Firefox OSから派生したKaiOS


Firefox OSから派生した「KaiOS」というのがMWC2018でいろいろ発表しているらしい。
NOKIAのスライド端末「Nokia 8110 4G」でも使われているとのこと。

このKaiOS、Intel向けに14MBの軽量Linuxディストリビューション「KaiOS」という既存のプロダクトと名前かぶりで、Firefox OS派生のKaiOSの方はソース公開してないせいで、ソース寄こせ要求で迷惑を被っているようで、サイトに注意書きがあったり・・・

さて、モバイルのKaiOSのサイトを見ていたら「JioPhone」というストレート型携帯をすでにインドでリリースしているらしい
KaiOS Transforms the Indian Market through Launch of JioPhone」(2018/01/10)

Firefox OS向けにSpreadtrumも開発してて、いくつか開発機が開発ツリーに登録されてたけど・・・と思って、記事を漁ってみたら、JioPhoneで使っているSoCはSpreadtrumのSC9820Aだった模様。
KaiOS Partners with Spreadtrum to Integrate with Newest Chipsets and Offer Advanced Functionality on Lite Phones」(2018/02/26)

2017年春に発売されたLava Connect M1とは別物である模様(インド向けガラホLava Connect M1登場。Spreadtrum SoCでVoLTE対応)

マニュアルを読むと、Jio Appsというアプリストアがあり、ソフトウェアが追加できるようだ。
まだ、Jio Payという支払いソフトウェア用のボタンが用意されているようだ。
バンド対応がイマイチなので、日本で買うにはちょっときつい感じです。

既存のSamba 4.5以前を4.7へアップデートする場合の注意点


あまり考えずに既存のSamba 4.4.x環境を最新のSamba 4.7.xにアップデートをした。
ようは、configure;make;make install。

が・・・「Updating Samba」を見ると、Samba 4.5.0で「replPropertyMetaData」の取り扱いが変わったので修正しなければならない、という記載が・・・

修正が必要かどうかは「samba-tool dbcheck –cross-ncs」で確認出来る、とのこと

問題なければ、下記の出力・・・

# samba-tool dbcheck --cross-ncs
Checking 3602 objects
Checked 3602 objects (0 errors)
#

問題がある場合は下記の様な形でエラーが報告されます。
ちなみに、エラーのテキスト出力が6.5MBありました・・・

# samba-tool dbcheck --cross-ncs --fix --yes
Checking 3602 objects
CN=MHS-OR-Address,CN=Schema,CN=Configuration,DC=adosakana,DC=local: 0x0009030e
CN=MHS-OR-Address,CN=Schema,CN=Configuration,DC=adosakana,DC=local: 0x00090177
<略>
Checked 3602 objects (3467 errors)
#

「samba-tool dbcheck –cross-ncs –fix –yes」を実行することで修正されました。

また、4.0以前のバージョンからアップデートした場合にSYSVOLの修復を行うために「samba-tool ntacl sysvolreset」を実行するという記述があったので、試しにSYSVOLのチェック「samba-tool ntacl sysvolcheck」を実行してみると、下記のエラーが発生。

# samba-tool ntacl sysvolcheck

ERROR(<class 'samba.provision.ProvisioningError'>): uncaught exception - ProvisioningError: DB ACL on GPO directory /usr/local/samba/var/locks/sysvol/adosakana.local/Policies/{20AA5877-2399-4CBC-8BA4-7F23D8810774} O:DAG:DAD:PAI(A;OICI;0x001f01ff;;;DA)(A;OICI;0x001f01ff;;;EA)(A;OICIIO;0x001f01ff;;;CO)(A;OICI;0x001f01ff;;;DA)(A;OICI;0x001f01ff;;;SY)(A;OICI;0x001200a9;;;AU)(A;OICI;0x001200a9;;;ED) does not match expected value O:DAG:DAD:P(A;OICI;0x001f01ff;;;DA)(A;OICI;0x001f01ff;;;EA)(A;OICIIO;0x001f01ff;;;CO)(A;OICI;0x001f01ff;;;DA)(A;OICI;0x001f01ff;;;SY)(A;OICI;0x001200a9;;;AU)(A;OICI;0x001200a9;;;ED) from GPO object
  File "/usr/local/samba/lib64/python2.6/site-packages/samba/netcmd/__init__.py", line 176, in _run
    return self.run(*args, **kwargs)
  File "/usr/local/samba/lib64/python2.6/site-packages/samba/netcmd/ntacl.py", line 270, in run
    lp)
  File "/usr/local/samba/lib64/python2.6/site-packages/samba/provision/__init__.py", line 1723, in checksysvolacl
    direct_db_access)
  File "/usr/local/samba/lib64/python2.6/site-packages/samba/provision/__init__.py", line 1674, in check_gpos_acl
    domainsid, direct_db_access)
  File "/usr/local/samba/lib64/python2.6/site-packages/samba/provision/__init__.py", line 1621, in check_dir_acl
    raise ProvisioningError('%s ACL on GPO directory %s %s does not match expected value %s from GPO object' % (acl_type(direct_db_access), path, fsacl_sddl, acl))
#

「samba-tool ntacl sysvolreset」を実行して修正。

# samba-tool ntacl sysvolreset
# samba-tool ntacl sysvolcheck
#

samba 4.7.4で作ったActive Directory環境でWindowsServer2016フェールオーバークラスターを動作させた


以前試したときはうまくいかなかったが、どうやら、動くらしい、という話を聞いて試してみた。

Samba 4.7.4で、ドメインレベル/フォレストレベルをWindows Server 2008R2に設定した状態で実施。
(レベルの確認・変更については「samba 4.xでドメイン/フォレストの機能レベルを変更する」を参照のこと)

クラスタの検証は問題なく通過し、実際に組んで見るとネットワークへのリソース名登録周りでエラーが発生。

ログの名前:         System
ソース:           Microsoft-Windows-FailoverClustering
日付:            2018/02/28 18:41:44
イベント ID:       1194
タスクのカテゴリ:      ネットワーク名リソース
レベル:           エラー
キーワード:         
ユーザー:          SYSTEM
コンピューター:       server1.adosakana.local
説明:
クラスター ネットワーク名リソース 'クラスタリソース1' は、ドメイン 'adosakana.local' の関連付けられたコンピューター オブジェクトを作成できませんでした (期間: Resource online)。

関連するエラー コードのテキストは次のとおりです: アクセスが拒否されました。

ドメイン管理者と協力して、次のことを確認してください。
- クラスター ID 'クラスタ名$' が、コンピューター オブジェクトを作成するためのアクセス許可を持っていること。既定では、すべてのコンピューター オブジェクトがクラスター ID 'クラスタ名$' と同じコンテナー内に作成されます。
- コンピューター オブジェクトのクォータに達していないこと。
- 既存のコンピューター オブジェクトがある場合は、[Active Directory ユーザーとコンピューター] のツールを使用して、クラスター ID 'クラスタ名$' にそのコンピューター オブジェクトに対するフル コントロールのアクセス許可があることを確認してください。

解決方法はMicrosoftのKB「クラスター環境においてクライアント アクセス ポイントを作成または削除した際、イベント ID 1222 と 1197 が記録される。」にあるままでした。
下記の設定を行ったところ、クラスタが起動するようになりました。

1. Domain Administrator権限を持っているユーザで「Active Directory ユーザーとコンピューター」を開く
2. 「表示」-「拡張機能」を選択し、セキュリティなどの設定が表示される状態に変更
3. 「Computers」コンテナのプロパティを開く
4. 「セキュリティ」タブの「詳細設定」を開く
5. 「追加」を開く
6. まず、「プリンシパルの選択」のリンクをクリック
 「オブジェクトの種類」を開き、「コンピュータ」にチェックを入れる
 「選択するオブジェクト名を入力してください」の下の欄にエラーがでた「クラスタ名」を入力
 「名前を確認」してOK
7. 種類「許可」、適用先「このオブジェクトとすべての子オブジェクト」が選択されていることを確認
8. アクセス許可は「すべてのプロパティの読み取り」と「すべての子オブジェクトの作成」にチェック
 他の項目は標準設定のままで良い
9. この設定でセキュリティの追加を完了する

メールソフトの設定自動検出用DNSレコード


久しぶりにメールサーバの設定をいろいろやった。
その際にテスト用にメールソフトを設定したが、何やら自動検出の仕組みがあるようだ
調べて見ると、RFC6186により定義されているDNSのSRVレコードにより、IMAP/POP3/SMTPのサーバ名、ポート番号情報を広報することができるらしい。

SRVレコードの定義:RFC2782 A DNS RR for specifying the location of services (DNS SRV)
SRVレコードでメールサーバ定義を配布:RFC6186 Use of SRV Records for Locating Email Submission/Access Services

設定例としてmailcowの「DNS records」にちょうどいい感じのがあったので引用

Example DNS server configuration
mail                IN A       1.2.3.4
autodiscover        IN A       1.2.3.4
autoconfig          IN A       1.2.3.4

@                   IN MX 10   mail

_imap._tcp          IN SRV     0 1 143 mail.example.org.
_imaps._tcp         IN SRV     0 1 993 mail.example.org.
_pop3._tcp          IN SRV     0 1 110 mail.example.org.
_pop3s._tcp         IN SRV     0 1 995 mail.example.org.
_submission._tcp    IN SRV     0 1 587 mail.example.org.
_caldavs._tcp       IN SRV     0 1 443 dav.example.org.
_carddavs._tcp      IN SRV     0 1 443 dav.example.org.
_autodiscover._tcp  IN SRV     0 1 443 autodiscover.example.org.

@                   IN TXT     "v=spf1 mx ~all"
default._domainkey  IN TXT     "v=DKIM1; k=rsa; t=s; s=email; p=..."
; _dmarc            IN TXT     "v=DMARC1; p=reject; rua=mailto:mailauth-reports@example.org"

「_サービス名.tcp IN SRV 優先度 ウェイト ポート番号 サーバ名」というのが基本書式
優先度は0が最優先。最大は65535。
優先度が同じもののなかで、どちらが使われるかをウェイトで定義。ウェイトは数が大きい方が優先される。こちらも値は0~65535の範囲。

例えば、SSL無しのアクセスを禁止する場合、下記のように禁止するサービスの名前解決を「.」が返るようにする

_imap._tcp          IN SRV     0 0 0 .
_imaps._tcp         IN SRV     0 1 993 mail.example.org.
_pop3._tcp          IN SRV     0 0 0 .
_pop3s._tcp         IN SRV     0 1 995 mail.example.org.

IMAPを優先して使わせたい場合は、以下のようになるようだ。

_imap._tcp          IN SRV     0 1 143 mail.example.org.
_imaps._tcp         IN SRV     0 1 993 mail.example.org.
_pop3._tcp          IN SRV     10 1 110 mail.example.org.
_pop3s._tcp         IN SRV     10 1 995 mail.example.org.

Outlookの場合は、DNSの_autodiscoverについてのSRVレコード登録から、Webサーバ上にあるxmlファイル内にアクセスして、サーバ設定を読み込むようになっているようだ
Outlook 2010 におけるユーザー アカウント自動構成の計画

Exchange互換のSOGoを使う場合の設定は「6.5. Name Service Configuration for Web Services」に記載がある。

このページにSPF/DKIM/DMARCの動作確認「HAD Email Test Tool」が紹介されていたので記載されているメールアドレスに「test」と書いたメールを送ってみた。

・・・30分ぐらい待ってもメールが来ない
「 A reply will be sent with the findings」とあるから、何か見付かったらメールが来るってことで、来ないってことは問題ないということでいいのかな?っと

postfix/dovecotメールサーバでWindows Live Mail 2012がエラーになる


qmail+vpopmailという古代の環境から、postfix/dovecotのメールサーバに移行した。
移行の詳細については別途記事にしますが、移行後、Windows Live Mail 2012ユーザからクレームが・・・

POP3で受信ができないという
原因は、Windows Live Mail 2012のPOP3アクセス機能が古い、という点に尽きる。
対処するにはサーバ側でセキュリティを弱める設定を入れる必要があった。

その1:POP3受信時にエラー

/var/log/dovecot/pop3.log

Feb 19 10:35:59 oflex-1096-1 dovecot: pop3-login: Disconnected (tried to use disallowed plaintext auth): user=<osakana@example.net>, rip=xxx.xxx.xxx.xxx, lip=xxx.xx.x.xxx, session=<brxUt4ZlTfPbavEx>

→ dovecotの「ssl = required」と「disable_plaintext_auth = yes」の設定により発生
これを「ssl = yes」と「disable_plaintext_auth = no」に変更することで対処できる

設定箇所は下記の3ファイル
/etc/dovecot/dovecot.conf ではsslとdisable_plaintext_authの双方が設定されている可能性がある
/etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf ではdisable_plaintext_authが設定されている可能性がある
/etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf ではsslが設定されている可能性がある
3ファイルをそれぞれ確認して修正すること

うちの環境ではssl=requriedがdovecot.confと10-ssl.confの双方で設定されていたが、
10-ssl.confしか認識しておらずいくら設定しても反映されないと悩んだ。

その2:SMTP送信時にエラー1

/var/log/maillog

Feb 19 10:41:49 mailserver.osakana.net postfix/smtpd[8343]: NOQUEUE: reject: RCPT from clienthostname.osakana.net[xxx.xxx.xxx.xxx]: 504 5.5.2 <clienthostname>: Helo command rejected: need fully-qualified hostname; from=<osakana@osakana.net> to=<osakana@example.com> proto=ESMTP helo=<clienthostname>

→postfixの「smtpd_helo_restrictions」で「reject_non_fqdn_helo_hostname」が設定されているため発生

現在値確認

# postconf smtpd_helo_restrictions
smtpd_helo_restrictions = permit_mynetworks permit_sasl_authenticated check_helo_access pcre:/etc/postfix/helo_access.pcre reject_non_fqdn_helo_hostname reject_unknown_helo_hostname
#

変更前の /etc/postfix/main.cf の該当部分

# HELO restriction
smtpd_helo_required = yes
smtpd_helo_restrictions =
    permit_mynetworks
    permit_sasl_authenticated
    check_helo_access pcre:/etc/postfix/helo_access.pcre
    reject_non_fqdn_helo_hostname
    reject_unknown_helo_hostname

変更後の /etc/postfix/main.cf の該当部分

# HELO restriction
smtpd_helo_required = yes
smtpd_helo_restrictions =
    permit_mynetworks
    permit_sasl_authenticated
    check_helo_access pcre:/etc/postfix/helo_access.pcre
    reject_unknown_helo_hostname
#    reject_non_fqdn_helo_hostname
# postconf smtpd_helo_restrictions
smtpd_helo_restrictions = permit_mynetworks permit_sasl_authenticated check_helo_access pcre:/etc/postfix/helo_access.pcre reject_unknown_helo_hostname
#

その3:SMTP送信時にエラー2

Feb 19 11:04:48 mailserver.osakana.net postfix/smtpd[11966]: NOQUEUE: reject: RCPT from clienthostname.osakana.net[xxx.xxx.xxx.xxx]: 450 4.7.1 <clienthostname>: Helo command rejected: Host not found; from=<osakana@osakana.net> to=<osakana@example.com> proto=ESMTP helo=<clienthostname>

→postfixの「smtpd_helo_restrictions」で「reject_unknown_helo_hostname」が設定されているため発生

変更前はエラー1と同じなので省略

変更後の /etc/postfix/main.cf の該当部分

# HELO restriction
smtpd_helo_required = yes
smtpd_helo_restrictions =
    permit_mynetworks
    permit_sasl_authenticated
    check_helo_access pcre:/etc/postfix/helo_access.pcre
#    reject_non_fqdn_helo_hostname
#    reject_unknown_helo_hostname

その4:SMTP送信時にエラー3
/var/log/maillog

Feb 19 11:07:08 mailserver.osakana.net postfix/smtpd[12710]: NOQUEUE: reject: RCPT from clienthostname.osakana.net[xxx.xxx.xxx.xxx]: 454 4.7.1 <osakana@example.com>: Relay access denied; from=<osakana@osakana.net> to=<osakana@example.com> proto=ESMTP helo=<DTCF801>

これはテスト用にセットアップしたアカウントがSMTPポート25を使っていたせいで失敗していた。
ポート587に変更したら成功