また、SteamOS相当の機能を他機種でも使えるようにしたLinuxについても紹介されている。

HoloISO

公式: https://github.com/theVakhovskeIsTaken/holoiso

Steam OS 3.xと同じArch Linuxをベースに作られているもの。

SteamDeckと同じAMD系GPUだけではなく、Intel UHD 630+ iGPUや、NVIDIA GTX 9xx GPUでも動く

Nobara Project

公式: https://gitlab.com/GloriousEggroll/nobara-images

こちらはFedora をベースにSteam OS的な機能を盛り込んだもの

ISO生成スクリプトを配布しているだけであるため、ISOファイルをつくるのは別のFedora OSが起動しているサーバで必要なパッケージをインストールした上でスクリプトを実行する必要がある。

winesapOS

公式: https://github.com/LukeShortCloud/winesapOS

USBメモリで起動して使うことを想定したもので、Intel Macでの動作もするらしい。

PlayStation4でLinuxを起動するプロジェクトと組んでPS4上でSteamゲームで遊ぶなんてこともできるらしい。→「WinesapOS 3, based on SteamOS 3 for PS4 with Mesa 22.0.3: PS4 Distro Release

USBメモリから起動する、というあたりはBatocera Linux を使っているようだ

Firewall内のCentOSからhttps://mirror.centos.org/にアクセスできなかった件


FortigateによるFirewall内にあるCentOS9サーバから「dnf check-update」を実行してみたところ、失敗した。

[root@centos9 ~]# dnf update
サブスクリプション管理リポジトリーを更新しています。
コンシューマー識別子を読み込めません

このシステムは、エンタイトルメントサーバーに登録されていません。subscription-manager で登録できます。

CentOS Stream 9 - BaseOS                        0.0  B/s |   0  B     00:03
Errors during downloading metadata for repository 'baseos':
  - Curl error (60): SSL peer certificate or SSH remote key was not OK for https://mirrors.centos.org/metalink?repo=centos-baseos-9-stream&arch=x86_64&protocol=https,http [SSL certificate problem: self-signed certificate in certificate chain]
エラー: repo 'baseos' のメタデータのダウンロードに失敗しました : Cannot prepare internal mirrorlist: Curl error (60): SSL peer certificate or SSH remote key was not OK for https://mirrors.centos.org/metalink?repo=centos-baseos-9-stream&arch=x86_64&protocol=https,http [SSL certificate problem: self-signed certificate in certificate chain]
[root@centos9 ~]#

内容的には https://mirrors.centos.org/ へのアクセスでエラーになっていたので、curlコマンドで状況を確認してみることにした。

[root@centos9 ~]# curl -vvv https://mirrors.centos.org/publiclist/
*   Trying 13.125.120.8:443...
* Connected to mirrors.centos.org (13.125.120.8) port 443 (#0)
* ALPN, offering h2
* ALPN, offering http/1.1
*  CAfile: /etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt
* TLSv1.0 (OUT), TLS header, Certificate Status (22):
* TLSv1.3 (OUT), TLS handshake, Client hello (1):
* TLSv1.2 (IN), TLS header, Certificate Status (22):
* TLSv1.3 (IN), TLS handshake, Server hello (2):
* TLSv1.2 (IN), TLS header, Finished (20):
* TLSv1.2 (IN), TLS header, Unknown (23):
* TLSv1.3 (IN), TLS handshake, Encrypted Extensions (8):
* TLSv1.2 (IN), TLS header, Unknown (23):
* TLSv1.3 (IN), TLS handshake, Certificate (11):
* TLSv1.2 (OUT), TLS header, Unknown (21):
* TLSv1.3 (OUT), TLS alert, unknown CA (560):
* SSL certificate problem: self-signed certificate in certificate chain
* Closing connection 0
curl: (60) SSL certificate problem: self-signed certificate in certificate chain
More details here: https://curl.se/docs/sslcerts.html

curl failed to verify the legitimacy of the server and therefore could not
establish a secure connection to it. To learn more about this situation and
how to fix it, please visit the web page mentioned above.
[root@centos9 ~]#

同じ環境にあるCentOS7サーバやOracle Linux8サーバでも同じ結果になった。

他の環境にあるCentOS7サーバで実行してみると下記のような感じになった。

-bash-4.2$ curl -vvv https://mirrors.centos.org/publiclist/
* About to connect() to mirrors.centos.org port 443 (#0)
*   Trying 2620:52:3:1:dead:beef:cafe:fed6...
* Connected to mirrors.centos.org (2620:52:3:1:dead:beef:cafe:fed6) port 443 (#0)
* Initializing NSS with certpath: sql:/etc/pki/nssdb
*   CAfile: /etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt
  CApath: none
* SSL connection using TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
* Server certificate:
*       subject: CN=mirrors.centos.org
*       start date: 10月 19 06:06:54 2021 GMT
*       expire date:  1月 17 06:06:53 2022 GMT
*       common name: mirrors.centos.org
*       issuer: CN=R3,O=Let's Encrypt,C=US
> GET /publiclist/ HTTP/1.1
> User-Agent: curl/7.29.0
> Host: mirrors.centos.org
> Accept: */*
>
< HTTP/1.1 302 Found
< Date: Fri, 12 Nov 2021 08:44:59 GMT
< Server: Apache
< X-Frame-Options: SAMEORIGIN
< X-Xss-Protection: 1; mode=block
< X-Content-Type-Options: nosniff
< Referrer-Policy: same-origin
< Location: https://admin.fedoraproject.org/mirrormanager/
< Content-Length: 299
< Content-Type: text/html; charset=iso-8859-1
<
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN">
<html><head>
<title>302 Found</title>
</head><body>
<h1>Found</h1>
<p>The document has moved <a href="https://admin.fedoraproject.org/mirrormanager/">here</a>.</p>
<hr>
<address>Apache Server at mirrors.centos.org Port 443</address>
</body></html>
* Connection #0 to host mirrors.centos.org left intact
-bash-4.2$

Let’s Encryptの証明書使ってるな、ということで、同じ環境にあるブラウザからアクセスしてみると、Fortigateによるhttps周りの動作の問題であることが判明

解決方法は「FortiGate環境で”This Connection is Invalid. SSL certificate expired.”を食らった」にあるやつと同じでした。

ONTAP 9.xでntpやDNSの動作確認


NetApp ONTAP 9.x環境でNTPやDNSの設定をした際に、正常に動作しているかを確認する手法

(2022/08/12追記 「ONTAP 9.x環境でActive DirectoryとNISとでユーザ名マッピングを行わせた場合の確認手法」)

NTPの設定確認

NTP設定がされているかどうかを「cluster time-service ntp server show」で確認

::> cluster time-service ntp server show
                                        Is
                                        Authentication
Server                         Version  Enabled        Key ID
------------------------------ -------  -------------- ------
10.20.8.10                     auto     false          -

::>

NTPの動作確認

指定したNTPサーバと同期が取れているかは、adminモードでは確認出来ない。

advancedかdiagモードに切り替えて「cluster time-service ntp status show」を実行して確認。

::> set adv

Warning: These advanced commands are potentially dangerous; use them only when
         directed to do so by NetApp personnel.
Do you want to continue? {y|n}: y

::*> cluster time-service ntp status show

Node: netapp_02
Server                  Reachable  Selection State                Offset (ms)
----------------------- ---------  ------------------------------ ------------
10.20.8.10                   true  Currently Selected Server            21.552

Node: netapp_02
Server                  Reachable  Selection State                Offset (ms)
----------------------- ---------  ------------------------------ ------------
10.20.8.10                   true  Currently Selected Server             21.68
2 entries were displayed.

::*>

上記の様に「Reachable:true」となっていればNTPサーバと通信が取れている。

下記の様に「Reachable:false」となっている場合は接続が取れないか、リトライ中である。

::*> cluster time-service ntp status show

Node: netapp_01
Server                  Reachable  Selection State                Offset (ms)
----------------------- ---------  ------------------------------ ------------
10.20.8.10                  false  Server Not Responding or Too              0
                                   Distant

Node: netapp_02
Server                  Reachable  Selection State                Offset (ms)
----------------------- ---------  ------------------------------ ------------
10.20.8.10                  false  Server Not Responding or Too              0
                                   Distant
2 entries were displayed.

::*>

なお、-insオプションを付けると詳細が確認出来る。

::*> cluster time-service ntp status show -ins

                                      Node: netapp_01
NTP Server Host Name, IPv4 or IPv6 Address: 10.20.8.10
                         Server IP Address: 10.20.8.10
Is Peer Reachable and Responding to Polls?: true
         Is Peer Selected as Clock Source?: true
                 State of Server Selection: sys_peer
     Description of Server Selection State: Currently Selected Server
                      Poll Interval (secs): 64
                Time from Last Poll (secs): 9
              Offset from Server Time (ms): -16.61
                 Delay Time to Server (ms): 0.395
                 Maximum Offset Error (ms): 20.946
                    Reachability of Server: 1f
                   Stratum of Server Clock: 2
                 Reference Clock at Server: 133.243.238.163
           Reported Packet and Peer Errors: -

                                      Node: netapp_02
NTP Server Host Name, IPv4 or IPv6 Address: 10.20.8.10
                         Server IP Address: 10.20.8.10
Is Peer Reachable and Responding to Polls?: true
         Is Peer Selected as Clock Source?: true
                 State of Server Selection: sys_peer
     Description of Server Selection State: Currently Selected Server
                      Poll Interval (secs): 64
                Time from Last Poll (secs): 14
              Offset from Server Time (ms): 6.623
                 Delay Time to Server (ms): 0.398
                 Maximum Offset Error (ms): 17.906
                    Reachability of Server: 1f
                   Stratum of Server Clock: 2
                 Reference Clock at Server: 133.243.238.163
           Reported Packet and Peer Errors: -
2 entries were displayed.

::*>

“Stratum of Server Clock”と”Reference Clock at Server”の値が見えてればだいたい大丈夫でしょう。(ちなみに上記の 133.243.238.163 は ntp.nict.jp / ntp.nict.go.jp を構成するIPアドレスの1つです)

DNSの設定確認

DNSに関する設定は「vserver services name-service dns show」を実行する。

ontap98::> vserver services name-service dns show
                                                    Name
Vserver         Domains                             Servers
--------------- ----------------------------------- ----------------
ontap98         adosakana.local                   172.17.44.49
share225        adosakana.local                  172.17.44.49
share228        adosakana.local                  172.17.44.49
3 entries were displayed.

ontap98::>

Active Directoryに参加している場合は、DNSの自動更新に関する設定も重要なので「vserver services name-service dns dynamic-update show」で確認する。

ontap98::> vserver services name-service dns dynamic-update show
Vserver         Is-Enabled Use-Secure Vserver FQDN             TTL
--------------- ---------- ---------- ------------------------ -------
share225        true       false      adosakana.local    24h
share228        false      false      -                        24h
2 entries were displayed.

ontap98::>

上記例では、Storage VM:share225ではDNS自動更新を有効にしている、ということになる。

/etc/hosts ファイルに相当する固定の名前解決を行っているかは「vserver services name-service dns hosts show」で確認する。

注意が必要なのは、「NetAppのクラスタ管理」と「各Storage VM」でそれぞれ別の設定になっているということ。これを勘違いしているとうまく名前解決が実施できない。

ネットワークインタフェースとルーティングの設定も関係してくるので「network interface show」と「network route show」も確認すると良い。

DNSの動作確認

DNSサーバに接続ができているかは「vserver services name-service dns check -vserver SVM名 -ins」で確認出来る。

ontap98::> vserver services name-service dns check  -vserver ontap98 -ins

           Vserver: ontap98
       Name Server: 172.17.44.49
Name Server Status: up
    Status Details: Response time (msec): 1

ontap98::>

上記はStorageVM:ontap98 に対して確認を実施した結果となり、「Name Server status:up」で「Response time(msec)」の値があるのでDNSサーバ応答があった、ということになる。

指定したホスト名が名前解決できるかはadvancedモード/diagモードが必須となる。

コマンドは「vserver services name-service getxxbyyy getaddrinfo -vserver SVM名 -hostname 解決したいホスト名」か「vserver services name-service getxxbyyy gethostbyname -vserver SVM名 -hostname 解決したいホスト名」となる。

ontap98::> set advanced

Warning: These advanced commands are potentially dangerous; use them only when directed to do so by NetApp personnel.
Do you want to continue? {y|n}: y

ontap98::*>vserver services name-service getxxbyyy getaddrinfo -vserver ontap98 -hostname adserver
Host name: adserver
Canonical Name: adserver.adosakana.local
IPv4: 172.17.44.49


ontap98::*>

IPアドレスの逆引きは 「vserver services name-service getxxbyyy getnameinfo -vserver SVM名 -ipaddress IPアドレス」 か 「vserver services name-service getxxbyyy getnameinfo -vserver SVM名 -ipaddress IPアドレス 」 となる

ontap98::*> vserver services name-service getxxbyyy gethostbyaddr -vserver ontap98 -ipaddress 172.17.44.49
IP address: 172.17.44.49
Host name: adserver.adosakana.local


ontap98::*>

LSILogic RAIDのディスク交換をMegaCliを使って行う場合の手順メモ


IBM x3650サーバに入っているLSILogic RAIDカードにて、構成しているディスクが故障したので、ディスクを調達して交換したい。という話があったので、交換手順を確認した。

ついでに一般公開

参考文献
・やっ太郎ブログ:「Megacli64でディスク交換太郎
・チラシの裏的なBlog:「【備忘録】MegaRAIDでのエラーHDD交換手順
・IBM Docs:「2073-720 で障害予知機能 (PFA) イベントを報告する、障害が発生したドライブの取り替え
・Qiita:「HW保守で使いそうなTips 〜ディスク周り〜

(1) コマンドがある場所に移動

標準では /opt/MegaRAID/MegaCli/ にインストールされていて、PATHは通っていないことが多いので、ディレクトリ移動しておくと以降のコマンドが実行しやすい。

# cd /opt/MegaRAID/MegaCli/
#

(2) コマンド名確認

/opt/MegaRAID/MegaCli/に MegaCliもしくはMegaCli64があるかを確認
移行の手順はMegaCliだったものとして記載している

# ls -F

(3) RAID構成の状態を確認

Stateの状態を確認

# ./MegaCli -LDInfo -Lall -aALL

(4) 物理ディスクの状態を確認

# ./MegaCli -PDList -aALL
# ./MegaCli -PD List  -aALL | egrep 'Slot|Firmware state|Inquiry|Enclo'
# ./MegaCli -PD List  -aALL | egrep 'Slot|state|Data|Raw'

「Firmware state」がディスクの状態でFailedとなっているものが壊れている。

そのディスクについての「Enclosure Device ID」と「Slot Number」の値をこの後の手順で使うので記録しておく。

また「Inquiry Data」にあるディスク型番とシリアルが抜いたディスクとあっているかを確認出来るので、それも記録しておく。

(5) 壊れているディスクの場所を確認

壊れているディスクのLEDを点灯させて交換するディスクと、コマンドで指定する「 physdrv 」の指定が一致していることを、スロットのランプを点灯させて確認する。

下記コマンドを実行すると該当ディスクスロットのランプが点灯

# ./MegaCli -Pdlocate start physdrv[Enclosure Device ID:Slot Number] -a0

下記コマンドを実行すると該当ディスクスロットのランプが消灯

# ./MegaCli -Pdlocate stop physdrv[Enclosure Device ID:Slot Number] -a0
たとえば、Enclosure Device IDが252, Slot Numberが2の場合下記の様に実行する。
  # ./MegaCli -Pdlocate start physdrv[252:2] -a0
  # ./MegaCli -Pdlocate stop physdrv[252:2] -a0

(6) 壊れているディスクをオフラインにする

壊れているディスクをオフラインにする。

# ./MegaCli -PDOffline -PhysDrv [Enclosure Device ID:Slot Number] -a0

Enclosure Device IDが252, Slot Numberが2の場合下記の様になる

# ./MegaCli -PDOffline -PhysDrv [252:2] -a0

なお、壊れ方によっては、すでにオフライン扱いになっていて、このコマンドでエラーとなる場合がある。

(7) 欠落マークがついたRAIDがあるか確認する

6でエラーとなっている場合は、下記コマンドを実行した際に 「Array」と「Row」 といった情報が出力される。このArrayとRowの値はあとで使用します。

# ./MegaCli -PDGetMissing -aALL

6がエラーとなっていない場合は、Array/Rowの出力はないと思われます。

また、MegaCliコマンドのバージョンによっては、このオプションが存在せず、エラーとなる場合があるようです。その際はこの手順を飛ばします。

(8) 壊れているディスクに欠落マークを付ける

まだ壊れていることがきちんと認識されていない場合、壊れていることを確定させます。

# ./MegaCli -PDMarkMissing -PhysDrv [Enclosure Device ID:Slot Number] -a0

Enclosure Device IDが252, Slot Numberが2の場合下記の様になる

# ./MegaCli -PDMarkMissing -PhysDrv [252:2] -a0

MegaCliコマンドのバージョンによっては、PDMarkMissingオプションがないようです
その場合はこの手順を飛ばします。

また、6ですでに欠落マークがついたRAIDが認識されている場合もこの手順は不要であるはずです。

(9) 欠落マークがついたRAIDが認識されたことを確認する

欠落マークがついたRAIDが表示されることを確認します。

# ./MegaCli -PDGetMissing -aALL

この出力中の「Array」と「Row」の番号はあとで使用します。
PDMarkMissingオプションが実行できなかった場合、これも実行できない
と思います。その場合は飛ばします。

(10) 壊れているディスクを抜くことをRAIDコントローラに通知します

下記を実行して、指定したディスクを取り外すことをRAIDコントローラに通告します。

# ./MegaCli -PDPrpRmv -PhysDrv [Enclosure Device ID:Slot Number] -a0

下記の様に実行する

# ./MegaCli -PDPrpRmv -PhysDrv [252:2] -a0

なお、たぶん(6)の段階で欠落マークがついているような場合は、このコマンドを実行するまでもなくディスクが完全に壊れている、と認識されて、すでに抜けるような状態になっているようです。

(11) 壊れているディスクを物理的に抜く

(12) 1分ぐらい待つ

ここで待つのは気休めです。

RAIDコントローラの情報更新間隔がよくわからないので入れてますが、たぶん、すぐに実行しても問題ないような気がします・・・

(13) RAID構成/ディスク認識の状態を確認

ディスクの認識を抜いたことにより、RAID構成の状態が変わっているかを確認します。

# ./MegaCli -LDInfo -Lall -aALL

Stateの状態を確認します。(変わるのかどうかは把握していません)

次に、物理ディスクの状態変化を確認します。

# ./MegaCli -PDList -aALL
# ./MegaCli -PD List  -aALL | egrep 'Slot|Firmware state|Inquiry|Enclo'
# ./MegaCli -PD List  -aALL | egrep 'Slot|state|Data|Raw'

先ほど抜いたディスクに関する表示が消えているはずです。

(14) 新しいディスクを入れる

(15) RAID構成/ディスク認識の状態を確認

RAID状態が変わっているかを確認します。

# ./MegaCli -LDInfo -Lall -aALL

Stateの状態を確認します。
また、RAID構成が新しく認識されていたりしないか確認します。(中古ディスクに情報が残っている場合に発生する可能性がある)

交換したディスクが認識されているかを下記のコマンドで確認します。

# ./MegaCli -PDList -aALL
# ./MegaCli -PD List  -aALL | egrep 'Slot|Firmware state|Inquiry|Enclo'
# ./MegaCli -PD List  -aALL | egrep 'Slot|state|Data|Raw'

(16) 再構築が開始されているかを確認する

RAIDコントローラの設定および交換したディスクの状態によっては、ディスクを交換した時点で、自動的に再構築が開始されます。

下記コマンドで状況を確認します。

# ./MegaCli -pdrbld -showprog -physdrv [Enclosure Device ID:Slot Number] -a0

実行例は下記のようになります。

# ./MegaCli -pdrbld -showprog -physdrv [252:2] -a0

再構築が始まっている場合は progressの数値が徐々に増加していくはずです。

(17) RAIDにディスク交換されたことを認識させる

交換したディスクがスペアディスクなどとして認識されなかった場合は、手動で設定します。

# ./MegaCli -PdReplaceMissing -PhysDrv [Enclosure Device ID:Slot Number] -Array0 -row0 -a0

手順7か手順9で確認したArrayとRowの番号を使ってコマンドを実行します。実行例は下記のようになります。

# ./MegaCli -PdReplaceMissing -PhysDrv [252:2] -Array0 -row0 -a0

PDMarkMissingオプションが実行できなかった場合、これも実行できない
と思います。その場合は飛ばします。

(18) 再構築開始

手動で再構築開始を実行する場合は下記コマンドを実行します。

# ./MegaCli -PDRbld -Start -PhysDrv [Enclosure Device ID:Slot Number] -a0


下記の様に実行します。

# ./MegaCli -PDRbld -Start -PhysDrv [252:2] -a0

(19) 再構築状況を確認

再構築の状況を確認します。

# ./MegaCli -pdrbld -showprog -physdrv [Enclosure Device ID:Slot Number] -a0

下記の様に実行します。

# ./MegaCli -pdrbld -showprog -physdrv [252:2] -a0

(20) RAID構成/ディスク認識の状態を確認

RAID状態が変わっているかを確認します。

# ./MegaCli -LDInfo -Lall -aALL

Stateの状態を確認します。おそらくrebuildなどのステータスになっているかと思います。

また、交換したディスクが認識されているかを下記のコマンドで確認します。

# ./MegaCli -PDList -aALL
# ./MegaCli -PD List  -aALL | egrep 'Slot|Firmware state|Inquiry|Enclo'
# ./MegaCli -PD List  -aALL | egrep 'Slot|state|Data|Raw'